JCBビジネスカードなら海外旅行保険が充実! 最高5,000万円が自動付帯で付いてくるので海外でも安心


ビジネス(法人)カードとは?
通常のクレジットカードとは異なり、企業や法人向けのサービスや特典が充実しているカード。
支払いをまとめることで経費計算を楽にしたり、福利厚生が付帯しているなど多数のメリットがあります!

JCBビジネスカードの基本情報



JCBのプロパーカードということで、安心感もステータス性もあるJCBビジネスカード。福利厚生の充実や、社員カードが無料かつ枚数無制限で発行でき人気がありますが、まずはその基本情報をご紹介します。

年会費

年会費は30,000円+税
高額に思えますが、枚数制限のない社員カードは年会費が無料です。企業が1枚分の年会費を負担することで、所属している社員は非常に大きな恩恵を受けることができます。

充実の福利厚生

社員のモチベーションアップのためにも福利厚生は必要ですが、いざ整えようとしても煩雑なことばかりです。

JCBの法人向けサービスは入会するだけで福利厚生サービスを利用できるので、総務や人事の方は煩わしい業務を省くことができます。

「福利厚生倶楽部」



低コストで充実した福利厚生制度が有名な「福利厚生倶楽部」。日々の生活の充実や休日をもっと素敵にするサービスなど、様々な活用方法があります。

フィットネス関連では約2,400ヶ所国内宿泊では約16,000ヶ所の施設を優待価格で利用が可能です。

その他も育児や介護、健康診断や冠婚葬祭の相談など、サービスは多岐に渡るので社員のリフレッシュとスキルアップにも有効です。

JCBタクシーチケット

降車の際、名前や料金を記入するだけでタクシーを利用できます。会員本人のサインがあれば本人以外の方も利用できるので、大切なお客様の送迎や接待にも便利です。

JCBビジネスカードの審査

JCBビジネスカードの審査は、通常のカードよりも難易度が少々高くなります。というのも、法人カードは倒産などの貸し倒れリスクを防ぐために通常のカードよりも厳しく審査をしているからです。

さらにプロパーカードということで、ステータス性を維持するためにも層を絞っているとも考えられます。

提出書類や記入事項に不備がないか確認するのは当然のこと、固定電話回線を引く、自社のホームページを作成するなど、信用を上げるための施策は十全に行いましょう。

JCB法人ゴールドカードとの比較

  年会費 旅行
傷害保険
JCB
ビジネスカード
【企業年会費】
30,000円+税
【個人年会費】
無料
最高
5,000万円
JCBゴールド
法人カード
【年会費】
10,000円+税
【使用者1名毎】
3,000円+税
最高1億円

JCBゴールド法人カードは旅行傷害保険が1億円と高額ですが、使用者ごとに年会費が発生するので注意が必要です。

多彩なビジネス特典

JCBビジネスカードは法人カードのため、もっと仕事を効率的に進めたいという企業や法人向けの、おトクなサービスが充実しています。

日々の業務を楽にするシステム

MyJCB

カード利用明細のダウンロード、ポイントサービスの紹介・商品申込、キャンペーンの参加登録・受付紹介など、多彩なサービスが利用できます。

JCB E-Co

複数枚を無料発行できるETCスルーカードNの、走行日・ご利用区間・金額をインターネットで確認できるサービスです。

チケットオンライン予約

出張をする時にチケットの予約が大変、という状況でもオンライン予約をすればチケットレスでの国内出張が可能になります。

JCB.ANA@desk

法人ニーズに合わせたインターネット航空券予約サービスです。急な出張にも対応でき、搭乗日がカードご利用代金明細に記載されるので出張管理にも大変便利です。

JCB de JAL ONLINE

オフィスのパソコンで簡単に航空券の予約ができる法人精算方式のチケットレスサービス。JALならではの「事前座席指定サービス」も利用可能になっています。

じゃらんコーポレートサービス

国内最大級の宿泊予約サイト「じゃらんnet」で、法人限定の安価なシークレットプラン「JCS限定プラン」の提供を行い、「出張コスト削減」に繋げます。
また、企業専用アカウント上で管理機能を利用することにより「出張の見える化」「業務効率化」「内部統制強化」が可能になります。

オフィス家具や備品も特別価格

アスクルサービス



事務用品以外もOA・PC用品に飲み物からオフィス家具といった必需品を、FAXやインターネットで注文を受け付けています。いつでもスムーズに購入できるため、急な備品不足への備えができます。

トラベル関係もおまかせ

JCBトラベル

出張や社員旅行の手配から、ゴルフ付きツアーの相談・予約までさまざまな要望に対応してくれるJCB会員専用の旅行会社です。急な海外・国内出張に便利なサービスも用意されています。

経費管理が大変な時はJCBビジネスカードの経理管理サービスを活用!

弥生



MyJCB外部接続サービスを利用することで会計処理の自動実行が可能です。日々の記帳から確定申告や決算書作成まで「かんたん」にできます。

freee

こちらもMyJCB外部接続サービスを利用し、JCBカードの利用明細データの自動取り込みが可能です。データで取り込むため手入力作業を大幅削減でき、電話サポートもあるので安心です。

ソリマチでカード利用明細データを連携

JCB法人カードの利用明細データを「会計王シリーズ」または、「みんなの青色申告」の仕訳データとして連携することが可能です。入力作業の自動化も可能となり、面倒な仕訳作業が不要になります。

楽楽精算

経費・交通費・旅費など、お金にかかわる全ての処理を一元管理できる経費精算システムです。精算処理におけるワークフローをすべて電子化することができます。クレジットカードと連動しているため、入力時間の削減や精算漏れの予防につながります。

個人口座からの引き落としで不正利用防止

 

個人口座の場合、決済金額を確認し自分の口座に用意しておくことがデメリットとなりますが、精算業務がスムーズにでき経理事務もやりやすくなるのがメリットです。

経営側は不正利用を防止できる他にも、仮払い・立替払いといった現金出納業務がなくなることで、振込や社員への請求の手間がなくなります。

ポイントプログラムはOki Dokiポイント

JCBビジネスカードのポイントプログラムはOki Dokiポイントです。Oki Dokiランド経由のネットショッピングで還元率が最大20倍に上がるなどポイント獲得がしやすく、獲得したポイントの使いやすさにも定評があります。

Oki Dokiポイントの使い道

nanaco 1ポイントをnanacoポイント5ポイント
Tポイント 1ポイントをTポイント4ポイント
dポイント 1ポイントをdポイント4ポイント
au WALLET 1ポイントをWALLET ポイント4ポイント
楽天Edy 1ポイントをEdy3円分
JALマイル 1ポイントをJALのマイル3マイル
ANAマイル 1ポイントをANAマイル3マイル

補償が強力なJCBビジネスカードですが、Oki Dokiポイントも交換率が非常に高い・交換先が豊富などメリットがたくさんあります。

JCB法人カード新規入会キャンペーンで最大30,000円分プレゼント!

インターネット新規入会限定で最大30,000円分(JCBプラチナ法人カードの場合)が貰えるなどお得なキャンペーンが実施中です!

入会受付期間は2021年4月1日~9月30日までとなります。





最大30,000円キャッシュバック!

キャンペーン期間中に対象カードを新規で入会された方にもれなくJCBギフトカード(プラチナ:10,000円、ゴールド:6,000円、:一般:3,000円)がプレゼント!

更に入会翌月末までに10万円以上(税込)の利用で最大20,000円分のJCBギフトカード(プラチナ:20,000円、ゴールド:17,000円、:一般:17,000円)が貰えます!

つまり、JCBプラチナ法人カードなら最大30,000円分、JCBゴールド法人カードなら最大23,000円分、JCB一般法人カードなら最大20,000円分プレゼントされることになります!

使用者カードの申込みで最大9,000円分プレゼント

キャンペーン期間中に使用者カードを申し込むと1名につき3,000円分のJCBカードギフトカードをプレゼント!

3名分まで適用されるので最大9,000円分プレゼントされます。

キャンペーンは2021年4月1日~9月30日の間に申込みを行い、キャンペーンの参加登録が完了することで適用されます。

JCB×弥生API連携開始特別キャンペーン

人気会計ソフト弥生会計オンラインとJCBがコラボレーション!

JCB法人カード会員限定で「弥生会計オンライン(セルフプラン or ベーシックプラン)を初年度無料で利用することができます。(本来の料金:セルフプラン:26,000+税、ベーシックプラン:30,000円+税)

キャンペーンの参加方法はJCB法人カード入会後、会員専用Web Services「MyJCB」のお知らせ欄から本キャンペーンページの申込みに進むことができます。

入会キャンペーンへ申し込む


クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト