エポスカードのポイントを200円で3P付与させるワザ

クレジットカードをお得に利用する際に重要なポイントになるのが、クレジットカード利用に対するポイントの還元率です。同じ1,000円の物を購入する場合でも、ポイント還元率が1%のクレジットカードであれば、10円分のポイントが付与されますが、ポイント還元率が1.5%のクレジットカードであれば15円分のポイントが付与されます。 10円と15円では大きな差を感じないかもしれませんが、携帯電話の支払いや公共料金の支払い、買い物の額が大きくなるほど高還元率のクレジットカードを利用する方がお得になります。

エポスカードは買い物の際に様々な特典のあるカードで、特にマルイで買い物をする方にはお勧めのカードです。ポイントは通常200円の利用で1ポイントが付与されますが、特典を利用する事で割引も受けられるので買い物やレジャーの場面では特に高い能力のカードです。

ではエポスカードを利用して通常200円の利用で1ポイントの還元をされるところを、200円で3ポイントの還元を受けられる方法をチェックしていきましょう。

エポスカードで通常の3倍ポイントを得られる方法

エポスカードのスペック

エポスカード
年会費 永年無料
ポイント 200円利用=1ポイント
ポイント還元率0.5%〜
国際ブランド VISA
特典 ○特にマルイでの買い物で特典がある
・ポイント還元率が1%以上
・年4回10%オフ
○全国10,000店以上の飲食店や娯楽施設で割引がある
○楽天Edyのチャージでも0.5%ポイント還元がある
保険・保障 海外旅行の傷害保険が自動付帯
紛失・盗難保障

エポスカードは上記のスペックからも、女性や若年層のカードホルダーが多いと言われています。年会費が永年無料なのにも関わらず、海外旅行の傷害保険が自動でついている事や、全国にある飲食店や娯楽施設で割引を受けられるのがその大きな理由です。

そして発行手数料500円を支払うことで、クレジットカードらしいデザインのカードではなく、アニメやゲームとのコラボレーションカードや、70種類以上あるデザインから好みのデザインカードを選べるので、デザインに拘りのあるカードを持ちたい方にもお勧めです。

エポスカードで通常の3倍、ポイントを貰う方法

  現金 1回払い
ボーナス一括払い
リボ払い
分割3回以上
マルイでの利用 200円=1p 200円=2p
ポイント還元率1%
200円=3p
ポイント還元率1.5%
Visa加盟店で利用 200円=1p 200円=2p

上記の様に、通常エポスカードは1回払いまたはボーナス払いでカード利用をすると200円の支払いにつき1ポイントの還元を受けられます。そしてマルイでの買い物の際には、一括払いまたはボーナス払いで200円の支払いに月2ポイントの還元が受けられますが、さらに支払い方法をリボ払いまたは3回以上の分割払いに変えることによって、200円の利用で3ポイントの還元を受けることが出来るのです。

また、一括払いで購入した物を後からリボ払いに変更した時にも200円の支払いにつき3ポイントの還元が受けられるため、万が一支払いが辛くなりそうでリボ払いに変更しても、ポイント還元の恩恵を受ける事が出来ます。

ただしこの方法は、マルイで買い物をする事が前提となっているので、マルイをなかなか利用できない方には通常の3倍ポイント還元を受ける機会が少なくなってしまうことと、リボ払いや分割払いの場合は金利が発生する等のデメリットもあります。

そこで金利の発生と言うデメリットを解消して、かつポイント還元率が1.5%になるカードの利用方法を調べたので、チェックしていきましょう。

ポイント還元率1.5%になるカードとは

ポイント還元率が1.5%のまま、金利手数料のデメリットを無くすカードとは、ずばり「オリコカードザポイント」を利用する方法です。 オリコカードザポイントはオリコの展開するカードサービスのうち、ポイント還元率が常に1%以上というポイント還元に重きを置いたカードです。

オリコカードザポイントのスペック

年会費 永年無料
ポイント 100円利用=1〜3ポイント
ポイント還元率1〜3%
国際ブランド VISA・Master
特典

○入会後6カ月はポイント還元率が2%

○オリコモールを利用する事で+0.5%のポイント還元
保険・保障 紛失・盗難保障

オリコカードザポイントでは、入会後半年はポイント還元率が2%となり、半年が経過した後はポイント還元率が1%〜となります。そして、オリコモールと言うオリコの運営するインターネット上のショッピングモールを経由して買い物をする事で、さらに0.5%のポイント還元を受ける事が出来るのです。

例えば、オリコモールを経由してマルイのネット通販を利用すると、通常のポイント還元である100円の支払いにつき1ポイントの還元に加えて、さらに+0.5%のポイント還元が受けられるので、100円の利用で1.5ポイントを獲得できます。

ただし、エポスカードとオリコカードザポイントのどちらを利用する方がお得になるかはカードの利用方法で変わるので、さらに見ていきましょう。

エポスカード・オリコカードザポイントの比較


  エポスカード オリコカード ザ ポイント
カードフェイス
年会費 永年無料 永年無料
ポイント 200円利用=1ポイント
100円利用=1〜3ポイント
ポイント還元率1〜3%
国際ブランド VISA VISA・Master
特典

年に4回10%オフの期間がある

全国10,000店舗で優待受けることができる。

電子マネーへのチャージでポイントが貯まる

○入会後6カ月はポイント還元率が2%

○オリコモールを利用する事で+0.5%のポイント還元
保険・保障 紛失・盗難保障 紛失・盗難保障

エポスカードとオリコカードザポイントを比較してみると、エポスカードを利用するメリットはおもにマルイの実店舗での買い物の際に特典が受けられること、そして娯楽施設で割引が受けられ、さらに海外旅行の際に傷害保険が付帯している事です。

マルイの実店舗は東京、神奈川、埼玉、千葉、京都、大阪、神戸、静岡、茨城にあるので、年に4回行われる「マルコとマルオの7日間」期間には10%OFFで買い物が出来る特典が利用できる方にはお勧めです。

また友達や家族と遊びに出掛ける際に、SHIDAXやBIG ECHOといったカラオケ娯楽施設を利用する方や、旅行に出かける機会の多い方は、ハウステンボスや富士急ハイランドなどの入園料の割引を受けたり、HISや日本旅行の予約をすることでポイントアップ等の特典が受けられます。 ポイントの還元率は0.5%〜ではありますが、ポイント還元以上に店舗での割引が受けられるのであれば充分活用できていると言えます。 さらにエポスカードを持っているだけで海外旅行の傷害死亡後遺保険が自動で付いてくるので、海外旅行へ行く機会のある方にも心強い味方になります。

一方オリコカードザポイントは、海外旅行の際の保険の付帯や、実店舗での割引はありませんが、常にポイント還元率は1%以上になっているため、公共料金や携帯電話の支払いをクレジットカード払いにしておく事でポイントを有効に貯める事が出来ます。

またオリコの運営しているオリコモールにはファッションやグルメ、本や旅行のチケットなどを取り扱うショップが約790店舗出店しており、期間限定でポイント還元率が最大10%になっている店舗もあります。例えば伊勢丹のオンラインストアやGUCCIのオンラインショップを利用して、通常のポイント率である1%以上のポイント還元率で買い物をして、ポイントを一気に沢山獲得する事も出来ます。

ポイント還元やカードの特性、特典をフル活用して、買い物や遊びの場面でもお得にカードを利用しましょう。

エポスカード

エポスカード
visa
  • 海外旅行保険自動付帯
  • 年4回10%OFF
  • レストラン、施設の会員優待あり

年会費無料で海外旅行保険つきのショッピングカード
マルイ利用者には嬉しい年4回の10%OFFのイベントやレストラン・施設での会員優待、ポイントアップの見込めるネットモールなどマルイでの特典が詰まった1枚。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
- 無料 無料 無料 約2週間
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5% 最高500万円 - - 個別設定
カードの詳細はこちらカードの詳細はこちら


全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ