QUIC Payの使い方とi phone・Androidの設定方法について

QUIC Payの使い方とi phone・Androidの設定方法について トップ画像

キャッシュレス決済が一般的となってきた昨今、多くの種類の電子マネーが普及しています。

その中でもQUICPayは使える店舗数が非常に多く、使いやすさはトップクラスの電子マネーであり、すでに多くの方に愛用されています。

しかし、「QUICPayってなに? 」「QUICPayを使ってみたいけど使い方がいまいちわからない」など、QUICPayについてよく知らない方もいることでしょう。

このコラムでは、QUICPayの特徴や基本情報、設定の方法、使い方などを徹底解説していきます。これからQUICPayを使ってみようと考えている方は、内容をチェックしてQUICPayデビューを目指しましょう!

この記事でわかること

・QUICPayについて
・iPhoneとandroidでのQUICPay設定方法
・QUICPayをより上手く活用する方法

QUICPayとは?

QUICPayとは?

では、はじめにQUICPayとはどんな電子マネーなのか、特徴や基本情報、他の電子マネーとの違いなどを解説していきます。

QUICPayの特徴

電子マネーと聞いてどのようなイメージが浮かびますか?

「現金なしで簡単に決済ができるから便利そう」「スマホだけ持っていればよいから身軽でよさそう」などポジティブなイメージもあれば、「現金のように、目に見えないから使いすぎないか心配」「パスワードとかを入れる手間が面倒くさそう」などのネガティブなイメージを持っている方もいることでしょう。

電子マネーには事前にチャージして利用するものがありますが、QUICPayは、クレジットカード・プリペイドカード・デビットカードのいずれかを登録して利用する仕組みとなっているため、決済前にチャージをする手間などがありません。

また、決済の際には、カードやスマホを専用端末にかざして決済をするため、パスワードなどを入力する必要もないことから、決済のスピーディさと手軽さはQUICPayの大きな特長といえます。

QUICPay特徴まとめ

  • 決済ごとに登録しているクレジットカードのポイントが貯まる
  • 紛失・盗難補償がある
  • 事前のチャージは不要
  • 年会費や登録料などは一切かからない
  • 加盟店が多い

QUICPayの種類

QUICPayには以下の2種類があります。

  • QUICPay
  • QUICPay+

通常のQUICPayは、クレジットカードのみ登録が可能となっており、一方のQUICPay+は、クレジットカード・プリペイドカード・デビットカードの3種類を登録することができます。

また、1回あたりの利用額の上限が、通常のQUICPay2万円であるのに対して QUICPay+上限がありません。

ここまで聞くと、QUICPay+の方がよいではないか、と思われるでしょう。

また、機能がよいQUICPay+の方には料金が発生するのではないかと心配になる方もいると思いますが、特別に年会費や手数料がかかるわけではありません。

さらに、QUICPayとQUICPay+のどちらを使うかの判断の基準に、カードタイプのQUICPayを利用するか、Apple PayまたはGoogle Payで利用するのか、があり、後者のApple PayまたはGoogle Payで利用する場合は、QUICPay+のみ対応となります。

QUICPay QUICPay+
タイプ カードタイプ スマートフォンタイプ
設定可能なカード クレジットカード クレジットカード、プリペイドカード、デビットカード
一回あたりの利用上限 2万円まで 上限なし※QUICPayのみ対応店舗では2万円まで
利用可能店舗 QUICPay対応店舗 QUICPay対応店舗、QUICPay+対対応店舗

他の電子マネーと何が違うのか?

QUICPayはクレジットカードやプリペイドカードを登録して利用することができる電子マネーであることを前述で触れましたが、その他にも同様の電子マネーが多数存在します。

例えば、iDやPayPay、楽天Pay、Suica、nanacoなどがそれに当たりますが、それぞれ電子マネーの種類が異なるので、どのような特徴があるのか比較していきましょう。

電子マネーには以下の3つ種類があります。

  • ポストペイ型(ポストペイタイプ)
  • 交通系IC(プリペイドタイプ)
  • 交通系IC(交通系ICカード)

QUICPayは1のポストペイ型の電子マネーにあたります。ポストペイ型の電子マネーは、おサイフケータイやwalletなどのアプリに登録した後、バーコードやQRコードを専用端末にかざして支払いを行います。

また、2の流通系ICはプリペイドタイプで、入金した分だけ利用ができます。楽天PayやPayPay、nanacoなどは流通系ICで、大手ショッピングストアやスーパー、薬局などさまざまな店舗で利用が可能です。

3の交通系ICは、電車・バスの乗車をはじめ、対応店舗の決済に使える電子マネーで、SuicaやPASMOなどが交通系ICカードにあたります。

基本的にはチャージが必要ですが、電子マネーによっては、オートチャージが利用できるものもあります。

電子マネーと種類

電子マネー 種類
QUICPay ポストペイ型
iD ポストペイ型
au pay ポストペイ型
PayPay 流通系IC
楽天Pay 流通系IC
nanaco 流通系IC
Suica 交通系IC
PASMO 交通系IC

QUICPayのポストペイ型は3種類の中で、クレジットカード払いにできる電子マネーなので、支払いはクレジットカードでまとめたい、という方に非常におすすめです。

QUICPayの使い方について

QUICPayの使い方について

電子マネーは登録に費用がかからないため、登録した後に使わなくても損をすることはありませんが、せっかく登録した電子マネーは活用することをおすすめします。

また、登録後に思っていたのと違った、ということがないように、QUICPayの使い方と支払い方法は必ず事前に確認しておくようにしましょう。

では、QUICPayの具体的な使い方と支払い方法などを解説します。

QUICPayを利用する前の準備

UICPayを利用する前に準備しておくものは登録したいクレジットカード(プリペイドカード・デビットカード)のみです。

ただし、スマホで利用する予定の方はApple PayまたはGoogle Payのどちらかをダウンロードしておきましょう。

また、i Phoneの方は「wallet」アプリを必ずダウンロードしておいてください。

QUICPayの利用方法

QUICPayをスマホで利用したい場合は、まずはApple PayまたはGoogle Pay の設定が必要となりますが、それは後述で詳しく解説していきますので、まずは、QUICPayを店舗でどのように使うのかをみていきましょう。

AndroidのQUICPayの利用方法は非常に簡単で以下の2ステップで決済が完了します。

  1. 支払いの際に「QUICPayで」と伝える
  2. スマホまたはカード、キーホルダーを専用端末にかざして決済完了

専用端末にスマホなどをかざすだけで決済ができてしまうので、現金支払のときのようなお釣りのやり取りがなくスピーディに買い物ができます。

i PhoneのQUICPayは、指紋認証のTouchIDまたは顔認証のFaceIDで本人認証をし、位以下の方法で専用端末にスマホをかざします。

  • Phone7/8:TouchIDに指を乗せたまま専用端末にスマホをかざす
  • Phone X:サイドボタンをダブルクリックして、FaceIDで本人認証をし、専用端末にスマホをかざす

i Phoneは本人認証の手間がありますが、やり方に慣れてしまえばスピーディに決済ができるようになります。

支払い方法

QUICPayの支払い方法は、以下の3種類から選択することができます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

1.クレジットカード

QUICPayにクレジットカードを登録した場合は、QUICPayで利用した分がその他のクレジットカード代金と一緒に引き落としがされます。

また、QUICPayは、170社以上のクレジットカードに対応しているため、持っているクレジットカードが対応できないなどのトラブルが起こるリスクが少ないメリットがあります。

ただし、QUICPayにおけるクレジットカードの支払い回数は一括払いのみのため、高額の商品を分割やボーナス払いで購入したい方はQUICPayではなくクレジットカード払いにしましょう。

2.デビットカード

QUICPayにデビットカードを登録して利用をすると、QUICPayの決済分は口座から即時引き落としがされます。

クレジットカードと違い、口座の残高内で利用することができるので、使いすぎを防げるメリットがあります。

ただし、残高不足になると、必要な時に決済ができなくなるので注意しましょう。

3.プリペイドカード

プリペイドカード払いは、事前にチャージした分だけを利用することができるので、使いすぎる心配がありません。

そのため、通学時などにQUICPayを利用したい学生の方などにはプリペイドカード登録が適しているでしょう。

利用できる店舗など

QUICPayの画像


QUICPayは、上記のマークを提示している店舗で利用することが可能です。

電子マネーは決済の利便性の良さが魅力ですが、利用できる店舗が少ないと使いにくく、利用する価値が非常に低くなります。

QUICPayは、電子マネーの中でも加盟店の多さは群を抜いており、街中のコンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストア、居酒屋、飲食店、タクシー、自動販売機など全国116万か所以上(2020年3月時点)の店舗で利用することができるので、利用価値が非常に高いといえるでしょう。

QUICPayの利用できる店舗を探す

QUICPayを利用できる店舗

i phone・Android におけるQUICPayの設定方法

 i phone・Android におけるQUICPayの設定方法

QUICPayはカード・キーホルダー・スマホのいずれかに登録して使うことができます。

今回は、スマホでの利用を前提に、i phone・AndroidにQUICPayを設定する方法と注意点を解説していきます。

これからQUICPayをスマホに登録する方は以下のステップを見ながら設定をしてみましょう。

QUICPayをi phoneに設定する方法と注意点

設定方法

  • 「wallet」アプリを開く
  • 「追加」または画面右上の「+」をクリックする
  • Payの説明を確認した後に「続ける」をクリック
  • 「クレジット/プリペイドカード」を選択
  • 登録したいクレジットカード(プリペイドカード・デビットカード)をカメラで読み込む。または、カード情報を入力する
  • 名前・カード有効期限・セキュリティコードなどの情報を入力し、画面右上の「次へ」をクリック
  • 利用規約を確認後「同意する」をクリック
  • 画面右上の「完了」をクリック
  • の設定完了

注意点

QUICPayをi phoneに登録する場合はwalletのアプリのダウンロードが必須となるので、QUICPay登録前にダウンロードを済ませておくようにしましょう。

また、登録したいクレジットカード(プリペイドカード・デビットカード)が対応していない場合があるので、手元にあるクレジットカードが登録できるかの確認も必要となります。

QUICPayをAndoroidに設定する方法と注意点

設定方法

  • Google Payを開く
  • 「+お支払い方法」をクリックする
  • 「クレジット/デビット/プリペイド」を選択
  • 登録したいカードをカメラで読み込む。または、カード情報を入力する
  • カード番号やセキュリティコードを入力
  • 「Google PayでQUICPayを利用できます」と表示されている画面が出たら「続行」をクリックする
  • 利用規約を確認後、「同意して続行」をクリック
  • 本人認証画面が表示されたら、テキストメッセージまたはメールを選択し、認証を行う
  • QUICPayを設定完了

注意点

QUICPayをAndroidで使う場合は、Google Payをダウンロードする必要があるため、QUICPayを登録する前にダウンロードを済ませておきましょう。

QUICPay対応のクレジットカードと組み合わせてポイントを賢く貯めよう!

QUICPay対応のクレジットカードと組み合わせてポイントを賢く貯めよう!

QUICPayの利点の一つに、クレジットカードのポイントを貯めることができる点が挙げられます。

QUICPayのオリジナルのポイントプログラムはないため、クレジットカードのみのポイント還元となりますが、少額の買い物でも利用ができる電子マネーは、決済のチャンスも多くあるので、ポイントも貯まりやすい傾向にあります。

次は、QUICPay対応でよりポイントが貯まりやすいおすすめのクレジットカード3枚を紹介していきます。

QUICPay対応のおすすめのクレジットカード3選

JCB CARD W

JCB CARD Wは、ポイント還元率が1%の高還元率カードです。

入会資格は39歳までと定められており、amazonやセブンイレブン、スターバックスなどで還元率が上がるなどの特典が充実しています。

そのため、社会人になってはじめてクレジットカードを作りたい、という方などにJCB CARD Wは使いやすくおすすめです。

国際ブランド JCB
申し込み資格 18歳〜39歳までの本人または、配偶者に安定した収入がある方(高校生を除く)
年会費 永年無料
ポイントプログラム OkiDokiポイント
ポイント還元率 1.0%(1,000円につき2ポイント)

楽天カード

楽天カードは、通常の還元率が1.0%の高還元率カードで、楽天市場を利用すると常に3倍のポイントが貯まります。

その他の楽天グループのショッピングサイトを利用しても通常以上のポイントを獲得することができるので、楽天市場をはじめとするネットショップをよく利用する方におすすめです。

また、国際ブランドも4ブランドから選ぶことができるので、コスパが良く使いやすいカードといえるでしょう。

国際ブランド VISA・MasterCard・JCB・AmericanExpress
申し込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)
年会費 永年無料
ポイントプログラム 楽天ポイント
ポイント還元率 1.0%(100円につき1ポイント)

アメックスグリーン

アメックスグリーンは、アメリカン・エキスプレス社が発行するクレジットカードです。

アメックスカードの中ではグレードが一番下ですが、ゴールドカード並みのサービス内容となっているので、年会費も12,000円(税抜)かかります。

有名人なども所有しているカードなので、ステータス性を求める方にもおすすめです。

国際ブランド AmericanExpress
申し込み資格 20歳以上の安定した収入がある方
年会費 13,200円(税込)
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 1.0%(100円につき1ポイント)

国際ブランドやポイントプログラム、年会費などのスペックから自分に合ったカードを選びましょう!

JCB CARD W・楽天カード・アメックスグリーンどのカードも還元率が1.0%と高いため、QUICPayの支払いでもポイントが貯まりやすい特長があります。

また、JCB CARD と楽天カードは年会費が永年無料ですが、アメックスグリーンは年会費12,000円(税抜)がかかります。

その他にも国際ブランド、申し込み資格がそれぞれ異なるので、それらを比較して自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶようにしましょう。

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


Pick Upコラム




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ