ゴールドカード研究Lab
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメックスの口コミから学ぶ3つの審査対策

アメリカン・エキスプレスが独自に発行しているクレジットカード(プロパーカード)といえばステータス性のあるクレジットカードの代表です。ステータスカードは誰でもが持つことができるクレジットカードではなく、厳格な基準の審査を通過した選ばれた人が持つことができるクレジットカードであると言えます。

アメリカン・エキスプレスの発行しているクレジットカードには、アメリカン・エキスプレス・カード、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード、アメリカン・エキスプレス・プラチナカード、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード(ブラックカード)の4種類があり、順にランクの高いクレジットカードになっています。

申し込みが可能 アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
アメックス側から
招待が送られないと手に入らない
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

申し込みをして審査を受けてから持つことができるのは、一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カードとアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードのみで、プラチナカード、センチュリオンカードはアメリカン・エキスプレス側からの招待(インビテーション)が送られてきて初めて審査が受けられるクレジットカードとなっています。

いずれプラチナカードやセンチュリオンカードを持ちたいという方はもちろん、まずはアメリカン・エキスプレスのカードを持ってみたいという方はアメリカン・エキスプレスに申し込みを行い審査に受かる必要があるので、アメリカン・エキスプレスのもっともベーシックなカードである 一般カードの審査の合否の口コミから審査に通過するためのおおよその基準をチェックしてみましょう。


そもそも審査では何がチェックされるの?

クレジットカードはクレジット決済した時点では実際にお金がユーザーから店舗に支払われるわけではなく、後日クレジット利用額として口座から引き落とされる仕組みになっています。つまり、ユーザーがクレジットカード決済した時点から引き落とし日まではクレジットカード会社がクレジットカード決済代金を肩代わりしている状態になっています。

そこでクレジットカードは顧客がきちんとカード代金を支払えるユーザーであることを確認するためにも、申し込みがあったからと言って発行できるものではなく、申し込み者に支払いができるかどうかの確認をするためにも審査を行う必要があります。クレジットカードの審査の厳しさは各社によって異なり、また審査内容は明示されていませんが、3Cと呼ばれるクレジットカードの審査のポイントがあります。

クレジットカードの3Cとは

クレジットカードの審査では、能力=Capacity、資産=Capital、人間性=Characterの3Cが総合的にスコアリングされて審査の合否が決まります。

(1)能力=Capacity

職業や勤務先、雇用形態、勤務年数、などから申込者にどの程度の収入があるのか、をチェックし、毎月または一定期間に収入があることを証明する必要があります。

(2)資産=Capital

居住形態や居住年数などがチェック項目となり、持ち家に住んでいる方、実家住まいの方が審査にプラスとなり、賃貸住宅であっても一か所に長く住んでいる方も審査でプラスとなります。逆に、転勤など特段の事情が無い限り、居所がよく変わる方は何かとトラブルがあることを懸念されてマイナスになってしまうことがあります。

(3)人間性=Character

人間性とはいっても、クレジットカード会社はその人の性格を判断するのではなく、申し込み者が過去に他者などでどのようにクレジットカードを利用してきたかをチェックします。「信用情報機関」というところにクレジットカードの申し込み状況、利用情報やローンの返済状況、携帯電話の使用履歴が最長5年分記録されているので、ここに照会を行いクレジットカードの利用履歴をチェックします。



割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関 CIC


年収や住居形態にとくに問題がないのにクレジットカードの審査に落ちてしまう場合には、過去持っていたクレジットカードやローン、携帯電話などの支払いで未納や滞納があり、クレジットカードの過去の使用履歴(クレジットヒストリー)に傷がついてしまっている場合もあるので注意してください。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは一般的なクレジットカードよりもステータス性の高いクレジットカード=選ばれた人のみ持てるカードなので=審査の基準の厳しいカードなので、一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カードであっても 他の一般的なカードと比較して審査が厳しめに設定されていると言われています。

アメリカン・エキスプレス・カードの合否の違いとは?

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードに申し込みをした際に、実際にどのような人が持つことができ、一方でどのような人が審査に落ちてしまっているかを実際に見てみましょう。

審査に合格した例

Aさん
  • 年齢27歳
  • 会社員
  • 年収350万円
  • 持ち家(実家住まい)
  • 初めてのクレジットカードなのでクレジットヒストリーなし
Bさん
  • 年齢35歳
  • 正社員
  • 年収600万円
  • 賃貸住宅(5年目)
  • クレジットヒストリーはクリーンな状態

審査に落ちた例

Cさん
  • 年齢30歳
  • アルバイト勤務
  • 年収230万円
  • 賃貸住宅(2カ月目)
  • 初めてのクレジットカードなのでクレジットヒストリーなし
Dさん
  • 年収37歳
  • 会社経営者
  • 年収700万円
  • 持ち家
  • クレジットカードの支払いに問題はないが、過去にローン会社で未納・滞納を繰り返していた

AさんBさんは同じく正社員であるのに対し、アルバイト勤務であるCさんは審査に通過していないところからも、年収、勤務形態が審査のうえでマイナス要素となってしまっていることが分かります。

またDさんは会社経営者であり、AさんBさんよりも年収が高いにもかかわらず、審査に落ちてしまっているので、 「過去にローン会社で未納・滞納を繰り返していた」ことが審査のうえで大きなネックになってしまっていることが分かります。

クレジットカードの発行では3Cが総合的に判断されるため、 どこかの部分だけ突出して高かったとしても意味がなく、バランスよく審査の基準にクリアしている必要があります。

アメリカン・エキスプレス・カードを持つ際のおおよその基準

アメリカン・エキスプレス・カードは他社の一般カードよりも厳しめに審査が行われていると言われており、3Cについても他のカードよりも申し込み者に対して総合的に高いスペックであることがうかがえます。

アメリカン・エキスプレス・カードの審査対策

アメリカン・エキスプレス・カードの申し込み前には、まず申し込み資格といって審査の前段階で申し込み自体の基準があります。アメリカン・エキスプレス・カードでは「原則として20歳以上、日本国内に定住所があり、安定した収入がある方。他のクレジットカードやローン等の支払いがある場合、延滞のない方。」が申し込み資格となっています。

例えば15歳の方であればそもそも申し込み資格に合っていませんし、日本国外に定住所がある方も申し込んだとしても審査前に申し込みを断られてしまいます。そのため審査前にまず申し込み資格をチェックしてから、申し込み資格に適合しているかも確認しておきましょう。

つぎに申し込み資格に適合しており申し込みを行える方は、3Cを参考にしながら 自身の勤務形態、年収や住居形態、クレジットヒストリーに傷がないかなどを確認してから申し込みをするようにしましょう。クレジットカードの申し込み状況も信用情報機関には記録されてしまうので、審査落ちの回数はできるだけ少なくして、せっかく申し込むのであれば一発でアメリカン・エキスプレス・カードの審査に臨んでいきましょう。

キャンペーン時に申込むとお得は2倍

アメックスカードは基本的に「初年度年会費無料」などといった優待や特典がありません。

安売りをしない分、また誰もが持ちたいと憧れる、高級感があるのも魅力的なところです。

でも年会費を考えて、思い切って申込み入会する方もいれば、納得して申込み入会する方もいます。

それでも、入会に合わせて特典がもらえるのともらえないのとでは、 「嬉しさ」と「得感」が違ってきますので、できるならキャンペーンのあるときに、「今がチャンス!」と思って申込みをしておきましょう。

アメックスカードは通常の一般的なクレジットカードよりも、キャンペーンの質がまた異なります。上質なキャンペーンを入会時に得るのも賢い方法なので、その時期を狙ってみましょう。

まずは
コレ!

ステータスを手に入れるならアメリカン・エキスプレス・カード

アメックスカードはステータスカードのなかでも最高峰のカードなので、持つからには入会キャンペーンと付帯サービスを上手に使い、自分のステータスも上げていきましょう。
申し込み後のメンバーシップリワード・プラスへの登録をお忘れなく。


アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費 12,000円+税 29,000円+税
ポイント
100円=1ポイント
旅行保険 国内、海外:最高5,000万円 国内、海外:最高1億円
ETCカード
無料(発行手数料850円+税)
入会資格 @年齢が20才以上の方
A日本国内に定住所をお持ちの方
B日本国内で定職、定収入をお持ちの方
C他のクレジットやローンで延滞が無い方
@年齢が25才以上の方
A日本国内に定住所をお持ちの方
B日本国内で定職、定収入をお持ちの方
C他のクレジットやローンで延滞が無い方
審査難易度
ステータス

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ