FX口座から出金OKのマネパカードの賢い6つの使い方

海外旅行へ行く際に、現地の通過にあらかじめ両替をしておいて買い物をするというのは、為替交換手数料がかかってしまいますし、あまり良いやり方ではありません。

また日本と比較して海外は犯罪率も高く、日本人やアジア圏の観光客相手に、海外であれば日本人の観光客=現金を沢山持っていると思われてしまい、ひったくりや強盗などに遭ってしまい、犯罪に巻き込まれ多くあるのです。

そこで犯罪抑止力の1つとして多額の現金を持たない方法の強い味方になってくれるのがクレジットカードなどのカード類で、財布やカバンの奥底などにしまっておくことによって犯罪を防止することが出来ます。

またクレジットカードの中には海外旅行に特化したカードがあり、両替などの手間が掛からずに現地通貨を引き出せるうえ、FXというものと組み合わせて各地の通過のお金の価値の変動によってお得に買い物が出来るシステムがあるのです。

そもそもFXとはなに?

FXとは外国のお金を取引することで(margin Foreign eXchange trading)の略し、外国の通貨を売買することで、このお金の価値は日異なっているのです。

FXの例

日本円の価値
 
120円で買い→ 1,000ドル分購入する
100円で売← 1,000ドル分売り払う
差額 30円 絵易30,000円儲け

例えば、海外に行くときに日本円を米ドルに両替したとして、為替レートが「1ドル=120円」とすると、1,000ドルを得るためには120万円必要です。そして日本に帰国したとき、手元の1,000ドルを日本円に戻します。そのときの為替レートが「1ドル=100円」なら、1,000ドルが10万円になります。こういった為替の変化を利用して売買をすることをFXトレーダーと呼んでいます。

ただしFXも必ずしも設けられる訳では無く、簡単に手を出してしまうと、買い物をした金額よりもお「損をする=元本割れ」してしまうため、FXを利用するときにはしっかりと気を付けてから買い物をして行きましょう。

FXの例

日本円の価値
 
100円で買い→ 1,000ドル分購入する
800円で売← 1,000ドル分売り払う
差額 -20円 絵易-2,000円儲け

FXを利用できるカードとは?

FXはあまり知識が無いから損をしてしまわないか不安に感じる方も多いのですが、決してFXの売買をするという訳では無く、FXというレートを利用してよりお得に買い物をしようと言うのがマネパカードなのです。

マネパカードのスペック

カードフェイス
年会費 無料
国際ブランド MasterCard

マネパカードの使い方1「プリペイド式」

マネパカードは一般的なクレジットカードとは異なり、さきにお金を入金しておく「チャージ式プリペイドカード」になっています。クレジットカードを利用すると、思った以上出費がかさんでしまい、いくら使ったかもわからなくなってしまう危険性があります、しかしマネパカードはチャージした範囲内でしか利用できないので、クレジットカードの心配がありません、

マネパカードの使い方2「手数料は実質半額」

クレジットカードの中には、海外での利用ではポイントが2倍などとうたっているものありますが、じつは海外でクレジットカードを使ってショッピングをすると、「為替手数料」「海外事務手数料」「チャージ手数料」、「ショッピング手数料」などの名目で手数料が発生してしまい、平均的に1.6%程度が取られることになっています。

マネパカードで10万円のショッピングをした場合

一般的なクレジットカード
マネパカード
100,000万円 100,000円
手数料 手数料
100,000円×1.6%→1,600円 790円
=10,1600円  

しかしマネパカードであればこの事務手数料などが実質半額になるので、海外で利用するには売って付けのアイテムなのです。

マネパカードの使い方3「為替を使う」

為替を使うと言うと難しく聞こえてしまうかもしれませんが、日本円でもアメリカドル、ユーロであってでも日々その価値は変動しています。だからこそ低額のうちにマネパカードにチャージをしておくことで、海外旅行へ行った際に賢く買い物をすることが出来るのです。

為替を利用した買い物方法

1ドル=100円の時
1,000ドル
100,000円のプリペイド
買い物の時↓
1ドル=120円の時   1,000ドル=120,000円分

勿論逆も然りなので、1ドルを120円で購入してしまい、海外旅行の時には1ドルは100円の価値になってしまっていることも有るので、元本割れには細心の注意が必要ですが、マネパカードを使う場合には手数料の割引などの嬉しい特典が付いているので、しっかりと為替をチェックしてからチャージしていきましょう。

マネパカードの使い方4「FXの取引」

マネパカードはFXの取引でもサービスを行っており、通常時からキャッシュバックを行ってはいますが、現在ネパカードでは最大で100%のキャッシュバックが受けられるという利点があります。

マネパカードのキャッシュバック


基本の還元率
キャンペーン適用中の還元率※
マネパカードをお持ちのお客様 1.0% 1.5%
FX口座をお持ちのお客様 1.7%
月間のFX取引量が1万以上10万未満のお客様 1.8%
月間のFX取引量が10万以上1000万未満のお客様 2.0%
月間のFX取引量が1000万以上1億未満のお客様 3.0%
月間のFX取引量が1億以上3億未満のお客様 6.0%
月間のFX取引量が3億以上5億未満のお客様 15.0%
月間のFX取引量が5億以上10億未満のお客様 30.0%
月間のFX取引量が10億以上15億未満のお客様 60.0%
月間のFX取引量が15億以上20億未満のお客様 80.0%
月間のFX取引量が20億以上のお客様 100.0%

(出典:https://card.manepa.jp/about/domestic_prepaidcard.html)

マネパカードの使い方5「カード発行までの速さ」

クレジットカードでは申し込みを行い、さらに審査を経てから持つことが出来るクレジットカードですが、マネパカードはクレジットカードではなくプリペイドカードなので、インターネット経由最短5分程度で申込むことができます。

マネパカードの使い方6「大きな買い物にも」

クレジットカードには上限額というものが設定されており、その金額を超えて利用することはできないため、そこ限度額を超えた利用をすることは不可能です。しかしマネパカードはプリペイド式で、かつ先に入金をしておくットで実質制限で買い物をすることが可能なのです。

マネパカードの使い方6

「マルチカレンシー」というとなかなか聞く機会が居ないのですが、マルチカレンシーとはあらかじめアメリカドルでマネパカードに入金をしておけば、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル米ドルの地域で換金することなくクレジットカード利用が出来ます。

マルイチカレンシーを利用できえる地域の一覧

米ドル アメリカ合衆国/イギリス領インド洋地域/イギリス領ヴァージン諸島/エクアドル/エルサルバドル/タークス・カイコス諸島/パナマ/バミューダ諸島/パラオ/東ティモール/マーシャル諸島/ミクロネシア連邦
ユーロ オーストリア/ベルギー/キプロス※/エストニア/フィンランド/フランス※/ドイツ※/ギリシャ/アイルランド/イタリア※/ルクセンブルク/マルタ/オランダ※/ポルトガル/スロバキア/スロベニア/スペイン/ラトビア/リトアニア
英ポンド イギリス
豪ドル オーストラリア/キリバス/ナウル/ツバル
香港ドル 香港

(出典:https://card.manepa.jp/about/currency.html)

お勧めしたい方のクレジットカード

接待など

近年、海外にも取引先を開拓している方で、複数の国にまたがる長期の滞在や取引先の接待、商品サンプルの購入など、海外で外貨を利用することが増えてきています。マネパカードであれば、急な出張などクレジットカードのようにで行くのが億劫になってしまうので、余裕を持って対応できますし、チャージすることで上限額を気にする必要がなくなります。

海外出張へ行く方

海外出張が多いビジネスマンの方は、ホテルの手配や食事、接待、観光などによって海外ではけっこうな金額を利用することがたびたびあり、自身のクレジットカードだけでは対応できないケースにまずかしい場合があります。でもマネパカードなら、あらかじめ入金しておけば出費のコストを抑えられるだけではなく、クレジットカードのよってどのようにようにお金を使ったのか、が明確化されるので経理処理が楽になります。

海外で買い物をするか肩

現在インターネットでの会社も普及しており、日本での買い物であれば問題は無いのですが、海外サイトでドルやユーロで購入することがクレジットカードを利用すると購入した時には日本円での正確な価格がわからないのです。しかしマネパカードは海外のインターネットサイトの利用が利用でき、前もって両替ができるので、為替を固定することができます。個人で輸入される方やビジネスで仕入れを行う方にもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ