簡単解説!電子マネーの仕組みを分かりやすく紹介!現金と比べて得な理由も紹介

すでに世の中に浸透している電子マネーですが、電子マネーとはどういった内容のものなのか使っている方でも把握しきれていない部分もあると思います。

より効率よく電子マネーを使って行く為にも電子マネーが本来どのようなものなのか知っておくことに越したことはりません。

電子マネーは単体でも使うことができますが、クレジットカードと紐づけすることでお得になることを知っていますか。

電子マネーを搭載したリクルートカードが、なぜ電子マネー利用者に人気があるのかについても詳しく見て行きましょう。

電子マネーとは

電子マネーは電子で使うことができる通貨のことです。

電子マネーの中には、入金(チャージ)をするシステム・クレジットカードと電子マネーの機能を結び付けるものの2種類があります。

電子マネーとして有名なものの中にSuicaやQuickPayがありますがSuicaはチャージ式の電子マネーQuickPayはクレジットカードと電子マネー機能を結びつける電子マネーでどちらも人気の高いカードです。

一見種類なんてないように感じてしまう電子マネーですが、細かく見ていくとそれぞれの異なる特色なども見えてくるでしょう。

自分にはどちらの電子マネーのシステムが合っているのかを知る為にも電子マネーの機能についてさらに詳しく見て行きましょう。

ポストペイ式とプリペイド式

電子マネーの機能には大きく分けてポストペイ式・プリペイド式の2種類があります。


<ポストペイ式>


ポストペイ式の電子マネーは、後払いシステムを取っています。

後払いの為クレジットカードとの結び付けが必要で、特長はチャージが不要なこと・利用限度額が多いことなどが挙げられ、クレジットカードと結び付けているためポイントも貯まりやすいでしょう。

紛失時の対応などもクレジットカード同様のサポートを受けることができるものが多いです。

ポストペイ式の電子マネーカードの支払いは後日クレジットカードの請求書と共に知らせが来るものがほとんどとなっています。


<プリペイド式>


プリペイド式の電子マネーは、前払いのシステムを取っています。

クレジットカードなどとの結びつけは必要なく、子供から年配の方まで幅広い年齢の方が持つことができます。

使用の際は現金のチャージが予め必要で、チャージした金額がなくなるまで使用可能です。

紛失時の対応はないものが多く利用限度額もチャージした金額までとなっていてチャージ額が無くなればその都度チャージが必要となり、チャージ最高額は50,000円までのものがほとんどとなっています。

後払いが心配な方などにおすすめできるのがプリペイド式の電子マネーカードです。

大きく分けて2つの種類がある電子マネーですが、さらに細かく見て行くとICにも違いがありクレジットカードなどで使用される接触型ICと電子マネーカードなどに使用される非接触型ICの2種類があるのです。

電子マネーについてしっかりと把握する為にICについても詳しく見て行きましょう。


<接触型IC>


接触型ICはカードに搭載されているICとクレジットカードなどを読み取るための機械が直接接触して通信を行うためのICとなっています。

この接触型ICはより厳重なセキュリティーが求められるカードに搭載されている為、セキュリティーを大切にしているクレジットカードなどに接触型ICが搭載されていることなどが多いです。


<非接触型IC>


非接触型ICはカードにコイルのようなものが入っていて、電子マネーカードなどをかざす機械にカードを接触させて無線通信でのデータのやり取りができるICのことです。

セキュリティーより利便性を求められるカードに使用されることが多いです。(Suicaなど)

このように電子マネーについて詳しく見ていくと新しい発見などもあり、自分にはどちらの電子マネーが向いているのかなども見えてきます。

では電子マネーについて詳しくし理解できたところで、電子マネーのシステムを搭載した今注目のカード、リクルートカードについて詳しく見て行きましょう。

年会費無料でポイントがついて便利な電子マネーのシステムも搭載されたクレジットカードとして今人気のカードなのです。

注目の電子マネー機能付きのクレジットカード、リクルートカードとは

リクルートカードは電子マネーの機能が付いたクレジットカードで、ポイントの還元率も良く今注目のカードなのです。

カード会社もマスター・VISA・JCBの国際ブランドのカード会社から選べます。


<年会費>


リクルートカードの年会費は永年無料です。


<電子マネー機能搭載>


リクルートカードで電子マネーを利用ならチャージでもポイントを貯めることができます。 (カードのブランドによってポイントの換算率が変わってくるので、自分のカードブランドのポイントシステムを確認してください)

搭載したい電子マネーの種類は選ぶこともできるので便利です。

マスター・VISA→(ナナコ・Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA)

JCB→(ナナコ・モバイルSuica)


<支払い>


支払日は毎月15日締め、翌月10日に指定の口座から引き落としになります。


<ポイント>


ポイントは1.2%の還元率を売りにしていて、10,000円→120円分のポイントが還元されるのです。

ポイントの加算タイミングは毎月15日までの利用金額に対して、翌月の11日に加算されます。


<保険>


リクルートカードは保険が充実しています。

海外旅行損害保険→マスター・VISA(最高2,000万円) JCB(最高2,000万円)

国内旅行傷害保険→マスター・VISA(最高1,000万円) JCB(最高1,000万円)

適応条件は旅行代金をリクルートカードで支払った時に限るので注意しましょう。

ショッピング保険→マスター・VISA(年間200万円) JCB(年間200万円)

年会費永年無料で充実の保険・ポイント還元率の良さ・幅広い電子マネー機能の搭載などリクルートカードが人気の理由はカード機能の良さからでしょう。

リクルートカードは使いやすいカードとして多くの方に選ばれているカードなのです。

では、クレジットカードとの提携などいろんな場面で活躍している電子マネーシステムですが、電子マネーを利用した際のメリットなども気になる点です。

電子マネーを利用するとどのように得になるのか、現金ではなく電子マネーを使うメリットなどを見て行きましょう。

電子マネー利用のメリット、現金と比べて得な理由

現金ではなく電子マネーを利用する得な理由として、まず挙げられるのがポイントを獲得できるということです。

現金支払いでは、貰うことのできないポイントも電子マネーを利用することによって獲得することができ、最近ではSuicaに特化したクレジットカードなどもあり日々のSuicaの利用でポイントを貯めることができるようになっています。

通勤や通学の定期代などでポイントが貯められるのは得です。

Apple Payやおサイフケータイを利用すれば、今より身軽に買い物をすることもできるので魅力的でしょう。

このように得でメリットも多い便利な電子マネー機能ですが、カードをかざしたりタッチをしたりする際に不具合が発生し反応しないこともあるので、電子マネーを利用している媒体(カードや携帯)は丁寧に取り扱うよう心がけましょう。

またポストペイ式の電子マネーを使っている方は、請求は後からとなるので使いすぎには注意が必要です。

ポストペイ式・プリペイド式と電子マネーには2種類ありますが、自分に合っている電子マネーの機能はどちらなのか、電子マネーについての知識を身に着け今より上手に電子マネーを使いこなして行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ