常に1%割引にポイント付与のP-oneカード<G>の使える5つの特長


還元方法が魅力のP-oneカードシリーズ

ファミマTカードが有名なポケットカードでは、利用した分だけ現金還元のあるクレジットカードP-oneカードシリーズを発行しており、お得なカードとして人気を博しています。

P-oneカードには、シンプルで使いやすい「P-oneカード Standard」、最強の還元率であるリボ払いの「P-one Wiz」、バランスよく使える「P-oneカード<G>」、ハイクオリティーサービスを揃えた「P-oneカード Premium Gold」の4枚が用意されており、自分にとって必要な特徴からカードを選ぶことができます。

そのなかであまり年会費はかけたくないけど、保険やポイントプログラムのお得さをきっちり使いたいという方におすすめなのが「P-oneカード<G>」です。

どのようなサービスが揃っているのか、しっかり魅力を探って、お得な使い方を考えてしまいましょう。

P-oneカード<G>はどんなカード?

P-oneカード<G>は、年会費3,000円+税で、カードブランドはMasterCard、VISA、JCBの3つから選ぶことができます。

申し込み方法は郵送かWEBからとなっており、高校生を除く18歳以上の方で、自宅に電話連絡可能な安定した収入のある方かその配偶者の方が申し込む事ができます。

追加カードとして、ETCカードを新規発行手数料・更新手数料が1,000円+税で、家族カードを初年度年会費無料、次年度から年会費1,000円+税で、本人カード1枚につき3枚まで作ることができます。

家族カードは本会員と同じ口座から振り返られるため、家計の管理を複雑にすることなく利用することができ、保険やキャッシングなどのサービスは本人会員と同様のものを受けることができます。(一部対象外のサービスや特典があります)

また、カードの利用で貯まるポイントは本人会員のカードに合算されるため、ポイントがあちこちに分散することなく、効率よく貯めることができます。

家計の管理やポイント管理に手間がかからないということがP-oneカードシリーズの大きな特長の一つですが、他にどんなところが魅力なのかを確認していきましょう。

P-oneカード<G>の5つの特徴に注目!

①1%オフ

P-oneカードシリーズの一番の特長である現金還元は、利用金額から自動的に1%割引された金額が請求されるようになっています。

他社では対象外となりがちな電話代や光熱費などの公共料金や、国民年金保険料も1%割引の対象となっており、割引に上限はなく、1,000円未満の金額でも割引の対象となるため、小まめなお買い物にも大きなお買い物でも、使えば使うほどお得さが増していきます。

②ポイントまで付く!

P-oneカード<G>では、現金還元にくわえ、ポケット・ポイントというポイントプログラムが用意されています。

支払い方法が1回払い・ボーナス一括払いの場合1,000円(税込み)→1ポイント、分割払い・ボーナス2回払いの場合1,000円(税込み)→2ポイントとなります。

2018年のポイント付与期間は2018年5月1日~2019年4月1日で、ポイントの有効期限は2020年4月10日(21:30まで)まで、2017年度から繰越されたポイントの有効期限は、2019年4月10日(21:30まで)となっているため、期限は2年程度となっています。

ポケットカードが運営するポイントアップのネットショッピングモール「ポケットモール」を利用すると、ポケット・ポイントをさらにお得に貯めることができます。

ポケットモールには楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonなどの大手ネット通販ショップから、ZOZOTOWNやGAPなどのファッションショップ、Apple公式ストアやビッグカメラなどの家電ショップなど、利用者数の多い人気ウェブショップが多数揃っています。

ポケットモールの利用方法は、会員専用ネットサービスへログインをして(30日間ログイン状態が保持されます)、ポケットモールからお買い物したいネットショップへ移動し、お買い物をするだけで、最大30倍のボーナスポイントが貯まります。

③付帯の保険もばっちり

年会費無料のスタンダードカードやWizカードには付いていない、旅行やお買い物の保険もきちんと補償してもらえます。

海外旅行の傷害保険は最高2,000万円、個人賠償保険は最高2,000万円、携行品の損害は自己負担額3,000円で最高20万円、救援者費用などは最高200万円が自動付帯しており、カードで旅行代金を支払うことで、国内旅行の傷害保険は最高2,000万円が利用付帯しています。

カードで購入した商品が破損・盗難された場合は、購入から90日以内であれば、自己負担額3,000円で年間50万円まで補償され、カードの盗難や紛失による不正利用、またはインターネットでの不正利用があった場合、ポケットカードへ届け出た日から前後60日間の損害額を補償してくれます。

またカード会員が入会できる医療保険や個人賠償保険なども多数用意されているので、保険の加入を考えているという方は、検討してみましょう。

④旅行で使えるサービスも豊富

保険だけではなく、旅行を満喫するための様々なサービスが用意されています。

ポケットカードトラベルセンターでパッケージツアーを申し込むと、国内・海外問わず最大8%の割引で申し込むことができ、トヨタレンタリースやニッポンレンタカーなどで、基本料金から5%引きで車をレンタルすることができます。

海外旅行や出張・留学をする方に便利な「MasterCard®マルチカレンシーキャッシュパスポート」を申し込むことができます。

MasterCard®マルチカレンシーキャッシュパスポートは、1枚のカードに日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージー ランドドル、カナダドルの7通貨の入金が可能な便利な海外専用プリペイドカードで、両替をする必要がなく、キャッシュレスでの支払いやMasterCardのATMで現地通貨を引き出して利用することができます。

海外旅行中は、ホテルやレストラン・観劇チケットなどの手配をしてくれるリザベーションサービスや、カード・パスポートの盗難や病気・ケガなどのトラブルの相談にのってくれるエマージェンシーサービス、その他天気やATMの利用方法などのインフォメーションサービスを、世界中どこからでも日本語で電話をすることができます。

また、海外旅行の予定はないけれど、海外製品を安く手に入れたいという方は「海外おみやげ宅配サービス」を10%オフで利用することができます。

⑤オプションサービスで、さらに便利

オプションサービスでは、年会費を支払うことで、日常の不便や緊急トラブルに対応してもらえます。

車の緊急トラブルに対し、全国24時間365日、プロのスタッフがサポートしてくれるロードアシスタントサービス「カーライフホッとライン」は、年会費700円+税で利用することができます。

サービス内容は、

・スペアタイヤ交換やバッテリー上がり、ガス欠など、30分以下の現場復旧が可能な軽作業を無料で作業してくれます。

・事故または故障で自力走行不能となった場合、レッカー車が現場に急行してくれ、20kmまでは無料で牽引してくれます。落輪・脱輪の引き上げも可能です。

・事故または故障によって自宅から直線距離で100km以上離れた場所で自力走行ができなくなった場合、帰宅費用帰宅のための代替交通費を1人20,000円(税込)まで、1泊分の宿泊費用を1人15,000円(税込)まで、自宅までの修理車両搬送費を50,000円(税込)まで会員本人と会員と同居する親族に対し負担してくれます。

暮らしの悩みやトラブルに対し24時間365日サポートしてくれる「ポケット・サポート・サービス」は年会費1,800円+税で利用することができます。

ポケット・サポート・サービスでは、カーライフホッとラインのような「カーライフサポートサービス」のほか、水回りの応急処置・鍵開け・引っ越しやホームセキュリティーの紹介などの「ハウスサポートサービス」、健康・医療・介護などの相談や夜間・休日の医療機関の案内や介護関連業者の紹介などをしてくれる「ライフサポートサービス」を、会員本人と会員と同居する親族が受けることができます。

P-oneカード<G>は、年会費はかかりますが、保険や様々なサービスもバランスよく用意されており、安い年会費でカーライフや暮らしの不安を消すオプションサービスなどを利用することができるようになっています。

使った分だけ現金還元があるうえにポイントまで付与されるお得なP-oneカード<G>で、賢くカードを利用し、日常生活をよりお得なものへと変えてしまいましょう。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club