みちのく銀行のトモカは土日祝でも審査可能。スピード審査が特長のローンやクレジットカードとどちらがお得なのか比較

どうしても出費がかさんでしまい、ローンを組みたいという方や万が一の備えのためにローンを契約しておきたいという方も大勢います。まずはクレジットカードとローンの大きな違いからチェックしていきましょう。

ローンとクレジットカードの違いとは

違いその@「カード会社と、銀行および消費者金融会社の違い」

クレジットカードはクレジットカード会社が発行するカードで、カードローンのカードは、銀行および消費者金融会社が発行するカードです。カードローンの場合は「融資」と呼ばれる商品になるので、お金を借りることがメインとなり、クレジットカードは商品を購入する際にカード会社が商品代金を立て替えてくれるだけで、お金を直接借りる訳ではありませんね。

大きな違いの1つは、発行する会社が異なると言うことなのですが、現在1社だけ例外的な会社が存在しており、消費者金融会社であるアコムと国際ブランドであるMasterCardが提携している「ACマスターカード」と言うクレジットカードも発行しています。

このカードはカードローンとクレジットカード機能が付いているもので、カードローンとクレジットカードの両方を持ちたいという方におすすめです。

違いそのA「商品の立て替え払い・お金の融資との違い」

クレジットカードは商品を購入する際に利用すれば、その場で現金支払いをしなくても一旦、カード会社が商品代金を立て替えてくれるので、その場で現金を持って居なくてもキャッシュレスで商品を購入することが出来ます。

しかしローンの場合は、例えば欲しい商品が5万円だったとした場合、まずATMでカーロドーンのカードを使って5万円を借り入れます。そしてそのお金を持ってお店へ行き、欲しい商品を購入する流れになります。

確かに商品が買いたい場合にはクレジットカードの方が決済は楽ではありますが、現金がどうしても必要な場合は、クレジットカードでは現金を引き出すことはできないので、カードローンを利用して現金を用意することも可能になっています。

違いそのB「関係する法律が違う」

クレジットカードは「割賦販売法」、カードローンは「貸金業法」という法律で定められています。両方ともお金を貸すと言うことについては一緒なのですが「商品の立替払い」と、何にでも利用出来る現金の貸し出しと言う意味で法律が異なっているのです。

ちなみに「貸金業法」には「総量規制」と言う規制があって、年収の1/3以上の貸し出しは出来ないことになっていますが、クレジットカードの対象となる「割賦販売法」では「総量規制」の適用はされないので、特に利用金額の上限は制限されていないため、ショッピングやキャッシングの上限金額が年収の1/3以上となっていることが多いのです。

みちのく銀行のトモカとは

みちのく銀行カードローン「トモカ」は、青森県・北海道・秋田県・岩手県・宮城県に住んでいる・勤めている方のみが利用できるカードローンです。

みちのく銀行のトモカの基本スペック


借入限度額 最大500万円
実質年率 4.9〜14.0%
申し込み対象者 みちのく銀行の営業エリアに居住・勤務している方 保証会社を受けれる方
使いみち 自由(事業性資金は不可)
保証人 不要

みちのく銀行のトモカは銀行系のカードローンであることから金利は安めに設定されていますが、申し込み対象者が「みちのく銀行の営業エリアに居住・勤務している方 保証会社を受けれる方」となっているため、青森県・北海道・秋田県・岩手県・宮城県に居住している方や勤務している方でなければ申し込むことが出来ません。

その他のおすすめカードローンとは

全国どこでも融資が受けられるカードローンと言えば「SMBCモビット」です。

SMBCモビットの基本スペック


借入限度額 最大800万円
実質年率 3.0〜18.0%
申し込み対象者 年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方で、アルバイト・パート・自営業の方も利用可能
使いみち 自由(事業性資金は不可)
保証人 不要

消費者金融のSMBCモビットは来店不要・電話連絡なし・郵送物なしのWeb完結申込みが人気のカードローンです。「用入りがあって現金が必要」「クレジットカードを使い過ぎて今月の身生活費が足りない」という方にもとても便利で、SMBCモビットの審査は10秒で簡易審査結果表示、来店不要で即日融資も可能というメリットもあります。

とくに借入れをお急ぎの方はSMBCモビットフリーコールに電話をかければ審査を優先しておこなってくれるなど柔軟な対応も可能ですし、SMBCモビット公式スマホアプリがバージョンアップされ、カードローン業界初のサービスとして、カードローンなのにカードレスでセブン銀行ATMで出金(借入れ)・入金(返済)が可能になりました。

「借り入れのしやすさ」「申込み手続き」「借入条件」「審査」「返済のしやすさ」等の項目において、確かにみちのく銀行の実質年率の上限よりは高くなってしまいますが、借入限度額も高く、カードローンを利用する方にとっては使い勝手の良いサービスだと言えます。

クレジットカード機能付き「ACマスターカード」

ACマスターカードはカードローン機能とクレジット機能を利用できるカードで、クレジットカードを持っておきたいけれども、もしものためにローン機能も付帯させておきたいという方におすすめのクレジットカードです。

ACマスターカードの基本スペック


カードフェイス
年会費 無料
申し込み資格 ・満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方
・所定の基準を満たす方
ポイント なし?
リボ払いの利率 10.0%〜14.6%
カードローン 限度額最高800万円
ローンの利息 3.0%〜18.0%
特長 ・リボ払い専用
・利用額から0.25%がキャッシュバック
・最短即日発行
・ローン機能付き

ACマスターカードもSMBCモビットと同様に実質年率は3.0%〜18.0%、ローンの利用上限額は800万円という条件のローン機能が付いています。

またクレジットカードとしても優秀で、最短で申し込みから30分程度で「むじんくん」というカード発行機でクレジットカードを受け取ることが出来るので、クレジットカードを急いで作りたい方や、ローンを早く利用したい方にも向いています。

ただしACマスターカードはリボ払い専用のクレジットカードとなっているので、毎月一定金額の支払いしかせずに済む分、小額返済にしておくと返済が長引いてしまいますので計画的に利用していきましょう。

一般的なリボ払いの設定金額である3〜5千円程度をクレジット上限金額まで引き上げておくと実質一括払いのようなクレジットカードと同じ利用方法が出来るほか、設定の手間はありますが、沢山返済出来る時には支払金額を高めに設定し、生活がきつい時には設定金額を小さくしておくことで、賢いリボ払いの使い方をすることが出来ます。

みちのく銀行のトモカは青森県・北海道・秋田県・岩手県・宮城県にお住まいの方や勤務している方には身近なカードローンですが、銀行系のカードローンなので審査に時間がかかってしまうため、スピーディーさを求めている方にはデメリットになってしまいます。

そこでカードローンのSMBCモビット、またはクレジットカードの機能の付いているACマスターカードを選択肢とすることで、急いでローンを利用したいのか、限度額はどれくらいほしいのか、金利はいくらくらいで利用したいのかなどを自身でシミュレーションしたうえでカードローンのSMBCモビットやACマスターカードを選択肢としてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ