職業・専業主婦でも作りやすいクレジットカード3選!

クレジットカードに申し込む際には、申し込みを行えば必ずしも発行されるというものではなく、クレジットカードで買い物をした代金をきちんと払えるかどうかの審査が行われます。

クレジットカードの審査の内容は公表されていないため、それぞれの会社によって多少基準は異なってはいますが、きちんとカードの決済代金を支払えるかということがポイントである以上、おおまかな内容は同じであり、収入や家族形態、住居形態などを総合的に数値化(スコアリング)して、その結果によって合否が決まる仕組みになっています。

クレジットカードの資格審査のポイント

クレジットカードの審査に受かるための基本的なポイントは、3Cと呼ばれる能力(Capacity)、資産(Capital)、人間性(Character)の3要素で構成されています。

(1)能力=Capacity

クレジットカードの審査におけるもっとも重要な要素だと言えるポイントで、職業、雇用先、勤務形態、収入などがこれにあたります。申し込み者にどのくらいの収入があり、どれくらいの金額であれば毎月支払いが出来るのかがチェックされます。

(2)資産=Capital

住まいは持ち家なのか賃貸なのかがチェックされ、最もスコアが高いのが持ち家や実家住まいの方です。賃貸住宅であっても長い間そこに住んでいるということは、トラブルがなくきちんと家賃を納めているという証明になるので有利になりますが、転勤ではなく短期間で転居をよくしている方は何らかのトラブルがあると思われる場合があるので注意が必要です。

(3)人間性=Character

これまでのクレジットカードの利用状況、携帯電話料金の支払い状況、ローンの有無や支払い状況がチェックされます。これらの情報は信用情報機関と言うところで最長5年分が保管されているため、5年以内に滞納や未納などがあった場合には審査落ちしてしまう可能性が高まります。

クレジットカードは顧客とクレジットカード会社の信用に基づいて発行されるものなので、どの要素も大切で欠かすことが出来ません。このことから主婦ではクレジットカードが持てないのではないかと思っている方も少なくありませんが、主婦であっても申し込みの出来るクレジットカードも存在します。

主婦でもクレジットカードは持てる?

まず気になるクレジットカードがある場合にはまずHPなどで入会前に「申し込み資格」という欄をチェックしてみる必要があります。申し込み資格とは、申し込めるかどうかを事前にチェックするもので、内容が公表されていない審査とは違いはっきりと条件が記載されています。

申し込み資格の条件に合致していない場合には、審査の事前段階で入会を断られてしまうので、申し込み資格のチェックはとても大切ですし、主婦の方であればあらかじめ専業主婦でも申し込むことが出来るクレジットカードを選択することで審査のクリア率が高くなります。

主婦の方の審査とは

主婦であってもクレジットカードを持つことは可能ですが、収入の有無によって審査の際の扱いが異なります。もしもパートやアルバイトなどで多少の収入がある主婦であれば個人の収入が審査の対象となりますが、本人に収入がない専業主婦である場合には配偶者の方の収入や経済状況、勤務先、勤続年数、居住形態なども審査の対象となります。

ただし近年、主婦向けのクレジットカードの中には専業主婦であっても配偶者の方の情報を記入しなくても申し込むことができるクレジットカードも増えてきています。

おすすめのクレジットカード

希望するクレジットカードが専業主婦では申し込めない場合や、ご自身の審査に不安があるという方は配偶者のクレジットカードから枝分かれして発行することが出来る家族カードを申し込むこともできますが、クレジットカードを自分自身で持ちたいという方は主婦向けのクレジットカードを選んで申し込むようにしましょう。

イオンカード


カードフェイス
申し込み資格 18歳以上で電話連絡可能な方
※高校生不可
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
年会費 無料
ポイント 「ときめきポイント」
200円→1ポイント
ETCカード 無料
特長 ・毎月10日「ときめきWポイントデー」ポイント2倍
・毎月20日、30日「お客様感謝デー」5%OFF
・イオン利用でいつでもポイント2倍
・イオンiD

エポスカード


カードフェイス
申し込み資格 満18歳以上の方
※高校生不可
国際ブランド VISA
年会費 無料
ポイント 「エポスポイント」
200円→1ポイント
ETCカード 無料
特長 ・マルイでの店頭受け取り可
・海外旅行保険最大500万円自動付帯
・ポイントの交換先が広い
・+500円で70種類以上のデザインカードに

TOKYUカード


カードフェイス
申し込み資格 20歳以上で安定した収入のある方、またはその配偶者の方で、登録の自宅と勤務先に電話連絡が可能な方
国際ブランド VISA・MasterCard
年会費 1,000円+税
※初年度年会費無料
ポイント 「TOKYU POINT」
200円→1ポイント
ETCカード 無料
特長 ・東急グループ加盟店では最大ポイント10%
・JALグループやホテル利用でマイルが貯まる

イオンカード、エポスカード、TOKYUカードはそれぞれ専業主婦の方でも申し込むことが出来るクレジットカードです、かつポイント率も同様のものですが、それぞれサービスや特長が異なるため実際の使い方をシミュレーションしながらクレジットカード選びをする必要があります。

イオンカードがおすすめの方

イオンは全国に400店舗以上ある総合スーパーマーケットで、中には映画館やショッピングモールと併設されているものもあります。

イオンでの日用品や食料品の買い物が多いという方は、お客様感謝デーやときめきWポイントデーなどの各種キャンペーンを利用することでポイントの貯まり方がアップするので、日常使い用のクレジットカードを持ちたい方はイオンカードをチェックしてみましょう。

またイオンカードはNTTドコモのおサイフケータイサービスと提携しており、あらかじめイオンカードを登録しておくと事前のチャージをすることなく買い物をすることが可能なので、支払いがスピーディーに済むというメリットもあります。

エポスカードがおすすめの方

エポスカードは買い物や海外旅行など娯楽に使える機能が充実しているカードで、年会費が無料にもかかわらずエポスカードを持っているだけで海外旅行の保険が付帯しており、海外旅行の際に万が一障害・死亡などの損害を被った場合には最大500万円の補償が受けられます。

また一般的にクレジットカードのデザインは多くても数種類程度ですが、エポスカードは追加で500円を支払うことでキャラクターカードなどのデザインカードを選ぶことも可能なので、クレジットカードの券面もこだわっておしゃれを楽しみたい方にもおすすめです。

さらにエポスカードはネット申込み後などでマルイの店頭で受け取ることもできるので、クレジットカードを自宅に送られるのは抵抗があるという方にも向いているクレジットカードです。

TOKYUカードがおすすめの方

TOKYUカードは3種類のカードの中で唯一年会費が掛かり、かつ専業主婦であれば配偶者の収入の証明をする必要があるクレジットカードですが、東急百貨店を良く利用するという方であれば、年間の買い物額に応じて10万円未満だと3%、10〜50万円未満だと5%、50〜100万円未満だと7%、100万円以上だと10%というように翌年度のポイント率がアップするのでポイントを沢山貯めるチャンスでもあります。

またポイントは東急グループでの利用だけではなく、首都圏を中心とした鉄道やバスで利用できるPASMOにチャージすることもできるほか、JALグループの航空会社や、国内・海外のJMB提携ホテル、レンタカーなどの利用でJALマイルが貯まり、さらに貯まったマイルやTOKYUポイントは互換することも可能なので、マイラーの方でも使いやすいクレジットカードです。

クレジットカードは短期間での入退会を繰り返していると、信用情報機関に記録が残ってしまうことも有り1度入会したら出来るだけ長く付き合っていきたいものなので、ポイント率や入会特典などだけで安易に入会するのではなく、自身のライフスタイルやクレジットカードの使い方、ポイントの使い道についてもしっかり考えて選んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ