楽天カード入会でもらえる最大ポイントに関する4つの注意点

顧客満足度6年連続第1位!「楽天カード」の魅力とは

現在、数えきれないほどの種類が出ているクレジットカードですが、その中で6年連続、「JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において第1位を獲得しているカードがあります。

それが楽天の発行する「楽天カード」です。

数多くのクレジットカードの中で、なぜ楽天カードがこれだけ根強い支持を集めているのでしょうか。

そこには、「ポイントの貯めやすさ」や「貯めたポイントの使いやすさ」「お得にポイントを貯められるキャンペーンが多い」などの理由が考えられます。

ここがすごい!楽天カードのメリット

年会費は永年無料!

楽天カードは、年会費もカード発行手数料も一切かかりませんので、年会費のもとを取ることを考える必要なく、気軽に所有できます。

どこで買い物しても還元率は1.0%

楽天カードの利用で貯められるのは、「楽天スーパーポイント」です。スーパーやレストランなど、どこで利用しても「100円につき1ポイント」が付与されます。1ポイントは1円の価値ですので、還元率は1.0%です。

公共料金の支払いはもちろん、ETCカードを作った場合はETC利用によっても同じポイントが獲得できます。

楽天グループでの買い物なら、常にポイント3倍!

楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなどの楽天グループでの買い物に楽天カードを使うと、還元率は常に3倍になります。つまり100円の利用につき3ポイントもらえますので、還元率は3.0%です。

街のポイント加盟店でなら、ポイント最大3倍に!

全国各地にある、楽天のポイント加盟店で楽天カードを利用した場合、最大で通常の3倍ものポイントを獲得できます(100円につき3ポイント)。ENEOSや紳士服のコナカ、エステティックTBC、てもみん、サカイ引越センターなど複数の加盟店があります。

貯まったポイントは、楽天グループで気軽に使える!

貯まった楽天スーパーポイントは、1ポイント1円として、楽天グループで簡単に使うことができます。楽天市場や楽天ブックスでの買い物、楽天トラベルでの宿泊予約など、幅広い使い道があるのも楽天グループのメリットです。

また楽天スーパーポイントは、1ポイントから使うことができますので、ポイントがたくさん貯まるまで待つ必要もありません。

ANAマイルや楽天Edyへの交換も可能!

楽天スーパーポイントは、ANAのマイルや、電子マネー楽天Edyにも交換することができます。ANAマイルへは「2ポイント→1マイル」、楽天Edyへは「1ポイント→1円」で交換可能です。

充実の付帯サービス!

年会費無料ながら、楽天カードには最高2,000万円までの海外旅行傷害保険が付帯されています。また「カード盗難保険」や「ネット不正あんしん制度」など、楽天カードを安心して使えるためのさまざまな補償が充実している点も魅力です。

楽天カード新規入会キャンペーンで最大7,000ポイント!

最大7,000ポイントが貰える楽天カード新規入会キャンペーンが実施中です!

期間は2019年1月21日(月)〜1月28日(月)10:00までとなります。

楽天カードのキャンペーンは通常は5,000ポイントのプレゼントとなりますが期間限定でポイントアップ中です!

貰えるポイントの内訳は、新規入会特典として2,000ポイント、カード利用特典として5,000ポイントです。




また、お買いものパンダデザインを選択された方の中から抽選で10,000名様にお買いものパンダステッカーをプレゼント!

楽天カード公式サイトより

ポイントを貰うための注意点

注意点として、入会後にはかならず「楽天e-NAVI」に登録する必要があるので、入会したらすぐに登録しましょう。半年以内でないと受け取ることができません。

1円以上からでも問題ないので、ポイントを貰い忘れないためにも早めに楽天カードを利用しましょう。

さらに、最大の注意点として、カード利用特典で貰えるポイントは「期間限定ポイント」であることを覚えておきましょう。

「期間限定ポイント」の有効期限は約10日ほどが一般的なので、7,000ポイントを貰ったら、即座に利用することが重要です。

せっかくのお得なキャンペーンなので、最大7,000ポイントの取りこぼしが無いように入会しましょう。

ポイントを重視するなら、「オリコカードザポイント」もおすすめ!

上記のように、楽天カードには「キャンペーンポイントの有効期限が短い」というデメリットがあるため、今すぐ欲しいものがあるわけではない場合、無理にポイントを消化しなくてはいけません。

そこで、「もっとじっくりポイントを貯めたい」という方や、「楽天グループ以外でも使い勝手のいいポイントがほしい」という方におすすめなのが、株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)の発行する「オリコカードザポイント」です。

オリコカードザポイントの特徴

年会費は永年無料!

楽天カードと同様、オリコカードザポイントも年会費は一切かかりません。また、ETCカードは楽天カードでは年会費540円がかかりますが、オリコカードザポイントでは完全無料です。

還元率は常に1.0%以上!

オリコカードザポイントは、カード名の通りポイントに力を入れたクレジットカードです。100円の利用につき1オリコポイント(1円相当)が貯まりますので、還元率は楽天カードと同様、1.0%となります。

新規入会後半年間は、ポイント2倍!

オリコカードザポイントに新規入会した後6か月間は、ポイント還元率が2倍になります(100円の利用につき2ポイント)。たとえば10,000円分使うと200円分、100,000円分使うと2,000円分のポイントが貯まりますので、カードが届いたらぜひこの期間中はできるだけ使っていきたいところです。

「オリコモール」の利用で、ネットショッピングの還元率は1.5%以上に!

オリコカードザポイントの大きな魅力の一つに、「オリコモール利用による特別加算」があります。オリコカードザポイントを使ってネットショッピングをする際、「オリコモール」というサイトを経由するだけで、常時0.5%の特別加算が付くのです。つまりポイント還元率は1.5%になります。

ポイント移行 一覧表

またオリコモールでは常時キャンペーンを行っているため、期間限定で1.0%以上の特別加算が付くお店もたくさんあります。最大で15%もの特別加算が付くお店もありますので、ネットショッピングする際はオリコモールを経由しない手はありません。

ちなみにオリコモールの加盟店は500店以上。楽天市場をはじめ、AmazonやYahoo!ショッピング、ベルメゾンなどの有名モールも多数参加しています。しかも楽天市場の特別加算は、常時「0.5?15%」。場合によっては楽天カード以上の還元率となりますので(楽天カードは2.0%)、楽天ユーザーにも非常にお得なのです。

チャージ不要の電子マネー「iD」と「QUICPay」をダブル搭載!

オリコカードザポイントには、電子マネーとして「iD」と「QUICPay」の2種類が搭載されています。どちらもオリコカードザポイントの利用分と合わせて支払う「ポストペイ(後払い)式」ですので、チャージする必要がなく便利です(楽天カードに搭載されている楽天Edyは、チャージが必要なプリペイド式になります)。

貯まったオリコポイントの使い勝手がいい!

オリコカードザポイントで貯まったオリコポイントは、500ポイント貯まった時点で「オリコポイントゲートウェイ」というサイトからすぐに交換手続きができます。

またオリコポイントは、使い道の幅広さも魅力です。よくあるカタログ商品ではなく、オンラインギフト券や他社ポイントへの移行などが中心となっていますので、自分にとって使いやすい交換先を選ぶことができます。

特にオンラインギフト券の場合、交換手続きをした後すぐにメールでギフトコードなどが通知されますので、スピーディに利用することが可能です。

オンラインギフト券
ポイント移行(一例)

このように、オリコカードザポイントは楽天カードにひけをとらないポイントの貯めやすさと使い勝手の良さで、ポイント重視のユーザーから大きな人気を集めています。

楽天カードのように派手なキャンペーンはなくても、着実に効率よくポイントを貯めたい方、ポイントを楽天グループ以外でも使いたい方には非常に魅力ある一枚ですので、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

オリコカード・ザ・ポイントポイント還元率の高さで選ばれているカード

入会後6ヶ月は100円で2ポイント付与(還元率2%)となり、さらに使い方によっては還元率3%以上アップ可能!

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 約1週間
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
電子マネー
1〜3% - - VISAMasterCard
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ