仙銀クレジットカードの留意点であるポイントと即日発行審査カード比較! 難易度が高い銀行系カードの審査基準とは?

カードを沢山持っていると財布がかさばってしまいますし、クレジットカードを作る際に、いくつかの機能をまとめたものを作りたいという方も多くいます。そこでおすすめなのがクレジットカードとキャッシュカードが一体型になった仙銀クレジットカードです。

仙銀クレジットカードとは?

仙銀クレジットカードは、宮城県仙台市に本店を置く地方銀行である「仙台銀行」とUCカードが提携しているカードで、「キャッシュカード」と「クレジットカード」がひとつになったキャッシュ一体型クレジットカードです。

そのためキャッシュカードとして利用できるというだけではなく、UCカードのサービスを利用することが出来、キャッシングサービスだけではなく、人気チケットの先行予約やUCカード会員限定の特別公演の優待である「UCチケットサービス」も付いています。また毎月の利用代金や永久不滅ポイント残高などが、いつでもオンラインにてご確認いただける「アットユーネット!」などの特典も付いています。

仙銀クレジットカードの基本スペック

カードフェイス
年会費 1,250円+税
国際ブランド VISAまたはMasterCard
申し込み資格 原則として満18歳以上で安定収入のある方
ポイント 永久不滅ポイント
1,000円→1ポイント
利用限度額 10〜50万円
※申し込み者により異なります
特長 ・永久不滅ポイント
・UCカード特典
・2種類のカード機能

出典:https://www.sendaibank.co.jp/kojin/convenience/credit.php

仙銀クレジットカードはUCカードと提携して発行しているため、永久不滅ポイントが採用されています。一般的なクレジットカードはポイントの有効期限が2年又は3年程度に設定されているので、ポイントの交換をし忘れてしまったり、ポイントの余り分を失効してしまう恐れがありますが、永久不滅ポイントは有効期限のないカードなのでポイントの失効を気にすることなく、目標となるポイントまでしっかりとポイントを貯められるのが魅力です。

クレジットカードには審査の厳しさがある

クレジットカードは申し込めば持てるというものではなく、申し込み後必ず審査が行われ、審査に受かった方のみが持てるアイテムです。仙銀クレジットカードは銀行のクレジットカードですが発行はUCカードといった信販系が行なっているため、これまでに支払いに延滞や滞納がないのであれば申込みしやすいカードとも言えます。

もう少し審査に安心が持てるカードを持ちたいという方へ

現在は銀行系のクレジットカードであっても以前よりも顧客を取り入れようとする動きが見られるのですが、銀行系のクレジットカードを持ちたいけれども、少し審査に不安があるという方には三井住友VISAカードがお勧めです。

三井住友VISAカードの基本スペック

カードフェイス
三井住友VISAクラシックカード
年会費 1,250円+税
※初年度年会費無料
国際ブランド VISA・MasterCard
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
ポイント ワールドプレゼント
1,000円→1ポイント
利用限度枠 10万円〜80万円
※申し込み者により異なります
特長 ・条件付き翌年度年会費無料
・旅行傷害保険付き
・ポイントUPモールあり

出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/classic.jsp

三井住友VISAカードは三井住友銀行と国際ブランドであるVISAが提携している「三井住友VISAカード」というクレジットカード会社から発行されている、もっともベーシックな機能の付いているクレジットカードです。

しかし年会費は本来1,250円+税かかりますが、初年度が無料になり、さらに翌年度についてもカードの利用代金の明細書を書面ではなくweb明細に変更して、かつ「マイ・ペイすリボ」というリボ払いに登録して年に1度でもリボ払いの利用をすれば翌年度の年会費が無料になるため、実質年会費無料で持つことが可能になっています。

また「ポイントUPモール」という会員限定のネットショッピングサイトを経由して買い物をすると、ポイントが最大で20倍貯まるというお得な特典も付いているので、ポイント率自体は通常のクレジットカードと同じ0.1%となっていますが、ネット通販をする方はポイントUPモールを使えば沢山のポイントを手に入れることが出来ます。

そして特筆すべきは旅行の保険が付帯していることで、本来低価格の年会費のクレジットカードでは保険が付帯していないことが多いのですが、三井住友VISAカードはあらかじめ旅行のパッケージツアーや渡航費をクレジットカードで支払うことによって、海外旅行時には最高で2,000万円の保証が付いているという魅力的な面もあります。

しかし仙銀カードも三井住友VISAカードも利用可能額が10万円〜50万円、又は〜80万円に設定されており、もう少し限度額を上げたいという方はACマスターカードをお勧めします。

そもそも利用限度額とはどんなもの?

クレジットカードの限度額は利用限度額・支払限度額・利用枠などと呼ばれており、いずれも「この金額まではあなたを信頼しているので自由に使っていいですよ」という意味で設定されています。先にカード会社に連絡をしておき、一時的に限度額を増やすという方法もありますが、基本的には限度額の範囲内でしかクレジットカードを利用することが出来ません。

多くの場合、カード発行時の支払限度額は、10〜50万円程度と少なめに設定されることが多く、限度額はカード会社の審査基準や過去のクレジットカードの利用実績によっても異なりますが、初回で入会した場合には少なめの金額に設定されています。

限度額を上げたい場合には、まずはしばらくは与えられた限度額内で使いながらクレジットカード会社との付き合いや、支払いの実績を重ねることによって、カード会社の方から利用限度額が上がりましたという連絡を受けることが多くあります。

利用限度額の高めに設定されるクレジットカードとは

利用限度額を高めに設定したい、またはいずれカードの利用枠を大きくしたいと考えて居る方はACマスターカードをお勧めします。

ACマスターカードの基本スペック

カードフェイス
アコムACマスターカード
年会費 無料
国際ブランド MasterCard
申し込み資格 ・満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方
・所定の基準を満たす方
ポイント なし
利用限度枠 10万円〜300万円
※申し込み者により異なります
特長 ・0.25%のキャッシュバック制度
・リボ払い専用
・即日発行可能

出典:https://www.acom.co.jp/lineup/credit/

ACマスターカードは消費者金融であるアコムと国際ブランドのMasterCardが提携して発行しているクレジットカードで、ポイントが付かない代わりに利用額の0.25%がキャッシュバックされる仕組みになっています。

また最短で即日発行することが可能で、インターネット上から申し込みを行い、のむじんくん(自動契約機)コーナーでは、その場でカード発行をしてもらえるので、とにかく急いでクレジットカードを作りたいという方にも向いています。

また消費者金融系のクレジットカードであり、独自の審査方法を採用しているので、審査にも割と通りやすく、他のクレジットカードでは審査落ちをしてしまったけれどもACマスターカードでは審査に受かったという話も聞くことがあります。

そして何よりも利用限度枠が10万円〜最高300万円までに設定されています。クレジットカードの多くは、ゴールドカードのようなステータスカードであっても利用額が最高100万円や200万円に設定されているものも多いので、クレジットカードを利用する中で利用額を増やしたいという方にもおすすめしたいクレジットカードです。

ただしリボ払い専用のクレジットカードとなっているので、毎月の限度額を高めに設定するなどして出来るだけ利息を支払うことなく利用する方法をおすすめします。リボ払いは毎月一定額の支払いで済むため、家計の管理をし易い反面、支払額が一定だからとどんどんクレジットカードを使ってしまっていると利息ばかり払って元金がなかなか減らないという負の連鎖に嵌ってしまうことがあります。

そうならないためにもクレジットカードの利用をする方全員に言えることではありますが、賢くクレジットカードを利用し、特典やサービスも使い倒すくらいの勢いで利用していきましょう。

まずは
これ!

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ