発行手続きが簡単な、ネット銀行のデビットカードとクレジットカードを比較

どうしても旅行や出張などでクレジットカードが必要になることがありますが、クレジットカードは入会の申し込みから審査を経て、審査に通過すると手元に届く仕組みになっており、申し込みから実際に手にカードが届くまでに3週間前後かかってしまうデメリットがあります。

急な旅行、急な出張でとにかくクレジットカードをすぐに持ちたいという方は「即日発行」のできるクレジットカードを持つ必要があります。

どうしてもクレジットカードが間に合わない、審査を待っている間が苦手という方は別の支払方法としてデビットカードを利用するという方法もあります。デビットカードは銀行が直接発行しているカードで、クレジットカードのように利用することが出来ながらも、クレジットカードを持つのに抵抗があるという方や、クレジットカードの審査に受からなかった方、支払いをする時に口座から瞬時に引き落としがされるのでシンプルに利用したい方に向いています、

デビットカードのメリット・デメリット

メリット1「即時決済」

デビットカードとはクレジットカードとは異なり、自分の銀行の口座以上に利用することが出来ません。ただし一部には審査を経ることで足りない部分をローンとして決済できるものもあります。しかし一般的には買い物をする際には口座にあるお金から決済をされるので、VISAやJCBなどの国際ブランドのネットワークを使って決済を行うことになっています。デビットカードはクレジットカードのようにすぐに後日まとめて請求されつという訳では無く、口座の残高と自分自身が相談しながら家計管理が出来ます。

メリット2「家計簿アプリと連動できる」

一部のデビットカードでは家計簿のアプリと連動していくら口座に残っているのか、いくら支払ったかなどを管理することが出来ます。「Moneytree」や「Zaim」、「Money Forward」などの家計簿アプリは、銀行などと提携をして口座を登録することができるようになっています。デビットカードの引き落とし口座を登録しておくとネットで簡単に残高の確認ができるので、どれだけ使ったか、これからどれだけ利用できるかをチェックすることが出来ます。

デメリット1「分割払いができない」

買い物をすると口座から即時に引き落としがされるので、クレジットカードのように分割払いをすることが出来ません。分割払いをするとしても、その時以降にお金があるという保証がないため分割払いは選択できないので、分割払いにしたい場合にはクレジットカードを選ぶ必要があります。

デメリット2「一部利用できない」

VISAやJCBなどの国際ブランドが付いて入るものの、高速道路の料金や一部のガソリンスタンドではデビットカードが利用できないことがあるので、その際にはETCカードを要しておくとか、ある程度の現金を持つ、クレジットカードで対応することになります。

発行が簡単なデビットカードとは?

基本的にデビットカードはクレジットカードのような審査が無いので、口座を持っている銀行があればそこのキャッシュカードを利用してデビット機能を利用することが出来ますが、ネット銀行であれば審査も早くカードを手に入れることが出来ます。

ネット銀行のデビットカードの例

JNB Visaデビット
住信SBIネット銀行 三菱東京UFJ-VISAデビット
JNB Visaデビット
住信SBIネット銀行
三菱東京UFJ-VISAデビット

そもそもネット銀行とは?

ネット銀行とは、通称インターネットバンクまたはネット銀行と呼ばれ、普通は店舗を持って銀行として営業しているのとは異なり、ごく少ない店舗または店舗無しでインターネットを利用したサービスをおこなっています。

店舗型の場合は通帳を持って基調をすることが出来ますが、ネットバンクでは通帳が発行されないことがほとんどで、インターネットのサイトにログインすることで取引の履歴をチェックすることになります。またネット銀行を使うと、コンビニのATMを利用して現金の入出金が出来る、手数料が安い、定期並みの預金利率などのサービスが付いており、店舗を持って人件費が掛からない分、それを顧客に還元できるシステムになっているのです。

クレジットカードにはない、銀行口座と連動したサービスがデビットカードの特長ではありますが、クレジットカードにも勿論利点があります。

クレジットカードのメリット・デメリット

メリット1「請求の後回し」

クレジットカードを利用すれば基本的には当月締めの翌月払いになっているので買い物をするのにその場でお金が無かったとしても、買い物をすることが出来ます。

メリット2「ポイント・キャッシュバック」

クレジットカードの多くには利用額に応じてクレジットカード独自、またはTポイントなどの共通ポイントが付与されるものや、利用した金額の何%かがキャッシュバックされるものがあるので、お得に買い物が出来ます。

デメリット1「審査」

クレジットカードは支払いが後払いになる分、信用をベースにして発行されるカードです。そのため申し込んだから持てるという訳では無く、申し込み、クレジットカード会社で審査が行われ、審査の合否によって発行が決まります。とくに過去5年分のクレジットカード、ローン、携帯電話の入退会状況や利用実績が「個人信用情報機関」というところに載っているので、この過去の実績がもとで入会を断られてしまうケースがあります。

デメリット2「お金の管理」

クレジットカードはその場で現金を払う訳では無いので、お金のお感覚が把握しにくくなってしまいますし、思わず使いすぎてしまうこともあります。

デビットカードまたはクレジットカードのどっちを選ぶ?

デビットカードは自分の銀行の口座以上に利用することが出来ないことからも、使いすぎを防いでくれて即時決済なので分割払いのようにあと何回支払わなくてはいけないかを計算する手間も省けます。一方でポイントが貯まるデビットカードが少ない、利用できる店舗が一部限られてしまう、郵送でカードが送られて来るなどのデメリットもあります。

クレジットカードはとりあえずすぐに手持ちがなくてもカードで決済をすれば買い物をすることが出来るといったメリットもありますが、審査が必要で、またお金の管理をきちんとしていなければ支払いをする際に銀行口座のお金が足りなくて困ってしまうことも有ります。

おすすめのクレジットカードとは?

銀行のデビット機能の付いたカードは郵送までの時間が掛かり、もしもの安心のためにローン機能を付けるには審査が必要なのでこれまでのクレジットカードやローンの支払い状況に心配があるという方は、ACマスターカードをおすすめします。

ACマスターカードは国際ブランドであるMasterCardと消費者金融のアコムが提携して発行しているクレジットカードで、年会費が無料で利用額の0.25%が還元されるのでシンプルに使いたい方に向いています。

ACマスターカード

ACマスターカード

ACマスターカードの何よりの強みは「即日発行」に対応していることで、自動契約機コーナーのある場所ではその日にクレジットカードを手に入れることが出来るため、急いでクレジットカードを持ちたいという方におすすめです。

しかし注意しておきたいのは、ACマスターカードはリボ払い専用のクレジットカードなので、リボ払いの金額を低額に設定していると、一カ月に引き落とされる金額が安くなるからと気楽に使ってしまいどんどん元金が膨れてしまうことがあります。そのためリボ払いの金額を高めに設定する、利用するときには何回で完済してどれだけ利息がかかるかもきちんと計画をして利用するようにしていきましょう。

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ