ANAVISA ワイドゴールドカードの審査基準を徹底解説

マイルを最も効率良く貯められるコスパ最強のANAマイルカードをご存知でしょうか。

そのANAマイルカードは、ANA VISA ワイドゴールドなのですが、文字通りゴールドカードなので一般的なカードよりも審査基準が難しい印象があります。

しかし、 以前は30代しか申込みができなかった入会資格も、
現在は「20歳以上」と引き下げられ、審査が柔軟になっています。

審査基準の1つである年齢の引き下げによって、
申込者の幅も広がり申込む方も多くなるでしょう。

審査基準が柔軟になったからといって油断できないのが「ゴールドカード」です。
ANA VISA ワイドゴールドの審査に通るコツや基準を見ていきましょう。

審査基準はなぜ満20歳以上になって変更され柔軟になったのか

以前は満30歳以上でないと申し込めなかったANA VISA ワイドゴールドは
2016年の初旬に 「満20歳以上で、本人に安定継続収入のある方」
基準を10歳も下げてきたのです。


この理由として推測できるのが下記の3点になります。

そのno.1
30歳以上だと、他のゴールド・プラチナカードと比較されることや、
すでに利用しているクレジットカードがあり、切り替えにくい。

日本人の8割以上が持っているとされるクレジットカードは、初めに持ったクレジットカードを長く利用する傾向にあるようです。

また、30代、40代とステータスカードに手が届く年齢になった場合のカードの選択肢が増えたためでもあります。

そのno.2
マイルの貯まる高コスパカードとしての知名度がなかった。

ANAマイルの最高還元率1,71%を誇るANA VISA ワイドゴールドは、審査基準の高さゆえにあまり話題にならなかったと言えます。

また、ANA VISA 一般カードやANA VISA Suicaカードの持ちやすさや手軽さの方が当時は勝っていたと推測できます。

そのno.3
20代を取り囲むことでその後も継続的な利用をしてもらう。

これからクレジットカードを利用するであろう若年層に向けて、メインカードとして持ってもらうことで今後も継続的利用を促すためであると考えられます。

審査基準が引き下げになった今が申し込むチャンス!

審査基準の引き下げは、申込者の増加を促すものなので、非常に審査が柔軟になっていると考えられます。

また、ANA VISA ワイドゴールドは一度に大量のマイルを獲得できるキャンペーンも行っているため、すぐにでも海外旅行へ行けてしまいます。

ゴールドカードを申込みをする前に確認する3つのポイント


そのno.1
カードの多重発行をしていないか

一度に何枚ものクレジットカードを申し込んでしまうと、申込み情報が記録されてしまい、多重発行者とみなされてしまいます。

多重発行者とみなされると 「お金に困っている方」と判断され、カード会社はカード利用料金を回収できないのではないかと考えます。

その結果、カード発行を見送られてしまうので注意しましょう。
そのno.2
申込み記入欄に間違いや誤字がないか

申込み記入欄に記載した事項は、必ず再度確認を行ってください。
名前の漢字ミスや住所の抜け、電話番号の間違いなどがあると審査が通らないことがあります。今一度確認を行うことで、 審査の通過率が格段に上がります。
そのno.3
過去に延滞・滞納や未払いをしていないか

過去に延滞や滞納した経験があると、信用情報機関に記録され、クレジットカード自体の発行が難しくなります。また、未払いがある場合は、早急に支払いを行えば対応をしてくれるカード会社が多いでしょう。

ANA VISA ワイドゴールドの3つのメリット


そのno.1
ANAマイルがじゃぶじゃぶ貯まる

100円→1ポイント=1マイルを基本とする還元率1%と高還元の他、毎年、カードを持っているだけで20万円分のマイルが継続ボーナスとして2,000マイル貯まります。

ANA加盟店利用やEdyチャージ、独自のネットモール「ポイントUPモール」を利用することで最大1.71%の還元率になります。

前年度の利用額に応じて、 50万円ごとにボーナスポイントが貰えるのもメリットの1つです。

また、ANAカード系からマイルを貯める際、ANAマイル移行手数料と称し、6,000円(税抜)ほどの手数料を取られるANAカードが多く、手数料を支払わなければ還元率や移行率は0.5%になります。

  獲得ポイント ボーナスポイント・プレミアムポイント 移行手数料  
10マイルコース
1P=10マイル
1P= 3マイル 無料
カード名
プラチナプレミアムカード
15マイルコース
1P=15マイル
1P= 3マイル 無料  
10マイルコース
1P=10マイル
1P= 3マイル 年間6,000円(税抜)/年度ごと(4月1日〜翌年3月31日)
5マイルコース
1P=5マイル
1P= 3マイル 無料

しかし、ANA VISA ワイドゴールドは
ANAマイル移行率が無料で還元率が1.0%なのです。

そのno.2
ステータスゴールドカードなのに条件によって1万円未満で持てる

通常年会費が14,000円(税抜)でゴールドカードの中では、高めの設定がされていますが、カードの利用代金WEB明細書サービス利用+マイ・ペイすリボへの登録と年1回以上の利用で年会費を9,500円(税抜)まで下げる事ができます。

マイルの移行手数料などの観点を含めると、
ANA VISA ワイドゴールドと同種類カードであるANA VISA 一般カードと
維持費は1,000円〜2,000程度しか変わりません。

ANA VISA ワイドゴールドは1万円以下でゴールドカードが持てるステータスカードなのです。

そのno.3
海外旅行保険やラウンジなど付帯サービスが手厚い

海外・国内旅行保険が最高5,000万円付帯し、さらにANAカードならではの国内航空保険が最高5,000万円付帯しています。
国内の航空に対しても保険が適応されるのは珍しいサービスです。
また、利用航空会社の制限はありませんので、ANAでなくても問題ありません。
※海外への渡航は海外旅行保険に含まれています。

■ラウンジの無料利用

国内の主要空港にあるラウンジでカード提示をすることで無料利用する事ことができます。 ANAラウンジではありませんが、フリードリンクなどアメニティが豊富で出発までの時間をゆったりと過ごすことができます。

今ならキャンペーンで最大40,500マイル相当プレゼント!

  最大40,500マイル プレゼント
キャンペーンマイル
特典@ 新規入会でもれなく最大2,000マイル相当プレゼント!
特典A リボ払い利用でもれなく最大16,000マイル相当プレゼント!
特典B 家族カードへの入会・利用でもれなく最大5,000マイル相当プレゼント!
特典C 「iD」申し込み&利用で最大5,000マイル相当プレゼント!
特典D ANA銀聯カード入会キャンペーン最大5,000マイルプレゼント!
特典E 入会が済んだらANAウェブサイトから「ANA SKY WEB参加登録キャンペーン」エントリーで最大3,000マイルプレゼント!
特典F 搭乗+エントリーで最大2,000マイルプレゼント!
特典G ANAカードマイルプラス加盟店利用で最大3,000マイルプレゼント!

今なら、40,500マイル相当のマイルが手に入り、
40,000マイルを国際・国内航空券に東京発で換算すると、

・ソウル往復3回分
・北京、台北、香港往復2回分
・ロサンゼルス、シアトル往復1回分
・大阪や名古屋、仙台まで往復4回分
・沖縄まで往復3回分

などほぼ世界中のどこまでも無料で行けてしまうのでキャンペーン期間に申し込むことをおすすめします。

持っているだけでマイルが20万円分貯まるANAマイルカード

ANA VISA ワイドゴールドカードは、年会費14,000円(税抜)のゴールドカードでありながら、カードの利用代金WEB明細書サービス利用+マイ・ペイすリボへの登録と年1回以上の利用で9,500円(税抜)になり、1万円を切ります。

10マイルコース(1ポイント=10マイル)への移行手数料も無料で、還元率は1.0%を誇ります。

また、低価格で持ちやすいANA VISA 一般カードに比べ、年会費は1,000円前後しか変わりません。

ゴールドカードが持てて、付帯サービスの充実性や、継続ボーナスとして毎年20万円相当の2,000マイルがプレゼントされるので、持っているだけでお得なカードです。

迷ったらココ!


ANA VISAワイドゴールド


ANA VISA ワイドゴールドカードは、カードの利用代金WEB明細書サービス利用+マイ・ペイすリボへの登録と年1回以上の利用で年会費を9,500円(税抜)まで下げる事ができます。

10マイルコース(1ポイント=10マイル)への移行手数料も無料で、還元率は1.7%以上を誇り、業界でも話題の高還元マイルカードです。

継続ボーナスとしては 毎年20万円相当の2,000マイルがプレゼントされるので、持っているだけでお得なカードです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

人気コラム

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ