セブンカード・プラスよりもnanacoポイントがお得に貯まるクレジットカード

nanacoポイントが唯一貯まるクレジットカードとして有名なセブンカード・プラスを知っていますでしょうか。

唯一貯まるという意味は、nanacoポイント自体がクレジットカードの支払いで貯まるのは自社のオリジナルカードであるセブンカード・プラスだけなのです。

「唯一貯まる」という点を見ると一見お得そうに見えますが、「ポイント交換」という一手間を加えるだけでセブンカード・プラスよりもnanacoポイントが貯まるクレジットカードがあるので見ていきましょう。

セブンカード・プラスのポイント制度を解説


セブンカード・プラスの基本スペック


年会費 500円(税込)
※初年度無料
※年間利用額が5万円以上で年会費無料
ETC年会費 年会費無料
ポイント
還元率
通常 200円=1nanacoポイント(還元率0.5%)
1ポイント=1円相当
優待
店舗
セブン&アイグループ 
200円=3nanacoポイント(還元率1.5%)
その他
店舗
セブンネット、西武そごう、Ario
200円=2nanacoポイント(還元率1.0%)
ポイント有効期限 当年4月から翌年3月までに加算されたポイントは、翌々年3月末まで(1年間〜最長2年間)

セブンカード・プラスで通常のクレジットカード支払いをすると200円=1nanacoポイント付与され、還元率は0,5%になります。

1.0%の高還元のクレジットカードと比べると、セブンカード・プラスはやや低めの還元率になります。

セブン&アイグループの対象店利用で強みを発揮

セブンカード・プラスの強みとして、セブン&アイグループの対象店で利用することによって還元率が約2倍〜3倍になります。

セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、デニーズなど

200円=3nanacoポイント付与され、還元率は1,5%になります。

元の還元率が0,5%と低めではありますが、セブン&アイグループの対象店舗であれば3倍の還元率になります。

7net、SEIBUSOGO、Ario

200円=2nanacoポイント付与され、還元率は1.0%になります。

7netなどはネットショッピングなので、ネットショッピング利用で還元率1.0%は低めです

また、200円ごとにポイントが付与されるため、200円に届かない場合はポイントが切り捨てになってしまうので注意しましょう。

例1、200円(税込)=2ポイント→還元率1.0%

例2、399円(税込)=2ポイント→還元率約0.5%と199円分切り捨てされてしまいます。

セブンカードよりもお得なJCB EITカードと比較

セブンカード・プラスはセブン&アイグループの対象店舗利用では還元率1,5%と大きなメリットがありますが、その他の店舗やネットショッピングでは還元率が0,5%です。

クレジットカード業界の中で、ポイント還元率が高いと有名なJCB EITでnanacoポイントを貯めた時にセブンカード・プラスとどれほどの差があるのか見て行きましょう。

クレジットカード名
JCB EITカード
セブンカード・プラス
セブンカード・プラス
年会費 無料 500円(税込)
ETC 無料 無料
ポイント 1,000円=2ポイント(還元率1%) 0.5%

年会費

JCB EITカードは年会費が永年無料で、セブンカード・プラスも初年度は年会費無料で、次年度以降は500円(税込)かかりますが、年間5万円以上のショッピング利用で無料になります。

ETC年会費

JCB EITカードはETC年会費もすべて無料に対し、セブンカード・プラスも年会費もETC年会費は無料です。

通常利用時のポイント還元率

セブンカード・プラスの場合、還元率0.5%となっていますが、JCB EITカードは還元率1%になります。

通常利用ではJCB EITカード ザ・ポイントの方が2倍還元率が高いです。

セブン&アイグループのネットショッピング利用時のポイント還元率

JCB EITカードは通常還元率1,0%に加え、独自のネットモール「OkiDokiランド」を経由すると最大+9%のポイント付与がされます。イトーヨーカドーのネット通販であればストアポイントの0.5%が加算されます。

合計でJCB EITカードは1.5%の還元率を誇り、セブンカード・プラスの200円=2nanacoポイントよりも高い還元率になります。

セブンカード・プラスよりもお得にnanacoポイントを手に入れられるクレジットカードはJCB EITカードでしょう。


JCB EITカード

JCB EITカードは高還元カード

通常利用は1,000円=2ポイント(還元率1%)ですが、OkiDokiランドを経由してイトーヨーカドーでネットショッピングした場合、

カード利用(1.0%)+イトーヨーカドーネット通販利用(0.5%)=1.5%

ストアによってはストアポイント加算が最大+19%!

セブンカード・プラスとJCB EITカードで年間利用比較

セブン&アイグループの対象店舗利用やネットショッピングを利用した際に、セブンカード・プラスとJCB EITカードではポイント還元率でどの程度ポイント付与が違うのか見ていきましょう。

セブン&アイグループ対象店舗利用

card
セブンカード・プラス
card
JCB EITカード
ネットスーパー利用
年間10万円利用 還元率1,5%=1,500ポイント(1,500円相当) 還元率1,5%=300ポイント(1,500円相当)
年間50万円利用 還元率1,5%=7,500ポイント(7,500円相当) 還元率1,5%=1,500ポイント(7,500円相当)
年間100万円利用 還元率1,5%=15,000ポイント(15,000円相当) 還元率1,5%=3,000ポイント(15,000円相当)
年間200万円利用 還元率1,5%=30,000ポイント(30,000円相当) 還元率1,5%=6,000ポイント(30,000円相当)

通常利用

card
セブンカード・プラス
card
JCB EITカード
年間10万円利用 還元率0,5%=500ポイント(500円相当) 還元率1,0%=200ポイント(1,000円相当)
年間50万円利用 還元率0,5%=2,500ポイント(2,500円相当) 還元率1,0%=1,000ポイント(5,000円相当)
年間100万円利用 還元率0,5%=5,000ポイント(5,000円相当) 還元率1,0%=2,000ポイント(10,000円相当)
年間200万円利用 還元率0,5%=10,000ポイント(10,000円相当) 還元率1,0%=4,000ポイント(20,000円相当)

対象店舗で年間10万円利用ですと、セブンカード・プラスでは1,500円相当に対し、JCB EITカードも1,500円相当と同等です。

しかし、セブン&アイグループの対象店舗以外の利用だと、年間100万円利用として、セブンカード・プラスでは5,000円相当に対し、JCB EITカードは10,000円相当と2倍の還元率があります。

ネットショッピング利用

card
セブンカード・プラス
card
JCB EITカード
年間10万円利用 還元率1,0%=1,000ポイント(1,000円相当) 還元率1,5%=300ポイント(1,500円相当)
年間50万円利用 還元率1,0%=5,000ポイント(5,000円相当) 還元率1,5%=1,500ポイント(7,500円相当)
年間100万円利用 還元率1,0%=10,000ポイント(10,000円相当) 還元率1,5%=3,000ポイント(15,000円相当)
年間200万円利用 還元率1,0%=20,000ポイント(20,000円相当) 還元率1,5%=6,000ポイント(30,000円相当)

JCB EITカードの場合は、合計で1.5%の還元率になり、セブンカード・プラスの1.5倍です。

年間200万円利用となると、JCB EITカードでは年間30,000円相当のnanacoポイントが手に入るのです。

nanacoポイントは税金などが支払うこともできるので、JCB EITカードで支払えば支払うほど税金がお得になるということです。

ネットショッピングや通常利用、セブン-イレブンなどを利用する方はJCB EITカードでお得にポイントを貯めましょう。

JCB EITカードはポイント交換先が幅広い

セブン&アイグループのネットショッピング利用で1.5%の還元率でnanacoポイントを獲得できるJCB EITカードですが、ポイント還元率の他に大きなメリットがあります。

ストア還元率最大20倍

セブングループのネットショッピングでの利用時は+0,5%の還元率でしたが、OkiDokiランドにあるストアによっては最大10.5%ものポイントを獲得することができ、nanacoポイントへ交換することができます。

Amazon 楽天市場 ヤフーショッピング ベルメゾンネット ユニクロ
1.5% 1.5% 1.5% 1.5% 1.5%

ポイントの交換先

JCB EITカードで得られたポイントはJCBカード独自のOkiDokiポイントとして獲得することになります。

nanacoポイントに交換する際、1ポイント=1nanacoポイントなので1ポイントも無駄にすることなく交換できます。

また、nanacoポイントの他にdポイント・楽天スーパーポイント・ビックネットポイント(ビックカメラ)・JAL,ANAマイル、Tポイント、各種商品などに交換できます。

nanacoポイント以外の電子マネーを利用している方は、ポイント交換先を自由に選べるので、使いたい時に交換をしましょう。

JCB EITカードはnanacoポイントを効率よく貯められる!

JCB EITカードはnanacoポイントをお得に獲得できるクレジットカードですが、唯一イトーヨーカドーでまとめ買いをする方は、5%割引があるセブンカード・プラスをおすすめします。

それ以外のお店やネットショップを利用する方は、JCB EITカードの方がポイント還元率は高いです。

還元率の高いカードを使いたいと考えている方は、
JCB EITカードを迷わず選びましょう。

期間限定!nanacoポイント増量キャンペーン(2017年10月16日まで)
通常、Oki Dokiポイント1ポイントあたり5nanacoポイントとなるところ、6nanacoポイントに移行できるキャンペーンを実施中!
さらに、1回のお申し込みでOki Dokiポイントを1,000ポイント以上nanacoポイントへ移行された方には、1回のお申し込みを1口として、抽選で100名様に10,000nanacoポイントをプレゼント!

迷ったら
ココ!

JCB EITカードポイント還元率の高さで選ばれているカード

また、付帯保険が自動付帯で海外旅行に行く際も安心!無料カードとは思えないほどのサービス内容が魅力。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 10日前後
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
電子マネー
1% 最高2,000万円 - MasterCard
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ