amazonカードのポイント還元率をお得にする方法

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

ネットショッピングを楽しんでいる方は、そのショッピングサイトが発行しているクレジットカードを利用することで「ポイントが貯まる」「ポイントアップ」があると利用されていることでしょう。

その中のひとつ、ショッピングモール世界最大手、日本でも利用者の多いAmazonではクレジットカードも発行しています。 Amazonでショッピングをする際にAmazonカードを利用すれば、他の一般のクレジットカードより多くのポイントを獲得できるというものです。

Amazonカードの概要

Amazon MasterCardクラシック


年会費 初年度年会費無料、2年目より1,350円(税込)
※入会から1年以内に1度でも利用すれば翌年の年会費は無料になるので、年会費は実質無料と考えていいでしょう。
ポイント還元率 100円=10ポイント(通常)、100円=15ポイント(Amazon利用時)

Amazon MasterCardゴールド


年会費 10,800円(税込)
ポイント還元率 100円=10ポイント(通常)、100円=20ポイント(Amazon利用時)
お急ぎ便や日時指定を追加料金なしで無制限に行える「Amazonプライム」年間3,900円(税込)が無料

上記のポイント還元率で注意をしていただきたいのが、ポイントは利用する際に、1,000ポイントで100円分のAmazonギフト券に交換されるという点です。
つまり、換算する場合には、通常利用で100円利用=10ポイント獲得=1円分のAmazonギフト券ということで、実質1%がポイント還元率ということになります。

Amazon利用時の還元率

Amazon MasterCardクラシックの場合で1.5%
Amazon MasterCardゴールドの場合で2.0%

Amazon MasterCardクラシックは年会費無料と考えれば1.5%の還元率はお得です。 Amazon MasterCardゴールドは年会費10,800円ですが、10,800円分をポイントで獲得しようとすると、還元率が2%なので、54万円分(月に4万5,000円)の利用が必要ということになります。それ以上の金額を利用して初めてポイントとして利益があるというイメージです。

もともとAmazonプライムを利用するという前提だった場合は、年会費10,800円-Amazonプライム年間3,900円=6,900円が年会費と考えることができます。
6,900円分をポイントで獲得しようとすると、還元率が2%なので、34万5,000円分(月に2万8,750円)の利用が必要ということになります。

Amazon MasterCardゴールドの場合はかなりのヘビーユーザーを前提としたカードと言えますので、Amazonプライムを利用していない方は、むしろ年会費無料のAmazon MasterCardクラシックの方がお得に使うことができます。


AmazonカードはAmazonでの利用で大きなメリットがあるカードですが、Amazonカード以外のカードでAmazonを利用した場合と実際にどのくらい差があるのでしょうか。

ポイント獲得にとにかく強いといわれている「 オリコカードザポイント」と比較してみましょう。

  三井住友VISAカード
Amazonカード
VIASOカード
オリコカード ザ ポイント
年会費 初年度年会費無料、2年目より1,350円(税込)
※入会から1年以内に1度でも利用すれば翌年の年会費は無料になるので、年会費は実質無料と考えていいでしょう。
無料
ポイント 100円=10ポイント(通常)、100円=15ポイント(Amazon利用時) 100円→1ポイント
国際ブランド VISA・JCB・Master MasterCard、JCB
追加カード 家族カード→無料 家族カード→無料
入会条件 18歳以上の方
(高校生は除く)
18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生は除く)

通常利用時のポイント還元率

オリコカードザポイントは
通常利用でポイント還元率は1%。さらに入会後6ヶ月はポイント還元率2%となっています。

Amazon MasterCardクラシック、Amazon MasterCardゴールドと同様です。

Amasonを利用した場合のポイント還元率

オリコカードザポイントは通常利用でポイント還元率1%に加え、オリコモール経由で他社ネットショップを利用することで0.5%還元率が加算されます。それに加え、ネットショップごとに決められている還元率も加算されますが、Amazonを利用した場合は0.5%が加算されます。

つまり、1%(通常利用)+0.5%(オリコモール利用)+0.5%(Amazon利用)で合計の還元率は2%となります。
還元率2%はAmazon MasterCardクラシックの1.5%よりも高く、Amazon MasterCardゴールドと同じです。

しかし、Amazon MasterCardゴールドが年会費以上の利用をしないとポイントのメリットが無いということに対し、オリコカードザポイントは年会費が無料なので小額の利用の時点で大きなメリットがあり、全く利用しなかったとしても損にはなりません。

Amazonカードは他のクレジットカードと比較をすれば、Amazon利用時によりメリットがある可能性があります。しかし、Amazonでポイントを稼ぐという場合においては、オリコカードザポイントの方が有利ということになります。

Amazonカードは獲得したポイントをAmazonで利用する際にメリットがあるクレジットカードです。

Amazonカードで貯めたポイントをAmazonで利用する方法

1,000ポイントが貯まる毎に、自動的に100円分のAmazonギフト券に交換されます。

オリコカードザポイントで貯めたポイントをAmazonで利用する方法

専用サイト「オリコポイントゲートウェイ」にて500ポイント(500円分のAmazonギフト券)から交換できます。

Amazonカードでは100円分から交換ができ、さらに自動なので、小額から利用できるということと、「交換」という手間が無いのがメリットといえるでしょう。この点はAmazonヘビーユーザーにとっては利用しやすい点です。

Amazon以外でポイントを利用する場合は ?

Amazonカードではその貯めたポイントをAmazonギフト券に交換ができるという特典のみです。ポイントはAmazonでのショッピングに利用するしかありません。

しかし、オリコカードザポイントはAmazonギフト券のほか、iTunesギフトコード、nanacoギフトなどへの交換ができます。また、Tポイントや楽天スーパーポイントなど他社のポイントプログラムや、ANAやJALのマイルへの移行も可能です。

幅広くポイントを活用したいという方にはオリコカードザポイントの方が有利といえます。

Amazon利用時にはオリコカードザポイントの方がAmazonのカードよりお得にポイントが獲得できます。そして、オリコカードザポイントがポイント獲得に優れているのはAmazonでのショッピングだけではありません。

オリコモールさえ経由すれば楽天市場やYahoo!ショッピングなどの利用でも2%以上のポイントを獲得できる約600店のネットショップを利用できます。

オリコモールに出店しているショップ一覧(ショップは600以上)
Amazon
Yahoo!JAPAN ショッピング ベルメゾン 楽天市場 じゃらん
ポイント0.5% ポイント0.5% ポイント1% 今なら最大15% ポイント0.5%

また、Amazonギフト券を含め多彩な利用方法が可能です。せっかく貯めたポイントを無駄なく利用するということでは、ポイントを利用できる選択肢の広さはとても重要です。

オンラインギフト券(一例)
Amazonギフト券
iTunesギフトコード LINEギフトコード すかいらーくご優待券
Amazonギフト券 iTunesギフトコード LINEギフトコード すかいらーくご優待券
ポイント移行(一例)
Tポイント 楽天スーパーポイント ANAマイレージクラブ ANAマイレージクラブ
Tポイント 楽天スーパーポイント ANAマイレージクラブ JALマイレージバンク

まとめると、
 ①Amazon利用時に本家Amazon MasterCardゴールドとオリコカードザポイントのポイント還元率は同じ。しかも、オリコカードザポイントの方は年会費が無料。
 ②オリコモール利用時に無条件に0.5%ポイント還元率が加算されるのは、オリコのクレジットカードの中でもオリコカードザポイントだけ。という事になります。

オリコカード ザ ポイント
icn-menu-mastercardicn-menu-jcb

年会費

永年無料

還元率

1.0%~3.0%

発行期間

最短8営業日

ETCカード

無料

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

ETC利用率
100円=2ポイントの高還元
入会後6ヶ月は
100円で2ポイント貯まる高還元カード
ETCカードも年会費無料です。
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 - -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短8営業日 10-100万円
  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj






クレジットカードの選び方