クレジットカードのコンビニキャッシング機能徹底比較

おもにクレジットカードは買い物をするときに提示して決済するものとして利用する方がほとんどですが、実はクレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものが設定されおり、そのショッピング枠とキャッシング枠を総合してクレジットカードの限度額というものが決められています。

ショッピング枠とは?

クレジットカードで買い物をするときの限度額のことをショッピング枠といい、一般的にクジットカードの利用額と言われているものは「ショッピング枠」といわれているもので、ショッピング枠が30万円に設定されている場合には、そのクレジットカードでの買い物時には30万絵を限度として利用することができます。

キャッシング枠とは?

クレジットカードの機能の1つで、あまり知られていないこともありますがクレジットカードを利用してカードキャッシングをすることができるのです。キャッシングとはクレジットカード会社からお金を借りることで、当然借りた額に対して金利なども発生します。なおキャッシング枠が10万円に設定されている場合には、クレジットカード会社から20万円分のお金を借りられるということです。

ただし、多くの場合にはショッピング枠とキャッシング枠は独立しているのではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれていることが多いので、クレジットカードを持っている方はご自身のカードがどのようになっているかを今一度確認してみてください。

コンビニでも利用できるキャッシングとは?

近年、コンビニエンスストアに設置してあるATMからも簡単にキャッシング機能が利用することができるようになりました。カードを通すだけですぐにお金を借りることができますが、お金を借りるということは必ず「金利」というものが発生してしまいます。

クレジットカードの金利の例

三井住友VISAカード

JCBカード

クレジットカードのキャッシングを利用すると、おおよそ15.0〜18.0%の金利がかかってくるほか、ATM手数料なども発生してしまうのであまりお得な方法ではありません。

お得にキャッシングを利用する方法とは?

キャッシングをすること=お金を借りることなので、どうしても金利手数料をしはらわなくてはなりません。しかしできれば支払う金利手数料は少なく済むほうが家計にも優しく、より元本の返済に回すことができます。

クレジットカードとの一般的なキャッシングの利息は15.0〜18.0%ですが、
例えば 三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのキャッシングローンプロミス、
金利手数料は4.5〜17.8%、

オリックス銀行カードローンであれば
金利手数料は1.7%〜17.8%となっており、

クレジットカードのキャッシングの金利手数料と比較すると
格段に安い金利でキャッシングをすることができます。


プロミスのキャッシングの特長

プロミス


金利 実質年率4.5%~17.8%
借入限度額 1万〜500万(初回なら30日間無利息!※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
審査時間 最短30分
融資スピード 最短1時間

プロミスは消費者金融系のキャッシングを行っていますが、何よりもの特長はインターネット上から借り入れ診断や24時間申し込みを行っていることです。

病気やケガ、どうしても急いでお金が入用でお金を借りたいときに長い審査を待っていることはできません。そこでプロミスのキャッシングは、webでの手続きが完了して審査に通過すれば、即日融資にも対応しているのでもしもの場合のお守り代わりとすることができます。

また、プロミスでは借り入れをしたお金の使い道を問わない最大500万円を限度額内とするフリーキャッシングや、おまとめローン、結婚や教育資金など目的が決まっている方向け、自営業者向けのローンなどの種類も豊富なので、用途に合わせて使い分けることも可能です。

オリックス銀行カードローンの特長

オリックス銀行カードローン


金利 実質年率1.7%〜17.8%
借入限度額 最高800万
審査時間 最短即日審査
融資スピード 契約後最短

オリックス銀行の行っているカードローンは、金利が業界で最低基準の年利1.7%〜17.8%となっており、融資限度額も最高800万円までと高く設定されています。オリックスカードローンの特長として、融資の申し込みの際に融資の最高限度額によって金利手数料が変動することがあげられます。

カードローンご利用限度額と金利について

(出典:http://www.orixbank.co.jp/personal/cardloan/)
100万円未満のコースであればオリックス銀行カードローンもプロミスでも金利手数料の大きな違いはありませんが、まとまった金額の借り入れを行う際にはオリックス銀行カードローンのほうが金利手数料は断然安くなるので、大きな金額の借り入れを行う際にはオリックス銀行カードローンがおすすめです。ただしいずれもお金を借りるということには違いがないので、キャッシングをする際には借り入れ、返済ともに計画的に行いたいものです。

キャッシング利用時のポイント


ポイント1

お金を借りる際に、プロミスのキャッシングは最高限度額が500万円、銀行カードローンでは最高限度額が800万円と設定されているのには理由があります。貸金業法による「総量規制」の規定があり、個人の借入総額が、原則年収等の3分の1までに制限される仕組みになっています。銀行系のカードローンであれば総量規制の対象外になるのですが、プロミスなどの消費者金融系は総量規制の対象となるため、申し込み者の年収の1/3以下は借りられない仕組みになっているのです。そのため、消費者金融系で既に借り入れを行うなど総量規制に引っかかってしまう場合にはお金を借りることができないので現在の借入額なども確認してから申し込みましょう。

ポイント2

キャッシングは、その月に借りたお金を翌月に一括払いするものもありますが、最近のキャッシングは「リボ払い」といい毎月固定金額または固定金額+利息を支払う方法が主流となっています。毎月の支払いが固定になるので支払計画は立てやすいのですが、毎月残った金額について利息が加算されていってしまうため、返済のシミュレーションを正しく行わなくては相当額の利息を支払うことになるので注意しましょう。

リボ払いの例

・借入金額100万円
・年利17.0%

毎月の支払額 10,000円+手数料
支払い回数 100回
支払手数料合計 713,161円

・借入金額100万円
・年利9.0%

毎月の支払額 10,000円+手数料
支払い回数 100回
支払手数料合計 377,528円

同じ100万円を借り入れた時にも、金利17.0%と金利9.0%を比較すると、支払合計手数料におよそ2倍の差が出ることになり、その額は決して小さな額ではありません。だからこそ金利はできるだけ安く借り入れできるところを選択するようにし、キャッシュカードのキャッシング枠ではなく、万が一のお守り代わりとしてオリックス銀行カードローン、または審査に不安があるという方はプロミスのカードローンをチェックしてみてください。

ポイント3

近年増えてきている使途の制限のない「フリーキャッシング」は、借入限度内であれば自由に借り入れや返済を行うことができるようになっています。そのため、まるで自分自身の預貯金のようについ借り入れや返済を繰り返してしまい、利息ばかり支払っている状態になったり、何かあればジャードローンを遣えばいいか、といった考え方になってしまいがちです。カードローンを利用するときには、計画的に借り入れと返済を行い、無理のないように利用していきましょう。

迷ったらココ!

オススメのカードローン

取引がWEB上で完結も対応可能・郵送物なし・カードレスも対応可能(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます)
初回30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
「瞬フリ」サービスが利用できる
・審査時間 最短 30分
・融資 最短 1時間
・実質年率 4.5%〜17.8%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ