ゴールドカード研究Lab

アメックスの入会キャンペーンで無料で海外旅行に行く方法

周囲で誰かが持っていると思わず、いいなぁ… かっこいいなぁ… と声が出てしまうクレジットカードといえばアメリカン・エキスプレス・カードです。

提携のアメックスもカードもハクがありかっこいいですが、
どうせなら、プロパーのアメックスカードシリーズが持ちたいものです。

でもアメックスカードは年会費が 最低12,000円からで、
どうしても申込みに迷ってしまう方も多いことでしょう。

アメックスカードは初めて使うし、使い心地も分からないのに、年会費のリスクは大きい…」ステータス性の高さ、品の良さ、サービスの充実と分かっていても、
使ってみなくては分からない… そう考えてしまう方は
【アメックスの入会キャンペーン】を利用して申込んでみましょう。

アメックスカードは、年会費以上のステータスやサービスがあるクレジットカードでも、年会費で引いてしまう方がいるのも確か。

そこで、その使い心地を分かってもらおうと入会キャンペーンを行なっていることが多くあります。

アメックスのキャンペーンサービスの特徴

アメックスグリーン・アメックスゴールド共に入会キャンペーンを実施しており、アメックスグリーンなら最大で17,500ポイント、アメックスゴールドは最大30,000ポイントが獲得できます。


アメックスグリーンの内訳
カードご利用ボーナス獲得条件 獲得ポイント
ご入会後3ヶ月以内に1万円のカードご利用 500ポイント
ご入会後3ヶ月以内に25万円のカードご利用 2,000ポイント
ご入会後3ヶ月以内に50万円のカードご利用 10,000ポイント
合計50万円(通常のご利用ポイント) 5,000ポイント
合計 17,500ポイント

アメックスゴールドの内訳
カードご利用ボーナス獲得条件 獲得ポイント
ご入会後3ヶ月以内に1万円のカードご利用 1,000ポイント
ご入会後3ヶ月以内に25万円のカードご利用 4,000ポイント
ご入会後3ヶ月以内に50万円のカードご利用 20,000ポイント
合計50万円(通常のご利用ポイント) 5,000ポイント
合計 30,000ポイント

アメックスは1ポイント1マイルで交換することができるので、ポイント数が実質マイルと同義です。

ではこの17,500マイルと30,000マイルで一体どこまで行くことができるのでしょうか。

次の項目で確認をしてみましょう。

旅行先と必要マイル数

アメックスのマイル移行先として相性が良いANAマイルを例に見てみます。

国際線対象路線(東京発) ※国際線は往復のみとなります。
地域 ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン
Zone 2 12,000 15,000 18,000
Zone 3 17,000 20,000 23,000
Zone 4 30,000 35,000 38,000
Zone 5 35,000 40,000 43,000
Zone 6 40,000 50,000 55,000
Zone 7 45,000 55,000 60,000
アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

国内線対象路線
対象路線 必要マイル数(片道)
東京 秋田、庄内、仙台、新潟、大島、
三宅島、八丈島、富山、小松、
能登、名古屋、大阪
L:5,000
R:6,000
H:7,500
大阪 萩・石見、松山、高知、福岡、
大分、熊本、宮崎
名古屋 新潟、松山
札幌 利尻、稚内、女満別、根室中標津、
オホーツク紋別、釧路、函館
仙台 小松
福岡 対馬、五島福江、宮崎
長崎 壱岐、五島福江、対馬
沖縄 宮古、石垣
宮古 石垣
(上記・下記以外の往復同区間旅程) L:6,000
R:75,00
H:9,000
東京 沖縄 L:7,000
R:9,000
H:10,500
大阪 稚内、石垣
静岡 沖縄
名古屋 沖縄
札幌 福岡
名古屋 石垣 L:8,500
R:10,000
H:11,500
札幌 沖縄
沖縄 仙台、新潟

このように必要マイル数を確認してみると17,500マイル、30,000マイルあれば様々な場所に行けるということがわかります。

アメックスグリーンであれば入会特典で得られるポイントを全て獲得すると中国・韓国・台湾など、アメックスゴールドの場合は更にシンガポールやバンコクなど東南アジア圏まで行くことができます。

国内線であれば国内のほとんどの場所に行くことができるので、アメックスのこの入会特典を使わない手はありません。

アメックスのサービスはマニアの間でも有名


アメックスカードを持ったのなら、付帯サービスを必ずチェックしておきましょう。
アメックスは『見た目がかっこいい』『品がある』だけのステータスカードではありません。

アメックスグリーンと言っても、一般的なゴールドカード以上の特典が付いています。

アメリカン・エキスプレス・カードの特典

@空港ラウンジ(カード会員ご本人さまとご同伴者1名さままで無料 )
A手荷物無料宅配サービス
Bエアポート送迎サービス
Cプライオリティ・パス
D空港クロークサービス
E無料ポーターサービス
Fエアポート・ミール
G海外用レンタル携帯電話特別割引
H空港パーキング優待
I海外旅行保険/最高5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険/最高5,000万円(利用付帯)
J海外旅行先での日本語サポート (グローバル・ホットライン)
K旅のオンライン予約サイト「エクスペディア」
L世界中のホテルをオンラインで料金比較&即時予約 「アップルワールド.com」
M特別な特典を提供する
「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・カード会員専用ウェブサイト」
N特選の宿が5%オフ「日本旅行」

アメックスグリーンだけでもトラベルに付いた特典は15コもあります。
なかでも一度は使ってみたいと思わせるのが、 手荷物無料宅配サービスや空港ラウンジ、無料のポーターサービスではないでしょうか。

手荷物無料宅配サービス

・出発の7日前までにウェブサイトか電話(0120-989-509)で予約

アメックスシリーズは 全ての空港ラウンジで同伴者1名無料となっていることもあり、
2人旅行の待ち時間も落ち着いて過ごすことができます。

無料ポーターサービス

出発時は空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから空港の駅改札口やバス停まで、専任スタッフが荷物を運んでくれます。
※対象空港:成田国際空港、関西国際空港

アメックスゴールドはこの15コの特典にプラス、 航空便遅延費用補償
カード会員様専用旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」、
世界70ヶ所以上の提携ホテルに2泊以上ご宿泊いただきますと、
ホテルが契約するゴルフコースのプレー代(1ラウンド / 1名様分)が無料になるプログラムのプリファード・ゴルフなど特典が充実しています。

またアメックスカードシリーズは国内外700ケ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「 プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、基本カード会員と家族カード会員は年会費無料(通常99米ドル)で登録できるのも魅力的です。

アメックスグリーンは初めてアメックスを使う方におすすめで、
アメックスゴールドは、ゴールドカードを初めて使う方やアメックスを持つなら、ゴールドがいい、充実した内容がいいという方におすすめです。

アメックス発行カードのキャンペーン内容を比較

アメックスカードは発行カードにより、入会キャンペーンが異なってきます。

アメックス入会キャンペーン比較


カードフェイス 年会費 キャンペーン
ポイント数
ポイント移行
メリット・デメリット
マイル
有効期限
JCB EITカード
ANAアメリカン・
エキスプレス・カード
7,000円+税 35,000マイル ・ポイント移行はANAマイルのみ※参加費年間6000円+税 無期限
JCB EITカード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
31,000円+税 50,000マイル - 無期限
JCB EITカード
アメリカン・
エキスプレス・カード
12,000円+消費税 最大17,500ポイント ・移行マイルの提携航空会社は全15社
・ANA
・チャイナエアライン
・デルタ航空
・ヴァージン アトランティック航空 …など
無期限
JCB EITカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
29,000円+消費税 最大17,500ポイント ・移行マイルの提携航空会社は全15社
・ANA
・チャイナエアライン
・デルタ航空
・ヴァージン アトランティック航空 …など
無期限

例えば、ANAアメックスカード。 こちらのカードはANAをメインとした利用が多く、 そのANAのマイレージが貯められるというメリットにアメックスの付帯サービスがプラスされたカードで人気を集めている1枚です。

入会キャンペーンもマイルを大きく獲得できるイメージです。

飛行機を使った移動が多い、
出張が多々あるという方はこちらのカードを選んだ方が無難ですが、旅行はたまにで、日常使いメインとなるのであればやはりアメックスのプロパーを選んだ方がハクが上がります。

しかしANAアメックスカード入会キャンペーンは、よく見ると31,000マイルを獲得するために公共料金の支払いをするといった条件があり、そしてポイントをマイルへ移行するにはコース参加費6,000円 (年間/自動更新)かかります。

でもアメックスグリーンであれば、
あれこれで使うといった縛りもなく、とてもシンプルな内容となっています。

また、マイル提携航空会社が全15社と豊富なので、マイルの利用先が限定されず、予定を立てる旅行先の選択肢の幅も広がります。

入会キャンペーンのポイントの大きさというのは、確かにお得を手にするうえで大事なことですが、クリアしなければいけない条件が多い、またはハードルが高い、満たせそうにないとなっては特典をもらう以前の問題となってしまいますので、注意しておきましょう。

アメックスグリーン、アメックスゴールドに申込みをするときは、
入会キャンペーンが魅力的+条件が難しくない【今】がチャンスです。

まずは
コレ!

ステータスを手に入れるならアメリカン・エキスプレス・カード

アメックスカードはステータスカードのなかでも最高峰のカードなので、持つからには入会キャンペーンと付帯サービスを上手に使い、自分のステータスも上げていきましょう。
申し込み後のメンバーシップリワード・プラスへの登録をお忘れなく。

繧「繝。繝繧ッ繧ケ繧ー繝ェ繝シ繝ウ縺ョ蜈・莨夂音蜈ク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ