大学生はANAマイルを貯めて帰省時の交通費を浮かそう。学生特典や将来自動的にゴールドになるカードがおすすめ

学生はANAマイルを貯めて特典航空券で帰省しよう!

大学生といえば、遊びに勉学に小旅行にショッピングにと人生で一番、やりたいことが多い時期と言えます。それでいながら里帰りをしたいと思っても、予想以上に出費がかかってしまい、帰りづらいという方もいることでしょう。

それに輪をかけ、実家に帰って地元の友人と遊んだりするのも考えると、かなりの出費となるのが予想されます。

そんな隠れた浪費ポイントになりがちな里帰りを少しでも財布に優しいものにするには、ANAマイルを貯めてANA特別航空券をゲットするのがおすすめです。

ANAマイルを貯めるのにはANA VISA学生カードと三井住友カード(NL)が良いので、それぞれの特色を把握して、どちらが有効かを見極めましょう。

ANA VISA学生カードと三井住友カード(NL)について

ANA VISA学生カードについて

ANA VISA学生カードは年会費が1,242円(税込)で、在学中は年会費無料なクレジットカードです。入会時と継続時にボーナスマイルが1,000マイル入るので、実質的に毎年1,000マイルは無料でゲットできる仕組みとなります。また、ETCカードの発行料・年会費は無料です。

また、国内外旅行傷害保険が最高1,000万円自動付帯されます。自動付帯というのは、旅行費用をカード払いせずとも保険がかかるというもので、旅行中もカード対応店を探す必要がなくなるものです。そのため、移動範囲が広い学生には非常に有効な特典と言えるでしょう。

ポイントプログラムはVポイントで、200円につき1ポイント貯まる還元率0.1%です。そして、年会費6,600円(税込)の10マイルコースを選ぶとVポイント5ポイント→10ANAマイルに移行できるため、ANAマイル還元率1%にできます。なお、5ANAマイルコースならば5ポイント→5ANAマイルに移行となり、ANAマイル還元率0.5%ですが、年会費は無料です。

三井住友カード(NL)


三井住友カード(NL)は満18歳以上から(高校生を除く)作れる、学生~新卒社会人向けのクレジットカードです。

年会費は永年無料で、負担なく持てるクレジットカードと言えるでしょう。

そして、三井住友カード(NL)のポイントプログラムのVポイントは、通常0.5%~5.0%の高還元で非常に魅力的です。

貯めたVポイントは500ポイント→250ANAマイルに移行できます。そのため、ANAマイル還元率は0.25%~2.5%なのが三井住友カード(NL)です。

ANA VISA学生カードと三井住友カード(NL)はどちらがおトク?

ANA VISA学生カードと三井住友カード(NL)にて、ANAマイルを貯める上でどちらがおトクかという点ですが、目安として、約10,000マイルを貯めるのには、どちらが有効かというのを比較しましょう。

ANA VISA学生カードを1年間に毎月10万円利用した場合

  • 10マイルコース(年会費6,600円(税込)):1,000マイル×12→12,000マイル
  • 5マイルコース:500マイル×12→6,000マイル

三井住友カード(NL)を1年間に毎月10万円利用した場合

  • 年間合計:3,000~30,000マイル

10,000マイルあればANA特別航空券にて閑散期の成田~札幌の片道を賄えますし、ANAの子会社であるバニラエアならば成田札幌往復の特別航空券をカバーできます。札幌から沖縄までですと、いささか厳しいものがありますが、それ以外ならばほぼ日本全域を範囲にできます。

ANA VISA学生カードは年会費6,600円(税込)の10マイルコースが必須となるのがいささかネックですが、三井住友カード(NL)とともに、一人暮らしの学生がANAマイルを貯めるのに適したクレジットカードと言えるでしょう。

どちらもおトクだが全体的な有効性においては三井住友カード(NL)が大きくリード

一人暮らしの学生が帰省するにあたって、ANAマイルで交換できる特別航空券は有効な手段です。10,000ANAマイルならば大抵の行き先を特別航空券でアクセスできるようになるので、学生にはありがたい存在になります。

ANAマイルを貯めるのであれば、ANA VISA学生カードと三井住友カード(NL)を挙げられます。ANA VISAカードは年会費6,600円(税込)の10マイルコースを選択することで、ANAマイル還元率を1%にできて、入会時と継続時にボーナスマイル1,000マイルを貰えます。

三井住友カード(NL)は使う店舗によってポイントUPに幅がありますが、基本的な還元率が高く、ANA VISA学生カードより多くマイルを貯めやすい特徴を持ちます。

どちらが、マイルを貯めるのに有効かと言うと10マイルコースを選んだ場合のANA VISA学生カードに軍配があがりますが、こちらは10マイルコースに年会費6,600円(税込)がかかるという問題があります。

しかし、三井住友カード(NL)ならば年会費永年無料ですし、社会人として軌道に乗り始めたときでも、切り替えせずに慣れたカードのまま、ビジネスの場でも役立てられます。

加えて、三井住友カード(NL)の上には三井住友カード ゴールド(NL)があり、インビテーションが届けば年会費永年無料で使える上、毎年の継続特典として年間100万円以上の利用で1万ポイントと、ポイントを大幅ゲットできるチャンスにすることができます。

ANAマイルを貯めるという目的に限定すれば、10マイルコースを選んだANA VISA学生カードもよいですが、コストパフォーマンスと将来性から三井住友カード(NL)がおすすめとなります。



三井住友カード(NL)

年会費

永年無料

還元率

0.5%~5.0%

発行期間




オンライン申込から
最短5分で
カード番号を発行

(カードは最短翌営業日発行)※最短5分発行受付時間:9:00~19:30。ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

ETCカード



550円(税込)
(初年度無料)
(年1回の利用で無料)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

新規入会とタッチ決済ご利用で最大をプレゼント!
入会&ご利用でご利用金額の15%(最大のVポイント)、さらにはタッチ決済ご利用でVポイントギフトコードが獲得できるキャンペーンを実施中です。
三井住友カード(NL)バナー
最短翌営業日のスピード発行に対応
三井住友カード(NL)は申し込みから最短翌営業日のスピード発行に対応しています。
申し込んでからカードが届くまでの待ち時間が少ないので、すぐにカードを利用したい人におすすめ。
ナンバーレスの券面で強固なセキュリティ
ナンバーレスの三井住友カード(NL)は年会費が永年無料
カード情報が券面にないデザインで、安心安全のクレジットカードです。
ポイントが貯まりやすい!
セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどの獲得ポイントが最大5%(※)!さらに選んだ3店で常にポイント2倍!


ステータス性が高い
三井住友カード(NL)は入会の敷居は厳しくないものの、銀行系クレジットカードということもありステータス性も高く、将来にゴールドカードを持ちたいと考えているかたにもピッタリのクレジットカードです
ETCカードは実質永年無料
ETCカードは年会費550円(税込)ですが、初年度は年会費が無料でETCの利用が1回でもあれば次年度も年会費が無料になります。
初年度年会費 海外保険 国内保険
永年無料 最高2,000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短翌営業日 ~100万円


Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介