スマホアプリ「Kyash」は得で便利だけど安心して使っていいの?! デメリットも知った上で賢く使おう

スマホアプリKyashは「お得」・「最強」と最近人気のあるオンライン上の決算が行える電子マネーサービスですが、「Kyash」は本当に安全なのかといまいち利用に踏み出せていない方もいることでしょう。

確かにKyashは利用方法一つでポイントやキャッシュバックを2重取りでき、メリット面が目立つサービスではあります。

しかし、どんなサービスにもデメリット面はあるものです。

そこで、Kyashを利用する前にデメリット面を理解し、より安全にKyashのメリット面だけを使って行けるよう、予め下調べをしておきましょう。

Kyashについて良いところも悪いところも把握し、さらに得な利用方法についても知っておけば、Kyashを賢く使って行けるはずです。

Kyashはクレジットカードを登録して利用するのがおすすめですが、利用方法はいくつかあるので、混合しないように入金方法についても把握しておくと良いでしょう。

また、登録するクレジットカードにもポイントがあるので、どのようなクレジットカードがKyashには最適なのかも確認して行きます。

Kyashはデメリットもありますが、基本的にはメリットが多いサービスです。

Kyashの機能を網羅すれば、便利で得なサービスを安心して利用できます。

Kyashはクレジットカードと結び付けて使うオンライン上のカード

Kyashはクレジットカードを結びつけて使うことができるオンライン上の電子マネーサービスで、アプリ(0円)をダウンロードすることで使える為どのスマホでもアプリが入手できれば利用可能です。

カードはインターネット上で使えるバーチャルカードと実店舗で利用できる2種類のカードが発行でき、カード番号は同じとなります。

Kyashのイメージはプリペイドカードと考えると分かりやすくプリペイドカードには入金が必要ですがKyashも同じく入金して利用するシステムとなっていて、入金が済むとVISA加盟店で利用できるようになり入金額が無くなればまたチャージが必要です。

入金して使う場合はコンビニ・銀行ATM・セブン銀行ATMからチャージができます。

しかし、入金をせずに使う方法として、クレジットカードを設定すればKyashがクレジットカードの代わりとなります。

なぜクレジットカードの登録がおすすめなのか? その理由を見て行きましょう。

Kyashの利用方法を工夫すればキャッシュバックやポイントを貯められる

Kyashではキャッシュバック制度を取り扱っていて、キャッシュバック率は2%となっています。

そして、Kyashを利用するなら断然クレジットカードを登録するのがおすすめと言え、カードを設定するとKyashがクレジットカードの代わりとなる為、クレジットカードのポイントも獲得可能となるのです。

Kyashを使って間接的にクレジット決算することで、Kyashのキャッシュバック2%とクレジットカードのポイントを両方ゲットできます。

また、キャッシュバックにおいてはさらに率を上げる方法もあるので、後ほど確認しましょう。

Kyashはチャージをして利用することもできますが、クレジットカードを登録してカードの代わりとして使う方が賢くポイントを稼げるのです。

Kyashのデメリットは補償がない!

新しいサービスを利用するならデメリット面もきちんと把握しておく必要があります。

メリット面だけに飛びつき利用を開始してしまうと、思わぬ落とし穴にはまってしまうことも少なくはありません。

Kyashの利用で気を付けなくてはならない点は全部で4つあり、この4点に気を付けていればまずKyashを使っていて失敗することはないでしょう。

<不正利用の補償はない>

不正利用の補償はどのクレジットカードにもあるものですが、Kyashにはありません。

KyashはVISA加盟店で利用できるので一見クレジットカードのようですが、Kyashが不正利用されてしまったら諦めるしか方法はないのです。

実際にホームページにも「Kyashリアルカードの盗難、偽造、紛失等その他の事由によって不正利用された場合、一切の責任を負わないものとし、ユーザーはそのKyashリアルカードの利用代金についてすべて支払いの責を負うものとします。」

と掲載されています。

自分で入金する分にはプリペイドカードと同じく使う額だけ入金するシステムなので多額を入金しなければ不正利用の面は安心ですが、クレジットカードを登録する場合はKyashがクレジットカードの代わりとなる為Kyashの番号がバレるといくらでも利用できてしまうので気を付けましょう。

クレジットカードを設定していて不正利用が発覚した時は、すぐクレジットカードの登録を解除してください。

<入金額>

Kyashの1ヶ月最大利用額は12万円となっています。

そして、1日の(24時間以内)の利用額はバーチャルカードだけを利用する方は3万円までとなりリアルカードも一緒に利用したい方は5万円までとなるので、多額の利用はできません。

<登録できるクレジットカード>

Kyashでは設定できる国際ブランドが限られVISA・マスターカードのカードしか登録できないので、JCB・アメックスなどの方は注意しましょう。

<Apple Payの登録はできない>

アップル製のデバイズを持っている方が利用できるApple Payですが、KyashのApplePayの登録はできません。

Apple Payの魅力もスマホでクレジットカードが使えると言ったところにありますが、Kyashもアプリのダウンロードでクレジットカードをスマホで使えるようになる為、Apple Payで合わせて一まとめにして利用したいと言った方にはデメリットではありますが、Apple Payが使えずスマホ上でクレジットカードを利用したい方にとってKyashは魅力的です。

Kyashにクレジットカードを登録することでポイントやキャッシュバックを同時に稼げるメリットは大きいですが、「不正利用の補償がない」・「入金額」・「登録できるクレジットカード」・「Apple Payは利用できない」と言った4つのデメリットもあるので、利用前には理解して使って行く為にも目を通してください。

モバイルSuicaへのチャージは6,000円から

Kyashのデメリットを見てきましたが、Kyashではポイントやキャッシュバックを重ね取りできるのが魅力なので、メリット面をもっとチェックしたいと言った方もいることでしょう。

例えば、モバイルSuicaはクレジットカードからチャージを行えますが、JRが発行するビュー・カードのシリーズのカードでないと決算分のポイントは付与されません。

しかし、Kyashではクレジットカードを登録してモバイルSuicaへとチャージすると、ビュー・カード以外のクレジットカードでもポイントが稼げるのです。

さらに、KyashからのモバイルSuicaへのチャージは本来ならキャッシュバック対象外ですが、Suicaへのチャージ額が6,000円以上であればキャッシュバック2%の制度は適応となるのです。(6,000円→120円キャッシュバック)

これは、モバイルSuicaを使っていてビュー・カードを持っていない方にとっては、Suicaでもポイントを稼げるチャンスです。

Kyashをクレジットカードに登録すれば、今までポイントを貰えなかったクレジット決算でもポイントが稼げキャッシュバック2%も貰える確率は上がり、クレジットカードでポイントを元から稼げていたのであれば、Kyashのキャッシュバック分をさらにゲットできます。

クレジットカードを日々利用しているのなら、Kyashに登録した方が確実にポイントやキャッシュバックで得できるでしょう。

PayPayを使うとポイントやキャッシュバックを2重取りできる

KyashにはモバイルSuicaにチャージする他にも、もう一つ魅力的な利用方法があり、それはPayPayを利用する方法です。

PayPayもKyashと同様のサービスで、PayPayにクレジットカードを登録して使いますが、そのPayPayに登録するクレジットカードをKyashにしてしまうのです。

もちろん、商品を購入するには元手が必応なのでKyashには最初からクレジットカードを設定しておきますが、クレジットカード→Kyash→PayPayの手順で登録したしたPayPayで商品購入をすると、クレジットカードのポイントとKyashでのキャッシュバック2%がゲットできるのはもちろん、この他にもPayPayを利用した時に貰えるキャッシュバック0.5%が獲得できるようになります。

この方法を利用することでポイントだけでなく、キャッシュバックの2重取りができるのです。

ですが、より賢くポイントやキャッシュバックを稼ぐのであれば、登録するクレジットカードはポイント還元率が良いものを選択するのに越したことはありません。

Kyashに登録するクレジットカードはどのクレジットカードが良いのか? 続いて還元率の良いクレジットカードについてチェックしてみましょう。

楽天カード

楽天カードは年会費永年無料にて楽天スーパーポイントが100円→1ポイントで貯まる還元率の良いクレジットカードなので、Kyashに登録するクレジットカードとしても最適です。

楽天スーパーポイントはポイントの王様と呼ばれているポイントシステムで、貯められる場所も多ければ使える場所もたくさんあります。

楽天カードでは楽天スーパーポイントを倍で貯められ、楽天市場3倍や楽天トラベル2倍など楽天サービスでのポイント付与率が得に良く街の加盟でも貯めることが可能です。

街の加盟店にはマクドナルドやマツモトキヨシなど需要の多い店がたくさんあり、付与率は基本100円→1ポイントですが、4倍の店などもあるのでチェックすると良いでしょう。

貯まった楽天スーパーポイントは1ポイント→1円の価値で利用でき楽天サービス(楽天市場・楽天トラベルなど)・街の加盟店など、様々なところで利用できる実用的なポイントシステムとして人気が高いです。

楽天カードは楽天スーパーポイントに興味がある方に向いています。

※カード国際ブランドはVISA・マスターカードに選択可能です。

リクルートカード

リクルートカードはリクルートポイント還元率1.2%がメリットのクレジットカードで、10,000円の商品を購入したとすれば120円分のポイントが付与されるようになります。

じゃらんとも提携していて、じゃらんを利用するとポイントの付与率は最大4.2%になるので必見です。

※モンパレ・HOT PEPPER Beautyでも最大4.2%の還元率です。

じゃらんとは日本国内の旅行プランを予約できるサイトで、じゃらんならではの得な価格で予約できます。

宿泊先だけの予約もできますしラグジュアリー級のホテルから手ごろな価格で宿泊できるホテルまで、様々な料金プランが紹介されています。

年会費は永年無料なり、利用付帯とはなりますが海外旅行傷害保険2,000万円・国内旅行傷害保険最高1,000万円と保険も充実しているので旅行に持っていっても安心です。

そして、カード国際ブランドはVISA・マスターカードに選択できるので、Kyashへの登録も可能となります。

また、貯まったポイントの使い方ですが、おすすめはPontaポイントに移行する方法で1リクルートポイント→1Pontaポイントの価値があり、リクルートカードはPontaポイントを貯めている方にも最適の1枚でしょう。

「お得!」・「最強」と言う言葉のみを信じないで、デメリット面を知ったうえでKyashを利用するのが安心

Kyashは実際に使い方ひとつでポイントやキャッシュバックを2重取りできますし「お得」・「最強」と言った声もサイト上でよく見かける為、なんの不安もなく利用を開始してしまう方もいますがデメリットは存在します。

まず、不正利用の補償はどのクレジットカードにもありますがKyashにはなく、自己負担となるのです。

Kyashにクレジットカードを設定していて不正利用が発覚した時は、すぐクレジットカードの登録を解除する必要があるでしょう。

この他にも、月に使える額は最大12万円ですし1日の(24時間以内)の利用額は「バーチャルカードのみなら3万円」・「リアルカードとバーチャルカードの合わせ利用なら5万円」までとなるので、多額の利用はできません。

国際ブランドもVISA・マスターカードしか登録できない為、この点にも注意が必要でしょう。

このように、良いとばかり書かれていてもデメリットはあるのです。

そして、Kyashの賢い利用方法としては、楽天カード(100円→1ポイント)やリクルートカード(1.2%の還元率)のようにポイントの還元率が良いクレジットカードKyashに登録するのが良く、ポイント還元率が良ければポイントをたくさん稼げKyashのキャッシュバック2%も獲得できます。

また、Apple Payを利用している方の中にはApple PayにKyashを登録して一まとめにしようとする方もいますが、Apple PayにKyashは登録できません。

Kyashを利用するならデメリットも把握し、メリット面を賢く使って行けるように機能を把握してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ