厳選カード10枚 人気コラム

年会費2万円台エポスカードのプラチナカードのメリット・デメリットとは?コスパはよいが不向きな方もいるので注意!

年会費2万円台エポスカードのプラチナカードのメリット・デメリットとは?コスパはよいが不向きな方もいるので注意! PCトップ画像年会費2万円台エポスカードのプラチナカードのメリット・デメリットとは?コスパはよいが不向きな方もいるので注意! SPトップ画像

クレジットカードをよく利用する場合、ポイントの還元率がよく、ボーナスポイントも多くもらえる高グレードのカードは様々なシーンで活躍することでしょう。

しかし、一般的にクレジットカードはグレードが上がるほどコストパフォーマンスが落ちる傾向にあります。

なぜなら、高級レストランの優待や空港のラウンジ利用など特典が全体的にグレードアップするため、年会費も必然的に上がるからです。

そのようなデメリットがある中で、マルイの「エポスプラチナカード」は群を抜いてコストパフォーマンスがよいと注目をあつめています。

年会費が高いのがプラチナカードのネックのひとつですが、エポスプラチナカードの年会費は安く、使えば使うほどポイントがたまるので、普段の生活や旅行先などさまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。

この記事でわかること

・エポスプラチナカードのメリット
・エポスプラチナカードのデメリット
・エポスプラチナカードがおすすめな人

エポスプラチナカードのメリットを徹底解説!

エポスプラチナカードのメリットを徹底解説!エポスプラチナカードのメリットを徹底解説!

年会費はうれしいお手頃価格

エポスプラチナカードの年会費は、通常申し込みの場合は30,000円です。

他社のプラチナカードは10万円以上のものもある中で、30,000円はかなりお得な価格ですが、マルイから届くインビテーションを経由して申し込んだ場合は20,000円とさらに安価になります。

年会費をなるべく安く抑えたい、という方はマルイから届くインビテーションを待ってから申し込むとよいでしょう。

インビテーションは、エポスゴールドカードの利用実績から審査され送られてきます。

定期的にエポスゴールドカードを利用していて、返済においても問題がない方にインビテーションは送られていきますので、日ごろから返済はしっかりとおこなっておきたいところです。

ポイントを上手に活用しよう!お得な使い方徹底解説!

エポスプラチナカードは、VISA加盟店では200円(税込)につき1ポイントがもらえます。

1ポイント=1円で、マルイの通販・お買い物などで割引を利用することが可能です。

他にも、エポスVISAプリペイドカードに移行して全国のコンビニ・スーパー・飲食店・ナット通販などVISA加盟店でポイントを利用することもできます。

エポスVISAプリペイドカードのみキャッシュバックサービスがあり、マルイ以外のお買い物でもポイントが利用できるのでエポスプラチナカードと一緒に持っておくとベストでしょう。

ポイントの交換単位・期間・キャッシュバック・利用可能な店舗数をチェック!


エポスVISA
プリペイドカード
VJAギフトカード
(全国共通ギフトカード)
クオ・カード
ポイントの
交換単位
1ポイントから可能 1000ポイント 1000ポイント
交換までの
期間
すぐにチャージ可能 届くまで約1週間 届くまで約1週間
キャッシュバック 0.50% なし なし
利用できる店舗 国内外
3800万店
国内50万店 国内5.5万店

エポスプラチナカードの高還元率のヒミツは使えば使うほどたくさんもらえるボーナスポイント!

エポスプラチナカードは使えば使うほどたくさんのボーナスポイントがもらえるので、よくクレジットカードを利用する方にとっては見逃せないメリットではないでしょうか。

エポスプラチナカードの還元率は0.5%。

ゴールドカードとさほど変わりませんが、ボーナスポイントが多くもらえる分、高還元率が実現されています。

ボーナスポイント


100万円以上→ 20,000ポイント(2万円相当)
200万円以上→ 30,000ポイント(3万円相当)
300万円以上→ 40,000 ポイント(4万円相当)
500万円以上→ 50,000 ポイント(5万円相当)
700万円以上→ 60,000 ポイント(6万円相当)
900万円以上→ 70,000 ポイント(7万円相当)
1,100万円以上→ 80,000 ポイント(8万円相当)
1,300万円以上→ 90,000 ポイント(9万円相当)
1,500万円以上→ 100,000 ポイント(10万円相当)


誕生日月はマルイ・モディのお買い物がお得!

エポスプラチナカードの特典のひとつに、誕生日月はマルイ・モディでのお買い物でポイントが2倍になるというものがあります。

1ポイント=1円で割引が利用できるので、ポイント2倍はうれしい特典ではないでしょうか。

ポイントも税込200円で加算されるので、税抜き980円の商品を購入した際には、税込みで1,058円となり、5ポイントゲットすることができます。

細かい差ですが、塵も積もれば山となる!の意外と魅力的なメリットです。

ゴールド会員・プラチナ会員限定!「選べるポイントアップショップ」に登録してさらにポイントをゲットしよう!

300以上の対象ショップの中から、よく利用するショップ最大3つまでを「選べるポイントアップショップ」に登録すると、プラチナカード利用時のポイントが最大3倍(1.5%)になるサービスがあります。

スーパー・コンビニ・ドラックストア・ガソリンスタンド・レストラン・家電量販店など普段の生活でよく利用する店舗を登録すればポイントを多くゲットできるでしょう。

通常のVISA加盟店 登録ショップ
1回・2回払い
ボーナス払い
1ポイント 3ポイント
リボ払い
(分割払い3回以上)
2ポイント 4ポイント

毎月定期的に支払う公共料金を登録すると、引き落としのたびにポイントがたまっていくのでおすすめです!

ポイントの有効期限はなんと無期限!

通常のエポスカードポイントの有効期限は2年間ですが、エポスプラチナカードは無期限でポイントを利用することができます。

焦って使わなくてよいので、大きなお買い物で一気にポイントを使うことも可能です。

24時間365日使える「コンセルジュサービス」!メールでのやりとりもOK!

最近はどこのプラチナカードでも導入している「コンシェルジュサービス」

その中でも、エポスプラチナカードのコンシェルジュサービスはサービス内容がとても充実して質の高いものとなっています。

多くのプラチナカードのコンシェルジュサービスは電話での依頼のみ可能ですが、エポスプラチナカードはメールでもやり取りすることができます。

電車の中やバスの中でも依頼が可能ですし、伝達の際に必要なUKLもメールなら簡単に貼り付けて提示ができるので非常に便利なサービスです。

具体的なサポート内容は、

・レストランやお店探しや予約
・購入予定の商品の在庫確認
・イベントやコンサートの空き状況確認や予約
・お土産品や特産品の案内
・航空券やホテルの手配、予約
・タクシーの手配、予約

など他にも多くの依頼が可能です。

さらに「コアラがみられる所に行きたい」「高齢者がいるので車いすで行けるレストランを探してほしい」など個人的な条件を伝えるだけで、条件に合った場所を的確に探して案内してくれるところもうれしいポイントです。

言葉が通じない海外で、日本語でやり取りのできるコンシェルジュサービスは海外旅行の心強い味方になるでしょう。

2万円の年会費でプライオリティパスが無料で使える!

エポスプラチナカードのプライオリティパスは、世界の1,000か所以上の空港ラウンジを無料で利用できる会員制のサービスです。

国内の空港で無料使いできるラウンジが他のプラチナカードよりも少なめなことが残念な点ではありますが、それでも年会費2万円で国内外1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるのは、優れたコストパフォーマンスです。

グルメクーポンが全国約100店舗で利用可能!

エポスプラチナカードには、全国約90店舗のハイクラスのレストランにて、2名以上の利用で1人分の食事(フルコース)が無料になるサービスがあります。

普段は躊躇してしまうような高級レストランのフルコースが1人分無料はかなりお得!大切な人との食事や記念日、ビジネスシーンなどでもぜひ活用したい特典です。

また、「支払いの際にクーポンを持っていくのはちょっと…」と心配される方もいるとおもいますが、予約はエポスNetから可能なので、当日にグルメクーポンを持参しなくてもOK! 安心してお得に食事を楽しむことができます。

海外旅行傷害保険が自動付帯

エポスプラチナカードは、海外旅行傷害保険が自動付帯でついてきます。

通常のエポスカードの海外旅行傷害保険よりも内容が充実していて、家族特約もあり、有効期間も90日と十分な期間ですので、海外旅行の際には非常に助かるサービスです。

エポスプラチナカードの海外旅行傷害保険の内容を確認しておきましょう!

本人 家族
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 死亡の場合 2000万円
後遺障害の場合 60~2000万円
傷害治療費用 300万円(1事故の限度額) 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 300万円(1疾病の限度額) 200万円(1事故の限度額)
個人賠償責任危険 1億円(1事故の限度額) 1億円(1事故の限度額)
救援者費用 200万円(1年間の限度額) 200万円(1旅行・1年間の限度額)
携行品損害
(免責3000円)
100万円(1旅行・1年間の限度額) 100万円(1旅行・1年間の限度額)

海外でよくあるトラブルは、食中毒やカメラ・携帯の故障・盗難などがあげられます。

その他にも、予期せぬトラブルが起きることもありますので、本人のみならず家族の分も自動付帯で海外旅行傷害保険が利用できるのは安心です。

また、国内旅行傷害保険も無料で利用できますが、海外旅行傷害保険と違って自動付帯ではなく利用付帯となります。

エポスプラチナカードで旅行代金を支払って時点で保険が有効になるので注意しましょう。

豊富な優待特典を有効的に使おう!

豊富な優待特典を取り揃えているエポスプラチナカード。

エポスカードの優待特典だけでなく、VISAプラチナカードの優待特典の両方が利用できる充実さは他のプラチナカードに負けていません。

レストランやお店だけでなく、バッケージツアー・手荷物手配・ゴルフ予約など、さまざまなシーンで優待価格の利用ができるため、日常生活でよく使うお店などは特にチェックしておきましょう!

エポスプラチナカードのデメリットも要チェック!

エポスプラチナカードのデメリットも要チェック!エポスプラチナカードのデメリットも要チェック!

家族カードがない

エポスプラチナカードには、家族カードがありません。

しかし、エポスファミリーゴールドサービスを利用して家族をエポスゴールドカードに招待することはできます。

エポスプラチナカードよりも特典内容の充実度は低いですが、年会費が無料・ポイントを家族間でシェア・ファミリーボーナスポイントの付与などのさまざまな特典があるので、利用して損をすることはまずありません。

専業主婦の方や学生の方は、安定した収入がない分クレジットカードを作ることが困難な傾向にありますが、エポスゴールドファミリーサービスを使って招待を受ければ、安定した収入がなくても、ゴールドカードを持つことができます

家族間でポイントをシェアできたり、ファミリーボーナスポイントがもらえたりなど、家族利用ならではのメリットも多くありますので、家族カードがないデメリットはあまり大きくはないでしょう。

海外旅行傷害保険の補償内容が、一般的なプラチナカードよりもよくない

エポスプラチナカードは年会費が安いうえ、無料で海外旅行傷害保険が自動的についてくることが魅力のひとつですが、補償内容は一般的なプラチナカードよりは充実度が低いのが現状です。

基本的な内容は十分充実していますが、ショッピング保険やキャンセル保険が付帯していないのが痛いポイントでもあります。

例えば、海外で購入した商品の破損や盗難、不良品があった場合、保険がきかないので補償をもらうことができません。

一般的なプラチナカードにはたいてい、ショッピング保険とキャンセル保険がついていますので、海外で買い物をする方にとっては物足りなく感じてしまうでしょう。

ショッピング保険がないデメリットをカバーできるサービスとしては「エポスお買い物あんしんサービス」というものがあります。

年会費1,000円の有料オプションですが、サービス内容はショッピング保険と同等のものなので、心配な方は入っておくことをおすすめします。

国内ラウンジの数が少なめ

エポスプラチナカードで利用できる空港ラウンジ数は国内外で1,000か所以上と少なくはありませんが、国内よりも海外の空港の方が圧倒的に充実しているため、国内のサービスにもうひとつ充実度がほしいところです。

羽田空港・成田空港など国内の主要な空港はラウンジの利用が可能ですが、地方の空港が入っていないので、地方在住の方や地方によく行く方にはデメリットとなるでしょう。

地方在住で地元の空港がなく、飛行機を多用する場合はデメリットが強い

エポスプラチナカードは海外旅行向けのサービスが充実しているカードです。

そのため、国内のサービスに物足りなさを感じてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

特に、地方の空港ではラウンジが利用できないので、地方に在住していてよく飛行機を利用する方にはあまりメリットがないのが残念なところです。

他のプラチナカードにある特典が少ない

年会費2万円で、豊富な特典があるエポスプラチナカードはコストパフォーマンス抜群です。

しかし、年会費が高いプラチナカードの特典はさらに多くの特典があり、利便性にたけています。

例えば、手荷物宅配サービス(24時間365日無料)や医師・看護師に電話で相談できるサービスなどはエポスプラチナカードにはありません。

リーズナブルさを重視するならエポスプラチナカードは満足度がありますが、特典の内容に高い利便性を求めるのであれば、物足りなく感じてしまうでしょう。

エポスプラチナカードはコスパが最高!不向きな人とおすすめな人を紹介

エポスプラチナカードはコスパが最高!不向きな人とおすすめな人を紹介エポスプラチナカードはコスパが最高!不向きな人とおすすめな人を紹介

エポスプラチナカードが不向きな人


・地方に在住で飛行機をよく利用する方
・海外に行かない方
クレジットカードをあまり使わない方
・海外に長期間行く方

エポスプラチナカードのサービスや特典は、よくクレジットカードを利用する方・海外に行く方向けのものが充実しています。

そのため、国内で飛行機を利用する方やクレジットカードをあまり利用しない方はメリットを得にくいのでおすすめできません。

エポスプラチナカードがおすすめな人


コスパが良いプラチナカードを求めている方
・海外によく旅行に行く方
日常的にクレジットカードを使う方
・マルイやモディでよくお買い物をする方
・ビジネスでよく接待がある方

エポスプラチナカードのメリットといえば何といってもコスパの良さ!

年会費2万円で充実した特典とボーナスポイントの付与があるため、日常的にクレジットカードを使う方・海外によく旅行に行く方にとっては使い勝手がよく利便性も最高によいでしょう。

また、マルイやモディでのショッピングでは毎回必ず割引・ポイント付与があるため、よくマルイやモディを利用する方は絶対におすすめです。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介

ページの先頭へ