ANAアメックスとSPGアメックスを比較!年会費やポイント、マイルについてご紹介

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの特長を紹介

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメックスは充実した機能が魅力のクレジットカードで、旅行関連はもちろんのこと、日々のショッピングでも安心の1枚です。

ANA系列店でのカード決済には、通常1.0%還元のところ、1.5%還元でポイントがもらえることが特徴で、アメックスカードの中では比較的年会費が低く持ちやすいカードといえるでしょう。

ANAアメックスの年会費

7,700円(税込)
家族カードは2,750円(税込)

ANAアメックスのポイントについて

100円=1ポイント、ANAグループの利用で通常の1.5倍

効率的なポイント獲得方法

ANAカードマイルプラスの提携店の利用で、利用金額に応じたポイントとマイルを自動で加算されます。

ANAアメックスのマイルについて

ボーナスマイル

ANAアメックスに入会すると1,000マイル、毎年のカード継続毎に1,000マイルがプレゼントされます。

フライトボーナスマイル

ANAグループ便、スターアライアンスメンバーを含む、ANAマイレージクラブ提携航空会社便の利用でマイル加算があり、ANAグループ便の場合は、区間毎の割り増し10%ボーナスマイルがプレゼントされます。


ANAアメックスのポイント移行によるマイル交換には、ポイント移行コースへの登録が必要で、年間6,600円(税込)です。

一度登録すると1,000ポイント単位でANAマイレージクラブへマイル交換ができ、ANAアメックスで貯めたポイントは、年間移行ポイント数の制限がありません。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードの特長を紹介

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

SPGアメックスMarriott Bonvoyのゴールドエリート会員の権利が付与されているほか、マイルへの交換や毎年のカードの継続毎に無料宿泊特典がプレゼントされるなど、サービスが豊富なクレジットカードです。

加えて通常のクレジットカード利用では100円→3Marriott Bonvoyポイント、ポイントも貯まりやすく、その他の入会特典なども合わせると多くのポイントを貯められます。

ポイントやマイルを効率的に集めながら、ワンランク上な特典を受けたい方に必見な一枚といえるでしょう。

SPGアメックスの年会費

34,100円(税込)
家族カードは17,050円(税込)

SPGアメックスのポイントについて

100円=3Marriott Bonvoyポイント

効率的なポイント獲得方法

利用代金100円につき3Marriott Bonvoyポイントも貯まるため、日々の支払いをSPGアメックスで行うだけでたくさんのポイントが貯められます。

SPGアメックスのマイルについて

SPGアメックスは、主要提携航空会社のマイレージプログラムにMarriott Bonvoyポイントをマイルとして移行することができます。

1回の手続き、60,000Marriott Bonvoyポイント毎に15,000ボーナスポイントが付与、その合計がマイルに移行されるため、移行するMarriott Bonvoyポイントが多いほどお得となるでしょう。

ANAアメックスカードとSPGアメックスの違いをチェック

ANAアメックスカードとSPGアメックスは、どちらもポイントやマイルを貯めやすいカードです。

中でも大きく異なるところは、年会費とポイント・プログラムです。

年会費だけで比較すれば、SPGアメックスの方が高く、20,000円以上の差があります。

ポイントの貯めやすさを比較すると、どちらもポイントが貯まりやすい特典が満載ですが、SPGアメックスはMarriott Bonvoyのゴールドエリート会員の資格を持ち、100円につき3Marriott Bonvoyポイントと手軽にポイントを貯められるでしょう。

ANAアメックスも同様に使い方次第でポイントを貯められますが、SPGアメックスに比べると還元率が若干下がります。

ですがマイルを貯めやすいかどうかで言えば、ANAアメックスの方は年間ポイント移行数の上限がないため、貯めた分だけマイル交換ができることから、ANAアメックスが有利だといえるでしょう。

ポイントとマイルを貯めやすい2つのカードはライフスタイルに合わせて選ぼう

比べると甲乙つけがたいANAアメックスカードとSPGアメックスは、どちらもポイントとマイルを貯めやすいカードであり、普段使うクレジットカードとしても優秀な機能を備えています。

どちらを選ぶかは、好みによるところもありますが、やはりライフスタイルに合わせて選ぶことがおすすめです。

例えば、ANA系列のショップが多いエリアにお住まいで、良く利用するというならANAアメックスが、Marriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格を利用して快適な宿泊をしたい方はSPGアメックスといったように、ライフスタイルとカードの特長を生かした選択がポイントやマイルを大きく貯める秘訣といえます。

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

Pick Upコラム




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

監修ファイナンシャルプランナー紹介


ページの先頭へ