起業・会社設立直後でも審査が通りやすい法人カード

起業・会社設立直後でも審査が通りやすい法人カード

法人カードは法人の方や個人事業主の方にとって、経費管理の簡略化や経費削減、キャッシュフローが良くなることなど様々なメリットがあります。 しかし、クレジットカードを利用するには、個人カードでも法人カードでも審査に通らなければいけません。


特に、会社設立直後や起業したての個人事業主の方は審査に不安がある方が圧倒的に多い傾向にあります。そんな方におすすめの 起業・会社設立直後でも審査が通りやすい法人カードを見ていきましょう。

設立したての新会社でも審査を通す方法

法人カードの審査は様々な情報を調べて見ると、審査の基準が難しいという内容をよく目にします。 それは、個人カードよりも審査項目が多く、個人ではなく法人を対象にしているから難しく見えてしまうのでしょう。
※個人事業主の方は申込者個人を対象にしています。


しかし、 審査の難易度で言えば個人カードよりも、法人カードのほうが柔軟なのです。

法人カードのほうが審査に柔軟な理由

一番の理由として挙げられるのは、法人カードは個人カードに比べ、月々の利用額が大きいことにあります。


クレジットカードを使ってくれれば使ってくれるほど、自社に入ってくる手数料が多くなるので、 必然的に法人カードは審査が柔軟になってしまうのです。


上記の理由から、法人カードの審査は、それほど難しくなく、 設立直後の会社起業したての個人事業主でも通ることがあります。

審査を通す最低限の3つのチェックリスト

また、法人カードの審査をする上で3つのチェックリストを覚えておきましょう。 少しでも審査の通過率を上げることができますし、設立間もない企業・個人事業主の方が信用度を上げるのに一番手っ取り早い方法です。

その1:ホームページをきちんと作る

会社の情報や社名、業務や実績などを記載することで「しっかりとビジネスを行っている会社」だと判断されるので信用度が上がります。 設立直後であればあるほど、代表者の設立経緯や実績などがあればより評価は高くなります。

その2:固定電話を用意する

カード会社にとっての一番の心配は、利用した金額を回収できないことにあります。 最近は、携帯電話の普及に伴い固定電話を持っていない方も多くなっています。 固定電話の導入は、その住所に会社があるという証明になるのでカード会社には安心感が生まれます。 固定電話があるだけで、審査の通過率は格段に上がるでしょう。

その3:必要書類は正確に記載する

法人カードに限らず個人カードの申し込みにも言えることですが、必要書類は正確に記載するのがポイントです。

例.住所記載

×→○○県××市△△ビル
◎→○○県××市△△ビル□□号室

上記のように詳細に記載することで、信用度が増します。

また、名前間違いや電話番号の間違いなど、今一度、提出書類の記載事項を確認しておきましょう。 記載ミスは審査が通らない原因の1つでもあります。

個人事業主の方と法人の方関わらず、3つのチェックリストからどれか1つでもクリアをしていれば、審査に落とされる確率が減るでしょう。

「法人カード」と一括りにされていますが、法人格を持つ会社が申し込める「法人カード」と個人事業主の方が持てる「法人カード(個人事業主の方向け)」の2種類があります。


個人事業主・法人向けカード比較

カード 年会費 還元率 発行目安

初年度無料
31,000円+消費税
0.5% 約3週間
初年度無料
(次年度1,250円 税別)
0.3〜0.5% 5営業日
1,250円
(税別)
0,5% 約2週間


アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは20歳以上の個人事業主、法人代表者が対象で設立初年度からでも利用できるので申し込みがし易く、おすすめです。

JCB法人カードと三井住友ビジネスカードは申し込みフォームでの違いはあるものの、カード名などに違いはありません。

設立3年以内の実績は審査に影響があるか?

法人カードを作る上で、多くの法人カードの情報サイトでは下記のような条件をよく目にします。


「会社設立から3年以上経過しているか?」
「黒字決算を2期以上出せているか?」



いわゆる設立3年以内の会社や赤字決済を出している会社は、審査を申し込んでも落ちてしまうように聞こえる文章です。


しかし、これは全くの間違いで、設立直後の会社でも赤字決算の会社でも法人カードを発行できます。


具体的な審査基準は公開されていませんが、クレジットカード会社は、「自社のカードを使ってくれる方」という点を重視しているので、個人よりも法人・個人事業主の方のほうが、決済額は多くなりますから自然と審査基準は柔軟になっています。


もちろん100%審査が通るというワケではありませんが、3年もカードを使わないのは勿体無いですから、最低限の審査のコツをクリアすれば審査に通るでしょう。

代表者個人のクレカ実績が最も重要

設立期間や決算額以上に重要とされているのが、個人事業主の方も法人の方も当てはまる下記の2点です。

その1:代表者個人のクレヒスなどの信用情報を含めた【総合判断】

代表者がどんな人物であるのか、過去に個人カードで滞納・延滞情報がなく、毎月しっかりと返済実績があるかといった個人での信用情報が見られます。 いわゆる クレジットカードヒストリー(クレジットカード利用実績、以下、クレヒス)が見られるのです。


個人事業主なら当然、個人名を記載しますし、法人カードを法人名義で申し込みをしたとしても、契約者は代表者の名義になるでしょう。

代表者個人が見られる3つのポイント

1,過去の延滞・滞納情報があるのか
2,クレジットカードの審査通過率
3,ブラックリストに載っていないか


上記の3点が見られ、滞納・延滞もなくしっかりとクレヒス実績がある方は気にすることはありません。

万が一、この3点に該当する方は、審査に影響が出る可能性がありますので、今一度、自身のクレジットカード利用を見直しましょう。

その2:カードが求めるステータスに見合った年収があるか?

クレジットカード会社、カード自体によって、見合った年収というものがあります。 年収によっては審査に通らないクレジットカードも出てくるとは思いますが、それは個人カードに限ったことで、 法人カードや個人事業主向けのカードは、気にする必要はないでしょう。


審査基準を比較!発行しやすい法人カード

法人向け・個人事業主の方向けの法人カードでもおすすめは、キャンペーンを行っている法人カードでしょう。


キャンペーンを行っているということは、法人カードの利用者を増やしたいという狙いがあるため、 審査が柔軟になっていることがあります。
現在、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは入会特典として年会費無料・ポイントプレゼントを行っています。


また、個人事業主向け・法人向けと明確に区分された法人カードは、カード選択の際に、利用者区分が分けられるため、審査に通りやすい傾向にあります。 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのネット申込の場合、個人事業主と法人格のある法人代表主の2つの項目から申込みを受け付けているためおすすめです。

  
年会費 初年度無料
31,000円+消費税
初年度無料次年度1,250円(税別) 1,250円(税別)
入会資格 20歳以上の個人事業主、法人代表者 法人代表者 法人代表者
支払い口座 個人名義・法人名義 法人名義 法人名義
利用枠 個別設定 30万円〜100万円 20万円〜100万円
キャッシング 個別設定 なし 海外キャッシュのみ0〜30万円
審査 非常に通りやすい やや難しい 難しい
おすすめポイント ステータス性があるうえ、設立初年度からでも申込可能です。
今なら初年度無料!ご利用で30,000ポイントプレゼント!
法人格の実績が必要です。固定電話あれば尚良いでしょう。 完全法人向けのため審査は厳しめでしょう。

迷ったらココ!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード


ビジネスで利用する際にステータス性があり、設立初年度から利用可能
なアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは 初年度年会費無料と入会から1年間に合計200万円(税込)以上のご利用でメンバーシップ・リワードのポイント30.000ボーナスポイントプレゼントを入会特典としています。

ビジネスでの大事な場面に利用するカードとしてアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ