ロフトカードを解約すると永久不滅ポイントはどうなるの? 解約方法とポイントを失効させない方法を紹介

ロフトカードの解約方法と貯めたポイントはどうなるの?

「Loft(ロフト)」は生活雑貨を扱う大手チェーン店で、北は北海道から、南は九州鹿児島まで広く展開しています(2018年1月現在)。この生活雑貨店の「Loft(ロフト)」が発行しているクレジットカードが、「Loft Card(ロフトカード)」です。

ロフトカードの決済ブランドとしては、VISA、マスターカード、JCB、アメリカン・エキスプレスの4種類があります。

年会費は、VISA、マスターカード、JCBだと無料、アメリカン・エキスプレスだと3,240円(税込)がかかります。

次にポイントについてみてみましょう。加盟店での買い物や公共料金の支払いの際にカードを利用すれば、1,000円ごとにセゾンの「永久不滅ポイント」が1ポイント貯まるシステムです。このポイントの有効期限がないのが大きな特徴です。

この貯めた永久不滅ポイントは、400ポイントで全国の西友・リヴィン・サニーなどで利用できるSEIYUショッピングカード2,000円に交換できるので、1ポイント5円の価値があります。つまり還元率0.5%です。他のクレジットカードと比較すると、一般加盟店での還元率は若干物足りない水準ですが、ロフトでの10%割引というメリットがありますので、ロフトで頻繁に買い物をするという方にとってはお得なカードといえるでしょう。

逆に言えば、ロフトで頻繁に買い物をしない方にとっては、他にもっとお得なカードがあるということです。これを機に、クレジットカードの利用と自分のライフスタイルに合ったカードを見直して見ましょう。

ロフトカードの解約方法は?


見直してみてロフトカードを解約しようと思われた方は、解約手続きをすることになります。解約方法としては2通りあります。

まず、ロフトカードの発行元であるクレディセゾンのセゾンカウンターに出向くという方法です。この場合クレジットカードと身分証明書を持参することになりますので忘れないようにしておきましょう。

もう一つの方法は、クレディセゾンのセゾンインフォメーションセンターへ電話するという方法です。カードの裏面に電話番号が書かれてありますし、電話の際に本人確認のため、カード番号等を言わないといけませんので、ロフトカードを手元に置いて電話するようにしてください。

ちなみにインターネットからの解約はできません。

ロフトカードで貯めたポイントは解約するとどうなるの?


ロフトカードでは、「永久不滅ポイント」が貯まりますが、「永久不滅」とはいうものの解約すると消滅してしまいます。

ですから解約前に使いきってしまう必要があります。ポイントの利用方法は、いろいろとありますが最低100ポイントから利用することができます。例えば、ロフトカード100ポイントでTポイントに交換することができ、還元率は0.45%です。またロフトカード200ポイントでdポイントやAmazonギフトカードと交換することもでき、その場合還元率は0.50%となります。

ただし、他に永久不滅ポイントが貯まるクレジットカードを持っている場合、永久不滅ポイントの会員は継続するため、ポイントは無くなりません。他のカードを作成してから解約するのも有効な手段といえます。

新しいクレジットカードを作りたい方におススメのカードとは?

しかし自分のライフスタイルとクレジットカードの利用を見直し、もっとお得なクレジットカードがあればそのカードにいっそのこと乗り換えるのが良いのではないでしょうか。

ご自身にあったクレジットカードを既に作っている方は、それで良いのですが、迷われている方や探している方に是非おススメしたいクレジットカードがあります。

その名は「JCB CARD W」です。

それでは「JCB CARD W」とはどのようなカードなのか、その特長についてみていきましょう。

JCB CARD Wってどんなカード?

メリットその1:年会費が無料


クレジットカードには年会費がかかるものも多くあります。年会費の金額はカードによってまちまちですが、数千円から数万円かかります。頻繁に利用し、そのメリットを十分に享受できる方は、例え費用がかかっても良いかもしれませんが、それでも極力費用は抑えたいところです。

その点「JCB CARD W」では年会費が無料なので、クレジットカードを良く使うヘビーユーザーの方も、あまり使わないけれど、念のために作っておこうという方や、クレジットカード初心者の方でも気軽に作ることができます。

メリットその2:信頼と実績で安心できるカード


クレジットカードは、申し込みや審査の段階で個人情報をたくさん提出し、その後のお金のやりとりがカード発行元の会社に管理されます。ですから、安心できるかどうかは、何事にも代えがたい大きなポイントといえます。JCBカードは国際ブランドのライセンスを持つ企業が発行するカードですので、信頼と実績は十分です。

それに加えてセキュリティーの点でも充実しているカードです。例えば、カード内にICチップが内蔵されていますので、カードの偽造がされにくいうえに暗証番号だけで本人確認ができるようになっています。

また24時間365日、「不正検知システム」というセキュリティシステムを導入しているので、第三者による不正な使用がないか常にチェックしてくれています。不振な利用を検知した場合には、メールや電話にて利用確認をしてくれますので安心してショッピングなどで利用できます。

その他にも、様々なセキュリティーシステムを導入しておりますので、安心して快適にショッピングを楽しむことができます。また海外での補償もついていますので、海外でも安心して利用することが可能です。

メリット3:ポイントが2倍つく!


通常のJCBカードと比較すると、いつでもポイントが2倍つきます!

ポイント還元率にすると1.0%です。通常のJCBカードであれば1,000円につき1ポイントですが、JCB CARD Wでは1,000円につき2ポイント貯まる計算になります。利用店舗などに関係なくこの割合でポイントがつくので、効率よくポイントを貯めることができます。

例えば、生活費など月々10万円をクレジットカードで支払いをしたとすると、通常のJCBカードでは約1年で5,000円の商品券と交換できるところ、「JCBカードW」では半年で5,000円の商品券と交換できる計算となります。通常のJCBカードと比較すると、2倍のポイントがつくので、半分の期間で交換が可能となります。

メリット4:ポイントの交換は選択肢が豊富!


「JCB CARD W」は貯めたポイントを商品券に交換できるという点があります。しかしそれ以外にもポイントの利用方法が豊富に用意されているのです。例えば、ディズニーランドやディズニーシーのワンデイパスポートとの交換、またその関連ホテルでの宿泊利用券との交換も可能です。

またキャッシュバックのサービスや、nanacoポイントやスターバックス利用券、itunes Cardとの交換もできますし、各種飲食店での利用もできます。選択肢が豊富なので、それぞれのライフスタイルや還元率をみて選択することができるのは利点でしょう。

ロフトカードから他のカードに乗り換える方には「JCB CARD W」がおススメ!

数多くの会社から、様々なクレジットカードが発行されていますが、その特徴は様々です。ロフトで買い物を頻繁にする方は、是非ロフトカードを利用するのが良いでしょう。

しかし、作ったけれどそこまでロフトで買い物をしないという方は、もっとお得なカードがあるかもしれません。ご自身のライフスタイルを見直してみて、自分にあった最適なカードを選びましょう。そしてカードを選ぶ際には、是非「JCB CARD W」をおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ