セゾンカードのキャッシング枠や増額よりも低金利で借り入れする方法

実際の買い物日とカードの決済日がずれている理由

冠婚葬祭、病気になった時や急な引っ越しなど、生活している中である日急にまとまったお金が必要になる場合があります。充分に貯金がある場合には貯金を崩せば良いのですが、貯金額が少なかったり貯金では足りない場合にはお金の工面をどうすべきか悩むものです。 そういった際の選択肢の一つとしてキャッシングサービスやカードローンがあります。キャッシングもカードローンも審査を事前に受けていれば、必要な時に利用する事が可能です。

キャッシングとカードローンの違い

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2つの機能が付いています。 ショッピング枠はクレジットカードを使って買い物や支払いをする際の限度額の事で、その際の支払い方は一括払い、分割払い、ボーナス払い、リボ払いなどがあります。 キャッシング枠とはクレジットカードでお金を借りることのできる限度額の事で、カードの申し込みをした際の審査で上限額が決まるので、利用者ごとに利用額は異なります。キャッシングはお金を借りる事なので、当然金利がつき、カード会社の多くがおよそ利率14〜18%としています。

また同様の形態で混同しがちなのがカードローンですが、カードローンは個人向けのサービスであり、本来お金を借りる際には必ず「担保」という保障になるものを設定するのですが、カードローンはその担保を設定せずに個人の信用を重視した無担保型の融資です。クレジットカードとの違いは、ショッピング枠が無い事にあり、お金を借りる専用のカードだと言えます。

キャッシングサービスもカードローンもお金を借りる点では同じですが、その違いとは、キャッシングは基本的に一括払いで返済をするのに対し、カードローンは分割での返済である点です。キャッシングは一括払いで返すため、今すぐに手元にお金は無くても、キャッシングの返済日までにまとまった金額が手元に入って来る事が決まっていれば返済が一度で済むので金利の計算も簡単で、複数回にわたる返済の計画を立てずに利用できます。

一方カードローンは事前の審査で決まった上限額の中で、1回でも複数回でも現金を借りる事が出来ますが、複数回で返済をしていくために、金利も毎回掛かるので、利用者側も自分の返済状況や借り入れ状況を把握して、返済の計画をきちんと立てる必要があります。

キャッシングのサービスを行っているのは信販系のクレジットカード会社であり、カードローンのサービスを行っているのは銀行系のカード、または消費者金融の提供している個人融資のカードがあります。借入を考える際に、どこから借りるのか、いくら借りるのか、金利はいくらなのか、という事をきちんと知っておく必要があります。

借入の限度額においても、消費者金融の提供するカードローンサービスだと貸金業のため貸金業法が適用され貸付限度額が必ず設定され、それを守らなくてはいけませんが、銀行の提供するサービスであれば銀行対個人の契約になるので、個々の契約によるものとされています。

また消費者金融はお金の貸し付けが主業務となっているので会社の利益となる金利は高く設定されていますが、銀行では主業務が銀行業務になるので、金利は消費者金融に比べると低く設定されているのが特長です。

信販系クレジットカードの1つであるセゾンカードもキャッシング機能が付いており、クレジットカードの申し込みの際にキャッシング利用枠を設定するため、どうしても借り入れが必要になった場合にはATMやコンビニで借り入れをすることが可能です。さらに、キャッシングは原則一括返済ですが、セゾンカードではキャッシングしたお金をリボ払いで毎月返済する事が出来ます。

しかしながら金利は年率12.0%〜18.0%と設定されており、一括ではなく複数回で返済する場合には金利に注意が必要です。

(例)
セゾンカードを利用して10万円を借り入れ、毎月3万円ずつリボルビング返済する場合
(年率は18.0%とする)

支払い回数 支払い額 金利
1回
30,000円
2,163円
2回
30,000円
1,100円
3回
30,000円
659円
4回
14,120円
198円

合計4回の支払いで、金利は4,120円になります。
10万円に対して4,120円が大きい額に感じるかは個々の感覚になりますが、借入金を仮に100万円として月々5万円返済のリボルビング方式で返済した場合には、支払い回数が25回、最終的には金利だけで207,090円となり、少ない額とは言えません。

万が一の安心材料としてキャッシングやカードローンが出来る様にしておくことは大事ですが、その際に金利がいくら掛かるかを知っておく事で、「備えあれば憂いなし」として大事なポイントを押さえていきましょう。

低金利のキャッシングやカードローン比較

万が一借り入れをするのなら、限度額は小さいよりは大きい方が良いですし、金利は当然高いよりも低い方が良いものです。

そこで、一般的に消費者金融に比べて金利の低いとされる銀行系カードローンから2つのサービスをピックアップしてみましたので、いくつかの項目ごとに確認していきましょう。 まず1つ目はみずほ銀行が提供しているカードローンのサービスである「みずほ銀行カードローン」です。そして2つ目は「新生銀行カードローン レイク」です。 レイクと言えば消費者金融のイメージを持っている方も多いのですが、レイクは新生銀行に吸収される形で消費者金融から銀行のカードローンの1商品となりました。そのため、現在は銀行法に則ったサービス提供をしています。

カードローン限度額


みずほ銀行カードローン 新生銀行カードローン レイク
1,000万円
500万円

みずほ銀行のカードローンは上限額が高いのが特長で、一般的なカードローンの上限額が500〜800万円であることを考えると、限度額は飛びぬけて高いサービスです。 また200万円までの借り入れであれば、みずほ銀行カードローンは収入証明の提出が不要で、一方新生銀行カードローン レイクの場合は100万円までの借り入れだと収入証明の提出が不要となっています。

キャッシング金利


みずほ銀行カードローン 新生銀行カードローン レイク
4.0〜14%
4.5〜18%

お金を貸す銀行は、借りる側に対してきちんと返せるかどうかを審査します。それはお金を借りて雲隠れしたり夜逃げされてしまった場合に、貸す側は大きな損失を被るからです。そのため、返済の実績があり、これまできちんと返している人や、審査の段階で返済の見込みがあるとみなされ借り入れ上限額が高く設定される人は金利が低く設定されます。しかし初めて利用する人や、審査段階で借り入れ上限額を低く設定される人は金利が高くなります。

新生銀行カードローン レイクよりも、みずほ銀行カードローンの方がより低金利でお金の借り入れが出来ると言えます。

申込方法と期間


みずほ銀行カードローン 新生銀行カードローン レイク
Web・電話・郵送・銀行窓口
Web・電話・自動契約機・郵送
即日〜
即日〜

どちらも最短即日から借り入れが可能ですが、みずほ銀行カードローンの場合は必ずみずほ銀行に口座を持っていなくてはいけないので、その点からは新生銀行カードローン レイクの方が申込方法も多く、手軽に利用できると言えます。

申し込み可能な人


みずほ銀行カードローン 新生銀行カードローン レイク
専業主婦(無収入)でも可能
安定した収入があること
配偶者に安定した収入がある事

みずほ銀行カードローンでは無収入の主婦でも申し込む事が出来、配偶者の収入は問わないのですが、新生銀行カードローン レイクでは自身に安定した収入があること、または配偶者に安定した収入があることが利用条件となっているので、みずほ銀行カードローンの方が幅広い顧客を対象にしていると言えます。

返済方法


みずほ銀行カードローン 新生銀行カードローン レイク
口座引き落としのみ
銀行・ATM・振込・口座引き落とし

みずほ銀行カードローンの返済方法が口座引き落としのみに対して、新生銀行カードローン レイクでは新生銀行での支払い・ATM払い・振込・口座引き落としと方法がさまざまです。ただし毎月きちんと返済しなくては遅延損害金と言って更に利息がかかるので、口座引き落としがお勧めです。

その他の特長


みずほ銀行カードローン 新生銀行カードローン レイク
・利率が限度額により一定

・初回利用のみ無利息期間が選べる
@180日間無利息または
A借入金額に関わらず30日間無利息
・お試し審査

それぞれの特長について以下で詳しく見ていきましょう。

みずほ銀行カードローン:利率が限度額により一定

利用限度額 利率
10万円〜100万円未満
14.00%
100万円〜200万円未満
12.00%
200万円〜300万円未満
9.00%
300万円〜400万円未満
7.00%
400万円〜500万円未満
6.00%
500万円〜600万円未満
5.00%
600万円〜800万円未満
4.50%
800万円〜1000万円以下
4.00%

みずほ銀行カードローンでは、利率が個別の借り入れに対して変動するわけではなく、審査段階での利用限度額に応じて、以下の様に利率が決まる仕組みになっています。 適用される利率が一定なので、例えば審査段階の借り入れ上限額が600万円未満となった場合には、10万円を借りても599万円を借りても利率は一律5.0%となります。

新生銀行カードローン レイク:無利息期間が選べるサービス

新生銀行カードローン レイクには、初回の利用者のみ無利息期間が選べるキャンペーンが行われています。
@180日間無利息

借入金額のうち5万円に対して、借入の日から180日間利息がかかりません。しかし利用限度額が200万円を超えると利用できませんし、初回の借り入れのみ適用なので、2度目以降の借り入れには使えません。

A借入金額に関わらず、30日間無利息
借入金額全額に対して、借入の日から30日間は利息が掛かりませんが、@と同じく初回借り入れのみの特典なので、2度目以降は利用できません。

また新生銀行カードローン レイクには「お借入れ診断」というサービスがあり、
・生年月日
・年収
・他社での借り入れ状況
の項目を入力する事で借り入れや融資が可能か可能で無いかを診断してくれます。

さらに電話でも「3分相談」という電話サービスでは融資が可能かどうかだけではなく、利用限度額の目安も確認する事が出来るので、いきなり申し込むのではなくて、まずは聞いてみたいと思っている方にはお勧めです。

各カードに向いているユーザーは?

限度額、金利、申込方法と期間、申し込み可能な人、返済方法、その他の特長の6項目でみずほ銀行カードローンと新生銀行カードローン レイクを比較しましたが、利用方法や利用者の立場によって、より便利で安心して利用できるカードを選択したいものです。

みずほ銀行カードローンは、限度額が上限1,000万円、金利が4.0%〜14.0%、という点からも高い水準のサービスを展開していると言えます。またみずほ銀行の口座を持っていれば、店頭に出向く必要も無くwebからの簡単な申込で即日融資も可能なので、みずほ銀行の口座を持っている方であれば便利ですが、口座を持っていなければ借り入れまでに時間が掛かる場合があります。
みずほ銀行の窓口で口座を開設し、その日に銀行窓口でカードローンを申し込めば最短で即日借り入れが可能ですが、口座を作ってから郵送などで申し込みを行う場合は借り入れまでに1週間〜3ヵ月、口座の開設からカードローンの申し込みまで全て電話またはインターネット上で申し込みをすると最長1ヵ月程度掛かります。

さらに朝8:45分〜夕方18:00以外の時間は、みずほ銀行のATMを利用する際に108円か216円の手数料が掛かるので、いつでも手軽にという利用方法は難しくなります。

しかし専業主婦(無収入)でも申し込みが出来る点や金利の低さ、限度額の大きさは他社と比較しても圧倒的に有利です。みずほ銀行の口座を持っていれば「web完結申込」というインターネット上で申し込みをすることや、みずほ銀行の窓口で申し込みをすることで最短即日の借り入れも可能になっています。万が一のためのお守りとして利用したい方や、専業主婦、借り入れを急いでいない方、返済方法が口座引き落としで不便のない方はみずほ銀行カードローンがお勧めです。

一方新生銀行カードローン レイクは、初めての利用であれば180日間(上限5万円)か30日間(借入金全額)のどちらかの期間で利息が掛からないので、初めて借り入れをする方に向いていますまた、まずはweb申込後に自動契約機へ行くとすぐに新生銀行カードローン レイクの借り入れカードが受け取れるほか、自動契約機から申し込めば最短40分でカードが発行され、即日融資も受けられるので急いでいる方には新生銀行カードローン レイクがお勧めです。ただし、専業主婦(無収入)の場合は利用が出来ないので注意してください。

万が一の際の安心材料として持っておきたい方、急いで借り入れをしたい方など、自分に合った方法で、収支に合った借り入れをして、返済プランも計画的に利用しましょう。

迷ったらココ!

みずほ銀行カードローンは、業界最低金利のカードローン。
電話連絡なし、郵送物なし!最高800万円まで借入れができます。
担保・保証人は一切不要で、来店も不要。
ネットで全国どこからでもお申込が可能なWEB完結となっています。

年率 限度額 審査時間
2.0%〜14.0% 最高800万円 -
融資時間 返済額 担保・保証人
- 月10,000円〜 不要


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ