法人カードの審査に通過する条件とは?実績がなくても作れる人気法人カード3枚を紹介

法人カードを持つメリット

負担になりがちな経費管理を楽にしてくれたり、魅力的なサポート体制で海外・国内出張をアシストしてくれる等、ビジネスマンには欠かせないサービスが付帯されていることが多いです。

法人カードの審査について

最近はクレジットカード決済が可能になった経費項目が急増し、経理処理も楽になるなどのメリットが大きくなったため、法人クレジットカードは需要を伸ばしてきています。

ひとくちに法人カードと言ってもクレジットカード会社ごとにサービス内容が異なるため、付帯サービスや年会費等を考慮して自分に合った1枚を選びましょう。

クレジットカードが発行されるには必ず審査がいる

クレジットカードや法人カードは相当数存在しますが、そのいずれも審査を通過して初めて手にすることができます。審査に難易度の違いはあれど、審査なしを謳うクレジットカードはありません。

そこで、法人カードの審査を通過するにはどのような方法があるのかを見ていきます。

クレジットカードの審査も銀行融資の審査と基本は同じ



法人としてステータスがアップするクレジットカードを手に入れるにはどうしたらよいのでしょうか。

クレジットカード会社の立場になって、どのような人(法人)にクレジットカードを発行したくなるのか考えてみましょう。

クレジットカード会社の目線で考えてみる

クレジットカードを利用する場合、どのようなお金の流れになるのかを考えてみましょう。

(A)利用者がショッピングをする
このとき、クレジットカード会社が購入代金の立て替え払いします。

(B)利用者の口座からクレジットカードの代金を引き落とす
クレジットカード会社は、利用者に貸していた代金(お金)を回収します。

この期間(約1〜2ヵ月)、クレジットカード会社は、利用者にお金を貸(融資)していたことになります。

つまり、クレジットカード会社に「お金を貸してもかまわない」と判断してもらえればよいのですから、彼らが安心する情報や書類を提示すれば、審査に通り、法人カードを発行してもらえます。

ステータス性があり、特典が豊富なカードと言えばアメックスですが、 審査基準に規定がなく、設立初年度からでも気軽に利用できる法人カードが欲しい方は 法人カードを作るために必要な3つのポイントをまずはチェックしましょう。


法人カードの審査を通過するために確認すること

法人クレジットカードの審査に通るには、以下に挙げる3つの基本ポイントをクリアしていることが大切です。

<審査のポイント1 事業体の実在性>

クレジットカード会社はまず、申請者が実在する法人(事業体)であることを確認します。

昨今、怪しいネット通販業者や法人を装った事業体、詐欺取引等にクレジットカードが利用される事件が急増しているため、実在性を厳しく確認しているようです。

no.1
必要書類に不備がないかを確認
no.2
事業を行う施設が実在していることを証明

<審査のポイント2 事業体の経営状況>

法人の実在が確認されても、それだけでは審査は通りません。

クレジットカード会社は、あなたの法人に融資をするわけですから、確実に返済する能力があるのかの審査が行われます。

no.1
黒字の決算報告が行われているか
no.2
取引先や年間売上予測が明確であるか
no.3
法人カードの引き落としが可能な「生きた口座」を持っているか
no.4
取引先や年間売上予測が明確であるか

<審査のポイント3 具体的な法人カードの利用プラン>

法人カードの利用目的と毎月の利用金額(の予測)です。

最近急増しているクレジットカードの不正利用被害を防ぐ目的などから、どのような経費の支払いに法人カードを利用したいのかをヒアリングされることもあるようなので、具体的な利用目的等を考えておくことも重要です。

no.1
利用目的を明確にしておく
no.2
毎月の利用金額を想定しておく

申込者の信用情報を元に審査される法人カードもある


事業体代表者(経営者)の状況

法人クレジットカードの審査となると事業体の経営状況のみを対象にしていると思う人が多いようですが、実は法人カードを申し込む代表者の状況も審査の重要な要素になります。

その法人カードの審査に重要な代表者の情報は、主に以下の内容が考えられます。

no.1
法人設立前の代表者の職業と勤続年数
no.2
代表者の生活状況
no.3
代表者の金融取引状況

中には、上記したような代表者の個人信用情報に重きをおいて審査する法人カードもあります。

実績がなくても作れる法人カードランキング


人気が高い法人クレジットカードを調査し、審査の通過難易度でランキングにいたしました。特に、個人の信用情報を元に審査をする法人カードは、開業したばかりの方でも通過しやすいので要チェックです。

1位,アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード


年会費 12,000円+税
(初年度無料)
利用限度額 一律の制限なし
ステータス

大きな特徴として、利用限度額に一律の制限がありません。それぞれが審査によって適正の限度額を与えられるため、枠にとらわれない柔軟な使い方が可能です。

起業に寛容なアメリカ社会の流れを受け、個人の信用情報を元に審査を行うため、設立して間もない法人でも審査が通りやすいクレジットカードです。

2位,JCB法人カード


年会費 1,250円+税
(初年度無料)
利用限度額 10万円〜100万円
ステータス

こちらは人気のOkidokiポイントプログラムを、法人カードの中では高いポイント還元率(0.5%)で利用できます。

審査は厳し目と言われていますが、実際は年収や経営状況を入力する必要がないので設立初年度であっても通過が可能です。

3位,三井住友ビジネスカード for owners


年会費 1,250円+税
(初年度無料)
利用限度額 原則10万円〜150万円
ステータス

三井住友ビジネスカード for ownersは、法人カードの中でも審査落ちしやすいと言われていますが、しっかりと審査の準備をしておけばそれほど難易度は高くありません。

長い歴史があり銀行系ということから、国内ではかなり高い認知度を誇っている1枚です。

3枚の法人カードを比較

カードフェイス 年会費 ポイント
還元率
旅行保険 付帯サービス
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
12,000円+税
(初年度無料)
1.0% 国内旅行傷害保険:最高5,000万

海外旅行傷害保険:最高5,000万
オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション
ショッピング・プロテクション
ビジネス・セービング
ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」
空港ラウンジ
JCB法人カード
JCB法人カード
1,250円+税
(初年度無料)
0.5% 海外旅行障害保険:最高3,000万円

国内旅行障害保険:最高3,000万円
福利厚生倶楽部
じゃらんnetホテル予約
三井住友ビジネスカード for owners
三井住友ビジネスカード for owners
1,250円+税
(初年度無料)
0.5% 海外旅行傷害保険:最高2,000万円

国内旅行障害保険:なし
ショッピング保険:年間100万円まで(海外のみ)

三井住友ビジネスカード for ownersとJCB法人カードは年会費を抑えながら基本のポイント還元率が高く、ある程度のサービスをカバーしてくれています。

アメックス・ビジネスは、旅行保険だけでなくビジネスに必要なサービスを取り揃えており、ステータスもあるため安心の1枚となっています。

法人カードの審査に自信がないならまずはアメックスビジネス


アメックスビジネスは法人カードとしての魅力が満載

アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・カード(以下アメックスビジネス)は、個人の信用情報を元に審査を行うので、起業直後の方でも発行されやすくなっています。

アメックスならではの魅力的な旅行保険や各種プロテクション、マイル還元プログラム等が法人クレジットカードで使えます。

年会費は12,000円+税ですが、付帯サービスは一般的なゴールドカード級であり、年会費以上の価値をもたらしてくれる1枚となっています。
※法人カードの年会費は経費で落とせるため、それほど気にする必要はありません

個人事業主/フリーランスの方にもおすすめ!
様々な業務を自分一人で行わければならない場合、経理にかかる手間などはなるべく省きたいところ。
アメックスビジネスは【ビジネス・コンサルティング・サービス】や【過去の利用明細をCSVでダウンロード可能】など、利便性の高いサービスが付帯されています。

まずは
これ!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
AMEX
  • コスト管理の一元化、経営・税務処理の資料や分析に役立つ
  • 出張に関するサービスが充実!
  • ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」

入会特典で初年度の年会費が無料!

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
  初年度無料
12,000円+消費税
12,000円+消費税 無料 約3週間
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5% 最高1億円 最高5000万円 年間最高500万円 個別設定
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

  • コスト管理の一元化、経営・税務処理の資料や分析に役立つ
  • 出張に関するサービスが充実!
  • ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」

ビジネスチャンスを広げる法人カード アメックスビジネスゴールドは通常のアメックスビジネスに付帯しているサービスに加えて、帝国ホテルのアメックスビジネス会員専用ラウンジの利用権や、会食・接待の予約をコンシェルジュに検索から予約代行まで行ってもらえることも可能になります。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
  初年度無料
31,000円+消費税
31,000円+消費税 無料 約3週間
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5% 最高1億円 最高5000万円 年間最高500万円 個別設定
カードの詳細はこちら カードのお申込はこちら

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ