準備資金がなくても、運転免許証だけで審査が通る法人カード

法人カード情報が記載されているサイトを見ても、どれがおすすめで審査が柔軟なのかまではわからないという方が多いでしょう。

一度審査に落ちてしまうと、申し込みから6ヶ月間以上は期間を空けないと次の審査にも影響が出てしまうのです。すぐにでも法人カードを利用したい方々にとっては審査落ちは非常に避けたい所です。

どんな審査書類が必要なのか、運転免許証だけで審査が通る法人カードがあるのか、資金繰りに対応しているのか、簡単に分かる解説を確認していきましょう。

一般的な法人カードは事業資金がないと審査に通りにくい理由

事業資金とは、事業を立ち上げたり事業を運営するために必要となる経費のことで、物件の費用や人件費、広告宣伝費、原材料の仕入れ費用などが挙げられます。

事業資金がないまたは少ないと判断された場合、一概には言えませんが下記のように判断されてしまうのです。

「経営規模が小さい」

「経営の継続性が乏しい」

また、設立・開業間もない法人・個人事業主の場合は、

「事業年数の短さから信用を得られない」

「事業の体力がないと立て替えた資金を回収できない」

と考えられてしまうのです。

必要書類が多かったり、会社履歴証明書の提出を求める法人カードはそういった申込者の情報を詳細に見ていることになります。

詳細な情報に少しでも懸念される事項があれば、結果的に審査に落ちてしまう可能性が高いと考えられます。

一度でも審査に落ちてしまえば、法人カードの信用情報を扱っている期間に「審査落ち」の情報が記載され、約6ヶ月間は他の法人カードに申し込んでも審査に落ちてしまうことが多いのです。

事業資金が少ない・足りないと感じている方は、むしろ融資制度を行っている法人カードに申し込むと良いでしょう。

融資制度を行っているということは、事業資金が少ない方を対象にしているため審査に通りやすいですし、金利の優遇制度が設けられていることもあります。

申込む前に確認「代表者個人のクレカ実績が最も重要な2つのポイント」

設立期間や事業資金以上に重要とされているのが、個人事業主の方も法人の方も当てはまる下記の2点です。

その1:代表者個人のクレヒスなどの信用情報を含めた【総合判断】

代表者がどんな人物であるのか、過去に個人カードで滞納・延滞情報がなく、毎月しっかりと返済実績があるかといった個人での信用情報が見られます。

いわゆるクレジットカードヒストリー(クレジットカード利用実績、以下、クレヒス)が見られるのです。

個人事業主なら当然、個人名を記載しますし、法人カードを法人名義で申し込みをしたとしても、契約者は代表者の名義になるでしょう。

代表者個人が見られる3つのポイント


  • 過去の延滞・滞納情報があるのか
  • クレジットカードの審査通過率
  • ブラックリストに載っていないか

上記の3点が見られ、滞納・延滞もなくしっかりとクレヒス実績がある方は気にすることはありません。

万が一、この3点に該当する方は、審査に影響が出る可能性がありますので、今一度、自身のクレジットカード利用を見直しましょう。

その2:カードが求めるステータスに見合った年収があるか?

クレジットカード会社、カード自体によって、見合った年収というものがあります。

年収によっては審査に通らないクレジットカードも出てくるとは思いますが、それは個人カードに限ったことで、法人カードや個人事業主向けのカードは、気にする必要はないでしょう。

審査基準を3種類の法人カードで徹底解説

法人カードの中で最もメジャーでステータスのある3種類のカードを比較して、審査基準や申し込みの流れを見ていきましょう。

  
本人確認書類 ・運転免許証または運転経歴証明書 ・パスポート
・在留カード/特別永住者証明書等
・マイナンバー(個人番号)カード ・住民票の写し
・各種健康保険証+現住所が確認できる書類(補完書類)
上記のうちいずれか一つ必須
補完書類 必要なし 必要なし 必須 必須
現在事項全部証明書
(登記簿謄本)
必要なし 必要なし 必須 必須
履歴事項全部証明書
(登記簿謄本)
必要なし 必要なし 必須 必須

必要書類が多いJCB法人カードと三井住友ビジネスカード

JCB法人カードは、法人企業のカードの場合、法人の本人確認書類と代表者の本人確認書類の2種類が必要になります。代表者の本人確認書類は、運転免許証などすぐにでも用意はできますが、「A4用紙に原寸大でコピーして同封・郵送」など指定が多いです。

また、法人の本人確認書類は、「法人の名称」「本店所在地」「事業内容」「代表者氏名」が記載された証明書を発行しなければいけません。法人の本人確認書類とは、「登記簿謄本」とも言います。

登記簿謄本は発行手数料がかかる

法人の本人確認書類である「登記簿謄本」は、最寄りの登記所などで発行しなければならず、コンピューターで管理されていない「登記簿謄本・抄本」は、会社等の本店または支店の所在地を管轄する登記所でのみ発行が可能です。


※法務局HP参照

手数料が600円と有料で、発行には時間もお金もかかってしまうのです。

また、法人の本人確認書類に記載された本店所在地と申込書に記載した所在地が異なる場合は、別途、「補完書類」も合わえて提出することを求められます。

申し込みに必要な書類は記載事項や書類の不備などがあると訂正された書類を再度、郵送しなければいけませんし、誤りが合った分、発行に遅れが生じてしまいます。

運転免許証だけで発行できるEX Gold for Biz(S/M)

JCB法人カードや三井住友ビジネスカードと違い、オリコ法人カードであるEX Gold for Biz(S/M)は必要書類が、法人向け・個人事業主向けと共に「本人確認書類1点」だけなのです。

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどで問題なく、「登記簿謄本」などは必要ありません。

煩わしい書類もなく申し込みから発行までスムーズに行うことができるでしょう。

いわゆる申し込み代表者である個人を審査の対象にしているので、個人の信用情報に滞納や延滞、ブラックリスト入りをしていなければ問題なく発行することができます。

またステータス性があり、特典が豊富なカードと言えばアメックスですが、 審査基準に規定がなく、設立初年度からでも気軽に利用できる法人カードが欲しい方は 法人カードを作るために必要な3つのポイントをまずはチェックしましょう。



運転免許証だけで発行できるオリコ法人カード「EX Gold for Biz(S/M)」

法人カードのおすすめは、法人向け・個人事業主向けと他のカードよりも明確に区分されたEX Gold for Biz(S/M)です。

明確に区分されているのにも関わらず、申し込みの際に必要な書類は、「本人確認書類1点」のみとなっており、審査がスムーズかつ柔軟に行われます。

他の法人カードの必要書類によくある、「登記簿謄本」を法務局などで発行しなくてよいということになります。

また、事業資金がなくても融資金利優遇制度というものを設けており、最高1000万円まで通常よりも2,0%ほど低金利で受けることができるので、急な出費や資金繰りにも役立ちます。個人事業主向けのEX Gold for Biz「S」だけの限定サービスですが、融資とまではいかない簡単なキャッシング制度最高100万円がついており、融資スピードの速さは業界随一です。

法人カードの発行から資金繰りまで柔軟に対応できるのはEX Gold for Biz(S/M)だけでしょう。

EX Gold for Biz iD×QUICPay〈S/M〉


  オリコEX Gold for Biz S オリコEX Gold for Biz M
年会費 初年度無料 (次年度2,000円 税別)
入会資格 個人事業主 法人代表者
支払い口座 個人名義(+屋号) 法人名義
利用枠 10万円〜300万円
キャッシング  1万円〜100万円の範囲内 なし
融資金利優遇制度 最高1000万円 実質年率4.0%〜16.0% 最高1000万円 実質年率7.2%〜13.2%

EX Gold for Biz(S/M) 1,000万円まで借入れをすることができます。さらに、国際ブランドがVISA/MasterCardと選択でき、MasterCardを選べばプラチナカードに付帯される「Taste of Premium」を利用することができるのでワンランク上の付帯サービスを堪能することができます。

ゴールドカードで年会費が2,000円(税抜)は非常にリーズナブルで、しかも初年度年会費は無料!

他社、他人の前にだしても決して恥ずかしくないステータスカードです。

EX Gold for Biz(S/M)は融資制度やキャッシング機能がついているので、設立直後や個人事業主の方を資金面でサポートすると見れますので、審査の柔軟さの観点で見ると、業界No.1です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ