【2018年】ETCカード人気おすすめランキング&選ぶ際に見るべきポイント

ETCカードは、お金をかけずにお得なカードを作りたいですよね。でも「カードの種類が多すぎて、どれが良いのかわからない」と思う人も多いでしょう。

そこで今回は、当サイトでETCカード目的の申込みが多かったクレジットカードの人気ランキングをご紹介します!

自動キャッシュバックで無駄なくポイントを活用

VIASOカードはポイントを自動でキャッシュバックしてくれるので、ポイントが有効期限切れする心配もありません。

年会費 無料
ポイント 1000円=5ポイント
発行期間 最短3営業日
海外保険 2000万円利用付帯

お得なETCカード人気ランキング

人気ETCカード比較表

カード名 年会費
(ETC)
ポイント
還元率
発行
日数
電子
マネー
付帯
保険
※1
おすすめ
ポイント
2年目
以降
最高
還元率

VIASOカード
VIASOカード
¥0
(¥1050)
1%
最短
翌営業日
なし 海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・ETC利用料金はポイント2倍
・オートキャッシュバック
¥0(0) 12% (VIASO eショップ利用時)

JCB EIT
カード
VIASOカード
¥0
(¥1000)
1%
最短
3営業日
QUICPay 海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・リボ払い専用カード
・デザインが豊富
¥0(0) 10% (Oki Dokiランド利用時)

アメリカン・エキスプレス・カード
アメリカン・エキスプレス・カード
¥12000
(¥500)
0.30%
約10日 QUICPay 国内/海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・空港のラウンジサービスが充実
¥12000
(¥500)
1%

三井住友VISA
クラシックカード
VIASOカード
¥0(0) 0.50%
最短
3営業日
iD
PiTaPa
バーチャルWAON
Visa
 pay Wave
海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・利用できる電子マネーの種類が豊富
・海外でも利用しやすい
¥1250
(¥500)
0.65%

JCB CARD W
JCB CARD W
¥0(0) 1%
最短3営業日 QUICPay
海外旅行傷害保険・ショッピング保険
年会費が無料でポイント還元率が高い。
申込みは39歳まで
¥0(0) 12.5%
(Oki Dokiランド利用時)

楽天カード
楽天カード
¥0(¥500)
1%
最短
1週間
楽天Edy 海外旅行傷害保険・ネットセーフティ・商品未着保険
・インターネットショッピング関連の付帯サービスが豊富
¥0(¥500) 1%

dカード
dカード
¥0(0)
1% 最短5日 iD ショッピング保険
・特約店で還元率UP・dカードケータイ補償付き・条件付きで年会費無料
¥1250
(¥500)
5.0%

ライフカード VIASOカード
¥0(0)
0.50%
最短
3営業日
ライフiD
EdyモバイルSuica
nanaco
国内/海外旅行傷害保険
・誕生月ポイント特典あり
¥0(0) 1.33%

ANAアメリカン・エキスプレス・カード ANAアメリカン・エキスプレス・カード
¥7000
(¥0)
1%
約10日 QUICPay 国内/海外旅行傷害保険・ショッピング保険
・ANAマイルが貯まりやすい
¥7000
(¥0)
1%

オリコカード・
ザ・ポイント
オリコカード ザ ポイント
¥0(0)
1.0%
最短
8営業日
iD
QUICPay
なし
・入会後6ヵ月はポイント2倍
・500ポイントからAmazonギフト券に交換できる
¥0(0) 15% (オリコモール利用時)
  ※1:カード自体に付いている紛失・盗難保険を除く

ETCカードを選ぶ際に見るべきポイント

クレカ・ETCカードともに年会費無料

普段あまりクレジットカードを使う機会がないという場合は、クレジットカード・ETCカードともに年会費や発行手数料が無料のものを選ぶのがおすすめです。
無駄な出費をせずにポイントの還元や各種サービスを受けることができます。

ほぼ年会費無料(簡単な条件)

年会費が無料、もしくは年1度以上のカード利用で年会費が無料というカードは意外とたくさんあります。中でも、クレジットカード・ETCカードのどちらも無料なのはVIASOカード、JCB EITカード、JCB CARD W、ライフカードなど。

年会費のことを気にせずにカードの作成や利用をしたい場合は、これらのカードを選ぶと良いでしょう。

年会費を上回るポイント還元

ポイント還元率の高さで目を引くのはVIASOカード、JCB EITカード、楽天カード、JCB CARD W、オリコカード・ザ・ポイント。普通に利用していれば、年会費分を上回るポイント還元を受けることができます。

また、ANAアメックスのように通常のポイントとは異なりマイルを貯める目的で所有するクレジットカードは1マイル=2円相当と考えると年会費分は簡単に元を取ることが可能です。
自分のカードの使い方を想像しながら各カードを比較してみてください。

カードが届くまでの期間が短い

申し込み方法によっても差はありますが、最短で3営業日にカードが手元に届くのがJCB EITカードやJCB CARD W、三井住友VISAカードですVIASOカードは最短翌営業日で発行できるので、すぐにでもカードが手元に欲しい場合におすすめです。

その他のカードに関しては、申し込みから発行までにおよそ1週間程度を見込んでおいた方が良さそうです。

電子マネー

利用可能な電子マネーの種類が多いのは、三井住友VISAクラシックカード、ライフカードの2カードです。自社の電子マネーのみの取り扱いという楽天カードや、チャージは可能でもポイントの対象にはならないという形態を取っているアメリカン・エキスプレス・カードなども特徴的です。

電子マネーを普段利用しないという人にとっては大きな問題ではないかもしれませんが、コアな電子マネーユーザーにとっては重要な比較ポイントとなりそうです。

高還元率キャッシュバック型のVIASOカード



VIASOカード

VIASOカードは年会費が永年無料で持てる、高還元率キャッシュバック型のクレジットカードとして人気です。

ポイントも貯めやすく、ETCの利用代金、携帯電話やインターネットプロバイダーの利用料金の支払いでポイントが通常1,000円=5ポイントのところ、2倍の10ポイントが貯まり、還元率が1%に上がります。

さらに、ネットショッピングをする場合「VIASO eショップ」を経由して商品を購入すると通常ポイントに加え、参加店舗のボーナスポイントがもらえます。
還元率は最大12%にまで上がり、店舗ごとに還元率は様々です。

参加店舗も楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなど豊富にあるので、ネットショッピングを利用される方は必ず「VIASO eショップ」を経由してポイントをたくさん貯めましょう。

貯まったポイントは、1000ポイント以上になると1ポイント=1円として自動でキャッシュバックされるので、ポイントの有効期限を気にすることなく貯めることができます。

年会費永年無料でポイントを多く貯めたい方は、VIASOカードがおすすめです。

ポイントが常に2倍のJCB EIT



JCB EIT

JCB EITは、通常のJCBカードが1,000円=1ポイント貯まるところ、どのショッピングで使っても常に2倍の1,000円=2ポイント貯まることが魅力のカードです。

「OkiDokiランド」を経由してネットショッピングをするだけで2倍〜最高20倍のポイントを貯めることができます。

参加店舗数は約400店舗と豊富にあるため、ネットショッピングを利用する方は必ず「OkiDokiランド」を経由してポイントをたくさん貯めましょう。

さらに、メンバーシップサービス「JCB STER MENBERS」で年間の利用額によって翌年のポイント還元率を10%〜25%上げることができるので、使えば使うほどポイントが貯まりお得になります。

貯まったポイントは、商品券やギフトカード、他店ポイントやマイルに交換する、お買い物に使うなど多様です。

付帯保険サービスの海外旅行傷害保険も充実していて、海外に事故にあったり病気になってしまった場合、最高2,000万円の補償を自動付帯で受けることができます。

海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードはたくさんありますが、年会費が無料で自動付帯されているものはほとんどないため、旅行時にJCB EITを持っているだけで万が一の場合も安心です。

また、JCB EITはリボ払い専用カードであるためお店で1回払いでといった場合でもすべてリボ払いとなってしまうので使い方には注意しましょう。

年会費以上の充実したサービスのアメリカン・エキスプレス・カード



アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードはブランド力があり、年会費からもわかる高級さ、ステータス性に優れたクレジットカードとして世界中で人気を集めています。

年会費は12,000円+税と決して安くはありませんが、会員の特典やサービスが非常に充実しており、その充実度は年会費以上の価値があるのです。

トラベルサービスでは、国内28空港と海外2空港の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できるサービスをはじめ、出発や帰国時に家から空港までスーツケースを1個無料で配送してくれる手荷物無料宅配サービスなど旅行時に便利な特典が豊富にあります。

旅行先で困ったっことがあった場合も、グローバル・ホットラインなら24時間無料で、レストランの予約、旅行先の観光情報、緊急時の相談なども日本語で対応してくれるので安心です。

付帯保険サービスでは、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険に加え、カードで購入した商品の返品を購入店が受け付けない場合に、購入日から90日以内で1商品につき3万円相当まで補償される「リターン・プロテクション」も付帯していて手厚くなっています。

アメリカン・エキスプレス・カードは特典やサービスが充実していますが、ポイントプログラムも魅力の一つです。

通常還元率1.0%で100円=1ポイントが貯まり、貯まったポイントを一度景品に交換するとその後のポイント有効期限が無期限になります。

さらに、年会費3,000円+税の「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すると、無条件でポイントの有効期限が無期限になり、ポイントの交換レート、マイル移行レートが上がるので、一度に多くのポイントを交換する際にお得です。

特典やサービス、手厚い保険を受けたい方は、アメリカン・エキスプレス・カードを検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードを研究しよう


ETCカードの基礎知識TOP



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ