ビューカードで一番お得なカードとは? ポイント還元率、特典、付帯機能の3つの要点をチェックしよう


ビューカードはSuicaを便利に使えるクレジットカードがいくつもあり、ビューカードシリーズの中でもお得に使えると評判のカードとして、ビックカメラSuicaカード、ルミネカード、ビュースイカカードが挙げられます。どのカードも個性的で使いやすさがあるものの、一番お得なカードとなると、1枚に決めることが難しいでしょう。

そこでポイント還元率、特典、付帯機能の3つから、詳しく調べてみました。

ショッピングメインなら一番お得!ビックカメラSuicaカードの詳細情報

ビックカメラSuicaカードの基本情報

  • 年会費・・・477円+消費税、入会初年度年会費無料、2年目以降、前年のクレジット利用があれば無料
  • 入会条件・・・高校生を除く18歳以上の方で、国内在住で電話連絡が取れる方
  • 国際ブランド・・・VISA・JCB
  • 支払い方法・・・1回払い・ボーナス一括払い・分割払い・ボーナス併用払い・リボルビング払い(繰り上げ返済可能)
  • 付帯保険・・・国内・海外旅行に対する旅行傷害保険
  • 追加可能カード・・・ETCカード
  • ポイント還元率・・・通常利用1%、ビックカメラ利用時10%、ビックカメラの支払いを、チャージしたSuicaから支払う場合11.5%、定期券の購入やオートチャージの利用で、JRE POINT3倍
  • 付帯機能・・・Suica、モバイルSuica登録後の年会費当面無料、JRE POINT&ビックポイントをSuicaに交換可能。※付帯機能として定期券機能は付帯していません。

ビックカメラでのカード利用ならポイント還元率が一番高く、10%還元ならどんどんポイントが貯まります。Suicaの利用もあるなら、オートチャージや定期券の購入もお得に利用できます。

ビックカメラsuicaカードは現在新規入会キャンペーン中!

ビックカメラsuicaカードは現在新規入会&利用で最大2,000ポイントがプレゼント!

ビックカメラSuicaのキャンペーンバナー

期間は2021/4/1~2021/7/31までとなっており、カード到着後にエントリーが必要なので注意しましょう。

特典 獲得ポイント
①:モバイルSuicaのご利用合計5,000円以上 500ポイント
②:えきねっとのご利用合計5,000円以上 500ポイント
③:カードのご利用合計5,000円ごとに 500ポイント(最大1,000ポイント)

ビックカメラSuicaにクレジットカードチャージするとJRE POINTが1.5%で貯まり、チャージしたSuicaでビックカメラのお買いものをすると合計で11.5%の還元率となります。

年会費無料で負担もないため、ビックカメラ・コジマ・ソフマップなどを利用する機会が多い方は要チェックです!

ルミネでのショッピングが多いなら一番お得!ルミネカードの詳細情報

ルミネカードの基本情報

  • 年会費・・・477円+消費税(家族会員も同様)
  • 入会条件・・・本人会員:高校生を除く18歳以上の方で、国内在住で電話連絡が取れる方、家族会員:本人会員と生計を共にする同姓の配偶者・両親・高校生を除く子ども。本人会員が学生の場合は家族カードの申し込み不可。
  • 国際ブランド・・・VISA・JCB・Mastercard
  • 支払い方法・・・1回払い・ボーナス一括払い・分割払い・ボーナス併用払い・リボルビング払い(繰り上げ返済可能)
  • 付帯保険・・・国内・海外旅行に対する旅行傷害保険
  • 追加可能カード・・・家族カード、ETCカード
    ※支払い講座は本人会員の方と同一の個人名義口座限定です。
  • ポイント還元率・・・通常JRE POINT0.5%還元、定期券購入・オートチャージで1.5%還元、WEB明細ポイントサービス1か月20P(年間600円相当)、年間利用額に応じたボーナスポイント制度あり、貯まったポイントはSuicaに交換可能。
  • 付帯機能・・・Suica、定期券機能

ルミネカードは特典と付帯機能が魅力のクレジットカードです。定期券機能があるので、普段から電車利用をしている方にも向いています。ルミネ・NEWoMan・アイルミネ(通販)で普段から割引が受けられるので、ショッピングを重視した使い方が理想的なカードです。

ルミネカードは現在新規入会キャンペーン中!

ルミネカードは現在新規入会&利用で最大4,000円相当のポイントがプレゼント!

期間は2021/5/1~2021/7/31までとなっており、カード到着後にエントリーが必要なので注意しましょう。

特典 獲得ポイント
①:モバイルSuica5,000円以上の利用 500ポイント
②:えきねっと5,000円以上の利用 500ポイント
③:利用金額に応じて最大3,000ポイントをプレゼント! 50,000~99,999円利用の方は1,000ポイント
100,000~149,999円利用の方は2,000ポイント
150,000円以上利用の方は3,000ポイント

ルミネカードはルミネでの買い物がいつでも5%OFFとなり、年に数回は10%OFFにもなります。

ルミネでの買い物が多い方は必見のクレジットカードです。

また、定期券機能もつけることができるので、財布の中を少しでも軽くしたいという方におすすめです。

交通費をポイント還元するなら一番お得!ビュースイカカードの詳細情報

ビュースイカカードの基本情報

  • 年会費・・・477円+消費税(家族会員も同様)
  • 入会条件・・・本人会員:高校生を除く18歳以上の方で、国内在住で電話連絡が取れる方、家族会員:本人会員と生計を共にする同姓の配偶者・両親・高校生を除く子ども。本人会員が学生の場合は家族カードの申し込み不可。
  • 国際ブランド・・・VISA・JCB・Mastercard
  • 支払い方法・・・1回払い・ボーナス一括払い・分割払い・ボーナス併用払い・リボルビング払い(繰り上げ返済可能)
  • 付帯保険・・・国内・海外旅行に対する旅行傷害保険
  • 追加可能カード・・・家族カード、ETCカード
    ※支払い講座は本人会員の方と同一の個人名義口座限定です。
  • ポイント還元率・・・通常JRE POINT0.5%還元、定期券購入・オートチャージで1.5%還元、WEB明細ポイントサービス1か月20P(年間600円相当)、年間利用額に応じたボーナスポイント制度あり、貯まったポイントはSuicaに交換可能。
  • 付帯機能・・・Suica、定期券機能

ビュースイカカードは、Suicaの利用や定期券の利用に特化したクレジットカードと言っても良く、新規入会特典のほかには目だった特典の利用もできないので、交通費を1.5%還元できるカードとして普段使いすることが良いカードです。

メインカードとして使用するよりも、交通費専用のサブカートに向いていて、メインカードとして使うクレジットカードは別途作る方が使いやすいでしょう。また、WEB明細を利用することで、電車利用以外のところからポイントを獲得できるようになります。年間で約600円のポイントがもらえるので、年会費をカバーするためにも、WEB明細は利用しておきましょう。

一番お得なビューカードは用途別に選ぶのがおすすめ

同じビューカードシリーズでも、内容は大きく異なっているクレジットカードだといえます。同じ条件で比較検討することは難しく、ポイント還元率、特典、付帯機能といった要点別にカードを選ぶ方が、一番お得なカードを見極められます。

ポイント還元率に重点をおくなら、ビックカメラSuicaカードに勝るカードはありません。ビックカメラでの利用に対して10%還元、チャージしたSuicaからビックカメラの支払いを行う場合11.5%還元となるのは、ルミネカードもビュースイカカードでも実現できない還元率です。ポイント還元率で一番お得なカードはビックカメラSuicaカードとします。

特典に重点をおくならルミネカードが一番お得なカードだといえます。ルミネカードはショッピングに特化したクレジットカードで、ルミネ・NEWoMan・アイルミネ(通販)での買い物はいつでも5%OFFで利用できます。ルミネを頻繁に利用する方、買い物をするならルミネと決めている方なら、欠かせないクレジットカードのはずです。

長い目で見て年間の利用額が大きくなる場合も、利用額に応じた商品券がもらえるとなれば、ますますルミネを利用したいと思うのではないでしょうか。ルミネカードは、このような内容から特典を重視するならルミネカードが一番お得なカードといえます。

最後に付帯機能で一番お得なカードを選ぶとしたら、ビュースイカカードを推薦します。ビュースイカカードは、特に目立った特典やポイント還元はありませんが、交通費に特化したクレジットカードのため、通常なら使い捨てられる交通費も1.5%還元で利用できます。

家族カードも作れることを考えると、家族で電車で通勤通学をしている家族なら、ビュースイカカードを重宝しているのではないでしょうか。クレジットカードとしてはサブカードとして使う方が良いでしょうが、交通費に特化した部分に着目すれば、付帯機能で選ぶ一番お得なカードは、ビュースイカカードになるでしょう。


まずは
このカード!







クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト