漢方スタイルクラブカードはリーダーズカード切り替え! 解約方法・注意点の紹介。また解約後に利用しやすいカードの紹介

漢方スタイルクラブカードはリーダーズカードへ切り替わります。

切り替わるにあたって解約を考えている方は解約の前にリーダーズカードの変更内容についてと自分の利用状況を確認しましょう。

確認することで本当に解約してもいいカードなのか確認できますし、後々後悔することもなくなります。

漢方スタイルクラブカードはリーダーズカードへ切り替わる

解約するにあたり気になる点の中には今まで貯めてきたポイントや年会費のことが思い浮かぶでしょう。

漢方スタイルクラブカードは2018年3月1日よりリーダーズカードに切り替わります。

それに伴いポイントも変更になり、2018年2月請求分までは、KANPO STYLE CLUBポイントとなっていますがその後2018年3月分請求分よりReader‘s Cardポイントに替わり、ポイントの引換えについてはKANPO STYLE CLUBポイント最終引換日は2018年2月28日、Reader‘s Cardポイント引換開始日は2018年3月9日からです。

保有しているKANPO STYLE CLUBポイント残高は5倍となってReader‘s Cardポイントに移行されます。

リーダーズカードの年会費ですが第1回年会費請求年月日は2019年3月27日からとなり、30万円以上の買い物で本人・家族会員共に年会費が無料、30万円以下だと本人会員の年会費が2,500円(税抜)・家族会員400円(税別)の設定内容になっています。

ポイントが5倍になり移行されるのはポイントをたくさん貯めてある方にとってはポイントを使うこともできとても魅力的ですが、ポイントがあまり貯まっていない方にとってはあまり意味を持ちません。

自分の利用状況を確認し、よく検討してから解約にするかしないかを決めるのが不利のない結果に繋がるでしょう。

漢方スタイルクラブカードを解約する際の確認ポイント

解約する前に確認しておきたいポイントとして挙げられるのは、支払いは全て済んでいるか、ポイントはどれほど貯まっているか、解約したいカードで追加の買い物をしていないかなどです。

追加買い物や支払いが済んでいない状態で解約の手続きをしてしまうと解約作業の途中で支払ってからではないと解約はできないと言われてしまう場合やポイントが貯まっている状態でも使用してから解約を考えてみてはどうかなど聞かれてしまい解約しにくくなってしまうことが想定できるからです。

スムーズに解約まで話を持ってきたいのなら、解約したいカードをクリアの状態にしておく必要があります。

続いて、解約方法ですが、ネットでは受け付けていないので契約者本人がジャックスカスタマーセンターに電話しましょう。

電話での解約手続きになるので時間の余裕のある時に連絡することをおすすめします。

今回漢方スタイルクラブカードを解約したいと考えた方の中には、リーダーズカーになって年会費が上がった、支払日が決まっていて窮屈だった、給料日の関係で他の日に支払日を設定したかったができなかったなど様々な理由があると思います。

そんな思いを解決してくれるのがACマスターカードです。

ACマスターカードってどんなカード

ACマスターカードは年会費無料の即日発行できる便利なカードです。

発行方法は自動契約機のむじんくんでいつでもその場で発行できすぐ入手することが出来るので時間や手間を取らせません。

使える場も豊富で世界中のマスターカードの加盟店で利用することが出来るので日々の生活のメインとして活躍してくれるクレジットカードとなるでしょう。

カード機能はクレジットとカードローンが一緒になっていて、利用者側のことを考えた良心的なシステムとなっています。

利用限度額もクレジットとしては300万円まで設けられていて、カードローンとクレジットが合わさると800万円までとなっていて借り入れが目的でこのカードを作ったとしても十分に活躍してくれるカードとなってくれるでしょう。

手数料率・実質年率は10.0%〜14.6%です。

明細は基本郵送は行ってなく、アコムのホームページ上で確認することができるので自分のプライバシーを守れ安心のシステムとなっています。郵送も選択すれば可能で、自宅・職場と選べるので郵送が良い方への配慮も行き届いています。

支払いに関してはリボ払いに設定されていますが、その時々の自分の収入で一括で支払うこともでき、またその際の連絡も一切必要ありません。

支払期限は毎月20日締めとなり、初回の支払いに関しては先月の20日に絞められたものを翌月の7日から35日以内に支払うシステムとなっていて日数は多く設けられていますが、7日になってしまうと支払い手数料が発生してしまうため6日までに支払うことをおすすめします。

手数料は1日目が40円、10日目が400円、30日目が1,200円となってきますので日数には注意していきましょう。

2回目以降の支払いに関しては前回支払った日から35日以内とずれ込んできますので自分が支払った日は把握しておくと安心です。

カードローンを利用した際の返済も前回返済した日から35日以内と同じくずれ込みます。

支払日がずれ込むのが苦手な方は、クレジットもカードローンも毎月指定と支払日を設定することも出来ますので利用しましょう。

ACマスターカードにはクレジット機能とカードローン機能があり、利用限度額はどちらか金額の高い方に設定でき割り振りは自分で決めることができるのでとても便利です。

発行率の高い使いやすいカードと多くの方に選ばれているカードなのです。

解約後のカードの選び方やACマスターカードの魅力

せっかく作ったクレジットカードなのに解約してしまうのはとてももったいないことです。

しかし使っていくうちに給料日と支払日が仕事を変えたことで急に合わなくなってしまい支払日も変更できずいつも窮屈に感じていたり、ついつい支払日忘れてしまい気付いたら延滞扱いになってしまっていたなどで解約を考えざるを得なくなる場合もあります。

日々の忙しい生活を考えると仕方のないことですが、延滞の多いカードを持ち続けてしまうと、新たにクレジットカードを発行する時の審査で不利になってしまうこともあるので早めに手放した方が良いといえるでしょう。

では、手放さずに済むカードを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。

支払日が原因でカードを手放すことが多い方には支払日を指定でき、支払い期限の日数が多く用意されているクレジットカードを発行することをおすすめします。

ACマスターカードなら支払日を自分で設定できるので給料日の近くに支払日を設定すれば窮屈に感じることもなくなりますし、35日間も支払日がありますので、ついうっかり支払いを忘れてしまっても間にあう確率が高いです。

手数料が発生する場合もありますが延滞扱いにはならないので自分のクレジット利用歴に傷がつくことはありません。

またカードローン機能をついていますので現金が少し足りないなと感じた時も借り入れができるので生活をサポートしてくれる1枚となってくるでしょう。

解約後のクレジットカードを選ぶときにポイントとなってくるのは、以前の自分のクレジットカード利用履歴を確認し、どこが苦手だったのかを把握し次のカードを選ぶことです。

ACマスターカードは国際ブランドのクレジットカード会社、マスターカードと三菱UFJフィナンシャルグループからなるクレジットカードなのでバックサポートも安心です。

発行率の高いカードになりますので発行前の時点で自分のクレジットカード利用履歴に自信のない方でも安心して申し込むことができますし、ACマスターカードを使いこなしていけば自分の信用も高めることにもなり新しくクレジットカードの発行を考える時の審査にもプラスに働いてくれることでしょう。

ACマスターカードは利用者側のことを考えたカード内容になっているため末永く使っていける1枚です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ