主婦は在籍確認なしでカードローンを使えるの?

主婦の方々は、家計の一端を担うためパートやアルバイトをしていたり、専業主婦として家計や家庭を切り盛りしていたりします。

ただ、どれだけ働いていたり家計を管理していても、時に急な出費がかさんでお金が足りなくなることもあるでしょう。

そんなときに、カードローンの利用を検討する主婦の方もいます。

主婦がカードローンの申し込みをした場合、問題なく利用できるのでしょうか?

また、主婦がカードローンを申し込んだ際の在籍確認はどうなるか、併せて確認していきましょう。

主婦はカードローンを利用できる?

カードローンは、申し込む際に返済能力や収入面を確認するため、必ず審査が行われます。

正社員として勤めていれば在籍確認や本人確認もできますが、正社員ではない場合はカードローンを利用できるのか不安な人もいるでしょう。

まずはじめに、主婦はカードローンを利用できるのか、確認しましょう。

パートアルバイトや自営業の主婦は利用しやすい

カードローンの申し込み条件には、申込者自身に毎月安定した収入があることがほぼ確実に含まれています。

その際は主婦でもパートやアルバイト、自営業などで自分自身の収入があれば申し込みが可能です。

ただ、収入があるといっても毎月の収入額が安定していることが重要で、定期的なシフトに入っているか1ヵ所の職場で長く勤めている方が利用しやすい傾向があります。

消費者金融系は申込者本人に収入がないと申し込みできないケースがほとんどで銀行系は配偶者に収入があれば申し込める可能性があるでしょう。

ただ、横浜銀行カードローンのように居住地や勤務先が限定されるなど例外もあります。

横浜銀行カードローン商品概要
横浜銀行カードローン|横浜銀行

専業主婦は基本的に利用しにくい

専業主婦の場合は、消費者金融系のカードローンは申し込みできず、銀行カードローンでも配偶者の収入や与信取引の状態によっては利用できないケースがあります。

これは、車やマイホームなどの他のローンを組んでいると審査が厳しくなりやすいことや、配偶者の同意や世帯年収の状況確認が必要となるケースがあるからです。

特に専業主婦の方が家族に内緒で利用したい場合は、配偶者の同意・給与明細の提出などが求められるカードローンは避けた方がいいでしょう。

どうしてもバレずにカードローンを利用したい専業主婦の方は、申し込み条件をあらかじめ確認しておくことが重要です。

主婦も勤務先に在籍確認の連絡がくるの?

カードローンを利用する際は、審査の一環として勤務先への在籍確認が行われます。

主婦の場合も例外なく在籍確認は実施されるため、ほぼ避けることはできないと考えて良いでしょう。

ここでは、カードローン各社の在籍確認について紹介するとともに、電話以外の方法で在籍確認が可能な例もチェックしていきます。

主婦の人が消費者金融系カードローンに申し込んだ場合

消費者金融系のカードローンに申し込んだ際の在籍確認は、職場に電話がかかってくることが一般的です。

ただ、カードローン会社ごとに対応が異なる部分があるのでチェックしていきましょう。

アコム・レイクの場合

消費者金融系カードローンでも大手のアコムとレイクでは、原則として在籍確認を職場への電話で実施しています。

ただ、職場への電話がどうしても難しいときは、事前に相談することができます。

相談のタイミングは申し込んだ直後で、お客さまセンターなどに電話をかけるのがオススメです。

上手くいけば、電話ではなく書類提出で在籍確認が完了するケースもあるので、早めに相談しましょう。

SMBCモビット・アイフル・プロミスの場合

SMBCモビット・アイフル・プロミスでは、原則として電話による在籍確認は行っていません。

申し込み時に提出する必要書類上で在籍確認を行い、不安な要素がある場合のみ職場へ電話をかけます。

仮に在籍確認の電話がかかってくるとしても、申し込み者のプライバシーに配慮して担当者の個人名で電話をかけてくれるので安心です。

専業主婦の人は、ほぼすべての消費者金融を利用できない

消費者金融は、原則として自分自身に安定した収入がなければ利用できません。

在籍確認が実施される前の段階で審査に落とされるので、注意しましょう。

主婦の人が銀行系カードローンに申し込んだ場合

銀行系カードローンに申し込む場合、消費者金融系とはどのような違いがあるでしょうか。

消費者金融系よりもやや審査が厳しいイメージですが、ネット銀行を含めて紹介していきます。

イオン銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行の場合

銀行系カードローンの場合は、原則として電話による在籍確認が行われます。

各行の担当者の個人名で連絡しますが、職場から会社名を聞かれたときはそれぞれの銀行名を名乗るため、その点には注意が必要です。

職場への在籍確認が困難なときやどうしても避けたいときは事前の相談も可能なので、申し込み時点で相談してみると良いでしょう。

専業主婦の人が銀行系カードローンに申し込んだ場合

銀行系カードローンによっては、専業主婦の人でも利用が可能です。

ただ、配偶者貸付に対応した銀行しか利用できないので、申し込む前に対応しているかどうか必ずチェックしましょう。

また、専業主婦の人も審査の段階で在籍確認が行われます。

在籍確認の電話は自宅へかかってくるので、家族に内緒にしたい場合は事前に電話をかける時間指定をしておくのがオススメです。

基本的に、パートナーの職場へ在籍確認が電話がかかることはありません。

なぜ在籍確認を行うの?

カードローンの審査で行われる在籍確認は、申し込み者の立場だと少しやっかいに感じられます。

そもそも、なぜ在籍確認は行われるのでしょうか。

カードローン各社では、貸したお金をしっかり返済してくれる人に貸すことを前提にしています。

そのため、返済能力があるかを確認するとともに、申し込み内容に間違いや嘘がないか確認するために在籍確認を行っているのです。

申し込み者の中には、借りたい一心で勤めていない会社を記入してしまう方もいるので、在籍確認はカードローン会社側からすると契約にマストな確認事項と言えます。

専業主婦でも借りられるカードローンを紹介

大手の消費者金融は専業主婦の人は利用できませんが、中小の消費者金融なら専業主婦でも利用できる場合があります。

ネット銀行系や主婦向けの物販会社などでは、専業主婦への融資に積極的なところがあるので紹介していきます。

ベルーナノーティスのレディースローン

ベルーナノーティスでは、女性を対象としたレディースローンを提供しています。

専業主婦の方でも申し込みでき総量規制の対象外となる配偶者貸付として融資を受けることができます。

総量規制とは、カードローンやクレジットカードのキャッシングの借り入れ額が、年収の3分の1を超えることを禁止する法律です。

ベルーナノーティスのレディースローンは総量規制の対象にならないことから、すでに他社で借り入れがある方も利用しやすいメリットがあります。

ベルーナノーティス
主婦レディースローン|専業主婦でも借りられる女性向けカードローン|消費者金融のベルーナノーティス【公式】キャッシング・カードローン

ベルーナノーティスの申込条件は、18歳~80歳までの安定した収入がある方で、レディースローンの場合は配偶者の同意が必要となります。

また、初めての借り入れ時に14日間の無利息サービスが適用され、完済から3ヵ月以上経過している場合も無利息サービスが再度利用できます

加えて、提携ATMからの借り入れは全国5万ヵ所以上、平日・土日に関わらずATM手数料が無料で利用できるのも魅力と言えるでしょう。

ただ、提携ATMからの返済には対応しておらず、銀行引落・郵便引落・銀行振込のいずれかのみとなっているので注意が必要です。

ベルーナノーティスの申込条件
利用金額 1~300万円
貸付利率 4.5%~18.0%
利用対象者 18歳~80歳までの安定した収入のある方、ベルーナノーティスの基準を満たす方

※レディースローン利用時に専業主婦の方は配偶者の同意が必要

借入方法 振込みによる借入れ・ATMでの借入れ
返済方法 銀行引落・郵便引落・銀行振込
月々の返済額 2,000円~
必要書類 運転免許証・運転経歴証明書・健康保険証など、本人確認できるものの写し

※収入証明書類が必要な場合もあります

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、専業主婦(主夫)も申し込める点が特徴の銀行系カードローンです。

申込者本人に収入がない専業主婦は利用限度額が最大50万円までと利用上限が定められているものの、家計のピンチにも対応したい思いにも柔軟に対応していることがわかります。

イオン銀行カードローン概要
引用:商品概要 |カードローン|イオン銀行

イオン銀行カードローンの申し込み条件は、満20歳以上満65歳未満で本人に安定かつ継続した収入が見込める方となっています。

ただ、専業主婦(主夫)の方も申し込み可能と注釈に記載があるので専業主婦(主夫)の方も安心して申し込みすることができます。

イオン銀行普通預金口座を持っている方は返済用口座に指定することで自動融資に対応し、返済時も提携ATMから最低1,000円から返済できるところが便利でしょう。

また、ネット上から申込みができることや、審査の際に在籍確認の電話がないこともピンチを切り抜けたい専業主婦の強い味方と言える部分です。

イオン銀行カードローンの申込条件
利用金額 10~800万円
貸付利率 3.8%~13.8%
利用対象者 日本国内に居住する契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方で本人に安定かつ継続した収入の見込める方

※パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方も申込可能、外国籍の方は永住許可を受けていること

借入方法 イオン銀行の普通預金口座を返済用口座に指定すると自動融資可能、イオン銀行ATMを含む各種提携ATMからの借り入れ
返済方法 イオン銀行普通預金口座引落・ATMからの返済・他金融機関の普通預金口座引落、いずれも約定返済日(毎月20日)厳守
月々の返済額 1,000円~
必要書類 運転免許証(変更事項がある方は両面)・健康保険証・個人番号カード(通知カード除く)・パスポートなど本人確認書類

※源泉徴収票(前年度)・給与明細(直近3カ月以内に発行された給与明細2カ月分)・直近の住民税決定通知書が必要な場合あり

まとめ

カードローンを利用する際には審査が欠かせず、職業が主婦だったとしても在籍確認は必ず行われます。

在籍確認は、カードローン会社で返済能力や情報の確認を行う上で必要不可欠な項目であり、カードローン会社によっては配偶者の情報を確認することもあるのです。

一方で、近年テレワークの浸透や自営業の増加などから、在籍確認が難しい場合に給与明細の提出など別の方法で在籍確認をするカードローン会社も出てきています。

電話による在籍確認に対応できないときや、都合が悪いときは事前に相談して別の方法で在籍確認してもらうことも考えてみましょう。

また、専業主婦の方でも借りられるカードローンでも基本的には在籍確認が行われるため、配偶者への同意を得ておくことも事前準備の1つとして考えておくことをおすすめします。