NTTグループカードはポイントコースとキャッシュバックコースのどちらがお得?

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


月々の回線料を使って得に利用できるものはないか? と考えていても回線料は毎月発生するものにも関わらず、口座引き落としで割引、10年以上使っているから割引といった割引サービスは提供されていません。

家全体の回線料となるとテレビ・電話・パソコンと発生するので、回線先を一緒にしている方やバラバラに利用している方と利用方法は様々ですが、どんな風に設定していたとしても高額になるでしょう。

元から安いプランを申込んでも固定電話であればナンバーディスプレイといったオプションなどをつけるように勧められたり、光は一軒家(戸建)だと基本料金が高く設定されていて、結局料金は高くなります。

毎月発生する高額のものとなると、何か得できないかと考えてしまうのは当たり前のことなのです。

そこでNTTが発行しているクレジットカード→NTTグループカードなら回線料でポイントが付くコース・回線料がキャッシュバックするコースの2種類の利用方法があり、月々の回線料で得でます。

カードを利用できるのはNTT回線を使っている方に限ってしまいますが、ポイントコースを選べば魅力的なプレゼントが数多く揃っていて、キャッシュバックコースも回線料だけでなくカード利用分も返ってくる優れたクレジットカードなのです。

NTT回線を家全体で使っているような家庭であれば確実に得ができるクレジットカードなので、NTTグループカードは是非発行すべきカードと言えます。

NTTグループカードのポイントコースについて

NTTグループカードにはNTT回線を利用してポイントをたくさん貯めることができるポイントコースというシステムがあります。

※対象回線はNTT東日本・NTT西日本・tabalまるごと決算・NTTドコモ・NTTコミュニケーションズ・NTTファイナンスおまとめ請求となります。

どんなコースかというと回線を利用していれば回線料200円に→2ポイント進呈され、ショッピング利用額1,000円→10ポイント貯まるポイントに特化したコースとなります。回線料のポイントとショッピングポイント以外にもボーナスポイントとして、回線料とショッピングポイントの合計ポイントが5,000ポイントに達成すると500ポイント進呈されるようになっているのです。

そして貯めたポイントは様々な商品と交換することができます。

<景品コース>

景品コースには3,000ポイント~・9,000ポイント~・13,000ポイント~・21,000ポイント~のコースがあり貯めたポイント数によって景品のランクが上がって行きます。

<カタログギフトコース>

カタログギフトコースではるるぶのカタログが3種類用意されていて、ポイントとカタログを交換するようになっています。

カタログは8,000ポイント・10,000ポイント・15,000ポイントとあり、ポイント数が高いカタログほど質が良い商品が揃っているのでカタログとポイントを交換したい方はポイントをたくさん貯めてからが良いでしょう。

<グルメコース>

グルメコースには魅力的なグルメが用意されていて、注文したグルメが家に届きます。

<フルーツスイーツコース>

フルーツスイーツコースは厳選されたスイーツ・フルーツが選べ、注文すると家に届きます。

<アウトドアコース>

アウトドアコースはキャンプなどに使える商品が揃っています。

<雑貨コース>

雑貨コースには使い勝手の良い日用品が揃っています。

<Web申込限定コース>

このコースはアマゾンやアップルストアのギフト券と交換できます。

<キャッシュバックコース・ギフトカードコース>

キャッシュバックコースポイントが現金になり戻ってくるサービスで10,000ポイントから交換でき、ギフトカードコースについては図書券など使えるギフトカードと交換できます。

<ポイント移行コース>

JALマイレージ・ANAマイル・ちょコムなど様々なマイルやポイントに貯めたポイントを移行できます。

<社会貢献コース>

社会貢献コースではポイントを募金できるようになっています。

NTTグループカードのポイントコースでは、ポイントと魅力的な商品を交換できるシステムが充実していて、交換内容は時々変わるのでチェックが必要です。

ポイントコースはポイントを利用するのが得意だと言う方が利用して行くと良いでしょう。

NTTグループカードのキャッシュバックコースについて

NTTグループカードではポイントコース以外にキャッシュバックコースもあり、NTT回線利用分に加えレストランやショッピングなどのカード利用分も合計してキャッシュバックされると言うコースとなっています。

キャッシュバック対象回線先は決まっているので利用したい方は確認しましょう。

またカード利用額が2万円以上必要ですが、最大60%キャッシュバックされるようにもなっているのです。

<キャッシュバック率>

カード利用額0~2万円未満→キャッシュバック率0%

カード利用額2~4万円未満→キャッシュバック率1.5%

カード利用額4~6万円未満→キャッシュバック率3.0%

カード利用額6~8万円未満→キャッシュバック率4.5%

カード利用額8~10万円未満→キャッシュバック率6.0%

カード利用額10~20万円未満→キャッシュバック率8.0%

カード利用額20~30万円未満→キャッシュバック率18.0%

カード利用額30~40万円未満→キャッシュバック率28.0%

カード利用額40~50万円未満→キャッシュバック率38.0%

カード利用額50~60万円未満→キャッシュバック率50.0%

カード利用額60万円以上→キャッシュバック率60.0%

※キャッシュバック額の上限額は最大15,000円となっています。

キャッシュバックコースはポイントの利用があまり上手ではないと言う方におすすめで、ポイントにあまり興味がない方などはキャッシュバックコースを利用する方が賢いと言えます。

NTTグループカードの年会費や基本情報について

NTTグループカードはポイントコースとキャッシュバックコースの2種類があり、自分に向いている利用方法を選択でき効率よく使える優れたクレジットカードですが、基本情報はどのようになっているのでしょうか。

年会費などをチェックしていきましょう。

<年会費>

NTTグループカードはWeb明細に登録するだけで年会費は無料となりますが、通常は1,200円(税別)です。

<申込資格>

満18歳以上の本人または配偶者に安定した収入がある方となっていて、未成年の方が申込む場合は親権者の同意が必要となります。

※高校生は申込めません。

<カード国際ブランド>

カードはマスターカード・VISAの2種類から選べます。

<ショッピング補償保険>

NTTグループカードは年間100万円までのショッピング補償保険が付帯しているクレジットカードで、当該カードで購入した商品が破損・盗難などに合ってしまった時は購入日より90日間補償してくれます。

NTTグループカードはポイントコースとキャッシュバックコースが選べるだけでなく、マスターカード・VISAがカードブランドの為海外でも利用でき、ショッピング補償保険も完備した十分に使って行けるクレジットカードなのです。

NTTグループカードにはまだまだ得なサービスがある! NTTグループカードはNTTの回線を使っているのなら発行価値が高いクレジットカード

NTTグループカードにはポイントコース・キャッシュバックコース以外にも得な利用方法があり、ポイントが最大26倍になるネットショッピングサイト倍増タウンの利用のほか、トラベル・レジャーでの優待や電子マネーチャージもポイントの対象となります。

倍増タウンではポイントコースを選んでいる方はそのままポイントが付与されますが、キャッシュバックコースを選んでいる方には1ポイント→0.5円でキャッシュバックされ、電子マネーチャージに関しては通常のカード利用となる為、カード利用の合計額として加算され後にキャッシュバックされます。

NTTグループカードはカード機能もショッピング補償保険が完備していて、カードも国際ブランドのマスターカード・VISAなので海外でも使って行ける満足に利用できるクレジットカードとなっています。

NTT回線を使っているのであればポイントコース・キャッシュバックコースどちらを選んでも賢く利用して行くことができますし、ポイントコースにはポイントごとに選べる景品・カタログなど魅力的な商品が数多く揃っていて、キャッシュバックコースも60%のキャッシュバックとキャッシュバック率が高いです。

NTT回線を使っているならそれだけで得できるのでNTTグループカードは発行価値が高いクレジットカードと言えるでしょう。

上手にNTT回線を使って行きたいならNTTグループカードを発行しましょう。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club