オリックス銀行カードローンは金利が高いから返済期間はクレジットカードのキャッシングとそこまで変わらない

オリックス銀行カードローンは利用限度額が高くて最低年率が低い

オリックス銀行が行っているカードローンは利用限度額が最大800万円となっており、年率は1.7%から17.8%と、高い利用限度額と最低年率がリーズナブルなことが長所のカードローンです。

オリックス銀行カードローンの大きな特長としては、提携ATMになるセブン銀行・イーネット・ローソン銀行・イオン銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行・ゆうちょ銀行の手数料が無料になるというものがあります。返済や借り入れの際にネックになる手数料をカットできるのは強みです。

オリックス銀行カードローンの申込み・借り入れ・返済

オリックス銀行カードローンは申し込みの手続きにて窓口へ行ったり口座を開設する必要がなく、インターネットだけで手続きを終わらせることが可能となっており、パソコンやスマートフォンなどから公式サイトにアクセスして申し込み用フォームに必要事項を記入し、「Eメールアドレス確認用URL」が送付された受付メールを受信して受信確認をしたらオリックス銀行と保証会社による審査を受けることになります。

審査には勤務先への在籍確認がありますので理解しておきましょう。

審査が終わったらばローンカードが発行されて、必要書類をアップロードします。

@運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、個人番号カード、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書※上記の写しいずれか1通をご用意ください。A所得証明書類B預金口座振替依頼書※ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。

借り入れはパソコンやスマートフォンにてお客様専用サイトの「メンバーズナビ」にログインをするか電話連絡にて借り入れ申請をするといった方法か、提携ATMから借り入れをすることができ、手数料も無料となっています。また、パソコンやスマートフォンによる借り入れはジャパンネット銀行の口座を指定していると24時間いつでも即座に入金してもらうことができます。
※条件:@契約後(カード発行後)    
A登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

返済には毎月10日か末日に指定した口座から自動で引き落としてもらうのと提携しているATMにローンカードを使って返済するものや、「メンバーズナビ」にて作った返済専用口座に入金して返済するという形もあります。

指定した返済日の14日前までは随時返済期間となり、余裕があった場合にはいつでもATMや返済専用口座にて返済ができ、指定した返済日の14日前以降になると約定返済期間となり、この期間内に返済すれば期日内に返済ができたということになります。

オリックス銀行カードローンのまとめ


  • 利用限度額最大800万円
  • 年率1.7%から17.8%
  • 提携ATMはセブン銀行・イーネット・ローソン銀行・イオン銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行・ゆうちょ銀行
  • 提携ATMの手数料無料
  • 申し込みは口座開設や窓口に行く必要がなくインターネットのみで完了
  • @運転免許証または運転経歴証明書、各種健康保険証、個人番号カード、日本政府発行のパスポート、在留カードまたは特別永住者証明書※上記の写しいずれか1通をご用意ください。A所得証明書類B預金口座振替依頼書※ご返済方法が口座引落の方のみ必要です。
  • 借り入れは振込融資、提携ATM引き出し
  • ジャパンネット銀行の口座を指定していると24時間いつでも即座に入金可能
    ※条件:@契約後(カード発行後)    
    A登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能
  • 返済日は毎月10日か末日
  • 返済方法は指定口座から自動引き落とし、提携ATMにローンカードで返済するものか返済専用口座に入金
  • 指定した返済日の14日前までは随時返済期間となり、余裕があった場合にはいつでもATMや返済専用口座にて返済ができ、指定した返済日の14日前以降になると約定返済期間となり、この期間内に返済すれば期日内に返済ができたということになります。

オリックス銀行カードローンはインターネット完結の申し込みができ、利用限度額が高くて最低年率が低いのと提携ATMの手数料が無料であるのが長所と言えます。

オリックス銀行カードローンは最大年率が高いという欠点があり

オリックス銀行カードローンの欠点には年率が最大17.8%と高く設定されているものがあります。これによってもしも返済が滞ってしまったらば年率によって返済額がどんどんと膨らんでしまって取り返しがつかなくなるというケースもありえます。

もしもオリックス銀行カードローンの返済額が年率で大きくなってしまったのならば利用限度額は同じで年率が2.0%から14.0%となっているみずほ銀行カードローンで借り換え返済をするのが有効です。

最低年率は2.0%とオリックス銀行カードローンよりも高いですが、最大年率が14.0%と大変に低い設定をされているのが魅力となり、オリックス銀行カードローンで借り入れをするよりもオトクになっています。また、オリックス銀行カードローンと同じく提携ATMの優遇サービスもあり、借り入れ中はみずほ銀行ATMの手数料が無料になり、コンビニATMの手数料が月に4回まで無料になります。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

クレジット機能のあるカードローンが欲しいならACマスターカード

オリックス銀行カードローンと同じくカードローンが使える上にショッピングでカードを利用したいという方にはACマスターカードが適しています。ACマスターカードはカードローンを含めたクレジット利用限度額が最大800万円となっており、年率も10.0%から14.6%とオリックス銀行カードローンよりも最大年率が低く、おまけにクレジット機能としてはショッピング利用で0.25%のキャッシュバックもあります。

オリックス銀行カードローンの年率の高さが欠点ならみずほ銀行カードローン、クレジット機能を使いたいならACマスターカード

オリックス銀行カードローンは最低年率が低くて利用限度額が高く、提携ATMの手数料が無料になるという利点があり、申し込みも借り入れも返済も窓口や専用口座を作る必要がないという応用性の高さが魅力です。

しかし、オリックス銀行カードローンの欠点には年率が高いというものがあり、返済額が大きくならないように最大年率が低いみずほ銀行カードローンで借り換えをして返済を完済するのが有効です。そして、カードローン以外にもクレジット機能でショッピングをしたいという人にはカードローンとクレジット機能があるACマスターカードを使えばショッピング利用にキャッシュバックも付帯されます。

オリックス銀行カードローンの年率の高さが気になる人はみずほ銀行カードローンで借り換え返済をしてクレジット機能が欲しい方はACマスターカードを発行するのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ