PayPay銀行カードローンの特徴

PayPay銀行は、2000年に「ジャパンネット銀行」として、誕生しました。

日本初のインターネット銀行であり、20年以上続く歴史ある銀行です。

2021年4月5日に社名変更をして、「ジャパンネット銀行」から「PayPay銀行」になりました。

今回はPayPay銀行のカードローンについて解説します。

PayPay銀行カードローンの特徴

PayPay銀行カードローンは、PayPay銀行に口座がある人向けのカードローンで、口座が無くても新規口座を作れば借り入れできます。

インターネット銀行なので来店の必要が無く、本人確認がスムーズにすすめば最短即日で口座を開設することもできます。

銀行系カードローンの中で最高金利は高めですが最低金利は低く、カードローンの新規契約で現金のプレゼントなどユニークなキャンペーンが多いのも特徴的です。

また、PayPay銀行カードローンは専業主婦の方やバイト・パートの申し込みにも対応しており、幅広い人が利用しやすいのがメリットでしょう。

PayPay銀行カードローンを契約すると、もれなく1,500円がもらえる!

いまPayPay銀行カードローンを新規契約すると、もれなく全員1,500円がもらえるキャンペーンを実施しています。

カードローンの利用や返済などの条件はなく、契約するだけでOKなので非常にハードルが低いのが魅力です。

こちらのキャンペーンの終了時期は決まっていませんが、突然終了してしまうことも考えられるので、早めに申し込んでおきましょう。

PayPay銀行カードローンの利用で最大10,000円がもらえる特典も

PayPay銀行カードローンの借入額に応じて、最大10,000円がもらえるキャンペーンも実施中です。

もらえる金額は、契約翌月末までの借入金額の合計に応じて変動します。

借り入れ額 もらえる金額
10万円以上 – 50万円未満 500円
50万円以上 – 100万円未満 1,000円
100万円以上 – 150万円未満 5,000円
150万円以上 – 300万円未満 7,000円
300万円以上 10,000円

PayPay銀行カードローンのメリット

PayPay銀行カードローンには5つのメリットがあります。詳しく見ていきましょう。

①全てインターネットで完結

申し込みから融資まで、インターネットで完結することができます。

以下に該当する方なら誰でも申し込むことができます。

  • 申込時の年齢が20歳以上70歳未満
  • 仕事をしていて安定した収入のある方
  • PayPay銀行に普通預金口座がある個人の方
  • 一定の審査基準を満たし、保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方

新規口座開設はできる?

免許証かマイナンバーカードを持っていれば本人確認がすぐに出来るため、最短で申し込みしたその日に口座開設することも可能です。

免許証かマイナンバーカードを持っていなければ、本人確認に5日~1週間ほどかかるので時間が無い人は他のカードローンを探した方が良いでしょう。

新規口座開設をした際はキャッシュカードが後日届きますが、郵送物からカードローンの利用が家族にバレることはほぼありません

②初回借入日から30日間利息0円

PayPay銀行カードローンでは、初回の借り入れをする方に限り借り入れした日から30日間利息が0円になる「無利息特約」があります。

契約日ではなく借り入れした日からカウントします。

ただし、すでに受付は終了していますがジャパンネット銀行時代にカードローン、もしくはそれに準ずるサービスを利用していた人は、対象外になるので注意が必要です。
(※対象外:旧おまとめローン、旧クレジットライン、旧カードローンの利用者)

③残高不足サポート機能

「残高不足サポート機能」とは、普通預金口座が残高不足のとき不足している金額を自動的に借り入れできるサービスです。

例えば、家賃月5万円の人がいたとします。

家賃引き落としの日に「しまった口座に1万円しか無い!」という状況でも、不足している4万円を自動的に融資してもらえます。

ただし、借入枠の上限まで借り入れしている人は自動融資ができず、借り入れ額の範囲内での融資になります。PayPay銀行口座の不足時のみが対象です。

当然のことですがカードローンの返済日に普通預金口座の残額が不足していた時は、「返済遅延」になります。

④提携ATMは毎月1回目手数料無料、3万円以上なら何度でも手数料無料

以下、提携ATMからはPayPay銀行のキャッシュカードを利用して、現金を引き出すことができます。

毎月1回は手数料が無料ですが、2回目以降は利用金額によって手数料が発生します。

提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行ATM
  • E-net
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

利用金額が3万円以下の場合は、手数料165円が発生します。(※ゆうちょ銀行のみ330円)

⑤キャンペーン・常設特典

また、PayPay銀行カードローンでは新規で契約した方を対象にキャンペーンを行っています。

  • 契約すると1,500円もらえる

新規でカードローンを契約すると、例え借りなかったとしても1,500円もらえるキャンペーンです。

  • 借り入れ金額に応じた金額をプレゼント

    契約翌月末までの借入金額の合計に応じて、以下の金額がプレゼントされます。

    借り入れ金額 プレゼント金額
    10万円以上 – 50万円未満 500円
    50万円以上 – 100万円未満 1,000円
    100万円以上 – 150万円未満 5,000円
    150万円以上 – 300万円未満 7,000円
    300万円以上 10,000円

    申込みから融資までの流れ

    PayPay銀行カードローンに申し込む方法は、インターネット(WEB、ローンアプリ)からのみです。

    PayPay銀行に口座がある人も無い人も、申し込みの際に必要な本人確認資料は以下の内容です。

    WEBでアップロードするか、希望すればコピーを郵送で送ることもできます。

    本人確認書類
    いずれか1点を提出

    • 運転免許証
    • マイナンバーカード
    • 各種健康保険証
    • パスポート
    • 住民基本台帳カード
    • 在留カード
    • 特別永住者証明書
    • 印鑑証明書
    • 住民票
    • 各種年金手帳+補助資料
    • 身体障がい者手帳を含む各種福祉手帳+補助資料

    ■申し込み方法はインターネットのみ

    • STEP1
      申し込み
      WEBまたはローンアプリから申し込み
    • STEP2
      本人確認資料の提出
      スマホから画像をアップロード ※希望すれば書類郵送も可能
    • STEP3
      仮審査・本審査
      結果はメールでお知らせ ※仮審査は最短で60分、本審査は最短で翌日
    • STEP4
      初期設定
      トークンアプリで初期設定 ※口座が無い人のみSTEP4あり
    • STEP5
      借り入れ
      以下3つの方法で借り入れ

      • スマホアプリ
      • ホームページ
      • ATMから現金引き出し

    電話による在籍確認あり

    PayPay銀行カードローンでは、審査の際に、勤務先へ電話による在籍確認があることが公式サイトにはっきり記載されています。

    審査にあたり、「銀行名+担当者名」でご登録の勤務先電話番号に在籍確認のお電話をします。

    PayPay銀行公式ホームページ「契約の流れ」より引用

    PayPay銀行カードローンのデメリット

    PayPay銀行カードローンのデメリットを2点、紹介します。

    ①最高金利が高め

    変動金利になるので情勢によって変化しますが、2022年9月30日現在の金利は年1.59%~18.0%です。

    初回の借り入れ時や、二回目以降でも100万円未満の借り入れをする時の金利は大体18.0%になるでしょう。

    最低金利は低いですが、最高金利は消費者金融系カードローンに並ぶ数字で銀行系カードローンの中では高めです。

    ②本審査は時間がかかる

    仮審査は最短60分で連絡と公式ホームページにも記載がありますが、本審査は最短でも翌日、状況によってはさらに時間がかかる可能性もあります。

    そのため、即日融資を希望する人や時間に余裕が無い人には適していません。

    【カードローン】審査にはどのくらいかかりますか。

    本審査結果は最短翌日となります。ただし、審査状況や書類の提出状況によってお時間がかかる場合がございます。

    PayPay銀行公式ホームページ「お客さまサポートメニュー」より引用

    PayPay銀行カードローンがおすすめの人

    PayPay銀行カードローンは、以下に当てはまる人におすすめです。

    • PayPay銀行に元々口座を持っている人
    • すぐに返せる目途がついている人
    • 申し込み~借り入れの時間に余裕がある人

    PayPay銀行に元々口座を持っていれば開設の手間が無く、金利が高めなので無利息特約の範囲内で返済が可能な人、融資までの時間に余裕がある人が向いています。

    契約をするだけでお金がもらえるキャンペーンなども行っているので、無利息で返せればおトクです。

    PayPay銀行カードローンが向いていない人におすすめのカードローン

    PayPay銀行カードローンに向いていない人は口座が無く、借り入れを繰り返す予定の人です。

    融資までの時間に余裕がある人は金利の低い「楽天銀行スーパーローン」、とても急いでいるならPayPay銀行より金利が低く、すぐ借りられる消費者金融系カードローン「プロミス」などがおすすめです。


    PayPay銀行カードローンは口座がある人にはおすすめ!

    PayPay銀行カードローンは、元々PayPay銀行に普通預金口座を持っている人にはおすすめです。

    ATMで現金を引き出したい場合は手持ちのキャッシュカードをすぐに利用でき、ネット銀行なので改めて来店などの手間も無く、借りたい時にすぐ借りることができます。

    様々なキャンペーンを行っていることもPayPay銀行カードローンの特徴なので、お得なサービスを行っているタイミングを狙って契約するのも良いでしょう。