Apple Cardのバーチャルカードとは?日本上陸はいつ?還元率などメリットについて解説

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


2019年夏にアメリカで発行開始のApple Cardとは?

Apple CardはApple Pay専用のクレジットカードで、アメリカでは2019年夏に発行開始を予定している新しいクレジットカードです。

iPhoneユーザー向け、基本的にはiPhone上で管理されるバーチャルカードで、発行はWalletの操作のみで簡単に発行することができます。

クレジットカードとして実態のないバーチャルカードは便利でも、Apple Payが利用できない環境もまだまだ多いです。

Apple Payが利用できない環境への備えとして、国内でも多数発行されているのと同じ物理的なクレジットカードも発行することができます。

リアルカードとしてのApple Cardは、チタン製、Appleのロゴと利用者の名前、接触型ICがついたシンプルなデザインが特徴で、カード番号の記載がないこともどこかリッチで上品な印象を受けます。

日本のクレジットカードに必ず明記されるセキュリティコード、有効期限、署名欄なども一切無し、徹底して個人情報を保護する姿勢がうかがえます。

年会費は無料、カードブランドはMastercard、特典は「Daily Cash」というプログラムを通したキャッシュバックです。

キャッシュバックの還元率はバーチャルカードとリアルカードで若干異なり、メインで利用するバーチャルカードの方が上回っています。

<Apple Card(バーチャルカード Apple Pay)>

・決済時に2%キャッシュバック

・Apple Storeでの利用は3%キャッシュバック

<Apple Card(リアルカード チタン製>

・決済時に1%キャッシュバック

・Apple Storeでの利用は3%キャッシュバック

どちらのApple CardもApple Storeの利用では3%、クレジットカードとしての利用限度額を超えない限り、1日のキャッシュバック金額に上限はありません。

つまり利用限度額が3,000ドルだとすれば、最大で90ドルがキャッシュバックの上限となり、毎日のようにバーチャルカードを使っても損はしないことがわかります。

またDaily Cashにはメッセージを添えてに友人に送金する機能もあり、Apple Cardを利用した際には身近な存在になりそうで、日本で言うLINE Payに近い部分もあります。

詳しい入会条件やカードの基本情報は未公開ですが、今後発表される特典や新機能、海外展開にも期待が高まるカードです。

Apple Cardで発行されるチタンカードとは? 日本のチタン製カードと比較

チタン製のカードといえば、日本ではMastercard Titanium Cardとアメックス センチュリオン(ブラックカード)のみで、Mastercard Titanium Cardはラグジュアリーカード チタンカードともいいます。

チタンカードは、ひと目で金属性とわかる質感のカードでも、カード番号やカードの有効期限などは刻まれていてセキュリティの面では若干評価が下がるかもしれません。

アメックスセンチュリオンも同じようにカード番号が表示されているので、見た目のデザイン性や高級感、個人情報保護の観点から見ると、シンプルかつゴージャスでしっかりと個人情報が保護されるのはApple Cardだといえます。

ただ、Apple Cardの詳細は2019年7月現在明らかになっておらず、入会資格や審査内容なども加えて考えるとチタンカードやアメックスセンチュリオンのステータス性の高さ、付帯サービスや特典の豊富さが光ります。

<Mastercard Titanium Cardの基本情報>

・年会費・・・50,000円+消費税

・入会資格・・・20歳以上の方

・付帯保険・・・海外旅行傷害保険:1.2億円(自動付帯)、国内旅行傷害保険:1億円(利用付帯)

・ポイント・・・1%還元

・特典・・・VIPトラベル、ラグジュアリーアップグレード、グローバルコンシェルジュなど多数

<アメックスセンチュリオンの基本情報>

・入会金・・・500,000円

・年会費・・・350,000円+消費税

・申込方法・・・インビテーション制

・付帯保険・・・海外旅行傷害保険:1億円(うち5,000万円自動付帯)、国内旅行傷害保険:1億円(利用付帯)

・ポイント・・・1%還元

・特典・・・エアライン・プログラム、エアライン・メンバーシップ、センチュリオン・パーソナル・コンシェルジュなど多数

入会金や年会費、付帯保険で比較すると最もステータス性の高いのはアメックスセンチュリオン、次いでチタンカードです。

Apple Cardに付帯する保険を予想すると、日本のクレジットカードを基準に考えた場合、年会費無料のカードなら海外旅行傷害保険が2,000万円前後、国内旅行傷害保険が1,000万円前後、アメックスセンチュリオンやチタンカードのように1億円までの保険は期待しにくいでしょう。

多く付帯しても海外・国内で5,000万円くらいまで付帯するなら、iPhoneユーザー以外でも入会希望者が増えそうです。

チタン製のカードは一般のカードよりも裕福な方が持つ印象で、アメックスセンチュリオンのようにインビテーション制のカードもあり、実際は入手までのハードルがかなり高いものです。

通常のクレジットカードのほとんどがプラスチック製なのに対し、チタン製のカードはグラスをカードで軽くたたけばリッチな金属音がするなど、間違いなくハイクラスな方のカードのイメージです。

そんな裕福な方向けのチタン製カードを年会費無料で持つことができ、しかも最上級のステータスカードよりもシンプルでハイセンスなカードデザインは、クレジットカードのステータスや素材・デザインにこだわりたいカードコレクターやクレジットカードマニアにとって、喉から手が出るほど欲しい1枚になるでしょう。

Apple Cardで利用できるバーチャルカードの4つのメリットを解説

Apple Cardは、基本的にiPhoneのApple Payでバーチャルカードとして使うことを目的としています。

リアルカードがチタン製であることに注目が集まっていても、バーチャルカードにはキャッシュバックの還元率を始めさまざまなメリットがあります。

Apple Cardで利用できるバーチャルカードの4つのメリットを紹介します。

1, Apple Cardで還元されるのはポイントではなく毎日のキャッシュバック

Apple Cardではポイント還元ではなく、すぐに使えるキャッシュバックを受けられます。

Apple Cardで受けられるキャッシュバックはバーチャルカードなら2%、Apple Storeでの利用なら3%にアップします。

しかも支払いに応じて当日キャッシュバックを受けられるので、毎日バーチャルカードを使えば毎日キャッシュバックを受けられます。

さすがに毎日のカード利用はなくても、頻繁に利用する方ならその都度キャッシュバックを受けられるのは目に見えてうれしいメリットです。

キャッシュバックを利用できるアプリ、Daily Cashには送金機能も付帯しているので、食事会や飲み会、パーティーなどの会費の会計や送金にも利用できるでしょう。

Apple Payに対応している環境なら、iPhoneがお財布代わりに使えます。

2,Apple MapアプリかWalletアプリで支払い履歴をいつでも確認できる

バーチャルカードでの支払い方法やカードの利用履歴は、Apple MapやWalletアプリから確認できます。

近年ではクレジットカードの利用履歴や支払い状況、自分の収入などを管理する家計簿アプリに人気があり、Apple Cardが支払機能の管理に長けた一面を搭載したことにより、ますます注目を集めています。

カードの利用履歴や支払い状況のすべてをiPhoneのみで管理できるので、使いすぎに気付いたときや今月の支払い額の確認も、銀行の通帳やパソコンからのインターネットバンキングの確認ではなく、iPhoneでサクッとチェックできるのです。

記録のみの管理なのか、グラフ表示などの見やすい機能があるかどうかまでは発表されていないものの、日単位・週単位・月単位などでグラフ表示される機能があれば、月間や年間でいつ頃たくさん買い物をしているかも把握しやすいでしょう。

3,通常なら支払いが遅れると請求される遅延金がApple Cardにはない!

日本のクレジットカードの支払いは、月に1回口座引き落としで支払うことが一般的で、残高不足により支払いが遅延した場合は遅延手数料などの手数料を上乗せして支払います。

Apple Cardでは遅延手数料などの手数料をはじめ、利用金額に対して手数料が一切かからないと発表されています。

では支払い期限に間に合わないときはどうなるのかというと、日本のようにペナルティーが科せられるのではなく、利用残高に対して13.24~24.24%の金利が発生する仕組みを取っています。

Apple Cardで期日まで支払いができなかった場合、利子が発生することを考えるとクレジットカードよりもカードローンに近い感覚かもしれません。

ですが利子のほかではほとんどの手数料がかからないことが事実であれば、リボ払い手数料や分割払い手数料がかからないことも想像できます。

支払い方法別に手数料が一切かからないなら、Apple Cardでのリボ払いや分割払いは使わない手はないでしょう。

またApple Cardでは月に1度の支払いではなく、複数回支払うことができ、毎週払い、隔週払いも利用できます。

カード利用金額の支払いの自由度は日本より高いものの、具体的な内容やどんな仕組みなのかまでは発表されていません。

仮に月に1回の支払い以外に、リボ払いや分割払いとは別に、毎週払いや偏週払いが利用できるとしたら、かなり複雑な支払い方法にはなりますが、自分の都合の良いタイミングでいつでも支払うことができて、リボ払いや分割払いは国内の支払い方法よりも完済しやすくなるでしょう。

利子が発生しない状態をキープできれば、無利息で自分のペースで支払うことが可能となるので、国内のクレジットカードを利用するよりも型にはまらず支払えるようになります。

4,いつでも還元率2%以上

Apple Cardはポイントプログラムではなくキャッシュバックが2%のカードです。

国内の年会費無料のクレジットカードで考えると、キャッシュバックとポイントという違いこそあれ、還元率は1%以上あると高還元率のカードに属します。

年会費無料のクレジットカードのほとんどは0.5%還元で、人気がある高還元カードになると1%以上の還元率という印象です。

対してApple Cardはいつでもキャッシュバック還元率2%以上、Apple Storeの利用ではいつでも3%です。

アメックスカードで考えると、プラチナカードのポイント還元率は最大3%、還元率だけで見るとプラチナカードクラスの還元率と言っても過言ではありません。

Apple Cardのキャッシュバック還元率は、年会費無料のクレジットカードと比較するといつでも2倍以上、年会費有料のカードと比較しても国内外のステータスカード並みに高いことがわかります。

国内のクレジットカードのポイント還元は即日付与されることは稀で、数日後~1ヵ月後など多少時間をかけて付与されます。

Apple Cardのキャッシュバックの受け取りは、待たされることなくカードの利用ごとに提供され、遅延した場合の手数料もなく支払うことができるのは、世界的にも類を見ない魅力だと言えるでしょう。

日本上陸は未定でも支払い方法の自由度が高く還元率が高いApple Cardは間違いなく注目されるカード

Apple Cardは2019年の夏にアメリカで発行開始予定、日本上陸は未定となっています。

サービス開始当初はアメリカのiPhoneユーザーに限られたカード発行で、アメリカに住んでいない日本在住のiPhoneユーザーがカード発行してもらうことは期待が薄いようです。

国内発行に対応するまでの間、どうしてもApple Cardが欲しい場合はアメリカに移住する方が早いでしょう。

一部報道では具体的な内容まではわからないものの、Apple Cardの海外展開に積極的な発言があるとしています。

仮に日本でもApple Cardが使えるようになったなら、Apple Payとの連携、わかりやすいカード利用・支出管理、手数料がないこと、支払い方法の自由度が高い、セキュリティの高さ、年会費無料などのメリットから、かなりの人気を集めて広く普及することでしょう。

チタンカード単体でも発行できるようになり、androidユーザーも普通のクレジットカードとして使えるようになるなら、クレジットカード業界での大ヒットカードになる可能性も期待できます。



クレジットカードの選び方