自動車税をクレジット払いにしてお得にポイントを貯める方法


ポイント還元が高いカード!

様々な利用方法でポイントが
効率よく貯まるクレジットカードはコレ!

年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 無料
入会資格 原則として年齢18歳以上の方 (高校生は除く)
電子マネー
利用
可能枠
10〜300万円

自動車税の支払いにオリコカードザポイントを利用する理由

先日、テレビの某ニュース番組で日本の自動車税が欧米諸国と比べて異常に高いという事が放送され、ネット上でも少し話題になりました。

排気量が1800ccの場合

  • 日本:約70万円(自動車税、自動車重量税、自動車取得税を含む)
  • ドイツ:約22.4万円(自動車税)
  • フランス:約4.2万円(登録税)
  • アメリカ:約1.4万円(自動車税他)

報道内容は、排気量が1800ccなど、同じような条件の自動車を所有していた場合、アメリカの約49倍も高額な税金を日本人は支払っていることになっているとのものでした。

日本人にとって自動車に関連した税金は非常に大きな負担であるという話題でしたが、これに関連した朗報もあります。

それは、自動車税はクレジットカードでの支払いが可能になってきているという事です。クレジットカードなら高額な支払いでもポイントとして還元されるので、現金よりもお得だからです。
各地方自治体でのサービスなので、お住まいの地域によってはまだ利用できない場合や条件の違いもありますが、将来的には全ての地域でクレジットカード払いができるようになってくるのではないでしょうか。

少しでもお得感を得られるように、高額な自動車税をクレジットカードで支払う場合にお勧めしたいクレジットカードがあります。それが「オリコカードザポイント」です。

オリコカードザポイントの特長

no.1
年会費が永年無料
no.2
ポイント還元率が1%以上と高い還元率
no.3
Amazonギフト券やTポイントなどへの交換は500ポイントから可能。たくさん貯まるまで待つことなく利用できる

オリコカードザポイントは年会費無料でポイントを効率よく貯めることに優れたクレジットカードです。近年は海外旅行保険が付帯されているもの、指定スーパーで支払いをすることで割引が受けられたりするクレジットカードも多く、「年会費無料のカードはポイント面ではあまりメリットが無い」と思う方も多いかもしれません。

しかし、例えば他の多くのクレジットカードには旅行保険などの会員特典がいろいろ付帯しているものですが、当然ながら旅行保険は旅行をしない人にとっては全く価値がありません。オリコカードザポイントは保険などの特典を最小限にし、ポイントの獲得と利用に特化することで、他のクレジットカードよりもポイント面で優れたカードを年会費無料で実現しているといえます。

もちろん、オリコカードザポイントも紛失・盗難保障付帯など最低限の特典はあるので、利用面でも安心です。

若い世代の車離れなどと言われている時代ですが、その背景にはやはり金銭的な負担の大きさもあるのではないでしょうか。オリコカードザポイントならポイント還元率という形で負担を少しでも軽減できる可能性があるのです。

オリコカードザポイントならポイントがどんどん貯まる !


オリコカードザポイントの最大の特長は、ポイントを誰でもたくさん貯めることができるポイントプログラムです。

オリコカードザポイントでポイントを貯める4つの方法

no.1
通常の利用でポイント還元率1%
日常のショッピングはもちろん、自動車税など高額な支払いでの利用ならポイントを大量に獲得できます。
no.2
入会後半年間はポイント還元率が2%(上限5,000ポイント)
半年間とはいえ、年会費無料のクレジットカードで還元率2%はかなりお得といえます。
no.3
オリコモール経由でプラス0.5%を獲得
普段利用しているネットショップをオリコ会員専用サイト「オリコモール」を経由しての利用であれば、0.5%〜最大15%ポイントが加算されます。
no.4
オリコカードザポイントでオリコモールを利用すればプラス0.5%を獲得
オリコカードザポイントに限り、Bに加えさらに0.5%が加算されます。オリコカードザポイントが他のオリコのクレジットカードより優遇されており、お得といえる点です。
オリコモールに出店しているショップ一覧(ショップは600以上)
Amazon
Yahoo!JAPAN ショッピング ベルメゾン 楽天市場 じゃらん
ポイント0.5% ポイント0.5% ポイント1% 今なら最大15% ポイント0.5%

例えばオリコモール経由をしAmazonでショッピングをした場合、 通常の1%(入会後半年間は2%)+Amazonの場合は0.5%加算+オリコカードザポイント限定ポイント0.5%=獲得ポイントは2%(入会後半年間は3%)

オリコカードザポイントと楽天カードのポイント特典を比較

ポイントが貯まりやすい年会費無料のクレジットカードといえば楽天カードが有名です。

カード名 楽天カード
楽天カード
イオンカード
オリコザカードポイント
年会費
無料
無料
ポイント
100円=1ポイント
楽天市場で100円=2ポイント

100円=1ポイント
様々なネットショップで100円=2ポイント


楽天カードは通常利用で100円=1ポイントでオリコカードザポイントと同様の還元率となりますが、楽天市場の利用で100円=2ポイント、楽天カード加盟店の利用で2ポイント以上貯まるものの、加盟店はコンビニやガソリンスタンドなど一部の実店舗となっており、利用の幅は限られます。

オリコカードザポイントはオリコモールを経由しさえすれば多くのネットショップの利用で100円=2ポイント以上を獲得できます。オリコモール経由で利用できるネットショップの数はAmazonやYahoo! ショッピングなど大手ショッピングモールほか、合わせて約600店という膨大な数です。その中には楽天市場も含まれるため、オリコカードザポイントのほうがポイントをより多く獲得できるチャンスがあるのです。

ちなみに、オリコカードザポイントの場合、オリコモール経由で楽天市場を利用すれば最大15%ポイントを獲得できます(通常10%、現在は15%。※終了期間は未定)。一部の対象店舗の商品になりますが、むしろ楽天カードを利用するよりオリコカードザポイントを利用したほうが楽天市場をお得に利用することができる場合もあるのです。

貯まったポイントは500Pから利用できる !


オリコカードザポイントは500ポイントから交換ができるので、ちょっとした買い物にも気軽に利用することができます。また、利用の選択肢が豊富なので、ポイントをたくさん貯めたけど結局利用しなかったという可能性も低くなります。

オンラインギフト券への交換

WEBショップや実店舗で利用できるクーポンへの交換の種類が豊富 !

会員専用サイト「オリコポイントゲートウェイ」で手続き後、即時に反映されるので、すぐにでもショッピングを楽しむことができます。

オンラインギフト券(一例)
Amazonギフト券
iTunesギフトコード LINEギフトコード すかいらーくご優待券
Amazonギフト券 iTunesギフトコード LINEギフトコード すかいらーくご優待券

オンラインギフト券の交換例

  • Amazonギフト券500円分=500ポイント
  • iTunesギフトコード500円分=500ポイント
  • LINE ギフトコード500円分=500ポイント
  • nanacoギフト1,000円分=1,000ポイント
  • ファミリーマートお買い物券500円分=500ポイント
  • すかいらーくご優待券5,000円分=5,000ポイント
  • Oisixギフトカードエクセレントコース3,800円相当=3,800ポイント

提携先にポイントを移行

ポイント移行もオリコカードザポイントは提携会社の種類が豊富。ショッピングサイトのポイントや航空会社のマイルなど、利用者それぞれの自由な移行が可能です。

ポイント移行(一例)
Tポイント 楽天スーパーポイント ANAマイレージクラブ ANAマイレージクラブ
Tポイント 楽天スーパーポイント ANAマイレージクラブ JALマイレージバンク

ポイント移行例

  • Tポイント1,000ポイント=1,000オリコポイント
  • 楽天スーパーポイント1,000ポイント=1,000オリコポイント
  • ANAマイレージクラブ600マイル=1,000オリコポイント
  • JALマイレージバンク500マイル =1,000オリコポイント
  • ベルメゾン・ポイント1,000ポイント=1,000オリコポイント
  • ドコモポイント1,000ポイント=1,000オリコポイント
  • au WALLET ポイント1,000ポイント=1,000オリコポイント

例えば、楽天カードの場合、ANAマイレージクラブへの移行は1,000楽天スーパーポイントでANAマイレージクラブ500マイルで換算されます。オリコカードザポイントの1,000オリコポイントなら600マイルに換算。ポイント移行時の換算率は要チェックです。そういった面でもオリコカードザポイントはお得なのです。

マイルの足しにできるのもオリコカードザポイントの良い点です。

自動車税だけじゃない!公共料金の支払いでもポイントがどんどん貯まる


自動車税もそうですが、ショッピングと違い、必ず支払わなければならないものが公共料金です。最近では固定資産税など、ちょっと意外なものまでクレジットカードに対応しています。そういった支払いにオリコカードザポイントを積極的に利用してポイントを利用することで、金銭的な負担をより減らすことができるのです。

クレジットカードで支払うことができる公共料金例

  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 住民税
  • 固定資産税
  • 国民健康保険
  • 介護保険
  • 水道料金
  • NHK受信料

上記は各地方自治体などによってクレジットカードが利用できない場合もありますので、お住まいの市役所などのホームページで確認しておきましょう。

迷ったらココ!

オリコカード・ザ・ポイントポイント還元率の高さで選ばれているカード

入会後6ヶ月は100円で2ポイント付与 (還元率2%)となり、さらに使い方によっては還元率3%以上アップ可能!

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行期間
無料 無料 無料 約1週間
還元率 海外旅行
保険
国内旅行
保険
電子マネー
1〜3% - - VISAMasterCard
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ