ダイナースクラブカード会員必見!コンパニオンカードを作成するとMastercard取扱店で利用可能!

ダイナースクラブ コンパニオンカードとは? TRUST CLUB プラチナマスターカードを無料発行できる新しいサービス

ダイナースクラブ コンパニオンカードは、ダイナースクラブカードを所有する方が無料で追加発行できるカードのことで、コンパニオンは連れ添うという意味があるように、ダイナースクラブカードに連れ添うカードを意味します。

ダイナースクラブカードでは2019年7月24日開始予定の新サービスとして、ダイナースクラブコンパニオンカードの発行を発表しています。

発行対象になるカードは、ダイナースクラブカードの中でも提携カードは対象外で、ダイナースクラブが直接発行するプロパーカードのみ利用できるサービスです。

ダイナースクラブ コンパニオンカードとして発行するのはTRUST CLUB プラチナマスターカードで、ダイナースクラブカードのサービスとMastercardのプラチナステータスのサービスを両方享受できるようになります。

Mastercardのプラチナステータスを解説

プラチナステータスはMastercardのステータスの中でも、上から3番目に高いステータスで、身近なスタンダードカードと比べると券面のデザイン、年会費、優待特典の内容、サービスの質が上質になるなどすべてが贅沢な内容になります。

スタンダードのカードには、初心者向けのクレジットカードカードや年会費無料のカードが多いことが特徴で、年会費が若干高くなり優待特典の内容がスタンダードよりもグレードアップするのがゴールドステータスです。

プラチナステータスは、スタンダードカードやゴールドステータスの内容から考えると、上級カード、上級ステータスになります。

ちなみに最上級のワールドエリートステータスは、国内発行可能なカードではラグジュアリーカード、TRUST CLUB ワールドエリートカードの2種類のみ、参考までに年会費は130,000円と高額になります。

Mastercardのステータス


  • ワールドエリートMastercard
  • ワールドMastercard
  • プラチナMastercard
  • チタンMastercard
  • ゴールドMastercard
  • スタンダードMastercard

ダイナースクラブ コンパニオンカードを作成すると、コンパニオンカードの利用分に応じたポイントが貯まります。

貯めたポイントはダイナースクラブリワードプログラムでさまざまな使い方ができ、注目のアイテム、人気のアイテム、ギフト券、商品券、キャッシュバック、旅行代金への充当、他社ポイントへの移行に使うことができます。

またカードは国際ブランドが異なり、物理的に別々の2枚のカードで発行されても、支払いはダイナースクラブカードの利用分と一緒、請求スタイルはこれまでと何も変わりません。

別途支払い手続きが必要になるなどの煩わしいことは一切なく、それぞれのカードのメリットをじっくり味わうことができるでしょう。

仮にコンパニオンカードとしてではなく、TRUST CLUB プラチナマスターカードとして入会するとしたら年会費や審査が必要になるのに対し、ダイナースクラブカードのコンパニオンカードとして発行するなら年会費無料、付帯カードとして発行、さらにMastercardのプラチナステータスのサービスが無料で入手できるなど豪華な使い方ができるわけです。

世界シェア2位のMastercard加盟店でのカード利用も可能となるため、日本国内・海外で取扱店が一気に増えて、これまで以上にカードショッピングが楽しめるようになるでしょう。

ダイナースクラブ コンパニオンカードの基本情報

付帯保険について

ダイナースクラブ コンパニオンカードのポイントは200円につき1ポイントの0.5%還元、ダイナースクラブカードのポイントに上乗せする形で合算されます。

付帯保険はダイナースクラブカードの保険が適用になり、旅行保険は最高1億円、海外・国内のどちらの傷害保険も5,000万円ずつ自動付帯と利用付帯分が付いています。

TRUST CLUB プラチナマスターカードの付帯保険と比較すると、海外・国内どちらの旅行傷害保険も最高3,000万円までの利用付帯となっているので、大幅な保険金額のアップと、自動付帯を備えられるメリットがあります。

TRUST CLUB プラチナマスターカードの付帯保険


  • 海外旅行傷害保険・・・最高3,000万円(利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険・・・最高3,000万円(利用付帯)
  • バイヤーズプロテクション・・・年間50万円まで

※海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険は運賃、ツアー代金などをカードで支払った場合に限ります。

ダイナースクラブカードのショッピングリカバリーは年間500万円まで購入日より90日間、1事故あたりの自己負担金10,000円で破損、盗難、火災、偶然の事故、海外購入品、プレゼントした商品の事故まで補償します。

TRUST CLUB プラチナマスターカードのショッピングリカバリー保険にあたるバイヤーズプロテクションは年間50万円まで、コンパニオンカードとして利用する方が10倍の補償を利用できるようになります。

付帯保険では従来のTRUST CLUB プラチナマスターカードとして利用するよりも、保険金額が大きくなり、自動付帯も利用できるようになります。

ポイント還元について

ダイナースクラブ コンパニオンカードとして、TRUST CLUB プラチナマスターカードを使用した場合のポイントは200円ごとに1ポイントの0.5%還元で付与されます。

年会費が無料の一般カードとして考えると0.5%の還元率は悪くはないですが、もともとのTRUST CLUB プラチナマスターカードとしてポイント還元率を考えると、100円ごとに2ポイントの2%還元から一気に4分の1に下がることになります。

TRUST CLUB プラチナマスターカードとしてポイントを貯めるときと、ダイナースクラブ コンパニオンカードとしてポイントを貯めるのでは、年会費などの条件も異なり無料で発行できる付帯カードの観点で見れば、やはり0.5%は悪くはないと言えるでしょう。


ダイナースクラブ コンパニオンカードの基本情報
年会費 本会員 無料
家族会員 無料
付帯カード TRUST CLUBプラチナマスターカード
※ダイナースクラブカード会員は年会費無料
通常年会費 3,000円+消費税
ポイント 200円ごとに1ポイント
(ダイナースクラブカード利用分に合算)
付帯保険
(ダイナースクラブカード
の保険を適用)
海外旅行傷害保険 最高1億円
5,000万円:自動付帯
5,000万円:利用付帯
国内旅行傷害保険
ショッピングリカバリー 年間500万円まで
自己負担1品:10,000円

コンパニオンカードの作成で追加利用が可能になるサービスについて

Mastercard優待プログラム「Taste of Premium」がダイナースクラブカード所有のまま利用できる!

ダイナースクラブ コンパニオンカードの作成で利用できるようになるのは、MasterCard優待プログラムの「Taste of Premium」の8特典です。

「Taste of Premium」はゴールドカード以上のMastercardに付帯する優待プログラムで、全18特典のうち8特典を内容の変更や条件の追加など一切なしでそのまま利用できるようになります。

具体的な内容は「Taste of Premium」の公式サイトに対象カードのカード番号の入力で閲覧できるようになり、一般公開はされていませんが代表的な優待内容は次の通りです。

代表的な「Taste of Premium」の優待内容


  • 国際線手荷物優待(海外から帰国時1個500円で宅配)
  • ダイニングby招待日和(有名レストランの所定のコースを2名以上の利用で1名分無料・対象店舗約200店舗)

ダイニングby招待日和は、全国有名レストランの中から厳選された約200店舗の利用が可能で、その店舗で最もおすすめするコースを予約することができます。

2名以上で予約するとコース代金が1名分無料になり、1人あたり月に2回までの利用となっています。

予約は土日を除く3営業日前まで、専用サイトからMastercardのクレジットカード番号を入力して予約、利用できるコースは、ディナータイムでの利用が基本となります。

Mastercard会員だけの特別な優待プログラムを、ダイナースクラブカード会員でも利用できるようになる魅力的な内容です。

新サービスのWi−Fiサービス「Boingo Wi-Fi」も条件をそのままに利用できる!

SuMi TRUST CLUB カードのMastercard各種改定により新登場した新しいWi−Fiサービス「Boingo Wi-Fi」は、日本を含む世界100ヵ国、100万ヵ所のホットスポットでWi−Fiによるインターネット接続ができるサービスです。

登録料、利用料はすべて無料、世界中のどこにいても無料でインターネットを利用できるようになります。

Boingo は通常なら利用する国や地域で所定の料金を支払うグローバルWi-Fiで、最大59ドル/月のプランもあります。

・アメリカ定額プラン・・・9.95ドル/月
・アジアパシフィック定額プラン・・・11.95ドル/月
・ヨーロッパ・中東・アフリカ定額プラン・・・34.95ドル/月
・世界中でWi−Fi接続2,000分・4台まで接続可能プラン・・・59ドル/月

新サービスのBoingo Wi-Fiなら全て無料、仕事やプライベートで海外に行きカフェやレストランからSNSをチェックしたり、地域情報をWebサイトから調べることができます。

また、ライフスタイルに合わせてスマホ・パソコン・ノートパソコン・タブレットなど好きなデバイスにアプリをダウンロードすればすぐ使えるようになります。

ダイナースクラブ コンパニオンカードを発行すると、海外でのインターネットがグンと利用しやすくなり、どんな情報も逃さずキャッチできるようになるでしょう。

ダイナースクラブ コンパニオンカードに付与されるポイントはダイナースクラブカードに合算

ダイナースクラブ コンパニオンカードに付与されるポイントは、手持ちのダイナースクラブカードに合算され、ダイナースクラブリワード内で使えるようになり、ダイナースクラブとコンパニオンカードの還元率は合計1.5%にアップ、ダイナースクラブ単体でポイントを貯めるよりも効率的に貯まります。

ただ、1ポイントあたりの換算率は、カードごとに異なるため注意が必要です。

ダイナースクラブリワードポイントのポイント・キャッシュバックを参考にすると、10,000ポイント→3,000円分に換算なので、1ポイント→0.3円と考えることができます。

SuMi TRUST CLUBリワードポイントのキャッシュバックを参考にすると、8,000ポイント→2,000円分のキャッシュバックなので、1ポイント→0.25円と考えることができます。

100円に対する付与単位で見るとTRUST CLUB プラチナマスターカードで貯まるポイントは、100円につき2ポイントの0.5円換算、ダイナースクラブ コンパニオンカードとして貯まるポイントは200円につき1ポイントの0.15円換算となり、コンパニオンカードとして貯めるポイントはだいぶ低くなってしまいます。

しかしダイナースクラブとの合算として考えれば、1.5倍の0.45円換算となり、ダイナースクラブカード単体で貯めるよりは効率的に貯められるようになります。

ダイナースクラブユーザーはコンパニオンカードの発行で利便性が大幅アップ! 年会費無料で作っておくべきカード

ダイナースクラブ コンパニオンカードは、本会員・家族会員ともに無料で追加発行できることに加えて、Mastercardに付帯する優待サービスをすべてそのままの条件で利用できることが魅力です。

本来ダイナースクラブカードだけではMastercard優待プログラムは利用できず、Mastercard会員でもゴールドカード以上の方しか利用できない優待プログラム「Taste of Premium」は敷居の高い優待プログラムとして有名です。

その「Taste of Premium」の全18特典のうち8特典を、コンパニオンカードの発行で無料利用できるのはかなりお得だと言えます。

新サービスのBoingo Wi-Fiの無料利用は時代に添ったサービスであり、デバイスも選ばないでアプリのダウンロードのみで利用できて手軽で便利、海外に行く機会が多い方にとってマストなサービスになるでしょう。

ポイントの面では賛否両論かもしれませんが、ダイナースクラブカード会員専用のダイナースクラブポイントモールの利用でポイントとキャッシュバックのダブルのメリットがあります。

手持ちのダイナースクラブカードとの合算により、ダイナースクラブカード単体よりも効率的に貯められるようになることは、ダイナースクラブカードファンにとってプラスに作用する内容です。

ダイナースクラブ コンパニオンカードは、手持ちのクレジットカードと別の国際ブランドのカードを無料で追加発行でき、年会費無料、付帯サービスが全て家族会員間で利用できるという、かなり画期的なサービスです。

ダイナースクラブカードを所有している方は、この機会に家族会員分も一緒にコンパニオンカードを追加発行しておくと使える幅も広がって良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ