クレジットカードのキャッシング枠では足りない方

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj



上限金額の大きいカードはこちら
みずほ銀行カードローンは上限金額が大きいので限度額に悩む心配はありません。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


キャッシング枠を使い切ったときに思うこと

友人に誘われたときに限ってお財布にお金が入っていない……。

など、ショッピングだけならクレジットカード払いで済むものの、「現金」が必要となるシーンはあらゆるところで発生するものです。

お金がない・・・

「現金が必要」になったとき、あなたはどこでお金を借りますか?
両親? 恋人? 友達?
知っているひとからお金を借りるのって結構な抵抗があるので、できれば、自分だけで何とか収めたいと思いますよね。

そこで、 そんなときに便利なのがクレジットカードによるキャッシングです

クレジットカードのキャッシングは、計画的に利用すれば、翌月または翌々月の引落時に返済できるし、なによりコンビニATMなどで手軽に借りれるサービスです。

クレジットカードを持っているひとなら、誰でも1度は利用したことがあるのではないでしょうか。

でもその手軽さから、 あたかも自分の銀行口座のように利用して、いつの間にか返済を長引かせてしまい、家計を圧迫しはじめ、返済が来るたびにまたキャッシングしてしまうような生活を…… 送っていませんか。

実はこの現象、意外にも多かったりしているんです。

そんなとき、あなたはきっと。「お小遣いでの返済が厳しくなってきたし、クレジットカードでキャッシングできる金額もわずかになってきたから、クレジットカードをもう1枚作ろうかな」と思ってはいませんか。

それって かなり危険な行為です。
ヘタをすると返済ばかりが残って、さらに家計を圧迫しかねませんよ!

それでも何とかキャッシングを…… と考えているひとに、とっておきのキャッシング方法をここで紹介していきたいと思います。


カードキャッシングにはふたつの方法がある


キャッシングと聞くと、 どうしても消費者金融が浮かんでしまいますよね。

それはそれほど「お金を借りる」というイメージが消費者金融にあるということです。

こういった強いイメージから、消費者金融ではお金を借りたくないというひとも増え、 手軽に借りられてイメージの良いクレジットカードでのキャッシングを
つい選んでしまうわけです。

ここで イメージが良く見えるカードキャッシングのふたつの方法を紹介します。

カードキャッシングの方法
①クレジットカードによるキャッシング
②カードローンによるキャッシング

①はクレジットカードを持てば利用できる手軽さがウリ。

でも、クレジットカードのキャッシングは総量規制対象となっているので、年収の1/3以上の借入はできません。
さらによく見れば 金利が消費者金融並みに高く設定されているので注意が必要。


②はカードローンに申込み、受け取ったカードでキャッシングできる方法。

カード「ローン」と言うものの金利が安く、クレジットカードの キャッシングのような感覚で利用できるので、一度申し込めば末長く活用できます。

クレジットカードでのキャッシングにはいいイメージから利用している方が多くいますが、実は金利(手数料)が高く設定されていたり、返済がリボ払いになっていたりと 手軽意外に良い点が少ない。

それに比べ、カードローンは発行元が銀行ということ、金利が低いこと、返済が緩やかになっていることなど良い点が多いのが特長です。


クレジットカードとカードローンの返済方法の違い


クレジットカードによるキャッシングと、カードローンによるキャッシングは“返済方法”も異なっています。

クレジットカードのキャッシング返済方法



・口座振替による返済が基本で、利用分は翌月一括払い。 または設定した金額(1 万円から数万円刻み)。


クレジットカードからキャッシングできるという手軽さから利息も18%と高め。

普段通り、ショッピング枠の返済と同じように請求が来るので請求日が別になり、返済を忘れてしまうなどといったことが起こりにくいです。

カードローンのキャッシング返済方法



・ATM返済、口座振替、インターネット返済、振込返済など多数あり、あるとき払いもできる。返済金額は月々3,000円からと緩やかなのが特長。


発行元が銀行系になるので、利息は4%代からと抑えられており利用しやすい。

クレジットカードは基本的にショッピング利用分+キャッシング利用分を口座引き落とし日に支払う流れとなりますが、カードローンは口座振替以外にもATM返済があり、気が付いたときに返せるというメリットがあります。


また返済額も10万円以内のキャッシングであれば3,000円~と、自分で返しておこうという金額で返済ができるので、計画も立てやすく、利用もしやすくなっています。

クレジットカードをもう1枚! と考えるなら。
カードローンを選択肢、万が一審査に通らない可能性が高い場合はACマスターカードを選んでみては?
カードフェイス 対応スピード 金利・手数料 特徴
ACマスターカード
ACマスターカード
最短即日 18.0% スピード審査かつ審査への通りやすさがACマスターカードの最大の特長。
クレジット機能とカードローン機能の2つが備わっており、カード利用限度は最大800万まで可能。
プロミス
プロミス
即日 4.5%~17.8% アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、契約可能です。審査に不安の方は申し込み前にプロミスのお試し3秒診断で確認できます。 30日間無利息サービス実施中!
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録にお申込された方が対象

みずほ銀行カードローン
- 年2.0%~14.0% 年会費無料
金利年2.0%~14.0%。最大ご利用 限度額800万円
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
   ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。



キャッシングは銀行系カードローン→クレジットカードの順番で考えよう


クレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまっている方は、 どこからどうにかしてキャッシングができないか…… と考えいるはずです。

そこでまず最初に思いつくのが、現在使っているカードの限度額引き上げの申込みや、新しいクレジットカードの申込みではないでしょうか。

確かに現在使っているカードのキャッシング枠を増額するということは決して悪くはありませんが、上限額の引き上げ審査はカードに申し込む時の審査よりも厳しく、審査結果によっては限度額の引き下げが必要と判断される可能性があります。

そして何よりも同じキャッシングをするのならば、少しでも金利の低い商品を利用した方が長期的にみて負担も少なく済むでしょう。

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行
カードローン
クレジットカード
クレジットカードの
キャッシング
申込みが必要
ATMからキャッシングができる。
<借り方> 申込みが必要
ATMからキャッシングができる。
年2%~14% <金利・手数料> 18%が一般的
特になし <付帯サービス> 年会費無料系カードは基本的になし

こうして比べてみるとクレジットカードと銀行系のカードローンの2つは金利にかなり差があることがわかります。

「たかが数%でしょ?」と思うかもしれませんが、借りる金額が大きくなったり返済期間が長いほど加算される利息がどんどん高くなりますので、同じ金額を借りるにしても結果的に利息の差が数万~数十万開くことは珍しくありません。

もし現在使っているカードのキャッシング枠を使い切っているなら、まずは銀行系カードローンを利用できるかチャレンジをしてみて、それでもだめだった場合に現在使っているクレジットカードのキャッシングの限度額引き上げの申込みや、新しいクレジットカードの申込みを行いましょう。

例えば100万円を借りて月々30,000円の返済という借り入れを年利18%と14%で比較をすると下記のようになります。
18% = 支払利息総額:396,689円
14% = 支払利息総額:273,752円
差額はなんと12万円以上となります。 早期に返済の負担を減らすためにも可能な限り金利は押さえて利用しましよう。

銀行系カードローンなら「みずほ銀行」


銀行系カードローンは地方銀行も含めるとかなり多くありますが、中でも一番のおすすめなカードローンがみずほ銀行カードローンです。


みずほ銀行カードローンは金利が低いということや審査スピードが早いということが特長的であり、特に金利の低さは他の大手銀行よりも低く設定されているため、長期的な利用を考えている方にとってはそれだけで選ばれる理由となるでしょう。

セカンドカードとしてのクレジットカードはACマスターカード



ACマスターカードがセカンドカードとしておすすめの理由はカードの利用限度額が大きいということや審査に通りやすいということです。

カードの利用限度額800万円の内300万円分はショッピング用の枠ですが、それでも500万円分はキャッシング枠として設けられており、通常のクレジットカードよりも幅広く利用することが可能です。

ACマスターカードは審査の申込みをして最短即日カード受取が可能なので「とにかく急いでいる」という方にとっては、非常に魅力的なクレジットカードでしょう。

年会費は無料となっているのでとりあえず作ってみたけど全然使わなかったという時でも、無駄に維持費が発生することはなく気軽に作ることができます。


まずは
銀行系カードローン




審査日数 -
金利・手数料 年2%~14%
申込み資格 ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、
みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方
借入れ限度額 最高800万円
Web申込み あり



決めたクレジットカードの申込みボタンから自分の基本情報を記入後、オプション・サービス登録などのなかからETCカードにチェックをつけて申込み。インターネット入会だと、入会特典がつくほか郵送よりも審査・カード到着が早くなるのでお勧めです。お急ぎであればセゾンインターナショナルのようなカウンター受取可能・即日発行対応のクレジットカードを選んでおきましょう。

申込んだクレジットカード会社にて審査。審査完了後、クレジットカードとETCカードが発行されます。

ETCカードが届いたら車についている車両情報がインプットされた車載器にETCカードを差し込みます。 ※引越で登録住所が変わった、車両のナンバープレートが変ったときなどは再度セットアップが必要となりますので、事前に確認しておきましょう。

ETCはクレジットカードのポイントにほかにETCマイレージというサービスがありますので、お得に使いこなすためにもETCマイレージサービスには登録しておきましょう。カードポイントとETCマイレージの両方をお得に貯めるなら、ライフカードやJCBEITなどのポイントが貯まりやすいカードを選んでおきましょう。

高速道路・有料道路に乗る前にETCカードを車載器へ挿入しておきます。これで乗り降りのときの停車がなくなります。

ETCカードを発行したクレジットカードから請求があります。

答え>ETCカードは、原則的にクレジットカード(親カード)に付帯して発行されるもので、ETC利用以外の使用はできません。

答え>申込んだクレジットカードの利用上限金額により異なります。
これで解決 やじるしクレジットカードの利用上限額を確認してみよう。

答え>申込んだクレジットカード会社により異なります。
これで解決 やじるし三井住友VISAカードは三井、三菱UFJ、みずほのいずれかの銀行口座をお持ちであれば、最短3営業日発行と即日対応してもらえます。

ETCの決済システムは後払い方式になっておりますので、プリペイド方式のETCカードはございません。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj








クレジットカードの選び方