三井住友デビュープラスカードが学生に選ばれている理由

クレジットカードは18歳から作る事が出来ます。18歳と言えば高校を卒業して大学や専門学校、就職といった大きな節目にも当たるのでこれまでの生活とはリズムや時間、お金の面でも変化が大きくなります。実家を離れて一人暮らしをしたり、アルバイト代で買い物をしたりする機会も増えるため、せっかく同じ買い物をするのであれば買い物の際にポイントを貯めてお得に利用したいものです。

そこでおすすめなのがポイントカードではなく、クレジットカードです。

クレジットカードは利用料金に対し、ポイントが付与され。後払い式なので上手に使いこなせば便利なアイテムでもあります。

でも初めてのクレジットカード作りでは、どういったカードがあって、どんな層のユーザーを対象にしているのか、審査にあたって収入などの一定基準はどうなのか、解らない事や心配な事も沢山あります。

そこでお勧めなのが多くの学生や新社会人に選ばれている「 三井住友VISAデビュープラスカード」です。では「三井住友VISAデビュープラスカード」とはどういったクレジットカードなのでしょうか。

三井住友VISAデビュープラスカードとは?


三井住友VISAデビュープラスカードは、三井住友VISAカードが18歳〜25歳の若者を対象に発行しているカードで、初めてのクレジットカードとして利用するのに安心な機能や高いポイント還元率システムが備わっています。国際ブランドVISAと提携しているカードなので、国内・国外でも便利に使えます。さらにデビュープラスカードの詳しい特長をチェックしてみましょう。

概要

国際ブランドVISAと提携した三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードで、18歳から25歳の方しか持つ事のできないカードです。三井住友カードは国内で初めてVISAと提携し、実績のある老舗のブランドです。初めてのカードとしても安心できる、紛失や盗難の際の不正使用を補償するショッピング補償機能などが付帯されているほか、26歳以降はプライムゴールドカードへ自動的にランクアップされます。もしもゴールドカードが必要ない場合には、三井住友VISAカードの中では最もベーシックなクラシックカードへの切り替えも可能です。

demo

年会費

初年度は年会費が無料です。翌年度以降は年会費が1,250円+税かかりますが、年に1回カード利用をしていれば年会費が無料になりますので、実質無料といえます。

ポイントプログラム(獲得する際)

クレジットカードを使って支払いをした際に、三井住友カードから貰えるポイントがあります。デビュープラスカードでは、通常の三井住友VISAカードのポイント率1,000円=1ポイントよりもポイント率が2倍高く、1,000円につき2ポイント獲得できます。さらに、入会から3ヶ月間はポイントが5倍になります。

月に20,000円ずつ1年間利用した場合の獲得ポイント比較

デビュープラスカード以外の三井住友VISAカード

1,000円=1P

(月々)20,000円利用=20P/月
(年間)20ポイント×12=240P

デビュープラスカード

1,000円=2P、入会後3カ月は1,000=5P

(月々)入会〜3カ月目
20,000円利用=100P/月

3カ月目〜1年経過 20,000円利用=40P/月

(年間)(100P×3)+(40P×9)=660P


三井住友VISAデビュープラスカードであれば、 三井住友VISAカードよりもおよそ2.75倍のポイントを獲得できます。月々の利用額や、お得なキャンペーンと組み合わせる事でさらに沢山のポイントを得る事も可能です。

demo

ポイントプログラム(ポイントモール)

ポイントを沢山貯めたい場合は、三井住友カードの運営している三井住友カードのユーザー限定で利用する事が出来る「ポイントUPモール」を経由してお買い物をするととてもお得です。(https://pointupmall.com/)

楽天やAmazonといった大手のネットショップから、クーポン、趣味やゲーム、ファッション、美容、旅行、本やDVDといった沢山のショップでポイントアップの特典が受けられるほか、ポイント最大20倍の期間限定ショップもあるため、欲しいものをお得に手に入れられます。

demo

三井住友VISAカード公式ページより


また、ポイントUPモールでは毎週月曜日正午12:00から、翌週の月曜日の11:59までの期間でビンゴゲームをしています。BINGO成立で、順位に応じてポイントがプレゼントされるので、楽しみながらポイントを貯められるのです。

BINGO成立で順位に応じて獲得できるポイント一覧


1位 400ポイント
2位 300ポイン
3位 200ポイント
4〜10位 100ポイント
11〜20位 50ポイント
30〜200位の10位ごとに 30ポイント(最大18名)
300〜3000位の100位ごとに 20ポイント(最大28名)

ポイントプログラム・ワールドプレゼント(ポイントを使う)

貯まったポイントはワールドプレゼントで使う事が出来ます。景品カタログから好きな商品を選んで交換したり、ANAマイレージのマイルに交換したり、楽天やTポイントにポイントを移行するといった多様な使い方があります。

(例1)カタログ掲載の商品と交換
・パナソニック ヘアードライヤー イオニティ 1,000ポイント
・全国共通 図書カード 1500円分 500ポイント
・TOHOシネマズ映画鑑賞引換券 1枚 400ポイント

(例2)ANAマイレージと交換
ワールドプレゼントポイント1ポイント=ANAマイレージクラブ3マイル
100ポイント以上・100ポイント単位で移行します。
移行手数料なし

(例3)
・ワールドプレゼントポイント1ポイント=Tポイント4.5ポイント
200ポイント以上・100ポイント単位で移行します。
・ワールドプレゼントポイント1ポイント=楽天スーパーポイント5ポイント
200ポイント以上・100ポイント単位で移行します。

demo

三井住友VISAカード公式ページより

安心機能

・ICチップ搭載
 ICチップ搭載で偽造が困難であり、不正利用も防止します。

・不正利用の際の補償
 カードの紛失・盗難・不正利用をされた際には届出の日から60日に遡って最高100万円の不正利用の補償があるので、安心して利用できます。

・購入物の破損や盗難を補償
 カードを利用して購入した商品の破損や盗難の損害が、購入日およびその翌日から90日間補償されます。

自動ランクアップ制度

満26歳以降最初のカード更新の際にプライムゴールドカードへ自動的にランクアップし、さらに、満31歳以降の最初のカード更新で「三井住友VISAゴールドカード」へランクアップします。利用を続けているだけでゴールドカードへランクアップするので、将来的にゴールドカードを持ちたい方にもお勧めのカードです。逆にゴールドカードへのランクアップを希望しないユーザーは三井住友カードの中で最もスタンダードな三井住友VISAクラシックカードへの切り替えが可能になっています。

傷害保険について

デビュープラスカードのデメリットは国内旅行・国外旅行の際の傷害保険が付帯していない事です。とはいえ旅行の際には任意で保険に入る事が可能なので、大きな問題ではありませんが、旅行の際には気を付けておきましょう。

電子マネー「iD」

デビュープラスカードにはチャージが不要な電子マネーである「iD」の機能が付いています。この機能を利用すれば、カードで支払いをする際にサインや暗証番号の入力が不要になるため、スピーディーに支払いを済ます事が出来ます。iDでの支払いはセブンイレブンやローソンといったコンビエニエンスストアや、牛角、ビッグカメラ、サティ等でも利用する事が出来ます。

iDは、ドコモの「 おさいふケータイ」対応の携帯をiD専用読み取り機にかざす事で利用できます。気になるのは不正利用やセキュリティですが、万が一の紛失や盗難による不正利用の際には、クレジットカードと同様の補償制度が受けられるので安心です。日々の少額のお買い物であっても、iDで支払った分はクレジット利用額と合わせてワールドプレゼントのポイントが貯まるので、ポイントも支払いも効率良く利用する事ができます。

三井住友VISAデビュープラスカードのメリット

三井住友VISAデビュープラスカードは初めてクレジットカードを持つ方にも安心して利用できる特典が沢山あるほか、ゴールドカードへの近道でもあり、また、ポイントの面でも大変優遇されています。国内外の旅行の際の傷害保険だけは付帯していませんが、それ以上に信頼と実績のあるカードを持つことはユーザーの心強い味方になる事間違いなしです。これからカードを作ろうかなと考えている方にはぜひチェックして貰いたいカードでもあります。ポイントをお得に貯めて、貯まったポイントは楽しみや新しい経験の糧にしてみてはどうでしょうか。

年会費 初年度無料
ポイント 1000円=5P(入会後3ヶ月ポイント5倍)
発行期間 最短3営業日




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ