ヤマダANAマイレージクラブカードでボーナスポイントをもらう方法

クレジットカードを利用している方の多くは、クレジットカード決済で得たポイントを利用して、好きなものに交換したり、キャッシュバックに充てている方がほとんどだといえます。

しかし、ある一部のクレジットカードの機能を利用すれば「マイル」だけを貯めることができるクレジットカードも存在します。

そこで今回は家電量販店の利用が多く、マイルも貯めている方が愛用しているヤマダANAマイレージクラブカードを徹底調査しました。

ポイントとマイルの違いについて

クレジットカードを利用して買い物をする場合には、だいたいのクレジットカードでは自社または他社でも使えるポイントが加算されます。例えば三井住友VISAカードであれば1,000円→1ポイント、オリコカードザポイントであれば100円→1ポイントのように、クレジットカードによって貰えるポイント率が異なり、また、貰ったポイントについても楽天カードのように自社製品や自社グループでしか利用できないといった制限が付されているものもあります。

マイルとは「マイル」または「マイレージ」と呼ばれることが多く、これらは一律に航空会社との提携によってポイントが加算・利用できる仕組みになっているので、クレジットカードのポイントとは異なり、飛行機に乗る機会のある方向けのポイントプログラムになっているのです。

そこで家電量販店のヤマダとANA、そして国際ブランドのAmericanExpress、クレジット会社のセゾンの4社が合同して作ったのが「ヤマダANAマイレージクラブカード」で、ANAのマイレージ、ヤマダ電機のヤマダポイント、そしてセゾンの永久不滅ポインントがまとめて貯められるという4枚のカードが一緒になっているクレジットカードです。

ヤマダANAマイレージクラブカードの基本スペック

カードフェイス
ヤマダANAマイレージクラブカード
年会費 初年度無料 ※次年度から500円+税ですが、年1度以上のクレジットカード利用で年会費が無料に
入会資格 18歳以上(高校生は除く)の方で、クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座をお持ちの方 ※未成年の方は親権者(ご両親)の同意が必須
国際ブランド AmericanExpress
ポイントプログラム (セゾン永久不滅ポイントの場合) 1,000円→1ポイント ※海外の場合は1,000→2ポイント
ポイントの利用先 (セゾン永久不滅ポイントの場合) ・Amazonギフト券 ・JTB旅行券 ・nanacoポイント ・スターバックスカード ・UCギフトカード
ポイントプログラム (ヤマダポイント) ・200円→1ポイント ・100円→1ポイント ※ヤマダモールでの買い物の場合
ポイントプログラムの利用先 (ヤマダポイント) 1ポイント→1円として利用可能
ポイントプログラムANAマイル 搭乗区間による
ポイントプログラム(ANAマイル) 搭乗区間による

マイルについてもっと詳しく

マイル、またはマイレージという言葉は聞いたことがあるけれど、どう利用すればいいのか分からないという方も少なくはありません。簡単に言うと、航空会社のポイントプログラムのことで、各種色々なサービスやマイルでの利用方法を展開しています。しかし日本から発着する場合には、海外のマイレージを持ち歩いていても時間の制約を受けたり、便数が少なかったりして逆にストレスになってしまうことも有ります。そこで、日本の航空会社であるANAマイルを利用することで、便数のチェックを予めしなくてはいけない面倒や、国内線で国内間のマイルの利用をするときに利用しやすいという面からANAは日本人にとって利用しやすい航空会社だといえます。

しかし、マイレージの言葉だけに注目してしまい、マイルのみが貯まるクレジットカードに申し込んでしまうと、日々の生活でクレジットカードを持つ際に「案外使わない」といった問題が出てきてしまうことも有ります。

クレジットカードを持ちすぎる煩雑さ

おおよそポイントカードや会員カードは、1人あたりが20枚前後を持っていると言われており、20枚ものカードを財布に入れておくと財布がパンパンに膨らんでしまったり、カードケースに入れておいてもどこにカードをしまったか分からなくなってしまうことも少なくありません。そういった手間を少しでも解消するために、1枚のクレジットカードでポイントを貯めたりクレジット機能を持たせることによって財布やカードケースがぐちゃぐちゃになってしまうことを防ぐ効果もあります。

また、ヤマダANAマイレージクラブカードは現在春のボーナスマイルキャンペーンを行っているので、初めてヤマダANAマイレージクラブカードを利用する方にもお得なプログラムが付いているので、これを機会にクレジットカードの見直しをすることをお勧めします。

ANAマイレージクラブについて

ANAマイレージは、ANAの飛行機に搭乗すると貰えるポイントで、遠くへ行くほど=お金を出すほどポイントが貰える仕組みになっています。例えば、成田空港から関西空港へ行く場合には、搭乗ポイントとして400ポイントが貰えます。また海外へ行く場合には、日本からアメリカへ行く際にはマイルとして4775マイル×運賃倍率(渡航先によって異なります)の150%が付くので、7,162マイルが加算されることになるのです。

区間基本マイレージに対する積算率 積算対象運賃
150%
  • プレミアム運賃
  • プレミアム小児運賃
  • プレミアム身体障がい者割引運賃
125%
  • プレミアム特割
  • プレミアム旅割28
  • プレミアム株主優待割引運賃
  • プレミアム小児株主優待割引運賃
100%
  • 片道運賃※
  • 往復運賃
  • ビジネスきっぷ
  • 出張@割
  • ビジネスリピート
  • 小児運賃
  • 身体障がい者割引運賃
  • 介護割引
  • シャトル往復運賃
  • 各種アイきっぷ
  • プレミアム個人包括旅行割引運賃
  • 国際航空券(国内区間)など
75%
  • 特割1
  • 特割3
  • 旅割21
  • 旅割28
  • 旅割45
  • 旅割55
  • 旅割75
  • 特定便乗継割引
  • 乗継特割
  • 乗継旅割
  • 株主優待割引運賃
  • 小児株主優待割引運賃
  • いっしょにマイル割(同行者)など
50%
  • 個人包括旅行割引運賃
  • 包括旅行DP割引運賃
  • 訪日包括旅行DP割引運賃
  • DP限定旅行用特割運賃(包括旅行MDP割引)
  • スマートU25
  • スマートシニア空割
  • 旅割 Xなど

そして貯めたマイルは別の旅行に使ったり、シートをグレードアップしたりすることが出来るので、特に国内便、国際便を利用する方はお得に利用することが可能になっています。他にも、ANAだけが販売している商品にマイレージを充てることもできるので、日常使いのクレジットカードにプラスしてマイレージも貯めることが出来るというお得感があります。

ヤマダANAマイレージクラブカードのメリット

ヤマダANAマイレージクラブカードは、ヤマダANAマイレージクラブカードは、家電量販店のヤマダ、航空会社のANA、そして国際ブランドのAmericanExpress、クレジット会社のセゾンの4社がコラボレーションして作ったカードで、ANAのマイレージ、ヤマダ電機のヤマダポイント、そしてセゾンの永久不滅ポインントがまとめて貯められるという4枚のカードが一緒になっているクレジットカードです。

つまり、普通の買い物では期限のない永久不滅ポイントが貯まり、ヤマダ電機での買い物ではヤマダポイントが貯まり、旅行や出張で飛行機を利用する方はマイルが貯まり、そしてクレジットカードのAmericanExpressを利用して機能として世界中のあらゆる場所でクレジット機能を利用する、という4枚1役がこなせるクレジットカードだといえます。

通常の買い物では国際ブランドであるAmericanExpressを利用して永久不滅ポイントを貯めるために、敢えて現金ではなくクレジット決済を行い、今や必要不可欠ともいうべき家電の購入にはヤマダポイントを利用できます。そして、たまに旅行に行く際や、出張などで国内外を飛び回っている方であればこそマイレージが貯まりやすく、さらにその貯めたマイレージを使って安く、またはグレードアップしたシートで快適な空の旅が楽しめるヤマダANAマイレージクラブカードは、多くの場所で重宝出来るクレジットカードです。現在持っている方は、使い方の見直しをし、これからクレジットカードを持つ方はヤマダANAマイレージクラブカードを視野に入れてクレジットカード選びをして行きましょう。

カードフェイス
ヤマダANAマイレージクラブカード
年会費 初年度無料 ※次年度から500円+税ですが、年1度以上のクレジットカード利用で年会費が無料に
入会資格 18歳以上(高校生は除く)の方で、クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座をお持ちの方 ※未成年の方は親権者(ご両親)の同意が必須
国際ブランド AmericanExpress
ポイントプログラム (セゾン永久不滅ポイントの場合) 1,000円→1ポイント ※海外の場合は1,000→2ポイント
ポイントの利用先 (セゾン永久不滅ポイントの場合) ・Amazonギフト券 ・JTB旅行券 ・nanacoポイント ・スターバックスカード ・UCギフトカード
ポイントプログラム (ヤマダポイント) ・200円→1ポイント ・100円→1ポイント ※ヤマダモールでの買い物の場合
ポイントプログラムの利用先 (ヤマダポイント) 1ポイント→1円として利用可能
ポイントプログラムANAマイル 搭乗区間による
ポイントプログラム(ANAマイル) 搭乗区間による
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ