10万円利用で1,000円キャッシュバックの最大還元率0.5%のカード

クレジットカードを選ぶ際にポイントや還元率をチェックすることはクレジットカードを活用する上でとても大切なポイントです。クレジットカードには1,000円→1ポイント=ポイント率0.1%のもの、200円→1ポイント=ポイント率0.5%、100円→1ポイント=1%などのポイント率があります。

例えば同じ10,000円を使ったとしても、1,000円→1ポイントのクレジットカードであれば10ポイントしか付きませんが、100円→1ポイントのクレジットカードであれば100ポイントが貯まるので、単純に計算をするとポイントの貯まり方は10倍変わるということになります。

しかし「ポイント率=還元率」とは限らず、1,000円→1ポイントのポイントプログラムであっても、獲得した1ポイントが10円の価値があるものと、100円→1ポイントのポイントプラグラムでも1ポイントは1円の価値があるものでは、ポイントの価値を比べた場合には同じポイント還元率と言うことになります。

ポイント率と還元率について

ポイント率とはポイントの獲得率のことで、還元率とはポイントを実際のお金の価値にした場合の率をいい、ポイント還元率={(還元金額)÷(カード利用金額)}×100で計算します。

ポイント率と還元率をつい混同してしまいがちなのですが、せっかく100円→1ポイント=ポイント率1%のクレジットカードを持っていたとしても、その還元率が低い場合にはポイントは沢山貯まったとしても商品やギフトカード、他のポイントなどに交換する場合には思ったほど恩恵が受けられないということも有ります。

またポイントの交換先によってポイントの還元率が異なることも多く、単純に最大ポイント率だけを見て居ると実際にポイントを交換する際にポイントの交換レートが思ったよりも低いという状況になってしまうことも有るため、ポイント率だけではなく還元率についてもチェックして申し込むことが重要になります。

ポイント率と還元率の比較

ポイント率と還元率について、三井住友VISAデビュープラスカード、p-oneWizカードの2種類を比較して還元率がどのように違うのかをチェックしていきましょう。

ポイント率・還元率の比較


三井住友VISAクラシックカード p-oneWizカード
カードフェイス
ポイントプログラム ワールドプレゼント ポケット・ポイント
ポイント率 1,000円→1ポイント 1,000円→1ポイント
→0.1% 0.001

300,000円利用した場合
獲得可能ポイント 300ポイント 300ポイント
キャッシュバックした場合 ・1ポイント=3円 ・300ポイント=900円
→900円 →900円
→1ポイントあたり3円 →1ポイントあたり3円
→還元率0.3% →還元率0.3%
Tポイントに交換した場合 ・200ポイント=900円 ・100ポイント=500円
→1350円 →1,500円
→1ポイントあたり4.5円 →1ポイントあたり5円
→還元率0.45% →還元率0.5%

三井住友VISAクラシックカードとp-oneWizカードはどちらも1,000円につき1ポイントが獲得できるクレジットカードで、それぞれ30万円を使った場合の獲得可能ポイントは300ポイントです。また獲得したポイントをクレジットカードの利用代金に充当できるキャッシュバックに交換した場合にも、どちらも1ポイントあたり3円なので還元率は同じ0.3%でした。

しかし獲得したポイントをTポイントに交換した場合には、三井住友VISAクラシックカードでは1ポイントあたりの価値が4.5円(還元率0.45%)だったのに対して、p-oneWizカードは1ポイントあたりの価値が5円(還元率0.5%)となっているので、同じ金額をクレジット決済したとしてもポイントをTポイントに交換したいという方はp-oneWizカードの方がお得に利用できるのです。

特典がいっぱいのp-oneWizカード

p-oneWizカードは貯めたポイントをTポイントへ交換する際にお得になるだけではなく、利用者にとってお得に利用できるサービスが沢山あります。

p-oneWizカードの基本スペック


カードフェイス
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
年会費 無料
家族カード 無料
申し込み資格 18歳以上の方(高校生の方は除く)で、ご自宅に電話連絡可能で、なおかつ安定した収入のある方、またはその配偶者
ポイント 10,000円→1ポイント
ポイント交換先 ・Tポイント
・ファミリーマート買い物券
・Amazonギフト券
・VJAギフトカード
・キャッシュバック
・キャッシュバック
・ファミリーマートお買い物券

p-oneWizカードの特長

自動1%OFFになる

クレジットカードのショッピング請求時に、請求金額から自動で1%OFFになり、クレジットカードのポイントが1,000円で1ポイントが受け取れるダブルポイントプログラムになっています。

多くのクレジットカードは公共料金などの支払い口座を設定することは可能ですが、支払金額に応じてポイントの付与が受けられるものの、p-oneWizカードのカードであれば公共料金や買い物代金を支払ったものに対してもクレジットカードの引き落とし代金から1%が割引になるので、通常であれば割引の効かない公共料金などについてもお得に支払いをすることが出来ます。

またポイントの交換だけではなく自動1%OFFでの割引をキャッシュバックとしてみなした場合には、ポイントを貯めてキャッシュバックした場合の300ポイント=900円だけではなく常に1%のキャッシュバックが受けられるということになるので、キャッシュバック率も格段に上がりよりお得感の増すクレジットカードだと言えます。

Tポイントへの交換がお得

Tポイントが貯まる代表格の「ファミマTポイントカード」であっても200円→1ポイントとなっており、貯まったTポイントは1ポイント→1円として利用することが出来ますが、Tポイントのみに特化して利用するという方にとっては還元率も高く魅力的なクレジットカードだと言えます。

しかし、p-oneWizカードのようにキャッシュバックやファミリーマートお買い物券、Amazonギフト券、VJAギフトカードなどに交換したいという方であれば交換先が広がるのでユーザーに合わせたポイント交換先が選べるのも嬉しいポイントです。

p-oneWizカードの注意点

p-oneWizカードは特に手続きをしていない場合には、毎月最低限度の支払金額が設定されてはいますが、前月の支払い状況に応じて、月々の最小お支払金額が設定されるショッピングリボ払いカードとなっています。

リボ払いカードと言えば、毎月一定額が支払われるためなかなか元本が返済されにくくいつまでも代金を支払うことになってしまうというイメージを持ちがちですが、p-oneWizカードは支払いの上限額についてもあとから毎月の支払金額の上限を上げることが出来るので、リボ払いにしたくないという方はあらかじめ一括支払いを選択しておきリボ払いにならないように設定することが出来ます。

ただし注意しておきたいのは、多くのクレジットカードのように分割払いやボーナス払いには対応をしていないので、リボ払いまたは一括での返済のみで支払いをすることになり、シンプルにクレジットカードを使いたい方に向いていますが、分割払いやボーナス払いの選択肢を残しておきたい方は他のクレジットカードを検討してみる必要があります、

p-oneWizカードは常に1%のキャッシュバック・割引が得られ、さらにカードホルダーによって支払の方法が選択でき、共通ポイントへの交換レートも高いというメリットが沢山あるクレジットカードです。とくに日常使いで1%でもお得に賢くクレジットカード機能を利用したいという方はp-oneWizカードチェックしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ