ゴールドカード研究Lab

アメリカンエキスプレスのプラチナカードを作る方法

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードとは


アメリカン・エキスプレス・カードとアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメックスブランドの代表となるクレジットカードで、多くの方が“年会費” “サービス” “ステータス”“ネームバリューとカードフェイス”から憧れを抱いています。

そして、持ってみた通り、グリーン色とゴールド色どちらのカードも使い心地は抜群!
ネームバリューやカードフェイスに憧れていた方は、持っているだけで満足できるでしょうし、サービスやステータスの部分が気に入った方なら、思う存分にそのサービスを利用して満足していることでしょう。

例え、グリーン色のアメリカン・エキスプレス・カードでも、内容的には一般的にゴールドカードと呼ばれているものと変わりないほど、充実した1枚となっています。

そんなアメックスカードには、アメリカン・エキスプレス・カードとアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなどのシリーズのほかに、もう1枚、憧れ的でプレミア感たっぷりのカードがあります。

それが“アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード”です。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

年会費・ 130,000円+税

付帯サービスに関しては非公開となっていますが、
カード会員専用窓口「プラチナ・コンシェルジェ・デスク」で、24時間365日、カード会員からの要望を電話一本で承り、旅行や食事、エンターテインメント、ショッピングなど、あらゆるシーンで特別な提案をしてくれるサービスだけは公開されています。

公式ホームページでは非公開であっても、 プラチナカードであること、年会費が高額であることから、ゴールドカード以上の品質なのは間違いないので、アメックスカードを持ったからにはプラチナカードを狙ってみるのも良いでしょう。

…と言っても、どうすればプラチナカードを持てるのか気になるところでもあります。 そこで、アメックスのプラチナカードを持つ方法を探し出してみました。

グリーン色のアメックスからプラチナカードを持つことができる!?



実はアメックスのプラチナカード、 一般的な申込みはできず、年収がいくら以上という条件も非公開になっています。
そこで考えられるのが、ゴールドカードを所有し、年間数百万以上の利用をするという、プラチナカードを持つためのよくある条件になってしまうところですが、 アメックスの公式ホームページでは、プラチナカードを持つためにはまず「アメリカン・エキスプレス・カードを持ち、その便利さと快適さを実感して頂いている会員」に案内しているカードだというように紹介されています。
つまりは、アメリカン・エキスプレス・カードのシリーズを満足して使って頂いている会員に紹介しているということです。
長きに渡り愛用している、利用額や利用回数が多いというところも“満足して使ってもらっている”という理由になるかと思いますので、プラチナカードの招待を受けたいときは、こういった点も気を付けてアメックスカードを利用しておいたほうがよいでしょう。

憧れのアメックスプラチナカードを持つための3つの方法


アメックスプラチナカードの招待を受けるためには、 まずアメリカン・エキスプレス・カードの入会、利用が絶対条件となります。

ポイント01
アメックスカードホルダーになること
ポイント02
1年以上は保有すること
ポイント03
積極的に利用すること

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申込みが厳しいと感じている方は、 アメリカン・エキスプレス・カードから利用を始めてみても良いかと思います。
プラチナカードはとにかく、会員であることと利用額や利用回数が多い方が招待を受ける可能性が高いカードなので、会員となったときには積極的に使うようにしていきましょう。

アメックスプラチナカードは年会費が130,000円+税となり、 それだからこその高級感が感じられるカードです。

なかには“プラチナカードなんだからこれくらい”と思う方もいるでしょうし、 持ちたいけれどどうしようかと悩む方もいることでしょう。

もしプラチナカードの年会費が悩みどころのひとつならば、 月額で10,833円+税というように考えてみたり、
ボーナス時期に合わせて入会をして、その月に支払うというような工夫を取ってもいいかもしれません。
まずは招待を受けるために、アメックスカードホルダーを目指しましょう!

アメックスカードの審査について知る


アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードを持つために、 アメックスカードシリーズの会員となって利用することが必要となります。

■年会費/12,000円+消費税
■申込み資格
1.年齢が20才以上の方
2.日本国内に定住所をお持ちの方
3.日本国内で定職、定収入をお持ちの方
4.他のクレジットやローン等のお支払いがある場合、延滞無くお支払いの方

審査対策ポイント!

グリーンのアメックスカードは、年齢は20歳以上、そして国内に住所があること、 定職についており、安定した収入、延滞のない支払いをしている方が条件となります。
もし国内に住所がない、安定した収入がない、支払いで延滞を度々起こしているという方は、申込みができても基準を満たせないので注意しておきましょう。

■年会費/29,000円+消費税
■申込み資格
1.年齢が25才以上の方
2.日本国内に定住所をお持ちの方
3.日本国内で定職、定収入をお持ちの方
4.他のクレジットやローン等のお支払いがある場合、延滞無くお支払いの方

審査対策ポイント!

ゴールドのアメックスカードは、年齢は25歳以上、そして国内に住所があること、 定職についており、安定した収入、延滞のない支払いをしている方が条件となります。 年齢が25歳に満たない、国内に住所がない、安定した収入がない、支払いで延滞を度々起こしているという方は、申込みができても基準を満たせないので、こちらも注意しておきましょう。

もしアメックスプラチナカードを将来的に持ってみたいな… という考えであれば、ゴールドカードよりも年会費が抑えられるグリーン色のアメックスカードから始めてみるのが良い方法です。

まずはアメリカン・エキスプレス・カードを持とう!


プラチナカードは、アメックスゴールドカード以上となる高級カードです。 招待された会員しか申し込みができませんので、招待を受けるためにもまずはアメックスカードの会員になっておきましょう。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
アメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード

・年会費/12,000円+税

・海外旅行、国内旅行保険/最高5,000万円

・手荷物無料宅配サービス

・無料ポーターサービス

・空港クロークサービス

・海外用レンタル携帯

・トラベラーズ・チェック
現地のタイムリー情報、現地通貨の換金、病気やトラブルなど旅先の万が一に対応してくれるサービス。

・エアポート・ミール

・空港ラウンジ

・トラベル・サービス・ロケーション

・ダイニング・ア・ラ・カード
飲食でカード利用した場合に最高20%キャッシュバックサービスなどゴールドカード並みの特典が充実の1枚!

・年会費/29,000+消費税

・海外旅行保険/最高1億円 国内旅行保険/最高5,000万円

・手荷物無料宅配サービス

・無料ポーターサービス

・空港クロークサービス

・海外用レンタル携帯

・トラベラーズ・チェック

・エアポート送迎サービス

・エアポート・ミール

・空港ラウンジ

・トラベル・サービス・ロケーション

・ゴルフ・デスク

・ヨドバシカメラコンシェルジュ

・ダイニング・ア・ラ・カード

・メンバーシップ・プレビュー
(新作映画情報、試写会イベント情報の案内)などアメリカン・エキスプレス・カードよりも特典が充実した内容になっているのが、ゴールドカード。さらに家族会員1名の年会費は無料となっているため、夫婦で合わせて使えるのも魅力になっています。

どちらのカードも、通常のカードよりはステータスランクが上ですから、 持って使ってみるだけでも、おすすめです。 まずは、利用したときの満足感を味わってみましょう!

まずは
コレ!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ