LINEスタンプを購入するならLINE Payを利用しよう! LINEコインの購入・交換する際の注意点も紹介 | クレジットカード研究Lab

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


LINEスタンプは日々新しいものが増え続けていて少し前まではスタンプが動くようなことはありませんでしたが、今では声と共にキャラクターが動くなどLINEスタンプはより楽しめるように変わって行っています。

自分の好きなキャラクターの新しいLINEスタンプが出るとついついほしくなりますが、LINEスタンプを購入するにはLINEコインを購入しなくてはならず、わざわざLINEスタンプのためにLINEコインを購入するのはもったいないなと考える方もいることでしょう。

そこで、LINEスタンプを得に購入したい方におすすめなのがLINE Payの利用です。

LINE Payは最新のキャッシュレス決算サービスでLINE Payにチャージを行うことでどこでもスマートに決算を行うことができ、利用方法によってはLINEポイントを獲得できます。

そして、このLINEポイントこそがLINEスタンプを購入するに必要なLINEコインに交換できるポイントで、LINEスタンプを購入したい方にとってはLINE Payは打ってつけのサービスなのです。

もちろん、LINEポイントはLINEスタンプに使う以外にもLINE Payのチャージ残高に利用したり、ギフト券や他社ポイントへと移行できます。

LINE Payは便利なキャッシュレス決算サービスなのでLINEスタンプを得に購入したくてLINE Payを始めたとしても、満足の行くサービスを体感することができるでしょう。

今の時代、キャッシュレス決算サービスは一つくらい利用しておいたほうが、どんどんキャッシュレス化が進んで行く世の中に取り残されなくて済みます。

LINEスタンプが欲しいならLINE Payの利用を始めて便利なキャッシュレス決算サービス利用しつつ、貯まったLINEポイントで賢くスタンプもゲットしてみませんか?

LINEスタンプが欲しいならLINEポイントをLINEコインへ

LINEスタンプが欲しいならコインを購入するかもしくはLINEポイントを貯めて行くしか方法はありませんが、LINEポイントをLINE Payで貯めて行った場合、LINEポイントは自動的にLINEコインへと交換されます。

自動交換という事は予め自動交換の申請をしてそこから貯まったポイントは自動的にコインに替わると考える方もいますが、LINEポイントは言葉通り自動交換で特に申請などは必要ありません。

LINEポイントはLINE Payを使って様々な場所で支払い重ね月の利用額に基づきる付与されますが、LINEスタンプが欲しいならこのポイントシステムついては重要な点と言えるので後ほど詳しく確認して行きましょう。

LINEスタンプと言うのは元から料金が張るようなものではないので、貯まったポイントを賢く利用してLINEコインに交換しLINEスタンプをゲットするのが一番損の無い方法となり、ラインコインは購入すると正直割高なので代金を支払ってスタンプをゲットするのはあまりおすすめできません。

LINEスタンプは常に流行りのものが出てきてその都度購入を繰り返していたらきりがありませんし、スタンプは消耗品とも言えるので貯まったポイントで手軽に入手するくらいのスタンスの方が良いでしょう。

LINEポイントのLINEコインの交換レートやコインの値段については次の項目で注意点として確認するので、その際にLINEコインを購入するのとLINEポイントからLINEコインに移行するのではどちらが得なのかも比較してみてください。

また、LINE Payを日々利用するのならLINEポイントは貯まりやすいポイントと言えますし、LINEスタンプを購できるぐらいのポイント数であればすぐに貯まって行くことでしょう。

LINEスタンプは常に新しいものを取り入れることが、周りに取り残されないようにするための一つの手段でもあり、その時々に合ったものを利用するのはコミュニケーションの一環でもあるでしょう。

このため、LINEスタンプは常に最新のものを手軽に入手できなければ意味がないとも言えます。

LINE Payを利用すればLINEスタンプに利用できるポイントはどんどん貯まり、いちいち料金を支払わなくても遊び感覚でスタンプをポイントでゲットできるようになるため、魅力的です。

では、LINEポイント→LINEコインに自動交換する際にはどこに気を付ければ良いのか? 交換レートなども含めもう少しLINEポイント・LINEコイン詳細を確認して行きましょう。

LINEポイントをLINEコインに自動交換する際の注意点

LINEポイントは120ポイント→50コインの価値があります。

そして、LINEコイン50は120円で販売されているので、1ポイント(LINEポイント)は1円の価格と言ったことになるのです。

LINEスタンプは1セット50コインで販売されていて、これはスタンプを1セット購入するのに120円も発生することになるので、割高だと言っているのと変わらないでしょう。

この金額はどう考えてもLINE Payで120円分のLINEポイントを獲得した方が賢いと言えますし、120円分のポイントはすぐに貯まるものです。

実際にコインを購入するのにいくら発生するのかが分かると、LINEポイントを貯めて行った方が得であることがハッキリと分かります。

また、保有しているLINEコインはどこで確認をすれば良いのかと言ったことについては2つの確認場所があり、一つはLINE のウォレットの画面にある「ポイント・コイン」の箇所で、もう一つはスタンプショップで表示される「保有コイン」のところです。

ただし、本当に今利用できるコイン数を確認したい場合は「保有コイン」の箇所を確認した方が良く、ここにはLINEポイントが反映された分のコイン数が表示されるので「ポイント・コイン」のところは反映前の表示数だと考えると良いでしょう。

LINEポイントをLINEコインに自動交換する際の注意点は、交換レートとポイントがコインになったことが反映されている場所を把握しておくことと言えます。

よく交換レートを忘れてしまい損したと勘違いしてしまったり、ポイントがコインに反映しされているところが見つけられず反映されていないと思い込んでしまう方もいるので、注意してください。

LINEポイントはスタンプを得に購入するには必要不可欠で、必要ポイント数もものすごくたくさんと言ったわけではく現実的なポイント数なため、欲しいスタンプがある方はさっそくLINE Payでポイントを貯めて行きましょう。

続いて、一番確認すべきと言えるLINEコインに替わるLINEポイントのシステムをチェックします。

LINE Payのポイントシステム

LINE Payで貯まるLINEポイントは月の利用額によってカラーが決まり、カラーによりポイントの還元率が異なるので注意してください。

ポイント付与表 月利用額 ポイント還元率(月)
グリーン 月10万円の利用と送金(5人以上) 2%
ブルー 月50,000円~9,9999円の利用と送金(3人以上) 1%
レッド 月10,000~49,999円の利用と送金(1人以上) 0.8%
ホワイト 月0円~9,999円の利用 0.5%

一番還元率が良いのはグリーンですが月10万円もの利用が必要なので、グリーンを取得したいならLINE Payでの生活がメインでないとならないでしょう。

ホワイト以外は送金(割り勘)のノルマも必要ですし、ポイントを貯めたいのであればLINE Payを意識して利用を重ねることがカギとなってきます。

しかし、一番低い還元率であるホワイトの0.5%の還元率でも月に500円利用すれば2.5ポイント獲得できるので、LINEコイン50分に相当する120ポイントは簡単に貯まって行くでしょう。

LINE Payでの生活がメインになれば、ポイントはよりたくさん貯めて行くことができるので「支払いがあればLINE Pay」と習慣づけてください。

また、貯まったポイントはLINEコインにだけでなく、LINE Payへのチャージ残高やnanacoポイントやJALマイルへの移行、Amazonギフト券に利用することもできるので、便利に利用できます。

LINE Payは、ポイントも貯められる優れたキャッシュレス決算サービスなのです。

ですが、LINE Payとは一体どんな機能なのか? 詳しく知りたいと言った方もいることでしょう。

送金(割り勘)についても気になる点と言えますし、LINEポイントを貯めるにしろ肝心要であるLINE Payについて把握しておかないと、実際にLINE Payを上手く使いこなして行くことはできません。

LINE Payは最新のキャッシュレス決算サービスで多くの方に利用されLINEと言ったネームバリューの安心感もあり、人気の高いサービスとなっています。

新しい機能を利用するなら最初の下調べは必要ですしLINE Payには様々な利用方法があるので、特に確認したほうが良い点などポイントは抑えておくことに越したことはないでしょう。

LINE Payは数ある決算方法の中でも注目を集めているだけあって、使いやすく便利にできているのです。

LINE Payについて

LINE PayはLINE Payにチャージを行って街の加盟店やインターネットショッピングにてスマホ一つで支払いができる決算サービスとなり、使いやすいと好評となっています。

支払いはQRコードなどで行えるためスムーズに済みますし、LINE Payではプリペイド式のバーチャルカードとリアルカードの両方が発行されるので、日々のショッピングはリアルカードとLINE PayでのQRコード決算を使いこなし、インターネットショッピングではバーチャルカードを利用することで便利に決算ができるのです。

ただし、リアルカードについては別途申し込みが必要で、カード番号はバーチャルカードと同じものになるため利用すればリアルカード・バーチャルカード同時に金額が減ります。

また、LINE PayでQRコード決算をした際もLINE Payの残高は、リアルカード・バーチャルカード利用時と同様なくなるので、この点も覚えておいてください。

LINE Payなら送金(割り勘)もできるので、飲食店に入り友人同士で割り勘をしたい際なども全員がLINE Payを利用していれば送金依頼をしたり簡単に割り勘ができ、代表者が料金を支払うことで勘定を済ますことができます。

チャージに関してはオートチャージがおすすめとなり利用するには銀行口座を登録する必要がありますが、登録できる銀行は三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・横浜銀行など数ある銀行の中から好きな口座を登録してオートチャージ条件を設定すれば、料金が設定額より下回り次第自動的に銀行からチャージされるので便利です。

さらに、銀行口座を登録することで本人確認が取れたことにもなるので、LINE Payはセブン銀行ATMからなどもチャージができますが、本来なら10万円までのチャージ限度額が50万円まで上がるなどのメリットもあります。

利用開始もLINEを既に利用していれば規約に同意するだけで無料にて始めることができますし、セキュリティ面も万全となっているので不正利用の心配もいりません。

※セキュリティ面については「PIC DSSやISO/IEC 27001に準拠し、安心で信頼性の高いサービスを提供します」記載されています。

LINE PayはLINEスタンプを得に入手する目的で始めたとしても、損の無いサービスです。

人気のLINEスタンプを賢く入手したいのならさっそくLINE PayでLINEポイントを貯めながら、財布のいらないスマートな決算を行ってみてください。

LINEスタンプはLINEポイントをLINEコインにしてゲットするのが一番!

LINEスタンプはLINEを利用するなら必ず必要になってくる持と言っても過言ではなく、限定物のスタンプなど種類は様々です。

しかし、スタンプは手軽に使えることが売りの商品でもあるのでいちいち料金を支払って購入するのは、損をしていると考えてしまう方も大勢いることでしょう。

LINEスタンプを得に入手するならLINEポイントを貯めてLINEコインに交換しスタンプを入手するのが一番よく、この方法ならポイントは元から手軽に貯められる類のものですしスタンプも遊び感覚で利用するものなので、どちらも似たタイプのサービスとなるため手軽なものに代金を支払ってしまったと言った感覚はなくなるでしょう。

LINEポイントの価値は1ポイント→1円となり、スタンプ購入に必要なLINEコイン50は120円となります。

実際にLINEポイントを貯めるにはLINE Payを利用しなくてはならず、LINE Payを月に10万円利用し送金も5人以上に行えばノルマ達成となるのでポイントはグリーンの最大2%還元となり、0.5%還元のホワイトだったとしてもLINEスタンプを入手するに必要なLINEコイン50はすぐにでも貯まると言えるでしょう。

また、LINE Payはとても便利な機能で友人同士でも割り勘(送金)ができるため、LINE Payが使える居酒屋などに入った時は店頭でわざわざ店員に「割り勘で と伝えなくても仲間内で最初から割り勘出来てしまい、送金依頼を送ることも可能なので支払いを忘れた方へも後に請求でき安心です。

最近ではどんどん日々の生活がスマホメインとなってきていますし、カバンから財布を取り出して代金を支払うよりもいつも手元にあるスマホで料金を支払うことができるのならLINE Payはとても利用価値があると言えます。

LINE Payの便利な機能を利用して行けば貯まったLINEポイントで、好きなLINEスタンプを得にゲットできてしまうのです。

損の無い方法でLINEスタンプをゲットしたいのであれば、LINE Payの利用が一番でしょう。



クレジットカードの選び方