イオンカードでついつい支払いすぎてしまった… そんな時に役立つスピード審査&即日発行なクレジットカードのご紹介

イオングループ系列店を利用している方にはイオンカード

イオン・マックスバリュー・ビブレなどの大型スーパーを利用することが多い方におすすめなのがイオンカードになります。イオンカードはイオングループが発行している年会費無料のクレジットカードで家族カードやETCカードも無料発行できます。

毎月20日・30日にはイオン、マックスバリュー、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの提携店舗でカード払いすると代金が5%OFFになる「お客様感謝デー」や、イオン系列店での支払いにてときめきポイントが優遇されたり、イオンシネマの一般通常料金がカード払いによって本会員と同伴1名まで300円OFFになります。

それ以外にも55歳以上の本会員は毎月15日にイオン提携店でカード払いすると料金が5%OFFになる「G.G感謝デー」が利用できるG.Gマークの付いたイオンカードに切り替えられます。

イオンカードにはカード払いで購入した5,000円以上の商品が購入日から180日以内ならば破損や故障を負担するショッピングセーフティ保険やカードが不正利用された時の損害額が補償されるカード盗難保障があります。

イオンカードは旅行関連の優遇サービスが豊富

イオンカードはイオングループ系列や提携店での利用がおトクになりますが、実は旅行関係のサービスも豊富にあります。

海外旅行をすればアメリカ・カナダ・ハワイ・オーストラリア・ニュージーランド・アジアという世界15ヶ国の24ヶ所にあるイオンワールドデスクによって現地の相談をすることができますし、エクスペディアでの旅行をカード払いすると海外ホテルの宿泊費が8%OFFになり、航空券+ホテルの代金が2,500円OFFになります。

そして人気提携レジャー施設の優遇サービスもあり、富士急ハイランドは優待価格になり、鴨川シーワールドは入園料が大人2,650円(通常2,800円)で小人1,330円(通常1,400円)に割り引きとなり、スパリゾートハワイアンズのハワイアンズ入場料金が10%OFF、東京サマーランドは優待価格となり、SPA&HOTEL 舞浜ユーラシアが入館料310円OFF、箱根小涌園ユネッサンが優待価格になります。

レジャーやホテル以外にもカラオケや飲食店にレンタカーの優遇サービスも設けられており、カラオケ・シダックスが通常ルーム料金20%OFF、ビッグエコーカラオケは一般室料金30%OFF、湊一やは飲食代10%OFF、釜飯と串焼 とりでんは4.000円以上の利用で500円OFF、ニッポンレンタカーの基本料金が約5%OFF、オリックスレンタカーは基本料金最大50%OFFとなっています。

イオンカードのポイントサービスはときめきポイント

イオンカードのポイントプログラムは200円ごとに1ポイント貯まる基本還元率0.5%のときめきポイントになり、イオン・イオンモール・ダイエー・マックスバリューなどイオングループ系列店舗でカード払いすると還元率が2倍の1%に上昇し、毎月10日の「ときめきWポイントデー」ならばイオングループ提携店以外でもカード払いすると還元率が2倍の1%になります。

イオンカードのときめきポイントは電気・ガス・水道・通信料・新聞代・携帯電話使用料金・NHK・新聞・税金・国民年金保険料などがポイント獲得対象になります。

貯まったときめきポイントの使い道


  • 商品と交換
  • 1ポイント→1円換算でネットショッピングに使用
  • Waonポイント、dポイント、Suicaへは1ときめきポイント→1ポイントや1円換算で移行可能
  • JALマイレージには最大で1ポイント→0.5マイル換算で移行可能

イオンカードのクレジット機能とキャッシング機能は締め日と支払日が特殊

イオンカードのクレジット機能は1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、分割払い、リボ払いとあり、分割払いは最大60回払いまでと非常に長期の支払いが可能となっていて年率も10.05%から12.04%までと最大年率が支払い可能回数に比べて大変に抑えられていて、リボ払いは年率が15.0%となります。

キャッシング機能の方はと言うと利用限度額が最大300万円と無料のクレジットカードなのを考慮すると高額設定されており、年率は7.8%から18.0%で返済回数も最大57回と分割払いと同じくらいに長期となります。

イオンカードは返済日が他のクレジットカードとは違う特殊なものとなっており、毎月10日締めの翌月2日が返済日となっています。かなり変則的な支払い日程になるのでスケジュールの把握と支払い残高のチェックを忘れないようにしましょう。

イオンカードのまとめ


  • 年会費無料
  • 家族カードとETCカードも年会費無料
  • 「お客様感謝デー」で毎月20日、30日はイオングループ提携店でカード払いすると代金5%OFF
  • イオンシネマの一般通常料金がカード払いによって本会員と同伴1名まで300円OFF
  • ポイントプログラムはときめきポイント
  • 還元率は0.5%
  • イオングループ提携店でカード払いすると還元率1%
  • 毎月10日の「ときめきWポイントデー」でも還元率1%
  • 商品と交換
  • 1ポイント→1円換算でネットショッピングに使用
  • Waonポイント、dポイント、Suicaへは1ときめきポイント→1ポイントや1円換算で移行可能
  • JALマイレージには最大で1ポイント→0.5マイル換算で移行可能
  • 提携レジャー施設、ホテル、飲食店、レンタカーが優待サービス
  • エクスペディアの旅行をカード払いで海外ホテルの宿泊費8%OFF、航空券+ホテルの代金2,500円OFF
  • 世界15ヶ国24ヶ所のイオンワールドデスクで現地相談可能
  • ショッピングセーフティ保険でカード払いにて購入した5,000円以上の商品が購入日から180日以内ならば破損や故障を負担
  • カード盗難保障でカード不正利用の損害額補償
  • イオンカードのクレジット機能は1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、分割払い、リボ払い
  • 分割払いは最大60回払いの年率10.05%から12.04%
  • リボ払いの年率は15.0%
  • キャッシング機能の利用限度額が最大300万円、年率7.8%から18.0%、返済回数最大57回
  • 返済日程は毎月10日締めの翌月2日払いとかなり特殊!

イオンカードは返済日が他のクレジットカードとは違う特殊なものとなっており、毎月10日締めの翌月2日が返済日となっています。かなり変則的な支払い日程になるのでスケジュールの把握と支払い残高のチェックを忘れないようにしましょう。

イオンカードはクレジット機能やキャッシング機能の支払いスケジュールが変則的な欠点が

イオンカードはクレジット機能ならば分割払いを超長期支払いができる上に年率が抑えられていて、キャッシング機能ならば利用限度額が高く設定されています。しかし、イオンカードのデメリットとして支払いスケジュールが毎月10日締めの翌月2日払いというかなり特殊なものとなっていることから、ふとしたことで支払いを忘れてしまう可能性があります。

もしもクレジット機能やキャッシング機能を使いすぎたりスケジュールの把握を誤ってしまった場合は即日発行できるACマスターカードからの借り換えで対処しましょう。

ACマスターカードは即日発行できて利用限度額高い


  • 年会費無料
  • クレジットカード利用限度額がカードローンも合わせて最高800万円
  • 年率10.0%〜14.6%
  • インターネット経由で申し込めば自動契約機のむじんくんで最短30分即日発行

イオンカードはイオングループ提携店で有効活用できるしクレジット機能も優秀だが万が一の時はACマスターカード

イオンカードはイオンやマックスバリューなどのイオングループ提携店でのカード払いにて割り引きやポイント還元率上昇サービスがあり、提携レジャー施設の優待サービスなどもあることから旅行もしやすくなります。

イオンカードはクレジット機能もキャッシング機能も利用限度額、年率ともに使い勝手が良い反面、支払い日程が毎月10日締めの翌月2日払いと変則的なために、支払いを間違えてしまう危険があります。支払い日程を間違えていたり、使いすぎて返済できない時のためにインターネット経由ならば即日発行ができるACマスターカードを作るのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ