学生カードの申込み審査を通す4つの条件

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj





学生(アルバイトなし)でも申し込めるクレジットカード

大学生になって、一人暮らしをはじめたら「時間」と「お金」の使い方と向き合うことが多くなってきます。

学生カード

でも時間の使い方は上手にできても、なかなかできないのがお金のやりくり。
そんなときに頼れるのが「学生専用クレジットカード」(学生カード)です。後払いが基本となり支払いを来月に回そう、分割して購入しようなど計画的に使え、しかもカードに特典が付いていたりして、とても便利でお得なものです。

学生カードに必要な申込み条件と審査基準
学生カードは高校以上の学校へ通う学生専用のクレジットカードです。

在学中に申し込めるクレジットカードなので、「 18歳以上の学生であれば申込基準をクリアできます」。アルバイトあり、なし関係なく、学生という職業のうちから申込めるので、社会人になってから年収や勤続年数等を気にせずに使って行けるのも学生カードのメリットと言えるでしょう。

券面 申込み基準
三井住友VISAクラシックカード
三井デビュープラス
満18歳~25歳までの方(高校生は除く)
三井クラシックA学生
三井クラシックA(学生)
満18歳以上の学生の方(高校生は除く)
三井アミティエ(学生)
三井アミティエ(学生)
満18歳~25歳までの方(高校生は除く)

※研究生・聴講生・科目履修生・語学学校生・予備学校生・認可校以外の専門学校生の方は、「学生の方」としてはお申し込みになれません。

記入情報

氏名住所電話番号はもちろん、学校名学年卒業年月日年収実家(親権者)の住所電話番号が基本となります。

年収のところは、アルバイト収入があれば書き込み、なければなしで問題はありません。

大切な4つの条件は、
やじるし①学校名などの在学情報
やじるし②卒業年月日
やじるし③年収
やじるし④親権者の住所や電話番号といった定住所が分かる情報
となってきます。

社会人になってからクレジットカードに申し込むのも良い方法ですが、そのときは「勤め先」「年収」「勤続年数」「住居年数」などより細かな情報を記入することになり、クレジットカード会社によっては審査通過ができずにカード発行がされず、また一から探すというアクションを起こさなければいけないことも出てきます。

でも学生のうちにクレジットカードを作っておけば、両親が築いてきた信頼とこれからの自分の可能性を見て判断してくれるので、審査は社会人になってから申込むよりも難しく考えなくても良いでしょう。

社会人未満だからこそのカード特典を使いこなそう

学生カードには学生だからこそ、今のうちだけお得な特典が付いています。

学生カードの特典を紹介
三井住友VISAデビュ-プラスカード

三井住友VISAクラシックカードA(学生)

三井住友VISAアミティエカード(学生)

注目は「ポイント還元率」と「卒業後」

入会キャンペーンで還元率アップをしているカードは、お得を手に入れるチャンスです!また、卒業後のカード切替えも注目すべき点です。ショッピングや支払い、ポイントプログラムの使い方を学べるカードを選んで、社会人になった頃に恥ずかしくない、もしくは胸を張ってお財布から出せるカードを持ったほうが現実的で、賢い選択とも言えます。




卒業後に自動的に切替わるカードがおすすめの理由

三井住友VISAデビュープラスは26歳以降の更新時に「三井住友VISAプライムゴールド」へと自動的にランクアップされます。もしくはクラシックカードへの切替えもできます。

ゴールドカードを始めクレジットカードを持つことは、社会人1年目では年収制限があったり、大手企業勤めの方だったりと新規申込の時点で審査基準が満たせなかったりと実はなかなか難しいことです。ですが学生の内に将来の未来像を作っておけば、カードもすんなり手に入れる事ができます。

三井住友VISAデビュープラスは貯めたポイントは賞品交換やiDバリューに交換し、電子マネー的に使う方法もあり、リアルで使える点も好評となっているので、初めてのクレジットカードで考えるなら実用的な三井住友VISAデビュープラスを検討しておきましょう。


オススメは
コレ!



  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj




クレジットカードの選び方