ETCカードの地域や期間限定割引でお得に節約しよう

車所有者には今や『必需品』となっているETCカードは、
ETC車載器と組み合わせることで時間帯割引が適応され、
ノンストップの快適なカーライフを過ごすことができます。
ETCカードのことを学んで、親となるクレジットカードを見つけていきましょう。

ETCカードの通常割引には何がある?

ETC割引は早朝・通勤・深夜割引などの時間帯割引だけではないのを知っていますか?実は、通常の時間帯割引以外にもETCには色々な割引が用意されています。

そして、ETCシステムを導入したからには、利用する有料・高速道路と利用する時期や季節などに合わせて登場する、期間限定割引を使いこなすと非常にお得になります。

まずはETCの割引制度にどんなものがあるかご紹介します。

頻度型割引

走行回数やマイレージポイントに応じた割引や還元を受けられる割引サービスや、運送業者をはじめ、高速道路を多く利用する方に向けた大口・他頻度割引があります。

各有料道路・高速道路ごとに用意されているものの他にも、「ETCマイレージサービス」に事前登録しているだけで受けられる割引も。頻繁に有料道路を使う方は必ずチェックして欲しい割引です。

ETCマイレージサービス登録で受けられるサービス

  • 平日朝夕割引
    平日(土・日・祝日除く)6〜9時/17〜20時の対象区間で1ヶ月の対象走行回数が5〜9回で約30%分還元10回以上で約50%分還元
    ※地方部区間最大100km相当分まで
  • マイレージポイント
    通行料金10円につき1ポイント付与

クレジットカードの利用料金で付くポイントとは別にマイレージポイントも貯まるので、特に問題がなければ登録しておくことをおすすめします。

交換ポイント 還元額(無料走行分)
1,000P 500円分(1P=0.5円相当)
3,000P 2,500円分(1P=0.8円相当)
5,000P 5,000円分(1P=1円相当)

マイレージポイントによる割引は、貯めてから使ったほうがレートが上がります。ただし、ポイントの有効期限はポイントが追加された年度の翌年度末(翌3月)なので、年間5万円以上利用する予定がない場合は早めに使いましょう。

NEXCO3社の「時間帯割引」

頻度型割引でご紹介した平日朝夕割引の他にも、時間帯や曜日によって利用料金が割引されることがあります。以下はその例です。

NEXCO3社の「深夜割引」

毎日午前0時から午前4時にNEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本の管轄する全国の高速道路及び宮城県道路公社の仙台松島道路を利用すると、走行距離や利用回数に関係なく30%の割引を受けられます。すべての車種が対象です。

※京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路は割引の対象外

休日割引【地方部】

土曜日・日曜日・祝日・毎年1月2日と3日は、NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本の管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)及び宮城県道路公社の仙台松島道路を利用すると、走行距離や利用回数に関係なく30%の割引を受けられます。普通車・軽自動車等(二輪車)限定なので、注意しましょう。

周遊割引(ドライブパス)

周遊割引は対象エリア内が定額で乗り放題になるお得なサービスです。サービスによっては、提携している観光施設の割引やプレゼント付きの優待もあるので、旅行でドライブが決まっている時に利用してみてはいかがでしょうか。

障害者割引

有料道路では、「身体障がい者の方が自ら運転する」または「重度の身体障がい者の方もしくは重度の知的障がい者の方が同乗し、障がい者ご本人以外の方が運転する場合」に、事前に登録された自動車1台に対して、割引率50%以下の障害者割引を実施しております。

条件を達成していれば、障がい者ご本人以外の方が運転する場合でもこの割引が適用されます。こちらの支援制度をまだ利用されていない方はチェックしてみてください。

各会社毎のETC割引サービス名称

とりわけ額が大きい割引ETCカードの期間限定割引というと「周遊割引」が当てはまります。各企業ごとによってETC割引のサービス名称が異なりますので注意しましょう。

周遊割引名
NEXCO東日本 ドラ割(どらわり)
NEXCO中日本 速旅(はやたび)
NEXCO西日本 みち旅(みちたび)
NEXCO3社
(東日本・中日本・西日本)
二輪車限定「ツーリングプラン」

割引制度の中には、ETCカードは対象でもETCコーポレートカードは対象外の場合があるので、必ず各割引の条件も確認しましょう。

ETCカードの地域・期間限定割引制度とは

地域・期間限定割引制度は3〜5割もお得になる

ETCカードの周遊割引は地域や期間が限られますが、30%〜50%と非常に大きな割引を受けられます。

より詳しく知るために、実施された過去の具体例を3つチェックしてみましょう。

具体例をご紹介

「ドラ割」ウィンターパス2021

利用期間 2020年12月4日〜2021年4月5日のうち連続する最大3日間
※12月26日〜1月3日を除く
発着エリア 首都圏・仙台・新潟
目的地エリア 湯沢・沼田・水上・白馬・滋賀・妙高・菅平・軽井沢・桑王・猪苗代・磐梯・那須・塩原・安比・八幡平・雫石・田沢湖・夏油

スキー場や温泉などで遊びに行きたい方向けで、ETC搭載の普通車または軽自動車などを対象としたサービスです。発着地と目的地に合ったプランを選ぶことで、約30%の割引を受けられます。

  • 首都圏発着
    湯沢・沼田・水上プラン:通常料金9,010円→6,100円(2,910円のお得)
    白馬・滋賀・妙高プラン:通常料金12,450円→8,700円(3,750円のお得)
  • 新潟発着
    猪苗代・磐梯プラン:通常料金6,180円→4,500円(1,680円のお得)
    湯沢プラン:通常料金6,810円→4,800円(2,010円のお得)
  • 仙台発着
    安比・八幡平プラン:通常料金9,570円→6,600円(2,970円のお得)
    田沢湖・雫石プラン:通常料金8,980円→6,600円(2,380円のお得)

上記は一部例です(普通車の場合の価格)。いずれのプランも、提携しているスキー場の割引優待や宿泊施設からのプレゼント(ワインや雑貨など)や、温泉施設やお食事所の割引優待などのサービスが付帯しています。

西日本観光周遊ドライブパス

利用期間 2020年9月18日〜2021年2月1日のうち連続する最大2〜4日間
利用可能エリア 関西・中国・四国・九州(下記表参照)

NEXCO西日本が管轄する関西地方の高速道路が定額で乗り放題になる全12個のプランです。ETC搭載の普通車または軽自動車などを対象としています。

地域 プラン一覧 利用期間 プラン料金
軽自動車等 普通車
関西 (1)滋賀・京都・若狭乗り放題プラン 2日間 5,000円 6,300円
(2)京都・兵庫乗り放題プラン 2日間 4,800円 6,000円
(3)和歌山・奈良乗り放題プラン 2日間 5,000円 6,300円
中国 (4)中国乗り放題プラン 3日間/4日間 @7,400円
A8,400円
@9,300円
A10,500円
(5)岡山・鳥取・出雲乗り放題プラン 2日間 4,500円 5,600円
(6)広島・島根乗り放題プラン 2日間 4,200円 5,300円
(7)広島・山口乗り放題プラン 2日間 5,200円 6,500円
四国 (8)四国乗り放題プラン @2日間
A3日間
@5,000円
A5,500円
@6,300円
A6,900円
九州 (9)九州全域乗り放題プラン @3日間
4日間
@6,300円
A7,900円
@7,100円
A8,900円
(10)熊本・佐賀・長崎乗り放題プラン 2日間 4,500円 5,600円
(11)熊本・大分・福岡乗り放題プラン 2日間 4,500円 5,600円
(12)熊本・宮崎・鹿児島乗り放題プラン 2日間 5,000円 6,300円

二輪車でも使える?

二輪車も大きさにより普通自動車や軽自動車に当てはまるため、ほとんどの周遊割引が使えます。中には二輪車限定の地域・期間限定割引もあるので、該当したら活用してみてください。

二輪車限定のプラン「2020ツーリングプラン」

2020年7月22日〜11月30日に実施された二輪車限定のプランで、各コースの対象エリア内が定額料金で乗り降り自由。ツーリングにぴったりなスポットが含まれています。以下はその一例です。

  • 首都圏:首都圏 東名・中央道コースミニ
    2日間 2,500円
  • 中京圏:中京圏 東名・中央道コース
    2日間 3,600円
  • 関西:名神・北陸道・京都縦貫道コース
    2日間 3,600円
  • 九州:熊本・大分・福岡コース
    2日間 3,100円

ETCパーソナルカードでも割引はされる?

基本的にETC割引は、ETCカードだけでなくETCパーソナルカードを利用した場合でも割引されます。ただし、大口取引で使われるETCコーポレートカードは対象外の場合が多いですので、プライベート利用ではカードを分ける事をおすすめします。

また、ETCパーソナルカードより、ETCカードの方が利用料金の分親カードのポイントが貯まってお得です。そこで、ETCカードを利用するのにお得なカードもご紹介します。

ETCカードを作るのにおすすめのクレジットカード

ポイントが貯まりやすい楽天カード



年会費 無料
ETCカード年会費 500円+税
※条件により無料
還元率 1%
発行期間 約1週間
詳細ページボタン 申込みボタン

楽天カードは還元率が高いカードとして、国内で非常に人気のカードです。還元率が1%と業界内でも高く、ETCカードの通行料金も100円につき1ポイントが貯まります。

楽天市場の利用では常に100円につき3ポイントになり、SPU(スーパーポイントアップ)で最高16倍にまで増やすことも可能。

ポイントを貯めやすく、また楽天グループや提携店舗であれば1ポイント=1円として現金のように使いやすい点でも便利なカードです。

楽天のETCカードを無料で持つ条件

楽天カードのETCカードの年会費は通常500円+税がかかりますが、楽天PointClubの会員ランクがプラチナ会員以上になれば年会費無料になります。

プラチナ会員になるには過去6ヶ月で2,000ポイント以上かつ15回以上ポイントを獲得すればOKです。つまり、月々35,000円ほどの利用で達成できるため、生活費でこまめに利用していれば、あまり高いハードルではありません。

お得な車関連の優待

楽天カードとENEOSが提携して、給油・洗車オイル交換等のカーケア商品でポイントが最大1.5倍貯まる他、楽天マイカー割(楽天市場での関連商品のお買い物や車検利用など)でのポイント優待、楽天損保の自動車保険ではネット割引25%の優待が受けられます。

年会費無料で持てるイオンカード



年会費 無料
ETCカード年会費 無料
還元率 0.5%
発行期間 約3週間
詳細ページボタン 申込みボタン

イオンカードはクレジットカードもETCカードも年会費が無料なので、条件を気にする必要がありません。負担をあまり感じることなく持ち続けることができるため、維持費を節約したいという方はぜひ選択肢に入れて欲しいカードです。

他にも、イオングループで実施している割引特典が受けられます。例えば、毎月20・30日は全国のイオンやビブレなどの各店舗でお買物代金が5%割引になったり、55歳以上のお客さまは、毎月15日にイオンのお買い物が5%割引に。また、還元率は通常0.5%ですが、毎月5のつく日はWAON POINTが2倍にUPします。

ETCゲート 車両損傷お見舞金制度

イオンETC専用カードなら、万一ETCゲートで開閉バーに衝突し、車両を損傷した事故にあった場合、年1回一律5万円分のお見舞金をもらえます。

ETC利用は200円につき1ポイント付与

イオンカードはETCカードの利用料金200円につき1ポイントが付与されます。また、毎月10日はイオングループ以外の利用料金に対してもときめきポイントが2倍になるので、活用すると還元率が1%に上がります。

ETCマイレージサービスも忘れずに登録

ETCマイレージとは、ETCカードで有料道路の通行料金を支払う度に貯まるポイントプログラムです。

個人でETCカードの登録の手間が必要ですが、年会費無料で利用料もかからず、こちらのコラムで最初にご紹介した通り、高速道路や有料道路の割引サービスも適用されます

クレジットカードのポイントとETCマイレージサービスのポイントの二重ができるので、還元率も益々上がります。

残念ながらETCマイレージサービスのポイントは、道路事業者ごとに貯まるため、各道路ごとのポイントは合算できないというデメリットはありますが、貯められれば通行料金に当てられて非常に良いものです。

メリットやデメリットなど、ETCマイレージサービスについてより詳細を知りたい方は、下の青いボタン先のコラムもチェックしてみてください。

ETCカードで貯まるポイントの詳細を知る

ETC割引を利用してお得にドライブしよう

割引サービスについてあまり知られていないETCですが、よく調べれば非常に多くの割引サービスが用意されています。ETC車載器とETCカードを導入したら、ETC割引を利用してお得にドライブや旅行を楽しんでみましょう。


吹き出し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイプ別・ETC車載器の選び方




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ