常時ポイント率アップが魅力のDCカード ミライの審査難易度は?審査通過率を上げる方法を紹介!

クレジットカードは簡単に入退会を繰り返してしまうと長期利用者というイメージがなく、発行に不利となっていまうため、クレジットカード選びをする際には特に注意が必要です。

クレジットカードやカードローン、携帯電話の支払い状況は「個人信用情報機関」というところに申し込み状況は最長6か月間、支払い状況については最長5年間保管されているため、短期間で入退会を繰り返していると「個人信用情報機関」というところに記録が残ってしまい、次のクレジットカードの申し込みなどの際に、入会キャンペーン狙いのみの申し込み者だと思われてしまいマイナスに働いてしまう可能性が高まってしまいます。

そこでクレジットカードの申し込みをする際には、カード選びを慎重にしなくてはいけませんし、そのカードと長く付き合うためにはどのようなポイントを重視するのかが大切なポイントになって来ます。

クレジットカードの選び方は、ポイント率で選ぶ、入会金無料のものを選ぶ、ステータス性の高いものを選ぶなどさまざまな視点で選ぶことになりますが、中でも「DCカード ミライ」は常時ポイント率アップの仕組みになっているので、ポイント率の高いクレジットカードを持ちたいという方にはぴったりの1枚です。

DCカード ミライとは

  DCカードミライ
DCカード ミライ
年会費 1,500円+税
※学生の場合は在学期間中無料
申し込み資格 18歳以上で、大学・短大・専門学校に在学中の方、または安定した収入がある方。
※未成年の方は親権者の同意が必要です。
家族カード 550円+税
※初年度年会費無料
ポイント 「DCハッピープレゼント」
1,000円→1ポイント
海外旅行保険 最高2,000万円(自動付帯)
国内旅行保険 最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 年間最高限度額100万円

DCカード ミライは愛知銀行十六銀行第四銀行琉球銀行などいくつかの銀行から申し込みの出来るフランチャイジータイプのクレジットカードとなっています。

申し込み資格は「18歳以上で、大学・短大・専門学校に在学中の方、または安定した収入がある方。」となっていることから、学生であっても申し込むことが出来るクレジットカードであり、さらに学生の方は在学期間中の年会費が無料になるという特典も付いているので初めてのクレジットカードとしてもおすすめです。

また海外旅行保険はクレジットカードを持っているだけで保険の対象となる「自動付帯」となっており、国内旅行保険はあらかじめDCカード ミライで旅行の代金やパッケージツアー代金を支払うことで保険の対象となる「利用付帯」という特典が付いています。年会費の安いクレジットカードの場合、旅行保険が付いていないものも多いなかで、とくに海外旅行保険は自動で保険の対象となるのは大きなメリットだと言えます。

DCカード ミライのポイントプログラム

DCカード ミライはDCカードのポイントである「DCハッピープレゼント」となっており、DCハッピープレゼントのポイント率は基本的には1,000円→1ポイントとなっていますが、DCカード ミライについてはさらに「ハッピープレゼントの通常基本ポイントにさらに50%分が追加で付与」となっているので、いつでも1.5倍のポイント率でクレジットカードのポイントを貯めることが可能になっています。

またDCカード ミライ会員限定の「POINT名人マイセレクト」というサイトを経由してネットショッピングをした場合には、さらにプレゼントポイントが付与されるので、より賢くクレジットカードのポイントを貯めることが出来るシステムになっています。

そのためポイントを沢山貯めて商品に交換したりキャッシュバックをしたいという方にとってはポイントが貯まりやすいクレジットカードなので、DCカード ミライは魅力的な1枚です。

DCカード ミライの審査難易度とは?

クレジットカードの審査の難易度は、そのクレジットカードの発行元によってある程度ランク付けされています。基本的には、ダイナースクラブやアメリカン・エキスプレスなどの外資系→みずほ銀行や三井住友銀行などの銀行系→DCカードやオリコカードなどの信販系→イオンカードなどの流通系→アコムなどの消費者金融系の順に審査が穏やかになっています。

DCカード ミライはDCカードが発行しているクレジットカードではありますが、銀行からの申し込みになっているフランチャイジークレジットカードになるので、審査の難易度としては銀行系と信販系の間程度だといえるので、決して審査に受かりやすいクレジットカードだとは言えません。

申し込み資格が「18歳以上で、大学・短大・専門学校に在学中の方、または安定した収入がある方」となっていることから、学生でも申し込むことが出来、収入面においては間口の広がっているクレジットカードだと言えますが、クレジットカードのこれまでの利用履歴(クレジットヒストリー)などに問題がないことはDCカード ミライに限らずではありますが、特に重要視されるポイントです。

これまでにクレジットカードやローン、携帯電話の支払いで未納や滞納があった場合には、どのクレジットカードの審査においてもマイナスになってしまいますが、特にDCカード ミライのような審査が穏やかとは言い難いクレジットカードについては、ほとんどの確率でクレジットカードの審査に落ちてしまう可能性があります。

そこでクレジットカードの利用状況の信用を積みなおして、本来の目的のクレジットカードに申し込み、少しでも審査に受かりやすくするために、クレジットカードの審査が穏やかなものや、審査に受かりやすいと言われているクレジットカードをまず持ち、「個人信用情報機関」にあるクレジットカード等の利用履歴=クレジットヒストリーを作る方法があります。

クレジットヒストリーを作るのにお勧めのクレジットカードとは

これまでのクレジットカードの利用状況などのクレジットヒストリーに傷がある場合に、最長5年間保管されている記録を更新し、新しく綺麗なクレジットヒストリーを作るにあたっておすすめなのがACマスターカードです。

ACマスターカードは国際ブランドであるMasterCardと消費者金融のアコムが提携しているクレジットカードで、クレジットカードの審査の難易度からしても比較的穏やかであり、さらにACマスターカードは独自の審査方法を導入しているので、間口が広いクレジットカードだと言えます。

  アコムACマスターカード
ACマスターカード
年会費 無料
申し込み資格 満20歳以上で、安定した収入と返済能力を有する方
所定の基準を満たす方
ポイント なし
リボ払いの利率 10.0%〜14.6%
ローンの利息 3.0%〜18.0%
特長 リボ払い専用
利用額から0.25%がキャッシュバック
最短即日発行
ローン機能付き

ACマスターカードの特長のひとつとして、審査の状況にも寄りますが最短で即日発行してくれるクレジットカードなので、申し込んだその日に審査が終わり、むじんくん(無人カード発行機)でクレジットカードを手に入れられるクレジットカードです。

そのため急な出費などでどうしてもすぐにクレジットカードが必要だという方や、すぐに審査を受けて合否を知りたいという方にもお勧めです。

しかしACマスターカードはクレジットカードの中でも特殊な支払方法となっており、一般的なクレジットカードが一括払い又は分割払いになっているのに対し、ACマスターカードはリボルビング払い専用のクレジットカードとなっています。

リボ払いの引き落とし額を大きくしたり、支払いが出来る時には多めに返済するなどという使い方であれば問題はないのですが、リボ払いで少額のまま毎月一定額の支払いだからとどんどんクレジットカードを利用してしまうと利息も沢山必要になってしまうので、計画的に利用して、きちんと返済や支払いをしているというクレジットヒストリーを作り、いずれ持ちたいと思っているクレジットカードの審査に受かるように信用を重ねて行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ