Kyash Visaカードは還元率が高いが補償が無いなどデメリットも多い? 弱点を埋めるおすすめの組み合わせとは

Kyash Visaカードとは、どのようなカードなのか解説

Kyash Visaカードは、Visaとして利用できるカードでスマートフォンから簡単に作ることができます。スマートフォンで簡単に管理できるシステムになっているので、リアルタイムで通知が届いて、履歴に反映されるので利便性が高いでしょう。

さらに、友達や同僚などに手数料無料で請求や送金ができるので飲み会などで割り勘にする際などに利用できて便利です。使い方を工夫すれば、Kyash Visaカードの利用価値はより高いものになります。

Kyash Visaカードは2種類あり、リアルカードとバーチャルカードがあります。

まずリアルカードは、本人確認不要でパソコン、スマートフォンから申込ができます。リアルカードのデザインは、青と白を基調とした男性にも女性にも対応したデザインとなっています。バーチャルカードは、アプリを使用してメールアドレスと携帯電話番号だけで、すぐにバーチャルカードが発行できるので登録に時間がかからなくて良いでしょう。

バーチャルカードを利用する時は、リアルカードと同じようなカードが表示されるので直観的に使いやすいでしょう。

アプリのインストールと簡単な情報登録だけで、瞬時にバーチャルVisaカードが発行可能

Kyash Visaカードは、アプリのインストールと簡単な情報登録をするだけで、すぐにバーャルVisaカードの発行が可能なのが特徴の一つです。登録に必要な時間は1分程度なので、忙しい方にもおすすめです。バーチャルVisaカードは、ネットの支払いでも利用できるので利点です。

バーチャルVisaカードは、友達などから受け取ったお金をKyash Visaカードを通じてVisa加盟店でのオンラインの買い物で利用できます。さらに、Visaの登録カードにおける自動チャージが有効になっていれば、たとえアカウントに残高がない場合でも送金やショッピングが可能となっています。

他には、バーチャルVisaカードは、コンビニチャージ、セブン銀行ATMチャージなどの利用もできるので便利でしょう。

コンビニ、銀行、クレジットカードからのチャージが可能

Kyash Visaカードは、コンビニ、銀行、クレジットカードからのチャージが可能です。チャージは意外なタイミングで必要になることもあるので、コンビニや銀行などでチャージができるのは利用者としては助かります。国際ブランドのJCBカードやプリペイドカードではKyash カードとして登録ができないので気をつけましょう。

Kyash Visaカードの利点としては、特定のクレジットカードを利用して、Kyashにチャージするとポイントを2重に取ることが可能です。例えば、リクルートカードでは、Kyash Visaカードにチャージすると1.2%のリクルートのポイントが貯まるだけではなくて、Kyashで買い物をした場合に、2%キャッシュバックされるサービスとなっています。

Kyash Visaカードは、チャージの方法を事前に把握しておいて工夫して利用することでより利便性の高いカードとなります。

バーチャルVisaカードで買い物が可能

Kyash VisaカードのバーチャルVisaカードは、買い物が可能ですが、利用時の注意点がいくつかあります。一つとしては、発行されたアカウントの本人のみが利用できるサービスであることです。これは、自分以外の方が利用できないということなので、ある意味では安心して利用できるでしょう。

自分以外の方に利用してもらって買い物を頼んだりしたいという考えもありますが、安全のためにもアカウントの本人だけが利用できる方が良いでしょう。また、バーチャルカードでの決済は、クレジットカードの仕組みで行われるので、レシートにクレジットと印字されます。事前にクレジットと印字されることを知っていれば、驚くこともないでしょう。

バーチャルVisaカードは、利用する際の気をつける必要があるのが、公共料金や保険料の支払いでは使えない点です。当然にように公共料金の支払いをバーチャルVisaカードでできると考えていると、支払い計画の変更が必要になります。

電話番号やSNS経由で知り合いに送金が可能

Kyash Visaカードでは、電話番号やSNS経由で知り合いに送金が可能ですが、送信する相手がKyash Visaカードを利用しているかどうかで送金の方法が違ってきます。はじめは、知り合いにどのような手続きで送金するのかわかりづらいところもありますが、一度理解してしまえば知り合いへの送金は利便性が高いです。

Kyash Visaカードを利用している方に送金する場合は、Kyashアプリを開き、「送金」を選択します。次に「相手を選ぶ」でKyash Visaカードを利用している知り合いを読み込みます。さらに、送金相手を選んで、金額を入力した後に「確認画面」を選択します。最後に「スライドで送金」をスライドして完了となります。

Kyash Visaカードを利用していない知り合いに送金する場合は、はじめの方の手続きは同じですが途中から、金額を確認して「確認画面へ」を選択します。次に「スライドでリンクを作成」をスライドして完了となります。

この手続きの後では、作成したリンクのシェアを行って、送金相手はリンクを開くことでKyashアプリをダウンロードしてからお金を受け取ることができます。

Visaのリアルカードが発行可能

Kyash Visaカードでは、Visaのリアルカードが発行可能です。リアルカードという名前は、Kyash Visaカードのバーチャルカードと区別しやすいので良いでしょう。リアルカードは、本人確認不要で、パソコンやスマートフォンで申し込みできるのと、実際の店舗とオンラインの店舗両方の支払いができるのでおすすめです。

一回の利用限度額は、5万円なので色々な商品などの購入に利用できます。また、リアルカードを利用するためには、iPhone ios 11.0以上、android os 5.0以上を搭載した端末が必要なので気をつけましょう。

Kyashのメリットとデメリットを解説

Kyash Visaカードのメリットとデメリットは、利用を検討している方にとっては特に重要なことでしょう。メリットの一つとしては、学生、主婦、無職の方でも発行が可能なことでしょう。自分は無職だからだめだと考える前に、申込をしてみるのも良いです。Kyash Visaカードは、リアルカードを発行すれば、さまざまなVisa対応店で利用が可能です。

これは、現金で支払うのが面倒だと感じる方には丁度良いです。また、Kyashで支払いをすると支払い金額の2%がキャッシュバックされるシステムになっているので、事前にKyash Visaカードの利点を良く理解しておくと、得をすることになります。

メリット

Kyashで支払いをすると支払い金額の2%がキャッシュバックされる

Kyashで支払いをすると支払い金額の2%がキヤッシュバックされるサービスは、Kyash Visaカードの大きなメリットです。2%という金額は、高額な買い物をすればするほど大きな金額になります。

2%のキャッシュバックの利用方法は、Kyashをダウンロードして、メールアドレスと電話番号を登録することで、アプリ内でVisaプリペイドカードを発行することができます。簡単手続きで利用できるのもKyash Visaカードの魅力の一つといえます。

Kyashの残高不足がある場合は、自動的に登録カードからチャージされるので支払いの手続きの時に、困ることもないでしょう。注意点としては、事前に任意の金額をチャージすることはできないので知っておいた方が良いでしょう。

リアルカードであれば街中のVisa対応店で使用可能

Kyash Visaカードは、リアルカードであれば街中のVisa対応店で使用可能なのもメリットです。実店舗でもKyash Visaカードが使用できることは、バーチャルカードだけでは満足できない利用者の要求を満たしているといえます。リアルカードが実店舗でも使用できることは、Kyash Visaカードで節約することができるチャンスが広がるので良いでしょう。

2%還元の実店舗を把握しておけば、より計画的に節約したKyash Visaカードの利用ができておすすめです。リアルカードは、クレジットカードからチャージでポイントが貯まりますが、対象のクレジットカードとしては楽天カード、Yahoo! JAPANカード、リクルートカード、REX CARD、JALカード、ANAカードなどがあります。

デメリット

プリペイドカードでのチャージが不可

Kyash Visaカードのデメリットとしては、プリペイドカードでのチャージが不可な点があります。これは、Kyashに登録できるカードは、Visa、Master cardのクレジットカードまたは、デビットカードですが、Visa、Master cardブランドでもプリペイドカードの登録は不可であるので気をつけましょう。

Kyash Visaカードでは、登録できるクレジットカード、デビットカードが5枚までとなっていますが、この点は利用者の視点からすると良いでしょう。

1ヶ月間での決済利用上限は12万円まで

Kyash Visaカードの他のデメリットとしては、1ヶ月間での決済利用上限が12万円までとなっている点があります。一度にあまりに多額を利用できると後で後悔してしまったり、使いすぎてしまったりを防げるため、ある意味では良いシステムでしょう。

また、リアルカード有効化済みの方は、24時間の利用限度額は5万円以下となっていて、1回あたりの利用限度額は5万円以下です。どのような利用限度額でもポイントとなるのは、計画的なカードの利用でしょう。

バーチャルカードのみの方は購入の決済については、24時間あたりの利用限度額と1回あたりの利用限度額は3万円以下ですが、1ヶ月の利用限度額は、リアルカード有効化済みの方と一緒で12万円までとなっています。

Kyash Visaカードの期限内(5年間)の利用上限は100万

Kyash Visaカードの気になる期限内(5年間)の利用上限は、100万円となっています。もしも有効期限内で利用額が100万円を超える場合は、Kyash Visaカードの更新をすることで継続して利用することができます。利用者は、更新することでKyash Visaカードを継続できますが、計画的に利用することが必要でしょう。

また、上限の100万円に近くなってきたら、Kyash Visaカードから連絡がくるので、連絡がきたら忘れないうちに更新の手続きをした方が良いです。他の注意点としては、Kyash Visaカードの更新ではKyash残高が更新されるので事前に知っておいた方が良いです。また、Kyash Visaカードの残高の有効期限は無期限です。

盗難、紛失時の保険などがないなど

Kyash Visaカードは、盗難、紛失時の保険などがないので気をつけましょう。保険がないことは、普段から盗難されないようなKyash Visaカードの扱いをしておくのをおすすめします。もしも、盗難、紛失などをした場合はカードの一時ロックができます。

手続きとしては、アプリ上にあるバーチャルカードをタップしてから「カードを一時ロックする」をオンにするだけでできるので覚えておくと良いでしょう。一時ロックの解除方法は、バーチャルカードを同じようにバーチャルカードをタップしてから、「カードを一時ロックする」をオフにすることで解除できます。

補償がしっかりしているクレジットカードが欲しい方はJCB CARD Rや楽天カードがおすすめ

・盗難や紛失時の保険がないことなど

Kyash Visaカードは、盗難や紛失時の保険がないことなどがデメリットでしょう。バーチャルカードやリアルカードの発行ができて便利な点もあるKyash Visaカードですが、もしものことを考えると、補償がしっかりとしたカードの方が良いケースもあります。

Kyash Visaカードの利用だけを考えるのではなくて、他のカードの使用も考えに入れてどのカードにするか選択するとより良いカードの選び方になります。例えば、JCB CARD Rカードは、付帯保険として海外旅行傷害保険、ショッピングカード保険があります。海外旅行傷害保険の内容としては、補償対象旅行期間が3ヶ月となっています。

補償対象旅行期間は、実際にカードの補償を考える時に、ポイントとなる場合があるので事前に把握しておくと良いでしょう。

・Kyash Visaの補償が気になる方は、補償がついているカードがおすすめ

Kyash Visaカードのデメリットである補償が気なるKyash Visaカードのユーザーの方は、JCB CARD Rや楽天カードのような審査のハードルが比較的低く、補償がついているカードがおすすめです。楽天カードは、補償内容としてカードの紛失や盗難などにおける不正利用された場合の損害金額を保証してくれます。

海外などでカードの紛失、盗難などがあった時は、専用ダイヤルに電話して手続きをするシステムなっていて安心でしょう。専用ダイヤルは、日本につながるようになっていて、24時間365日受付してくれます。海外旅行などで、カードの紛失、盗難があってもあせらず対応できるのでおすすめです。

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


Pick Upコラム




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

監修ファイナンシャルプランナー紹介


ページの先頭へ