アメックス スカイトラベラーのデメリットとは? 年会費1万円が無駄にならない条件を確認しよう

アメックススカイトラベラーはポイント還元率3倍でマイル移行が効率的になるメンバーシップ・リワード・プラスが自動付帯

アメックススカイトラベラーは年会費が10,000円+税別で登録料が3,000円+税別のメンバーシップ・リワード・プラスが自動付帯されていることからマイル交換が効率的になっている1枚です。

ポイント還元率も提携航空店でのカード払いならば還元率3倍になるのでとても効率的にマイルを貯めることができます。

アメックススカイトラベラーは空港関連とショッピング関連の補償と特典も充実しており、空港関連の補償には国内外の旅行傷害保険が最大3,000万円かかり、航空便遅延費用補償によってフライト遅延にて生じた費用の補償や手荷物の遅延と紛失による費用を負担してもらえます。

ショッピング関連の補償はオンラインプロテクション、ショッピング・プロテクション、紛失や盗難となったカード再発行無料があります。

海外旅行関連の特典ですとグローバルホットラインによって24時間電話連絡すれば海外旅行や出張先の相談が可能で、エクスペディアならば24時間365日を通して全世界30,000都市の提携ホテルや海外ツアーの優待価格を予約可能となります。

空港では提携空港ラウンジを同伴者1名まで無料開放され、成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港ではスーツケース1個を空港から自宅まで無料配送可能です。

アメックススカイトラベラーの見どころはポイント3倍ボーナス!

アメックススカイトラベラーは年会費10,000円+税別ですがポイント還元率が100円につき1ポイントの1%と高く、提携航空店へのカード払いでポイント還元率がさらに3倍の3.0%にまで高まります。

そして、アメックススカイトラベラーは本来ならば登録料3,000円+税別のメンバーシップ・リワードが無料付帯となっており、1.25ポイント→1マイルという非常に高い倍率でマイルに移行が可能で、加えて5,000円+税別の登録料を毎年、支払うことで1ポイント→1ANAマイルの移行ができるようになり、大変に高い倍率でのマイル移行ができるのがメリットです。

そして、アメックススカイトラベラーには入会ボーナスもあり、カード発行をするとボーナスに3,000ポイントが入り、入会から1年以内に提携航空会社の提携旅行商品をカード払いするとボーナスに5,000ポイントも入ります。

アメックススカイトラベラーの支払いで獲得したポイントの使い道とおすすめ利用プラン

・提携航空会社で1ポイント→1円にて利用可能
・提携ホテルや旅行代理店で1ポイント→0.8円で利用可能
・提携空港会社マイルへ1.25ポイント→1マイルで移行可能
・年間登録料5,000円+税別で1ポイント→1ANAマイルに移行可能
・1ポイント→1.25Hオナーポイントで移行可能

アメックススカイトラベラーは基本還元率が100円につき1ポイントの還元率1%であり、提携航空店での支払いでも還元率が3倍になるという高還元率カードです。貯めたポイントはショッピング利用もできますが、提携航空マイルへ1.25ポイント→1マイルという高倍率で移行できるのがとても魅力的です。年間登録料5,000円+税別にて1ポイント→1ANAマイルの移行も対応しています。

ANAマイルを貯めたいのであればアメックススカイトラベラーよりもANA一般カード

アメックススカイトラベラーは年会費が高くてANAマイルを貯めるのに適しているとはいえない!?

アメックススカイトラベラーは補償が充実しており、ポイント還元率も高い優秀なカードですが、基本はショッピングでポイントを貯めてマイルに交換するシステムですので、エアラインに搭乗する際にはフライトマイル積算用のカードが別途に必要となります。加えて、ANAマイルに高倍率で移行するには年間登録料5,000円+税別を支払う必要があります。

ANA一般カードは年会費が低くてANAマイルを貯めるのに適したカード

ANAマイルを貯めたいという方にはANA一般カードがおすすめです。

ANA一般カードの年会費はカード発行初年度無料で翌年以降は2,000円+税別とアメックススカイトラベラーの年会費10,000円+税別と比べると大変に低い年会費となっています。おまけにアメックススカイトラベラーと違ってANAグループ便に搭乗すると通常のフライトマイル+ボーナスマイルが貯まるようになっていますし、貯めたワールドプレゼントポイントを最大1ポイント→10マイルという高い倍率で交換もできます。

アメックススカイトラベラーのデメリットであるフライトマイル関連とマイル交換の欠点を解消したのがANA一般カードで、海外の旅行傷害保険と国内航空傷害保険が最大1,000万円なのも魅力のひとつです。

また、ANA一般カードは発行初年度は年会費が無料で、翌年以降は年会費1,000円+税別の家族カードや13歳以上ならば所有できる「ANA VISAプリぺイドカード<チャージ限定型>」での支払いで獲得したポイントがANA一般カード本会員のポイントと合算されるシステムです。これによってポイントがずっと貯まりやすくなります。

ANA一般カードのポイントプログラムはANAマイルを貯めるのに効果的!

ANA一般カードのポイントプログラムはワールドプレゼントポイントで還元率は1,000円につき1ポイント貯まる0.1%となっており、携帯電話利用料金・電気代・水道代・ガス代・NHK受信料・放送料金へのカード払いをしてもポイントをゲットすることができます。

ANA一般カードはポイントアップモールを経由してのネットショッピングをすることでも還元率が最大20倍になります。そして、ANAカードマイルプラス加盟店でカード払いすれば還元率1%にてANAマイル獲得か、還元率0.5%にてワールドプレゼントポイントをゲットできるようになっています。

ANA一般カードは家族カードと「ANA VISAプリぺイドカード<チャージ限定型>」での支払いをしてゲットしたポイントが本会員のポイントになります。「ANA VISAプリぺイドカード<チャージ限定型>」は子供に持たせるのに適したプリペイドカードでして、カード払いがされた際にはきちんと利用通知が届き、その上で子供のカード払いでもポイント獲得チャンスとなります。

ワールドプレゼントポイントの利用法

・1ポイント→5ANAマイルで移行可能 ・年間6,000円+税別の手数料を支払うと1ワールドポイント→10ANAマイルに移行可能
・1ポイント→3円換算でキャッシュバックサービス
・1ポイント→dポイント、楽天スーパーポイントに5ポイントで移行可能
・1ポイント→4.5Tポイントで移行可能
・1ポイント→nanaco、waon、3ポイントで移行可能
・1ポイント→楽天Edy3円分でチャージ可能
・1ポイント→5ANAマイルで移行可能

ANA一般カードはワールドプレゼントポイント1ポイント→5ANAマイルという非常に高い倍率でマイルに移行できるようになっており、年間6,000円+税別の手数料を支払うことで「10マイルコース」に登録できて、1ポイント→10ANAマイルという圧倒的な還元率を持てます。

ANA一般カードは他にも、ANAグループ便のフライトを利用することで通常ゲットできるマイルに加えてボーナスマイルもゲットできるようになっており、ANAカードマイルプラス提携店でカード払いするとANAマイルを還元率1%かワールドプレゼントポイントを還元率0.5%でゲットできます。

アメックススカイトラベラーは強力なカードだがANAマイルを貯めたいならばANA一般カード!

年会費10,000円+税別のアメックススカイトラベラーは1.25ポイント→1提携航空マイルに移行できるというシステムを持っており、特典も補償も強力です。

しかし、ANAマイルへ1ポイント→1ANAマイルで移行するには年間登録料5,000円+税別がかかり、フライトマイルを貯めるには他のカードが必要というデメリットもあります。

ANA一般カードならば年会費2,000円+税別とおトクな上に1ポイント→5ANAマイルと高い倍率で移行できますし、年間登録料6,000円+税別の「10マイルコース」によって1ポイント→10ANAマイルで移行もできます。

家族カードと子供が持てる「ANA VISAプリぺイドカード<チャージ限定型>」での支払いもポイント加算になりますし、ANAグループ便に搭乗すればフライトマイルに加えてボーナスマイルも貯まります。

ANAマイル以外のマイルを貯めたいか、充実した補償や特典が欲しいのであればアメックススカイトラベラーですが、ANAマイルを貯めたいならばANA一般カードが大変に強力です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ