SMBCモビットnextの作り方をわかりやすく解説! 審査が2回と特殊なので注意が必要

SMBCモビットnextの作り方をわかりやすく解説! 審査が2回と特殊なので注意が必要

即日審査・融資ができることで有名な消費者金融系カードローンのSMBCモビットですが、 そのSMBCモビット(カードローン)と三井住友カード(クレジットカード)、Tカード(+Tマネー)が一体となったさらに便利なカードが「SMBCモビットnext」です。

SMBCモビットnext は、一枚でカードローン・クレジットカード・Tカードの役割を果たす優秀なカードであることから、 普段のお買い物だけでなく、旅行費用のためにキャッシングを利用したい場合や一時的に必要な費用を借り入れたい場合などにもとても便利です。

ここでは、SMBCモビットnextの特徴や内容、作り方などについて詳しく解説していきます。
また、SMBCモビットnextの審査には他のカードとは異なる特徴があるため、審査の流れなども確認していきましょう。

この記事でわかること

・SMBCモビットnextの基本情報
・SMBCモビットnextとSMBCモビットの違い
・SMBCモビットnextの作り方
・ACマスターカードとの比較比較

SMBCモビットnextとは? SMBCモビットと何が違うの?

SMBCモビットnextとは? SMBCモビットと何が違うの?

SMBCモビットは、消費者金融カードローンのためキャッシング利用が主となりますが、SMBCモビットnextは、カードローン・クレジットカード・Tポイントカードの利用が可能となっています。

1枚で3役をこなすことがSMBCモビットnextの大きな特徴ですが、カードローンやポイントカードが一体となったクレジットカードは他にも沢山あります。

では、SMBCモビットnextはどのような点に魅力があるのでしょうか?

SMBCモビットnextならではの魅力は、カードローンの限度額の大きさにあります。

一般的に、カードローン機能が付帯しているクレジットカードのキャッシングの限度額は50万円程度ですが、SMBCモビットnextのキャッシング限度額は最大800万円となっています。

車の購入などの大きな買い物の際や一時的に必要となる学費の立て替えなどで高額の費用を用意しなければならない場合に、キャッシングが利用できれば、家計のやりくりもしやすいでしょう。

SMBCモビットnextは、そのような生活の様々なシーンでカードローンをはじめ、クレジットカード、Tポイントカードを活用していくことができる非常に便利なカードです。

SMBCモビットnextの基本情報

では、SMBCモビットnextの3つの役割と内容を詳しくみていきましょう。

【SMBCモビットnextの3つの役割】


1.カードローン SMBCモビット
2.クレジットカード 三井住友カード(MasterCard)
3.Tポイントカード Tポイント・Tマネー

カードローン (SMBCモビット)

SMBCモビットは、銀行系の消費者金融会社で、即日融資を魅力としたカードローンを運営しています。

金利は、他のカードローンと大きな差はありませんが、借り入れ限度額が高く、最大800万円まで借り入れが可能です。

申し込み対象は、満20歳以上で安定した定期収入がある方となっており、アルバイトやパート、派遣社員の方でも申し込みが可能なため、利用がしやすいカードローンでもあります。


金利 実質年率3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
申し込み資格 満20歳から69歳の安定した定期収入のある方
(アルバイト・派遣社員・パートなどの方も可)
年会費 永年無料
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済回数・期間 原則 最長60回(5年)
返済日 毎月5日・15日・25日・末日

クレジットカード (三井住友カード)

SMBCモビットnextは、SMBCモビットと三井住友カード株式会社が提携して発行されたクレジットカードです。

国際ブランドは世界シェアがトップクラスのMasterCardで、年会費は無料、保険はショッピング保険が付帯しているため、普段使いにも便利でしょう。


国際ブランド MasterCard
申し込み資格 満20歳以上のモビットカード会員の方
年会費 永年無料
ポイントプログラム Tポイント
ポイント還元率 200円につき1ポイント付与
ショッピング保険 年間100万円まで
ショッピング利用可能枠 10万円~80万円
付帯機能 iD専用カード・iD携帯型・ApplePay・
GooglePay・ETC

Tポイントカード (Tポイント・Tマネー)

〈Tポイント〉

Tポイントは、ファミリーマートやTSUTAYA、Yahoo!ショッピング、マミーマートなどさまざまな実店舗、インターネットショップで利用が可能なため、普段から利用している方も多いのではないでしょうか。

SMBCモビットnext決済をすると、200円(税込)につき1ポイントのTポイントが付与され、1ポイント→1円として利用ができます。

また、SMBCモビットnextは、クレジットカードとTカードが一体となっているため、財布の中のカードを減らすことができるメリットもあります。


ポイント還元 200円(税込)につき1ポイント付与
(SMBCモビットnextで決済した場合)
ポイント利用 1ポイント→1円
有効期限 1年間

〈Tマネー〉

Tマネーは、Suicaやnanacoのようにカードにチャージして決済ができる電子マネーです。SMBCモビットnextでは、Tマネーの利用が可能なため、Tマネー加盟店でチャージ・決済ができます。

また、SMBCモビットnextはスマホに取り入れてスマホ決済にすることもできるため、普段からスマホ決済メインの方にも便利でしょう。


チャージ方法 ・Tマネー加盟店にて現金でチャージ
・Tポイントからチャージ
・クレジットカードからチャージ
・ギフトカードからチャージ
チャージ可能額 1,000円単位で最大30,000円まで
ポイント還元 500円(税込)につき1ポイント付与(Tポイント)

SMBCモビットnextの作り方を説明

SMBCモビットnextの作り方を説明

SMBCモビットnextの申し込み資格は「満20歳以上のモビットカード会員の方」となっているため、SMBCモビットnext を作成するには、まず、SMBCモビットのカードローンに申し込む必要があります。

そのため、SMBCモビットnextを作成する際には、カードローンとクレジットカードの2回の審査をクリアしなければなりません。

しかし、申し込み資格は「満20歳以上で安定した定期収入がある方」となっているため、アルバイト・パート・派遣社員・自営業の方なども申し込みができます。

では、SMBCモビットnextの作成の具体的な流れをみていきましょう。

SMBCモビットnext作成の流れ

〈カードローン申し込み〜発行〉

@SMBCモビットのカードローンへ申し込み

A在籍確認の連絡がくる

B電話かメールで審査結果の連絡が来る (最短30分〜1日程度)

C郵送または無人契約機でSMBCモビットカードを受け取る

〈クレジットカード申し込み〜発行〉

D会員サービス「Myモビ」にログイン

E専用ページから「Tカードプラス(SMBCモビットnext)」の申し込み

Fクレジット審査開始

※携帯電話などへ申し込み確認の電話が入る可能性あり

Gメールで審査結果連絡が来る(最短1時間〜1週間程度)

H「Tカードプラス(SMBCモビットnext)」の送付 (原則は簡易書留)

※前後してSMBCモビットから契約書類の送付あり

1〜9の過程で一番早い期間が1週間程です。審査が2回入りますが、1週間程度でSMBCモビットnextが発行できるため、早くクレジットカードを作りたい場合にも助かるでしょう。

また、もともとSMBCモビット会員である方はSMBCモビットnext発行までの期間がより短縮されます。

SMBCモビットnext作成までには2つの審査がある

SMBCモビットnextはSMBCモビット会員の方が申し込み対象となるため、SMBCモビット会員でない方は、まずSMBCモビットのカードローンに申し込み審査を受ける必要があります。

その後にSMBCモビットnextのクレジットカードの申し込み、審査と進む独自の審査スタイルのため、今一度、SMBCモビットnext作成までの審査の流れを確認しておきましょう。

〈SMBCモビットnext作成までの審査の流れ〉


審査基準 借入スタイル 審査会社
1.SMBCモビット カードローン SMBCモビット
1.SMBCモビットnext クレジットカード 三井住友カード株式会社

SMBCモビットnextの審査難易度は?

SMBCモビットnextの発行元は三井住友カードであり、銀行系クレジットカードの審査を準拠とするので、難易度は消費者金融系のクレジットカードや楽天カード、イオンカードなどよりは審査基準が高いと推測ができます。

そのため、過去に延滞などのトラブルがあるなど、クレジットヒストリーに傷がついていると審査通過が難しくなるため、クレジットヒストリーは良好に保つように心がけておくようにしましょう。

類似のカード「ACマスターカード」と「SMBCモビットnext」を比較

類似のカード「ACマスターカード」と「SMBCモビットnext」を比較

SMBCモビットnextと類似したカード「ACマスターカード」とは?

〈ACマスターカードのクレジットカードの内容〉


国際ブランド MasterCard
申し込み資格 20歳以上の安定した収入がある人
年会費 永年無料
キャッシュバック還元率 0.25%
ショッピング可能額 10万円~300万円
金利 10.0%~14.6%

〈ACマスターカードのカードローンの内容〉


カードローン可能額 1万円~800万円
カードローン金利 実質年利3.0%~18.0%
カードローン返済方式 定率リボルビング方式
返済期間 1回の支払いにつき35日以内
または、毎月払い

ACマスターカードは、消費者金融会社「アコム」が発行するクレジットカードです。アコムは、カードローンも運営しているため、ACマスターカードではカードローン・クレジットカードの2つの機能を利用することが可能となっています。

また、即日発行が可能な点もSMBCモビットnextと共通しており、ACマスターカード作成時に自動契約機「むじんくん」を利用すれば、申し込み後に即日発行ができてしまいます。

では、カードローンとクレジットカード機能を兼ね備えているSMBCモビットnextとACマスターカードはどのような違いがあるのでしょうか?

2枚の特徴と内容を具体的に比較してみていきましょう。

SMBCモビットnextとACマスターカードの内容比較

〈申し込み資格〉


SMBCモビットnext ACマスターカード
満20歳以上のモビットカード会員の方 満20歳以上の安定した収入がある方

SMBCモビットnextとACマスターカードの申し込み可能年齢は同様で「満20歳以上」となっています。

また、SMBCモビットはカードローンのモビットカード会員が申し込み条件となっていますが、モビットカードは安定した収入がないと作成ができないため、ACマスターカードと申し込み資格は同様であると考えてよいでしょう。

〈年会費〉


SMBCモビットnext ACマスターカード
永年無料 永年無料

SMBCモビットnextとACマスターカードの年会費はどちらも永年無料となっています。カードを持っていて利用がなくても年会費が発生しないため、損をすることなく気軽に持っていることができるでしょう。

〈還元方法と還元率〉


比較カード 還元内容 還元率
SMBCモビットnext ポイント還元率(Tポイント) 0.50%
ACマスターカード キャッシュバック還元 0.25%

SMBCモビットnextとACマスターカードの異なる特徴が還元方法です。SMBCモビットnextはポイントプログラムがTポイントとなっており、200円につき1ポイントのTポイントが付与されます。

対して、ACマスターカードにはポイント還元サービスがなく、月の利用額から0.25%分がキャッシュバックされる仕組みになっています。

キャッシュバック還元は利用額からの差し引きとなるため、請求額をみるまではお得感を感じにくい面がありますが、ポイント還元はポイントが付与され、使い道が広いためお得感を感じやすく、自由に使う楽しみを得やすいでしょう。

〈付帯保険〉


比較カード 付帯保険 保険内容
SMBCモビットnext ショッピング保険 年間最高100万円まで
ACマスターカード なし

ACマスターカードのデメリットは保険サービスが付帯していないことです。SMBCモビットnextも保険サービスは多くありませんが、ショッピング保険が付帯していると買い物の際に盗難や破損があった際に補償を受けることができるので、保険付帯のメリットは大きいでしょう。

〈ETCカードやPay決済などの付帯機能〉


追加可能カード・機能 SMBCモビットnext ACマスターカード
ETCカード ×
家族カード ×
Apple Pay ×
Google Pay ×
iDカード ×

ACマスターカードは必要最低限のサービスと機能を備えたクレジットカードといえるでしょう。そのため、追加カードや機能はついていません。

その反面、SMBCモビットnextは、ETCカード、家族カードをはじめ、ApplePayやGooglePay、iD機能が利用できるので、使い道が非常に広いでしょう。

SMBCモビットnextとACマスターカードの審査難易度は?

SMBCモビットnextは、住友カード株式会社が発行する銀行系のクレジットカードのため、消費者金融系のクレジットカード「ACマスターカード」よりも審査難易度は高めです。

ただし、ACマスターカードもSMBCモビットnextと同様に安定した継続収入があることが申し込み条件となっているため、仕事をして収入を得ていないとカード作成は難しいでしょう。

SMBCモビットnextとACマスターカードどちらが早く発行ができる?

早くクレジットカードを作りたい方にとって発行スピードは気になるところではないでしょうか。

消費者金融会社アコムが発行するACマスターカードは最短即日発行が大きな魅力であるクレジットカードです。

申し込み後、審査は約30分で完了し自動契約機「むじんくん」にて当日にカードが発行されるため、すぐにクレジットカードを手に入れたい、という場合に非常に便利です。

対して、SMBCモビットnextは、申し込み後に「カードローン」と「クレジットカード」の2つの審査を通る必要があるため、申し込みからカード発行まで最短で約1週間を要するので、早くクレジットカードを欲しい方はACマスターカードの方が適しているでしょう。

SMBCモビットnextの審査の流れを知って、審査クリアを目指しましょう!

SMBCモビットnextの審査の流れを知って、審査クリアを目指しましょう!

SMBCモビットnextはカードローンとクレジットカードを利用できるとても便利なカードです。また、カード利用でTポイントを貯めて利用できるので、日常でTポイントを利用している方にも使いやすいカードでしょう。

ただし、審査がカードローンとクレジットカードの2回あるため、カード発行には2週間ほど要します。スムーズに審査をクリアしてカードを手に入れられるように、SMBCモビットnext申し込み前に、審査の流れと必要な書類を確認しておきましょう!

SMBCモビット

SMBCモビット
借入 セブンイレブン ローソン ファミリーマート サンクス
返済 セブンイレブン ローソン ファミリーマート サンクス
  • CMでおなじみのSMBCモビットなら借入れも安心
  • コンビニ・提携ATMネットワークで利用可能
  • スピーディーな審査が可能!来店不要でネット申込みOK

CMでおなじみのSMBCモビット
安定した収入がある方なら、アルバイト・パート・自営業の方も利用可能です。 当日融資にも対応しているので急ぎの方におすすめ!
※原則24時間最短3分でお振込可能です(※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます)
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

実質年率 限度額 申し込み資格 審査時間 必要書類
3.0%〜18.0% 800万円 年齢満20歳〜69歳の安定した収入のある方 当日融資 ※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込可能です 運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写し
保証人 来店 返済方式 返済方法 返済回数
不要 WEB完結あり(来店不要) 借入後残高スライド元利定額返済方式 口座振込・銀行/コンビニの提携ATM・口座自動引き落とし 最長60回(5年)。ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


Pick Upコラム

どうしても審査を通過したい方に

審査に自信がない方にもおすすめのクレジットカードを紹介します。

なるべく早くカードを発行したい方に

最短即日で発行出来るおすすめのクレジットカードを紹介します。

すぐにお金が必要な方に

最短即日で融資を受けられるおすすめのカードを紹介します。

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ