SMBCモビットの増額審査よりも他のクレジット・カードローンの新規申込みがオススメの理由。低リスクで利用金額を増やそう

三井住友銀行グループのSMBCモビットのカードローン

三井住友銀行グループのSMBCモビットのカードローンは入会金・年会費が無料で、利用限度額も最高800万円と高く設定されています。審査と発行もインターネット経由のみで24時間いつでも申し込めます。

SMBCモビットの年率は最大18.0%と少し高め

SMBCモビットは入会費、年会費が無料で審査もほぼネットで終わり、プライバシーへの配慮も高いことから人気のSMBCモビットですが、年率は3.0%から18.0%となっており、一括払いで返済すれば手数料無料と言った無利息期間がないことから他のカードローンと比較しても高い年率にあると言えます。

利息の算出方法は借り入れ後残高×利息年率÷365日÷返済期日までの利用日数となっています。つまり30日間の利用数で20万円を借り受けると利息は約2,958円となります。中々に高い利息年率となるので、ローンを利用する場合は注意が必要です。

返済方法は「ATM返済型」と「口座振込型」の2つ

SMBCモビットの返済方法は「ATM返済型」と「口座振込型」の2つから選ぶことができ、返済日は5日、15日、25日、末日から希望のものを選ぶことが可能です。

「ATM返済型」を選べば返済日の翌日からその月以内に返済をすると返済期日は翌月の返済日になり、「口座振込型」を選べば毎月の返済日に三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座から自動的に引き落とされることで返済していく形となります。SMBCモビットの遅延利率(実質年率)は20.0%ですので忘れずに返済しましょう。

SMBCモビットの返済方法はそれぞれにデメリットがあり、「ATM返済型」は返済をコンビニATMでもでき、営業時間のある銀行への振込と違って時間に囚われない柔軟な返済ができますが、コンビニATMでの返済には手数料がかかるというデメリットがあります。

一方の「口座振込型」は自動的に振り込まれるので返済の手続きをする必要はありませんが、自動で引き落とされることから、返済日に残高不足ということになってしまう危険を保っています。時間に余裕があって管理できるならば「ATM返済型」で残高不足の心配がないならば「口座振込型」にしましょう。

スマホATM取り引きが可能となるMyモビ

iPhoneやアンドロイドにダウンロードできるアプリのMyモビによって最短3分で口座に振り込みの借り入れができ、アプリを使うことでセブン銀行ATMから直接の出勤と入金ができ、借り入れ利用状況の確認に、書類の提出を求められた際は撮影やスキャンした書類をアプリで送信するだけで済ませることも可能です。

SMBCモビットのまとめ


  • 入会費と年会費無料
  • 申し込みは郵送をやりとりする「カード申込」とネットに記述するだけで終わる「Web完結申込」
  • 「Web完結申込」は三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行の口座と健康保険協会の保険証か組合保険証が必要
  • 借り入れ限度額が最高800万円
  • 年率が3.0〜18.0%
  • 返済期日は5日、15日、25日、末日から選択
  • 返済方法は「ATM返済型」と「口座振込型」
  • ATMで返済をする場合、10,000以内なら108円、10,000を超えるなら手数料216円
  • 遅延利率(実質年率)が20.0%

SMBCモビットの利用限度額増額申請はリスクが高いというデメリットが

SMBCモビットの利用限度額は最大で800万円となっています。しかし、現在の利用限度額を増額する申請をすると審査を受ける必要があり、その審査の結果次第では利用限度額を引き上げるのではなく、利用限度額の引き下げや場合によっては利用停止になってしまうというリスクを持っています。SMBCモビットの利用限度額の増額申請は収入が増えたのでなければ、申請をするのは注意する必要があります。

そこで、リスクのあるSMBCモビットの利用限度額申請よりも、新たなクレジットカードの発行やカードローンであるACマスターカードとみずほ銀行カードローンを申し込むのが有効です。

ACマスターカードは発行申請の審査基準の項目が少なく利用限度額もカードローンと合わせて最大800万円

消費者金融会社アコムが発行しているACマスターカードは利用限度額がカードローンも合わせて最大800万円となり、年率が10.0%から14.6%となり、発行申請もインターネット経由ならば申込み欄にアルバイトやパート先の電話番号を記入するだけで収入関係の審査項目を満たすことが可能です。

ACマスターカードのまとめ


  • 年会費無料
  • ポイントプログラム無し
  • クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円
  • 年率10.0%〜14.6%
  • ショッピング利用でキャッシュバック0.25%
  • 残高と次回の返済期日と利用可能額の確認
  • ネットや電話で24時間いつでも借り入れ申請可能
  • キャッシュバック0.25%
  • ペイジーを利用して24時間いつでも返済可能
  • 会員サイトで明細書の確認と自宅送付拒否を設定できる
  • 利用限度額の変更可能
  • 利用明細の郵送が無い
  • 自動契約機のむじんくんで即日発行可能
  • カードローンは前回返済日の翌日から数えて35日後が次の返済日
  • クレジットは毎月20日が締めの翌月の6日までに利用した分を全額返済すれば手数料無料
  • 毎月20日締めの翌月6日までに返済ができなかった場合は7日から35日後が返済締め切り

みずほ銀行カードローンで低金利の借り入れがおすすめ

利用限度額最大800万円で年率が3.0〜18.0%というSMBCモビットは利用限度額が高めですが、年率が最大18.0%と他のカードローンと比較してもかなり高いという弱点があります。

そこでみずほ銀行カードローンの借り入れならばWeb完結の申込みができて、年率が2.0%から14.0%とSMBCモビットと比較すると最大年率が4.0%もおトクなものとなり、みずほ銀行キャッシュカードを発行しておけば、すぐに利用限度額最大800万円の借り入れができます。みずほ銀行カードローンの借り入れ中はみずほ銀行ATMの手数料が無料で、コンビニATMの手数料が月に4回まで無料となる特典があります。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

SMBCモビットの利用限度額では足りない場合は発行基準を満たしやすいACマスターカードと年率の低いみずほ銀行カードローンがおすすめ

SMBCモビットは借り入れ申請をインターネット経由のみでできるWEB完結型の申請ができることから、プライバシーを保護しやすい利点があり、返済も「ATM返済型」と「口座振込型」から選ぶことができ、利用限度額は最大800万円の年率最大18.0%です。

しかし、SMBCモビットの利用限度額は最大800万円ですが、そこに至るまでの利用限度額増額申請の新鯖厳しく、場合によっては利用限度額が下がるか、利用停止になる危険があります。

そこでおすすめなのが、インターネット経由で申し込めばアルバイト先などの職場の電話番号を記入するだけで収入項目を満たせて利用限度額がカードローンも合わせて最大800万円のACマスターカードと、年率が最大でも14.0%と低いみずほ銀行カードローンです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ